カテゴリ:Soliloquy( 361 )

渇き


先日、所用で出かけた都内某所エレベーター内でのこと。



目指す階へ行く途中、妙齢の女性が乗ってきた。
(ん-、アジア系かなあ、チャイニーズなのかなあ?)


(なかなかの別嬪さんやなあ~・・)110.png


と、思っていたら突然その女性が振り向き、ニコッと微笑んだ?!



なあーっ!!!!
し、し、しまったぁぁぁ!!



別嬪さんやなあ~、と言う心の声を知らぬ間に、ボソッと実際に声に出してしまって
いたのでしたあぁぁ!!151.png



ジジイの特徴とも言える独り言が、ついにここまで・・・制御不能に、、、
ボケがかなり進行しているのかも知れません!ヤバシ!149.png




まあしかし、その女性がニコッとしてくれたから良かったものの、下手すりゃ、
なによ!ジジイ! 気持ち悪いんですけど!!! とか言われ通報されてもおかしくない事態でした、
いやマジでヤバかった。。。



それにこれがもし、不細工やなあ・・、とかの呟きだったら間違いなくひっぱたかれていましたよね。
気をつけないと・・105.png




まあなんやかや事ほど左様に日々、心身共に老化が進んでいるジッチャンなのですが、
最近特にお困りなのが、渇き、、、じゃなくて乾き。。




かなり以前から指先、手のひらが乾燥しまくって、カッサカサの酷い状態なのです。131.png



ましてやこの時期になると酷くて、先日もジムに行ったとき、ウォームアップで登っていた
5級くらいのドガバのゴールホールドから指先がすっぽ抜けて派手に墜落ww 
ジムスタッフの心配そうな視線・・


ジッチャンじっと手を見る・・・チョークなんてのりゃしないw



こんなカッサカサの指先だからタブレットをスワイプしても画面が動かんのだよなあ。

その点、女性クライマーは年配の方でも日頃から手のケアをよくしているからなのかシットリ。


それとやはりチビッコはまだまだ指先の肌理が細かくて、まるで吸い付くようにスローパーをペタッと
止めるし。。147.png



この間もジムで、一緒に同じテープ課題を登っていたツヨツヨ小学生(1級や2級課題あたりを一、二撃で
ジャンジャン登っていた)と話していたときに、手のひらを見せてもらったけれど、指も細くて、小さくて、
なんでこんな手であんなデカイスローパーを飛んでピタッと止められるんだろうなあ???と不思議に思ったもんです。


まあ、やはり肌の肌理は細かくて柔らかくてシットリっていうのは大事なんだなあ・・。



つうことでジッチャンもお肌というか、真剣にお手手のお手入れを開始してみたのですが、いやはやジジイの
シワシワ、ゴワゴワの手には何をしてもシットリなんて事にはなりませんね。105.png




むむっ、ならばせめて登るときだけでもなにか考えなくては、、
ってことでいくつか試してみたのですが。




まずはみんながよく知るADDフリクション。

いやあ、これはジッチャンにはなかなか良かったです・・・ただし使い始めた頃だけ。

なぜなのかよく分からないけれど、しばらく使って残りが半分ほどになったあたりから
当初のざらつき感が全く感じられなくなってしまいました。


実際、ホールドを保持したときの感触も当初とは変わってしまった。





で、その次はチョークパウダーの見直し。
みんな大好きグラスプチョークとか、意識高い系クライマー御用達のトンキンパウダーなどをあれこれお試し。


が、しかし固くて、ガッサガサの指先、手のひらにはやはり効果なし。。




う~む・・・、やはり気長にケアをしていくしかないのか、、、

と、毎日ありふれたごく普通のハンドベールを購入して塗り塗り。




で、ある日、いつものように塗り塗りしたあと、何気なく手元にあった薄紙を摘まんでみると
なんと言うことなく一枚ずつスルッと摘まめる!146.png



いつもならツルリツルリと滑って摘めずにイライラするのにこれは一体・・・


塗った直後はたしかにヌルヌルするんだけど、1分ほど経つとなぜかフリクションを感じる?

ふ~む・・どうもこういうバケガク的な事はよく分からんのだけど、確かにしばしの間は
効いているみたい。



ってことで数日後、ジムで試してみた。

大量に塗るとお話にならないけれど、少量を手の平、指先にササッと塗り延ばしてから
擦るのをやめて1分間ほど放置。

完全に乾いてからいつも通りにチョークアップして登ってみた。


ズルっ!!と見事に滑ったww

う~む、、量が多かったかなあ。。 ってことで今度はさっきよりさらに少量を
塗って同様に試してみた。



今度は滑らずに普通に登れるのと、クリームの若干のべたつき感とチョークの粒子が合わさって
僅かにフリクションを感じる。



で、試しにデュアルテクスチャーのツルツル部分をパーミングで保持してみた。

ん~・・・わからん、効果が・・・



そこで気づいた、なんで両手に塗ってしまったんだw  
片手には塗らないでおかないと比較にならんじゃないの!ww 105.png



あーっ面倒!つうことでこれも却下!




