<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一栄一落

どもっ。029.gif


いやあ時はまさにGW。

ニュースなどを見ていると我が国の国民はまだまだレジャーを楽しむ余裕があるようで。


この分ならまだまだ増税、増税でチビチビと搾り取れそうだぜ、ウシシシと
ほくそ笑む官僚・為政者の顔が浮かんで来るような気がします。




まあいつものようにジッチャンにはGWは縁がないのでノンビリと引き籠もりです。




しかしまあ、かなりヒマだ~、でもどこかに出かけるほど懐に余裕があるわけじゃないしね。

することもないから暇つぶしに散髪でもすっかあ、といつものようにバリカンでセルフカット。045.gif




で、適当にガシガシと刈っていると、グウォォーン・・とくぐもった音が?



むむっ、、まだ半分しか刈っていないんだから勘弁してよ~、、、
見てみると髪の毛が詰まっただけね、ホッ。

で、バリカンをガンガンとひっぱたいたら復活。



助かったぜ~、半分だけ刈り上げとか勘弁だぜ~、シャレオツな若もんじゃあるまいしよう。。037.gif



で、またまたガシガシとカット。


うん、やっぱり先ほどと違ってスイスイと刈れるでえ~♪ ジャリジャリ、、ジャリジャリ、、ん?
しかし、やけに盛大にジョリジョリ言うね?013.gif




と、側頭部を触ってみると・・・・ザラッ・・・・?

でバリカンのカット長ゲージを見てみると、2mm・・・ん?2mm!005.gif



そうです、物ぐさジイサンなのでセルフカット時に鏡なんぞのしゃらくさいものなどは
使っていないのです。
あくまで手触り、感覚を大事にする主義なのです。 ←単に面倒くさいだけ



でちょっとだけ狼狽えて、チラッと鏡をのぞき込んでみた。
み・じ・か・い・・



どうやら毛詰まりを直すためにバリカンをぶっ叩いた時にカットゲージが動いちゃったみたいね。003.gif




まあ刈っちゃったものは仕方ない。
髪型を気にするほど髪はナシ、見かけを気にする歳じゃナシ。



つうことで、んじゃあこの際、オール2mmのズウボーにしちゃうかってことも考えたけど
さすがにちょっと短すぎないか?
と思い直し、適当に修正と言うか誤魔化してボウズもどきでカット終了。



しかしまあ、あとから後頭部をよく見たら長さはバラバラだし、虎刈りだしw
次回からはちゃんと鏡を見ないとイカンなあ、今さらだけど。




でまあ、そんなアホなことをしていてもたいして時間は経たない。
ってことで、急に気が変わってやっぱりジムに行くことに。




さてどこにするかなあ?
残念ながら本日は土曜日でメンズデイのあるジムはないしなあ。
となると品川ロッキーのシニア料金狙いか?013.gif


いや待て待て、今日あたりあそこはメチャ混みだろう・・



う~ん、、、、いっそのこと巡礼に行っちゃおうかなあ。
GWで道路は渋滞中なれど、スクーターにはそんなもの関係ないだろうしなあ。



つうことで、チャチャッと下調べとお登りの支度をしてジムへGo!049.gif




本日の巡礼ジムはロッキーつながりで、オープンまもない『ロッキーつくば阿見店』です。


で、走り出してみたら予想どおり一般道はところどころでふん詰まり状態の渋滞中。

皆さん大変ねえ~、と脇をスイスイと通り抜けては先頭へ、でまたスイスイとすり抜けては
先頭へ。

渋滞時のスクーターは、ヘヴン!!003.gif


つうことで、Googlemapに表示される到着予想時間とほぼ同タイムで現地着。



目指すロッキーは、ピアシティと言うショッピングセンターの中にある。
だだっ広い駐車場一階の真正面の好立地、迷いようがないね。



早速、受付でロッキー他店舗の会員カードを提示。
すると、受付をしてくれたスタッフが、「会員番号が二桁だっ!」って驚いていました。


ロッキーも老舗店ですから二桁の会員番号の人も少なくなってきているんでしょうね。




であれこれあってまずはジム内探訪。

ロッキーくらいになるとジムの造りも手堅いもんで、室内装備も充実していますね。
至れり尽くせりです。



高さはあまりないけれど壁面構成も多彩。
場所柄なのか初心者向けのスラブ壁、垂壁が多くて、キッズ用ミニ壁も完備。

(今回はどの壁にもお客さんがいっぱいでどうしても写り込んじゃうので壁面写真が撮れませんでした)

b0048854_23081009.jpg


言うまでもなく、ロッキーはすでに課題やその他のシステムが”ロッキーブランド”として確立されているから
いろいろな面で安心して遊べる気がしますね。

つうことを改めて感心しながら早速お登り開始。




まずは、5級、4級、3級を休まずにじゃんじゃん登ってアップ。
グレーディングは3級までがややスイートな仕上がりかな?

