<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

DRIFTER その5

どもっ。109.png


突然ですが、ジッチャンはノンポリです。
なのでいわゆる政治的なことにはさほど関心は持っていません。



まあリーマンとして働いていたときには職務上、いろいろ影響がでるので
経済問題と絡めて国際、国内政治のことは注視していましたけどね。



政治のことには関心ないけれど、近代史には興味を持っているので最近の欧米やアジア、
近隣国の動きが大戦前夜の不穏な気配に似てきているのでなんか心配だなあって気がしています。



とまあ、寝起きのボーッとした頭で、がらにもなくワールドニュースを見ながら考えた
ジッチャンなのですが、そんことより巡礼回想録ですw 104.png






本日は、201店舗目から最近お出かけした店舗までです。


まあとにかく、体力的にもヨレヨレなので巡礼回数も激減、開店休業みたいな状態なのですが
気が向いたらまたボチボチと続けていこうかなあ~、もうやめようかなあ~な感じです。105.png


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

201.VILLARS climbing(東京)

■後頭部注意w


久しぶりのミニジム。

垂壁がメインながらとにかく壁面後方のスペースが狭くてビックリ。
(これって大丈夫なのかね?途中で落ちたら後頭部を打っちゃうんじゃないのw)
とびくびくしながら登ってきました。

まあキッズの利用がメインのようなのでこれくらいでも大丈夫なのかな。


規模は小さいながらなかなか儲かったらしく、新たに有明店もオープンしましたね。



202.GooFee(群馬)


203.ZERO 下栗店(栃木)


204.VORTEX(茨城)


205.TRIP(埼玉)

■なんとなくプチホーム


所用でひと月に何度かは、鶴ヶ島近くまで出かけなくてはならなくなり
その帰りに月に一度くらいはコチラのジムに通うようになりました。


壁面構成はスラブ、垂壁、薄被りに強傾斜、バルジと一通り揃っているし、
高さも標準的なので十分に楽しめます。


課題の傾向としては、オーソドックスなものが多く、どちらかというと
悪いホールドを保持して登る、いわゆる保持系課題が主流。


最近は細かいホールドがめっきり保てなくなったジッチャンにはツライ課題が
多くて、簡単なものしか登れてないです。



オープン時のセットは、プロセットだったのでいろいろなバリエーション、ムーヴの
課題があって楽しかったですね。


206.THREE PEAKS (埼玉)



207.cocoon athletics(埼玉)

■付け足しウォール

なんかボルダリングっていうやつブームなんでしょ?
んじゃあ、それも造っとく?

ってな感じで造られたんじゃないの、っていう雰囲気をかもす今どきのジム。


ここの壁も高さの割には壁面から後方が狭く、しかもガラス張りときているので
夏は、暑いし、眩しいし、、、、休憩スペースもほぼないのでお客さんが数人
いると立ちん坊で待機している感じ。


なんでこんな中途半端なものを造ったんだろうね??
しかも近隣には、二件もクライミングジムがあるのにね。

やっぱり、ついでに造っとくか的な感じなんだろうね。



まあ住まいからも近いので、短時間だけでもホールドに触りたいなあ~ってときに
遊びに行くけれど課題自体は少しピリッとした感じなのであまり癒やされないんですよねw


208.コナミ川越店(埼玉)

■流行でしょうけども。。

行く前からだいたい想像は付いていたけれど、行かないでガタガタ言うのも
あれなんでとりあえず巡礼。


もとはスカッシュコートがあったスペースらしいところにガッツリとボルダリングウォールが。
これがなかなか立派な壁でビックリ。 で、登ってみてガッカリ。



もっとさあ、ホールドとセットに金をかけましょうよ~。119.png
こんなに立派な壁なのにさあ、宝の持ち腐れだよ。



なんでプロジェクションマッピングウォールなんてのに金かけてんのよ・・。
理解に苦しむなあ。


209.Style crew(茨城)

知り合いの友人のジムで、オーナーが顔見知りと顔見知りの夫婦のいとこって言う
非常に分かりづらい因果w106.png


210.Kuri Adventures(神奈川)【閉店】(現・壁屋)