で、最後に試したのは、超シンプルに登る前にお手手に水分プラス。


少し前にはオンドラ君が、最近では、ジョンウォン選手が、コンペ時に指先や手の平に
水分を与えているのを見たことがあるし、昔のクライマーも濡れタオルを絞って湿らせたものを
使っていたとか聞いたことがあるしね。



が、さすがにジム内でオンドラ君みたいに丼鉢に水を満たしたものを持ってウロウロするってのも
怪しすぎるので、ここはジョンウォン風にスプレーでシュッっていうオシャレなスタイルで試してみました。




100円均一で化粧水などを入れる携帯スプレーボトルを購入して早速ジムでお試し。



今回はまずは普通に登ってみて、デカスローパーなどで弾かれる感じがしたときに使用してみることにした。

が、こういう時に限ってジムの湿度や室温の関係でなかなかそういう場面が出てこないww104.png



つうことで、いくつかスローパー課題を物色。

むう、アレだな。  フラットホールドのデカイヤツがちょいとイヤな向きで付いていて
そいつをアンダー気味に保持してハイスタンスで身体を上げていくようなやつ。。



見た感じ、どうもアンダーで身体を上げていく時にすっぽ抜けそうw



で、まずは普通に登って見た。 ズルっ!
いやはやアンダーで身体を上げるどころか、アンダーを保持できないしww



よしよし、ここでちょいと試してみるか。



小休止して、手の平の熱を冷ましてから、シュッシュッとただの水をスプレー。

そのままチョークアップして、先ほどの課題を再トライ。



おやっ?保てるぞ。手の平全体がホールドにピタッとフィットしているような感じ。165.png



で、結局はこの課題は自身のパワー不足で登れなかったけれど、ホールドの保持感は
かなり違って感じた。



これはいいね。 
もっともワタシのような乾き手の人じゃないと自殺行為だろうけどw



水スプレーで手の平を濡らして、チョークアップしてもチョークがすぐに水気を
吸収するから実際には濡れていないし、もちろんホールドが湿気ることもないので
他のお客さんの迷惑にもならない。



お金も掛からないし、チョークも今までと同じ物で構わないし、こりゃあイイ。
(やはり古から伝わる方法が一番なのだなあ、、、)と独りごちたジイサン。



乾燥する日が続くあいだは当分この方法で試してみて結果については後日レポート提出ですな、なははww 102.png


************************************************************************************



by JIJI_MOUNTAIN | 2018-12-01 22:56 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

報恩謝徳

本日、4月30日をもって、クライミングジム「ミストラル」閉店。
またひとつ思い出の、そして故郷のような場所が消えてしまった。


昨晩、閉店間際に柴田さんに心ばかりの餞別品を持参してご挨拶に伺った。



落胆しているようだったらどうしようか、などと余計な心配をしながら
店内に入っていったが、いつものように淡々とした表情で受付に座っていらした。



もうそういった時期はとうに過ぎて、どこか吹っ切れた様子。

今後は、クライミングスクール主催やルートセットのお仕事に専念されていくと
いうお話。



柴田さんは以前からミストラルでもインドア、アウトドアを含めて指導されていましたが
その間、もちろん生徒さんらの怪我などの事故は一件もなく、みなさん着実にどんどん
上達していましたね。



ワタシ自身もインドア講習の時に近くで聞き耳を立て、ちゃっかり授業内容を窃取したり
したこともありますが、へーなるほど-、ってことがよくありました。




ワタシは自己流で何年もクライミングを続けてきたことで無駄なトレーニングに時間を費やしたり
故障しそうになったりもしたけれど、いま思えばこういう指導をちゃんと受けていれば、
もう少しはうまく登れるクライマーになれたかも知れないなあ、とよく思いました。




最近のジムでは、昨日今日クライミングをはじめたような人たちが、怪しげなクライミング理論を
披露して、初心者、初級者を指導しているけれど、とても恐ろしいことだと思っています。




なにしろ教えている当の本人が、まともなクライミング講習や認定インストラクターになるための
講習を一切受けていなかったりするからです。
これって、潜りの指導者って事ですよね。



教わる生徒にしても怪我や生命を関わるスポーツを教えてもらう、指導してもらうというのに
あまりにも無頓着すぎる。



ワタシなんぞはあくまで運が良くて、ここまで続けていられるだけですけど、その運が
誰にでもあるとは限らないんだからね。



まあ、いま現在ジムを経営されている大御所的な方や、あの世界の頂点に立った安間サチ選手
指導にも関わった柴田さんがクライミングスクールを主催されるというのは、これからクライミングを
はじめたいと思っている方にとっては朗報でしょう。



クライミングジム「ミストラル」としてはなくなってしまったけれど、ミストラルイズム
柴田イズムは、これからも多くのクライマーを目指す人に伝えられていくと思います。



改めて柴田センパイに(ワタシよりはるかにお若いんですけれど (^_^;))
いままでの感謝の意を述べると共に、またどこかでお目にかかれる日を楽しみにしております。






--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


by JIJI_MOUNTAIN | 2018-04-30 23:00 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

aging

どもっ。116.png

いんや~、やっぱり老体での故障ってのは回復しないもんです。



この頃は痛みもほとんどなく、チューブトレーニングでもだいぶ左腕というか左肩の
動きに近づいてきて、同じ回数もこなせるようになってきました。



ただし、同回数でも疲労度というかインナーが感じる怠さは右肩の方が圧倒的にツライです。
まあちゃんと動くだけでもありがたしって気分ですけどね。



ジム遊びの方も疲れない程度にボツボツって感じで、4級、3級課題あたりでお遊び。
オブザベして、右肩に負荷が掛かるような課題はどんなに簡単そうなものでもパス。105.png