211.BONOBO(埼玉)


212.Lutra Lutra(埼玉)

■デッカいなあ~

加嶋さんがジムをオープン。
かなり昔から何度か、たまーにジムでお目にかかったことがありましたが
本業もあるのでまさかジムを開くとは思っていませんでした。


ご夫婦揃っての外岩大好きツヨツヨクライマー。
夫婦あわせてとなると国内では一、二を争う強さなんじゃないですかね。


ジム自体もスペースは広いし、壁はドデカいし、課題も豊富で楽しかったです。



しかし、なんでこう言うジムがウチの近所に出来ないのかねえ。。120.png


213.BOULCOM 川崎(神奈川)



214.Walrus(埼玉)

■クライマーの帰結?


こちらのオーナーさんと奥さんも昔から何度かお目に掛かったことがある方たち。



最初に会ったときは、お二人ともまだ初めてもまない頃でお客さんとして来ていた時。
次に会った時は、某ジムのスタッフになっていて、その次には店長に。



そしてしばらくしてジムをオープンしたという話を聞いたので早速出かけてみました。
まあしかし長い間、ジムで働いているとやはり最後は自分のジムを持ちたくなるって事なんですかね。



壁の施工は大王さん。


壁面積もなかなか広く、高さも十分。
キッズ用エリアも設けられているので大人も安心して登れます。

 
微妙な傾斜の変化も付けられていて、登っていて楽しいし、さすが長年、ジムの運営を
していただけあって、ポイントを心得た課題選びをしているなあ、と感じました。


体感としてグレーディングはほぼジャストですが同グレードの中にちょっとスイートと
ちょっとピリ辛があって、その辺を見つけながら登る楽しさもあります。107.png



つうことで、ジッチャンも2級をいろいろ登れたし、お買い得の1級を登らせてもらったりして
ウヒョヒョ~♪な気分で楽しんで来ました。


このジムは機会があれば何度も来たいな。


215.グリーンアロー・ベイフロント蘇我店(千葉)



216.DOGWOOD 調布店(東京)


■やっぱりイイ!


ルートセッターとして大きな大会のセットもされている岩橋さんのジム。

DOGWOOD 1号店にも遊びに行ったことがあるけれど、力だけでは登れない
テクニカルな課題が多くて、難しかったけれどすごく楽しかったので、この日も
ワクワクしながら出発しました。


結果として、やっぱり楽しかったあ~。


面一ではなく微妙な変化が続く壁は、スケールもあって楽しいし、ホールド群も
最新の大きめの物がセットされていました。


最近のホールドの知識が乏しいジッチャンには、どこを止めに行ったらいいのか
よく分からず、無駄撃ちも多かったけれど、3級、2級もたくさん登れて、
おまけに1級も1本登れちゃったあ。110.png


グレーディングは少しスイートにも感じたけれどたぶんこれくらいが
普通なんだろうな。
とくに最近のインドアジムのグレーディングは暴走傾向のところが
多いみたいだしね。


とあるジムのオーナーさんもセッターの暴走を止めるのもオーナーの仕事って
言っていたしww

しかしさすがにコチラのオーナーはすごいなあ。



ワタシとしては、岩橋さんがコンペによく出ていた頃の登りを見ていたので
また生で本気トライをしているところが見てみたいんだけどね。



217.DEER Bouldering gym(東京)


■ジム業界、初にして最後?


どうして、ディアー(鹿)なんてジム名なんだ? と思ったら所在地名が”鹿骨”って
なっていて納得w



まあとにかく久しぶりのクリビツジムでした。
ジムウォールは、巨大なトレーラーハウスの中!149.png





【トレーラーの外にも垂壁とスラブが二面ほど】




しかしコチラのジム、実は運送屋さんなので奥をのぞくと立派な倉庫が
あるではないですか。

なんでまた、こんな荷さばき場にわざわざトレーラーを置いて・・・。
と、利用料を払うなりいきなり訊いてみました。

きけば、住居地域関係の区分で規制にひっかかるとのことでした。
なるほどなるほど。



つうことで、まずはトレーラー内をおっかなびっくり拝見。

狭いながらも各種の傾斜がズラッと奥まで続いていて、奥行きはなかなかの
スケール。

ただやはり車体巾が壁後ろのスペースなので、一番被っているところでも
120度くらいかな?
まあ垂壁と薄被りがメインです。
ちなみに壁施工は、レジェンドクライマーの宇佐見さんとのこと。



さてと貸切状態だし、休憩しながら一日ノンビリと遊ぶかあ、と思ったら、
1回の利用は2時間までと表示されている。



ありゃあ、、、と残念そうな表情をしたらオーナーさんが「今は誰もいないから
好きなだけ登っていいよ」と言ってくれた、ありがたしw 103.png


つうことで、入口のテープ課題からジャンジャンお登り開始。

5級、4級、3級、、、高さがないから数手くらいですぐゴール出来ちゃう。
こりゃあ、全てがアップ壁みたいなもんだなあ。


でもセットはよく出来ていて、どの課題も楽しい。
この限られたスペースでセットするのは大変だったろうなあ~。



ゴール付近はすこし悪目のホールドが付いていて、ゴールを飛んで取りに
行かないようなセットになっていましたね。
この狭さで、飛んでゴールを狙われると振られて背面の壁にぶつかる恐れがありますからね。


よく考えられてるな、と思いながらジャンジャン登っていると最奥の壁まで到達。

この間、5級~1級まですべて一撃・・・・・、つうても体感的にはワンからツーグレード近く
スイートなんですよww


で、最奥壁の初段1本をのぞいて、全課題一撃で終了。

初段は、一手ものでどう考えても2級+くらいだけど、疲れが出てきたジッチャンはもう
根気が続かず、3トライほどして放棄w105.png



さてと、、登るのがなくなっちゃったなあ。。と時計を見ると、なんとやはり2時間弱しか
経っていない。。

むむう、、利用時間の設定は正しかったのだなw



さて・・・と考えていると、近所の常連さんらしき方が入店?入車?

すこしお喋りをしていたらテープ課題のアドバイスを求められたので、デモ登りしつつ
一緒にお遊び。

で、その方ももう他に登るテープ課題がないと言っていたので、じゃあササッと
作りますかあ~、となって各壁に二本ずつジャンジャン設定。


目設定、試登、完登を繰り返して7本くらい完成。
グレードは何級にしていいか分からないのでその辺はお客さんにお任せ。

悪い、、悪い、、と連発しつつ楽しんでいただいた。

オーナーが、易しめで他のお客さんでも楽しめそうな課題にテープを貼って
くれました。 
いいんでしょうか、ワタシのような素人がつくったものに。。105.png

十分に楽しんで指皮がヒリヒリしだしたところで本日も終了。



このトレーラーハウスジム、ジム内エアコン完備だし、タイヤも付いているから
このまま牽引して、イベントの貸し出しも行けるんじゃないの?


と訊いてみたら、「壁が片面一列に造られているからバランスがとれずに横倒しに
なる可能性があるんですよ」と言ってましたね。



まあ逆側にバランサーをつければイケるかもなあ~、と言っていたから
将来もしかしたらどこかを走っているこのトレーラーが見られるかも。




まあ今回いい経験をさせてもらいました。

他にもなんか変わったジムはないのかなあ、と性懲りもなく考える
ゲテモノ好きジッチャンなのでありました。



218.NOBORUBA (神奈川)



219.JUNKTION(神奈川)



220.MASHIRA(千葉)




221.NOBOROCK 町田(東京)




222.ペンギン(埼玉)

■四つ目のプチホーム

長年、エナジーで大番頭さんとして働いていた林さんが満を持して独立。
ウチからも近い場所にボルダリングジムをオープン。


オープンの翌日に遊びに行ったけれど、さすが長い間、エナジーを仕切っていた方と
いうことでジム内は見知った顔の方で大賑わい!150.png


まるでコンペかっ!て言うくらいの混雑の中、間隙を縫ってお登り開始。

ジム自体は、それほど広くはないけれど壁傾斜はいろいろあるし、
ラインセットなので課題のオブザベもしやすくてグッド。


セッターもYUKI君やボルダーズの店長、それからもちろんハヤッサンで
色々なタイプの課題が揃って実に楽しい。




ただ薄被りスペースを犠牲にして造られたムーンボードは個人的には
もったいないなあ、って思いました。


まあ岩場指向の人とかフィジカルトレーニングとしてはいいんだろうけど、
悪いホールド、遠いホールドを似たような動きで登るってのがどうも性に
合わないんですよね。105.png