まあ、ハシゴ登り的な課題だったら2級あたりもチョロチョロっと登っています。



しかしなんですなあ、歳を取るってのはいろいろと大変なんですなw



もともとブログを書き始めたときの動機の一つには、自らの肉体、体力が老いていく過程を
自分なりに観察していく目的もあったので、そういう意味ではいよいよ佳境に入ってきた気がしますね。109.png






まだワタシが若い頃、風呂付きアパートなんて住めなかった時は風呂と言えば銭湯なのですが、
当時その銭湯でなんとなくジッチャンの体型を見ていて

(年寄りになるとみんな筋肉が落ちて、腕も足も細くなって、骨の上に皮膚だけが張り付いたように
なっちゃうんだなあ、、)




と、思いながら眺めていたものですが、それから何十年の時を経て、自分がそういう年齢に
近づいてきた現在、どういうふうに衰えていくのかも興味があります。


歳を取ると筋力は衰えていくってのは当然だけど個人差もあるわけです。
が、しかし個人差があるとは言え、やはり誰しも必ず衰えるわけです。



たとえば長年、重量物を運ぶような肉体労働を続け、身体に負荷を掛け続けたとしても
僅かずつ扱える重量は低くなってきます。
こういう話は、ボディビルをやっている人などは詳しいんでしょうけど。

まあミトコンドリアだの、テロメアだのetc、自死するようなスイッチが
仕組まれているってのは間違いがないようです。



ワタシ自身もここ何年かでかなり筋力が衰えてきました。148.png



で、あの銭湯で見たジッチャンの骨皮状態ってのはなんでなの?
いままでと同様に暮らしていて、なんでああいう風になっちゃうん?


食物とか栄養学的にはどうなのかね?



と思ってあちこちとwebを見て歩くと、やはり身体を作る全ての源っていう感じで
タンパク質の重要性について書かれているものが多いんですね。


で、さらにタンパク質摂取量と筋肉量の増減についてアメリカ研究結果で面白いのが載っていました。




よく言われている、体重1kgにつき、1gのタンパク質を一日に摂取するのが好ましい、ってやつです。
つまり体重が60kgの人なら60gくらいが推奨ね。



ですが、当然、肉体労働者とか、スポーツ選手、ボディービルダーなど身体を酷使する人によって
体重1kgについて、1.5gとか2g とかに変わっていくわけです。



総摂取カロリーが少なすぎる場合にも関係あるのでしょうけど、このタンパク質の摂取量が少ないと、
筋肉を分解してエネルギーにしてしまうんだとか。。


つまり食事量(摂取カロリー)を減らし、必死でトレーニングをするとかえって筋力が
落ちてしまうってことも言えそうです。



で、件のアメリカの研究機関の実験で、10代、20代、30代、40代、それぞれ年齢別にどのくらいの
タンパク質を摂取すれば筋肉量の増加が見られるか、ってのを調べたらしいです。



10代、20代では、体重1kgあたり、1gのタンパク質と一定の運動で筋肉量は順調に増加したようですが、
30代、40代と年齢がいくごとに増加量は減っていき、人によってはほとんど変化がなかったらしいです。


特に、10代では体重1kgあたり、タンパク質 0.6g でも顕著に筋肉量の増加が見られる人がいたと言うことです。


さて、ここで不思議なのはなぜ歳を重ねるほど筋肉が付きにくくなるかってとこなんですけどね。




ふうむ・・・やはり歳だから?103.png 
なぜなんだ?と言うのが昔はよく分からなかったらしいですね。



で、少し前に何かが筋肉の発達を阻害しているらしいってのが分かってきて、さらに研究の結果
筋肉から発達を抑制する物質のミオスタチンってのが出ているというのがわかったようです。



なんでミオスタチンなんてのが出て、筋肉の発達を阻害するのだ?ってことですが、
つまりそれがないと、筋肉がどんどん発達し続けて、ガン化するという恐ろしい事態に
なるらしいですね。



【生まれつきミオスタチンが少ない犬】

同種の通常の犬とはまるで体格が違う




欧州などでは赤身肉を多くとるため、ミオスタチンを人工的に阻害してボディビルダーのような
肉牛がいるそうですね。
あまりにも筋肉がムキムキすぎて、自然分娩が出来ずにすべて帝王切開で出産するなんて事も
書いてありました。




話がそれましたが、結局、ジッチャンになると内臓(消化器系)が衰え、食事の総摂取量が減り、
それに伴い、タンパク質の摂取量も減る、ミオスタチンの分泌によって筋肉の成長にもブレーキがかかる、
ってのが色々と合わさって、ヨレヨレのジッチャンが完成するようです。102.png


まあ、ミオスタチンの分泌量が年齢によってどう変わるのかが書かれていないのがちょっと
気になるところではありますが。




さてさておよその理屈がわかったところで、このヨレヨレジッチャンになるのを少しだけでも
延ばす方法はないものか・・・・・どうやらあります。




その1. 高強度のトレーニングをしてテストステロン(男性ホルモン)の発生量を増やす。 
    テストステロンは、ミオスタチンの発生を抑制する。


    > あー、これはジッチャンにはリームーなのでパスw



その2. 加圧トレーニング

   加圧ベルトを脚や腕の付け根に巻いて血流を制限しながらトレーニングする。
   加圧トレーニングは「ミオスタチン」の量が少なくなるだけでなく、「フォリスタチン」
    という
  「ミオスタチン」と結合することで「ミオスタチン」の働きを抑制する効果のある物質の分泌量も
   多くなる。

   > ふむふむ、これはクライミングにも応用できそうですな。
    しかも軽い負荷でいいらしいので、易しめの課題とか長物課題なんかの時に使うといいかもですね。




その3. クレアチン 及び HMB

   出ました!サプリメント群w

   クレアチンやHMBの摂取自体が、ミオスタチンの量を減少させるみたいですね。
   面倒くさがりのジッチャンにはこれはいいかも。102.png
    

   ただし老体の内臓にはあまり良さそうじゃないなあ・・・



まあ、とりあえずは、カロリーオーバーにならないように留意して、もう少しタンパク質を
増やす食事メニューを考えてみるのと、加圧ベルトを検討してみるかなあ。166.png



でもなあ~、ジイサンがジムで加圧ベルトなんかして登っていたら、ギプスした、ただの具合の悪い
ジイサンとしか見られないよなあ、、、



正直、いまさら筋肉量だとか筋力だとかはどうでもいいんだけど、筋繊維の補修に効果を
期待したいなあ。



とにかく、このヨレヨレご老体を修復しつつ、だましだまし使い続けるのも大変ですよ、ゲホッゲホッ。155.png 

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





by JIJI_MOUNTAIN | 2017-11-04 20:03 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

全壊?半壊?

どもっ。109.png
いやはや困ったもんです。


7月末にTRXで遊びまくり、その後ジムで肩に違和感というか痛みが出だしてから二週間ほどは
安静。

痛みが僅かに引いてからまた週に一度のペースで軽めにジム遊びを再開させていました。



半月ほどすると不思議なもんでジムで登っていて肩が暖まってくると痛みがあまり出ないことに
気づいて、毎回30分ほど5級あたりを延々とアップで登ってから遊んでいました。




そこからまた何週間かしたらかなり痛みがなくなって、7~8割くらいの力が出せるようになって
来ました。


いやあ~、よかったあ~、今回は何年もかからずにもどりそうだあ~♪
思いのほか軽症だったんだな。(*⌒▽⌒*)
と喜んで、また週一ペースで巡礼も開始。



巡礼先で1級課題もまたポツポツと登れるようになって一安心。
(ん~、あの痛みは何だったんだろうなあ・・・・???)147.png

がこれで終わりじゃなかった。。。




肩の痛みのこともすっかり忘れ、とあるジムでアップ程度の3級課題を登っていた時のこと
右手でボテをプッシュしたときに突然の激痛。



思わず、ウウッ!と声が出るほどの痛みで、マットにしゃがみこんだ。
肩を掴んで少し揉みほぐすようにしてみたがまったく痛みが引かない。



周囲に他のお客さんもいるから声を押し殺していたけれど、小さくウウッ・・と
唸り続けてしまいました。

額からは冷や汗というか脂汗というか、、143.png



痛む右肩を押さえつつ、15分ほど椅子に腰掛けていると今度はスーーっと今までの痛みが
嘘のように消えていく。


あれ?なんだろう? あんなに痛かったのに。。



で、腕をそーっと動かしてみてもまったく痛みがない。
徐々に可動域を広げていき、肩の高さより上に腕を上げようとしたら、先ほどと同じような
なにか鋭利なものでザクッと刺されたような激しい痛みがきた。

先ほどの時と違って、肩から肩甲骨全体に痛みが広がっている。



こりゃあダメだね・・ってことでまた痛みが治まるまでじっと椅子に腰掛け、痛みが引いたところで
さっさとジムを退散。



帰宅後、肩周りをジックリと点検。
どうやら肩より上に腕を上げなければ痛みはほぼないみたいなので、日常生活はなんとかなりそう。

ただ力が全然入らない、帰り際にバイクのヘルメットを持ち上げようとしたら持ち上がらなかった・・・・。

ってことで考えられるのは、肩板の断裂か?120.png



以前から肩板炎には何度かなっていて、医師からは炎症を繰り返すと断裂の原因にも
なりますよ、みたいなことは言われていたし、それでなくても高齢者はかなりの高率で
肩板断裂があると言うことらしいです。



もっとも特に運動などをしていないなど人は断裂していても痛みもなく無症状で、
ただ腕が上がりにくいと言うことだけらしいですね。



で、まあさすがにこれは自然治癒なんて事はないだろうと思い、三日間ほど安静にして
痛みがやや緩和した頃に整形外科へ。



まあ最近は、いきなり大きな病院へは行けないシステムみたいなのでまずは小さなクリニックで
一次診療。



あれやこれや問診やら可動域チェックやらをして、結論はよく分からんw
まあデカイ病院のMRIのあるところでジックリと調べてみないと分からないと言うことらしいです。



が、まず一つだけ安心したのは完全断裂はしていないみたい。(確定ではないけど)
棘上筋、棘下筋とも大丈夫そうで、肩甲下筋は不明。
まあMRIでみないと詳しくは分からないってことですね。