まあムーボードの下地には施工した壁が残っているので、何年かしたら
模様替えで薄被り壁が広くなるかも、、、期待したいな。



これでプチホームは、Gravity research大宮、TRIP、MARU、Penguin、の四店に
なりました。

週一ジム遊びのジッチャンには十分すぎるバリエーションでございます。ww104.png 



223.グリーンアロー・イオンモール船橋店(千葉)





224.ツートーン(埼玉)

■ひっそりと


以前、某ジムに遊びに行ったときに、そこのオーナーが、
「そう言えば、行田のジムって行きましたか?」と訊かれ
えっ?!行田にもジムあるの? はぁぁ、まだ増え続けているのか・・。


つう事で、埼玉県内と聞けば、ダッサイタマ県人としては行かずばなるまい!
と、意味不明な決意のもと出かけてきました。


道程はもうとにかく飽きるほどのほとんど一本道つう感じで、17号線から
鴻巣免許センターを過ぎてからバイパスに入ってチョロッと曲がって到着。

シンプル且つ遠い・・・w

ジムはちょっと奥まったところにあるし、派手な看板などもなくて
ひっそりとそこにある、って感じ。


で、早速入店。

いつものようにゴニョゴニョと書類を記入していると、店長さんが
「ここどうやって知ったんですか?」と怪訝な顔で訊いてきた。


イヤちょっと聞いたんで、、、と言葉を濁してジム内へ。


なかなか広いスペースに壁も立派。
大きめのマントル壁が印象的で、ふむ、こちらのオーナーは外岩志向の強い方なのかな?
と思わせる。


ホールドはまだ疎らで課題数もそれほど多くはないけれど、オールドスクール的な
ベーシックな課題が多くて、それほど気負わなくても楽しく登れる。


少し登ってからオーナーさんに何気なく、ここってあまり宣伝というかジムが紹介されている
ネットのサイトに掲載されていませんよね?と訊いてみると、いわく「あんまり混むのも・・・・」
というお返事。


いんやあ、今どき何という商売っ気のなさww 104.png
どっかのジムのオーナーみたいですな。

まあ、ジッチャンとしてはなんとなくそんな気持ちも分かるような気もしますけどね。


つうことでいつものように休みなく登り続け、ヨレヨレになったところで本日も終了。
なかなか楽しかったな。 



あと何ヶ月かたつと免許更新で鴻巣まで来るからまた来てみましょ、と思いつつ
ジムをあとにしたのでした。



225.ao_ROCK(茨城)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


つう事で、225店舗まで印象などが残っているジムをズラズラッと書いてみました。

今さらだけど、この頃はどこのジムに行っても、あっ、このジムはあそこと似ているな、
このジムはあそこみたいだ、と特に差違を感じられない店舗が増えてきました。


ジムが増え始めた当初こそ、おおっ!ここは面白い!とか、この壁はすごいなあ~、
とか刺激を感じることも多かったのですが、さすがに200店舗を越えると、
そういったところはないですね。


ホールドも似たり寄ったり、セッターもあちこちで被るし、特に人気セッターなどは
激戦地の中で何店舗もセットしているので、新味にかけることも多いし。



セッター自身もあるていど充電期間を設けないと、換骨奪胎というか焼き直しの
課題ばかりになっちゃうよね。


いよいよ成熟期に入ったクライミングジムだけど、これからが生き残りをかけた
本当の勝負になると思いますね。



まあジッチャンは体力的にジム遊びも厳しくなってきたので、週一から10日に一度、
そのうち月一度からのフェイドアウトって感じですな。119.png

------------------------------------------------------------------------------------------------------------











by JIJI_MOUNTAIN | 2018-07-08 23:43 | climbing gym | Trackback | Comments(1)

nothing but bouldering.


by JIJI
プロフィールを見る