例の痛みの事を聞いてみたら、どうも肉離れ(部分損傷?)みたいお話。

つうことは、完全ではないにしても一部断裂みたいな感じなのかな。
で他にもいろいろと診察していただいたら、やはりインピンジメントの症状もあり。



それとおそらくこれが一番の要因になるのだろうけど、肩甲骨の動きが非常に
悪くて、腕の挙上について行っていないという話。


たしかに上半身裸で鏡に向かい、体側に付けた腕をゆっくりと真横に上げていくと
左腕は肩の位置がまったく動かずに上まで上がるのに、右腕を挙げていくと途中から肩をすくめるように
僧帽筋で挙上してしまう。
痛みのせいもあるけれど肩甲骨が腕の動きに連動していないために起こるらしい。



そのまま腕を肩より上の位置まで上げようとすると腕だけが上がってしまうので、
棘上筋を骨に挟み込み、痛みが出たり炎症を起こしてしまうようです。

なので頻繁に肩痛を起こすクライマーは肩甲骨が正常に動いていない人が多いと言うことですな。



ってことでちょっとだけホッと(?)して帰宅。
まあ結論としては、もし断裂していた場合、早期に治すためには手術をし、ハビリも含めて半年ほどかかるかも、
ってことです。


あくまで、”かも”ってことで以前のように完全にってことではないし、ワタシのこの歳で
手術とか半年のリハビリを経て、一体何をしようというのだ?と自問自答。



とりあえず日常生活には支障はなさそうだし、完全断裂して腕が上がらないとかに
ならない限りは、手術はせずに自宅でのんびりとリハビリでもしながら様子を
みることにしました。



とりあえずチューブトレーニング、軽いウエイトでインナーマッスルの強化と、
肩甲骨のストレッチを日課にしてみます。



まあこれを書いているころから少しずつですが、右上腕に力も入るようになってきたので、
ジム遊びも無理をしない程度にボチボチと再開って感じです。




しかしまああれですな、もしかしたら今回の故障は、”今がヤメ時だぞっ!”ていうなにかの
ご託宣だったんではないのかな?と思う今日この頃ではあるのですよ。112.png


*********************************************************************************


























by JIJI_MOUNTAIN | 2017-09-14 11:40 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

エビデンス

ポンコツジッチャンです、どもっ。116.png



スクーターでこけたり、TRXの遊び過ぎで、ただでさえ使用可能期間の短くなっている身体を
無駄に消耗させたりしているのですが、いまだわずかに残っているであろう治癒力ってのは
たいしたものです。



スクーターでこけて、大根おろし状態&サラミ状態になった二ヶ所の擦り傷は、徐々に
回復。 まあ擦り傷ですからね。



下腿部は、二週間で皮膚が出来たのであとはポアテープを貼り付けて傷跡保護で終了。
前腕部は脂肪の部分も削っちゃったせいか三週間経ってもいまだに浸出液は止まらず。
感染症予防のために、一日二日おきにハイドロコロイドを張り替えている状態。

周辺から地味に皮膚が再生していく感じなんですかね?



で、軽傷の方の擦り傷を観察していると、全体に皮膚が厚くなってくるのかと思いきや
ポツポツとまるでテントウ虫の斑点のようにピンク色の皮膚が周囲の地肌の色に
変化して行くんですね。

その規則正しい斑点模様がかえって皮膚病みたいに見えて気持ち悪い感じです。105.png





まあそんなことより痛めた右肩ですが、最初の一週間は、これはもうダメかも分からんね・・・
つうくらい回復の見込みを感じなかったのですが、その後は僅かずつですが日を追うごとに
痛みが軽くなってきました。



で、入浴中は痛みが軽くなるみたいなので、半身浴をしつつ、少し熱めのシャワーを
弱くし、肩に打たせ湯みたいにあてて、ウトウトしてます。

入浴後はチューブを引いて少しケアしたあとに簡単な肩甲骨回しを数分ってな感じです。



関節系サプリメントについては、海外のいずこの医療機関でも効果が実証できていない、
あるいははっきりとしたエビデンスがないことが常識化されているので却下。



結局は、休養と睡眠、きちんとした食事、とくに高タンパク質をメインとして自然治癒力を
高めることが重要って事らしいです。



こういった、世界ではすでに否定されているものが日本では未だに信じられているってのは
多いみたいですね。


一番驚いたのが、”超回復理論”ってやつで、欧米のスポーツ医学研究者とかコーチとかが
来日したときに初めて聞いた話だと言っていたこと。



で、結論としてはどうも世界的に見てもこの理論を信奉しているのは日本だけ、いわゆる
ガラパゴス理論ってことらしいです。


海外の研究者が具体的データの提出を求めたところ、誰一人として提示できた者は居なかったと言うことです。
結局はこれもまたエビデンスに乏しい、推測の域を出ない仮説的なものらしいですね。





なんでもそうだろうけど、人が言うことより自分で試して結果が出せたものを信じた方が
いいって事ですよね。
当たり前のことなんだけど、これって意外と難しいです。
やはり克己心は、大切だなと最近よく思います。




まあそんなことをボーッと考えつつ、肩のリハビリ運動と経過観察をかねてこれからジム行ってきまーす。107.png

************************************************************************************














by JIJI_MOUNTAIN | 2017-08-13 12:11 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

三日目の蝉

どもっ。
こんちは、オジイチャンです。116.png



いやあ~なにもせず、ただじっとお迎えが来るのを待っているだけの余生というのも
長くてつまらんもんですな。



このごろは、TVも全く観ないし、新聞なんてのも読まない。

まあネットだけは見ているからタイムラグは若干ありつつもなんとかうっすらと世情を知ることは
できるけれど、芸能関係とかは全く分かりません。



まあ貧しくとも好きなことだけに注視して余生を過ごしていこうつうところです。



ってことで、今日も10日ぶりにジム。
当然、シニア割引のあるグラビティリサーチ 大宮へGO!



このところは毎月更新されるマンスリー課題で遊ぶために月に一度くらいは
こちらのジムを利用してる。


だいたいいつも20~25課題くらい?つくられているので、二~三時間くらいで
全完登を目指すんだけど、けっこうバテちゃう。119.png




マンスリー課題が始まった当初は、二時間足らず全完登できたけれど、月ごとに
徐々に難しくなってきて、その翌月は1本登れないのがあったり、そのまた翌月は
2本登れないのがあったりとジジイの限界を越えてきましたw

易し過ぎず、難しすぎず。まあこれくらいが一番楽しめるのでグッドです。




つうことでこの日も番号の若い順(5~6級くらい?)からアップがてらに登りだして
中盤を過ぎて、番号後半で二撃くらいになりつつもなんとかしのいで終盤の20番台。



ようし、と臨んだけれど・・・・ひゃはは、いつもながら手こずってなかなか登れない。
グレードは、2級くらいのと1~2級くらいだけど、結局、1本は触る時間がなくて
それでとうとう3本を残して終了。



途中で右肩になんかイヤな感じの肩痛が出たのとスタミナ切れ。
まあそれがなくても登れなかったけどね。105.png


つうことで、また来月が楽しみだなあ~♪・・・と、お気楽に終われなかったんです。



その晩、肩の痛みは段々と酷くなって寝返りも打てず、肩より上に手を挙げようとすると
刺すように痛む。
こりゃあ、また肩板炎症かな? 


痛みはかなり酷いけれどそれを我慢しながらゆっくりなら動かせるからそれほど重症では
ないみたい。
ふ~む、アレがいけなかったのかな・・、思い当たるふしあり。





で、この日を遡ること三日ほど前。
今週はジムにも行ってないから運動不足解消に久しぶりにTRXでもするかな。


と、ヘッドホンで音楽を聴きながらワッセワッセとお遊び。


以前から右肩に痛みがあるので、その部分に負荷の掛かるメニューだけは避けていたんだけど
この日はなんとなく少し試してみたくなってやってみた。


いわゆるプッシュアップ、まあ腕立て姿勢みたいなやつです。


とにかくここ何年も肘が肩より後ろに出る動きや腕を強くプッシュする動きは
痛みのために全く出来ない。


ということで、マントル課題とか凹角に入り込んで両手を後方にプッシュするような課題、
遠めのガストンを保持して手に足で頑張るような課題もずっと避けていました。



が、ここ最近、易しめのものから徐々に試していたらいつの間にか普通に出来るように
なっていたんです。
(治ったのかな? たしか治らないって聞いていたけどなあ・・)


まあそんなこともあったので、この日はTRXでそのメニューを試してみたのです。



通常のプッシュアップと違って、上半身がユラユラと揺れるのでその姿勢制御のために
床で行う普通のプッシュアップとは比較にならないくらい肩に負荷が大きいのですが、
試してみたら全く痛みもでないまま、通常メニューのハードバージョンまで出来ました。


うほっ、これはいいぞ、この調子でいけば元々も弱い肩周りをガッチリと固められそうだ!
とまたもや加減を知らぬジイサンは追い込んでトレーニング。



そしてそのまた翌日も、そして翌日もTRX、、、そして翌週はジムへ。。。
が、その結果が前述のような事になってしまったわけです。



声を大にして言いたい、オレはアホだあああああ!!103.png



まあしかしアレですよ、肩に痛みが出始めてからもう3~4年くらい。
そのためにトライできない課題も多数、、、たまに無理してやると1週間以上も
痛みが続くような状態だったのが、ある日気がつくと楽になって痛みがない♪


こりゃあ、ついついやっちゃうでしょw



しかし3~4年間我慢して、治った!と思ったら三日で再発って・・・・。

あーたね、蝉だって3~4年間地中にいて、地上に出てから1週間は頑張るのだよ!
三日は早すぎだろ!




若い人と違って、歳が歳だからこれからまた痛みがなくなるまで何年もかかるんだったら
もうダメだね。
残念だけどまたお茶を濁しつつジムで遊ぶしかないね。


**************************************************************************
















by JIJI_MOUNTAIN | 2017-07-31 10:13 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

不遜ジイサン

どもっ。109.png


いやあ~、やっちまいましたよ~、、、。
なにを?かって言いますと、記憶にないくらい大昔にすっころんで以来のバイクでの転倒、アッヒャ。106.png
まあ正確にはスクーターですけどね。


近所にあまり車の通らないお気に入りのカーブがあって、いつもそこを通るたびに
ちょいと攻め気味にバンクさせ、スタンドをガリガリと擦りながら楽しんでいるのですよ。


しかしまあ安いタイヤの割には意外に踏ん張ってグリップしているので、限界はどれくらいなんだろ?
って、ふと思って今日はいつも以上にフルバンクさせてみました。



ガリガリ・・ガリガリ、、ガツッ!!、、、、、
タイヤが滑った瞬間にスタンドがガッツリと地面の亀裂にくい込んじゃいましたww
で、そのまま地面をかなり距離をスライディング!107.png



アホです、完全にアホです。。 いい歳こいて何をやっているんでしょうか。


まあ車体が倒れたままスライディングしたので、スクーターのダメージは最小限ですみ、
我が老体には大きめの擦過傷二ヶ所だけ。


が、夏用フルメッシュジャケットの肘部はズタぼろに裂けてしまったので廃棄、
ジーンズも穴が空いてしまって廃棄となっちゃいました。



しっかし着心地が悪かったので肘部のプロテクターを外していたのが大失敗だったなあ。
ちゃんと入れておけば擦過傷が一ヶ所ですんだものを・・。



つうことで帰宅途中で、ビッグサイズのハイドロコロイドと防水テープetcを購入。
チャチャッと身体の修理をすませて、すぐに新しいメッシュジャケットをポチッとな。




今度はジャケットを少し大きめサイズにしたからプロテクターをバッチリ装着してと、
タイヤも交換してみっかなあ。(← アホなので懲りてない)129.png


*******************************************************************************










by JIJI_MOUNTAIN | 2017-07-24 21:16 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

暗黙知

どもっ。114.png


身の丈に合った生活をつづけているうちに自身の身長までも
年々しぼんできたジッチャンです。



が、そうは言いながらも細々とジムなんかには遊びに行っています。
でもまあリタイヤ後のここ一~二年ほどは、大体週に1回くらいのペース。



オジイチャンだし、ジム遊びの回数も年々減るしで、いつごろ5級クライマーあたりに
定住するのかなあ?116.png

って思っていたけれど、不思議なもので登る力ってのはそれほど急加速で落ちないモノ
なんですね。
まあ登っているグレードが低グレードだからってのもあるんでしょうけど。



相も変わらず2級あたりがオンサイトのメインで、たまに1級がRPできたり、
極めてまれにというかラッキーで初段が登れるくらい。
まあ”ヘボヨワミドルレベルジッチャン”状態ながら維持できてる感じですかね。



で、ジム遊びを週一度の回数に減らした分、出かける時はなるべく他所のジムへ、
まあジム巡礼に費やそうと。つうことでボチボチですが登りに行っています。
現在(2017/07)までで203店舗巡礼。



なんつうか、お遊びで始めたジム巡礼。 
当初は、200店くらいで区切りをつけっかなあ、と考えていました。



まあ、その当時は全国のジム店舗数なんて200店を少し越えたくらいだったので
そこまで行けば十分でしょ・・って思っていたわけです。


200店舗くらいならノンビリやっていてもリタイヤして体力が落ちてきたころに
終了~ってなると踏んでいたわけです。



が、その後、あれよあれよという間にジムが増殖し始めて、現在では、有名どころや
あまり知られていない”虎の穴”みたいな半営業ジム(個人的にはこの手のジムが好きなんだけど)
までも合わせると500店を軽く越える状態のようです。



しかも一時期に比べ新規開店の勢いは衰えてきたとは言え未だに新しいジムのオープンが
目白押しと言うお話。
スゴいもんですな、恐ろしいですな。なんか熱にうかされているようにも思えますw



まあジッチャンも乗りかかった船?じゃなくて、浮かれちゃってるボルダリングブームに
乗っかりついでに、もう少しだけ浮かれちゃおうかなあ~な感じで巡礼を続けるつもりです。



出来れば近隣だけじゃなくて、最果て系ジムとか離島系ジムに出向きたいんだけど
懐まことに不如意であるので願い叶わずなのです。



そうそう、離島系と言えば、関東のジムをたたんでどこぞの島でジムをオープンさせた御仁が
いるようですね。 
ジム巡礼者としては、本来そういう所へこそぜひ行ってみたいんですけどね。



まあ言わずもがなワタシの余命もどうせあと幾何。
冥土の土産に、僻地系、最果て系、離島系のジムだけでも行っておきたいなあ~、って。

しかしそういう所って、ジム経営は成り立つのかねw 104.png 



つうことで近いうちに今までの出かけた巡礼先リストと印象に残ったことを少しずつ書いてみます。



まあ正直いうと最近は、どこのジムに行っても可もなく不可もなくって感じだし
感想と言っても外観や内装だったり、いろんな意味で個性的なスタッフのことだったりで
ほとんどクライミングに関係ないかも。125.png

************************************************************************************
















by JIJI_MOUNTAIN | 2017-07-23 13:26 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

貧楽

どもっ。029.gif



台風ラッシュが過ぎたと思えば、秋雨前線の停滞とどうにも気分の晴れない日が続いておりますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。



かく言う、じっちゃんはいつもながらトホホな日々が続いています。



つい先日もコイツのせいでまたまた、あ~あ~、、、な気持ちに。

b0048854_16055617.jpg


購入してからまだわずか三ヶ月足らず・・しかもなけなしのお金をやっと工面して手に入れたというのに。。007.gif



このところ何年もノーエッジばかり履いていたので、普通のシューズがこうもあっけなく爪先部分が
いかれるとは思っても見ませんでした、、、


この分だと半年なんてまず保ちませんね・・・やはり無理をしてでも青虫を買っておくべきでした。




まあこんなにも早く崩壊が始まったのには思い当たるふしもあるんですけどね。



まずサイズ選びの段階でハーフサイズ攻めすぎてしまったこと(アホです)
そして、もうひとつは、まあこれは良かったことにもなるんだけど、ジム遊びの頻度がグウ~ンと
増えたこと。



まあ頻度が増えたつうても、週一君だったのが、週二君程度に増えたくらいですけどね。
これもリーズナブルな料金で利用できるジムがそこかしこに増えてきたお陰です。

マジで感謝、感謝、大感謝です。024.gif




つうことで、お登り遊びできる時間がちょいと増えたお陰で、またポツポツと1級くらいは
登れるようになってきました。
まあお買い得だけだろって話もありますけど。


で、これまた副産物というか当然というか、ジム行き頻度が増えれば体重もあっという間に減少するってことで。




最近なんだか身体が軽いなあ、やけにクライミングパンツがずり落ちるなあ~、と思って久しぶりに
体重計に乗ってみたら、10日に一度程度のジム遊びの頃よりドカンと4kg減、56kg台になっていました。



まあ遙か昔にMで登っていた頃の55kg台には及ばないけれどこれにはちょいとビックリしましたね。




まさかねえ。。
こんなジッチャンになって体重が減るとはねえ・・・もしかしてついにご臨終フラグか、そうなのか!?



と言っても体調はいいし、体脂肪率が減っているから病気って事でもないみたい。
暇をもてあまして週に一、二回お遊び程度にやっているTRXだけど少しは効いているのかね?013.gif




まああれですね、この調子で体重が減り続けたら年末辺りは40kg台に突入、そして来年早々には
確実に天に召されることでしょう。



つうことで天候が回復したら、天に召されるその前に秋の気配を感じながら久方ぶりにスクーターで
ジム巡礼に赴きたいところであります。




新ジムと言えば、ずいぶん前から噂になっている田無のジムってのは一体なんなのかね?

更地に建物から新築するジムってことで、倉庫を借りて営業している他のジム店長さんたちなんかは
何者?ってことでちょいとざわついたりしていたけれどね。045.gif

***********************************************************************************



by JIJI_MOUNTAIN | 2016-09-21 15:55 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

秋の萌し

どもっ。029.gif



いやあ、今日は久しぶりに夏らしい良い天気でしたねえ。
つうことでジッチャン本日は、ぶら~~っとプチツーリングに行ってきました。


とくに行く当てもなく、なんとなくブイーンと走り続けて気づいたら懐かしい景色でニンマリ。026.gif



まあ国道299号線なんですけどね、ボーッと走っていると、あぁ聖人岩の近くだなあ・・・
あっここは北川の岩場への入口だあ、そうか名栗河又もあそこを曲がって・・・と
次々に懐かしい思い出が。



そうだよなあ、毎週末晴れた日はもちろん、小雨が降っていても、雪が降っていても、
岩が結露している真夏や積雪で大きなつららが垂れ下がった真冬の時期でもほとんど
かかさずに通い続けた岩場への道。

もう遙か大昔の出来事のように感じます。


国道脇を流れる川のせせらぎ、木々がつくる天蓋からは清々しい香り。
やっぱり単車はいいよね。043.gif
で、299号から140号へとひたすら走り続けていると車の流れも減り、道も次第に狭くワインディングに。



あともう少し行くと、かの有名な聖地「三峰ボルダー」ってところで休憩。
トコトコと道路脇から河原に下り、岩に腰掛けてコンビニおにぎりをもしゃもしゃ。


さすがにこの辺りまで来ると吹き抜ける風は涼しいを通り越して肌寒いくらい。
また少しずつ秋の気配が下界まで下りてくるんでしょうなあ。



もしゃもしゃとおにぎりを頬張りつつ対岸に目をやると小さな岩が見える。
水際に近づいてさらに確認。


小さなツルツルの岩、大きさは身の丈もなし、8級くらい?

まあこのあたりは先人たちが洗いざらい探し尽くした場所だからよほどの事がないと
大岩なんて転がってこないでしょうね。045.gif



(ん~シューズとチョークを持ってくればよかったかなあ)と独りごちつつ
踵を返して道までもどり、いま来た道をUターン。
やっぱりもうちょいロングツーリングができるバイクが欲しいっすなあ。



だけどもしそんなバイクを買ったら最果てまで行ったっきり老人になっちゃいそうだけど。
まあそうなったら”行旅死亡人”ってことで本望ではあるんですけどね。003.gif

************************************************************************************


by JIJI_MOUNTAIN | 2016-08-25 21:25 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)