が、さすがに10日ぶり?二週間ぶり?のジム遊びなのですぐに前腕パンパン。037.gif



まあ、パンプしようがしまいが登れるグレードに大差はないので構わずに
2級課題へ。



サラッと一撃で登れるものもあれば、数回かかるものもあったりして
いつもどおりのヘボ三昧。

なんとか2級を四本ほど登ったけれど一撃できたのは二本だけ。。
情けのうございます・・002.gif

感触としては2級からはジャストなグレーディングに感じました。




まあこれが実力、つうことでへこたれずに1級のお試しトライ。
地味に持ちがどころが悪いホールドが連続する課題が多くてジッチャンすぐにヨレヨレ。。



こりゃあ、相当やってないと登れそうもないや・・つうことでさっさと諦めて
また3級をいくつか登って終了。



そういえば、エリア中の一部の壁が現在は使用禁止になっていましたよ。
どうもマットの発注ミスか採寸ミス?なのかな。



壁面のトップ位置とマット端の位置が同じになってしまっていて寸足らずに。
上部で落ちると100%マット外に着地~な具合。037.gif
けっこう突貫工事だったのかもね。



でもまあロッキーの課題はいつも楽しいね。 
オールドテイストな感じと今時なものをちょいとスパイスに、ベーシックムーヴやトリッキーな
ムーヴと、いろいろと楽しめる。



つうことで満足万蔵な一日でありました。034.gif





さてと、来週はまた神奈川か、それとも行きそびれている都心のジムか。
巡礼先は尽きません。




尽きません、で思い出したけれど今年に入ってやはりいやな予感があたって閉店するジムが
いくつかでて来ました。

「万策尽きて閉店に至りました・・・」なんて言う掲示を読むとジム好きのジイサンとしては
やはり残念というかなんか寂しい気持ちになります。



首都圏の某中堅ジムはミニジムながら何度か遊びに行ってなかなか楽しかったし、東京の某ジムは
オープンからそれほど経っていないジム。



既存ジムの近くに次々と乱立するジムは、既存ジムよりもさらに立地もよく、設備も充実している。
これから生き残っていくのは並大抵のことではないんでしょうね。




景気の行方は暗澹としているし、これからどうなっちゃうのかな・・・。

*************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-04-30 23:15 | climbing gym | Trackback | Comments(3)

加須囃子

どもっ。029.gif



いやあ~よかったですねえ、加須ワールドカップ。
さすが加須囃子の街ですなあ。
曳き合わせ(ひっかせ)のように勢いあふれる戦いでした。043.gif




加須でのボルダリングワールドカップというと2009年以来でなんと7年ぶり。


前大会では、日本の村岡選手が見事に表彰台の一角をしめ二位でフィニ。
気迫あふれる登りでジッチャンも感動したもんです。


村岡選手は、2006年にもところ同じく加須で開催されたジャパンカップで優勝を
果たしていたし、加須とは相性がよかったのかも知れないですね。045.gif
今回のワールドカップのルートセットは奇しくもそのジャパンカップで村岡選手と戦った岡野プロ。




ん~歴史を感じますなあ~。 
それにつけても2009年のボルダリング・ジャパンカップに参戦していた選手たちは
今では皆さんが様々な方面で現在のクライミングシーンを牽引する人たちばかりです。

才気あふれる方が多かった時代なんですね。045.gif






でまあ、皆さんご承知のようにリザルトはこんな感じ。


【WOMEN】
b0048854_14550798.jpg


男女とも準決勝からネット観戦したのですが、ジッチャン的には女子の方はおおむね予想どおりの展開でした。


ショウナの安定ぶりは実に素晴らしく、決勝でも只一人全完登し圧倒的な力の差を
見せつけての優勝でした。
そして昨年からの連勝記録をさらに伸ばして絶対王者への地歩を固めた感じでした。




ジッチャン的には、観ていて今シーズンのフランスのファニー選手の元気のなさが気になりましたね。

ワールドカップシーズン前に見せていた絶好調の様子とはあまりに違うし、どこか故障しているんじゃなかろうか?
と感じられました。013.gif



それと比べて、同じくフランスのメリッサ選手の活躍ぶりにはかなりビックリでした。


初戦のメイリンゲンで二位になったけれど、表彰台に上るのは二年ぶりくらいでしたし、
年齢的にももうそろそろ厳しいんじゃなかろうか?なんて失礼なことも思っていました。


がしかし、加須ではまたも二位にくい込む健闘ぶり。005.gif
メイリンゲンでの成績がフロックではなかったことが証明されました。


そう思ってよく見ると、たしかに身体は昨年より絞られているようにも見えますね。




それにしても優勝したイギリスのショウナ、二位のフランスのメリッサ、ともにワールドカップでは
中堅からベテラン域の選手。

いずこの国でも、次に続く選手の伸び悩みが問題と言うことではないんでしょうか。


イギリスだと、ショウナに続くのはトレーニングパートナーのリア選手とかミカエラ選手
なんだろうけれど、未だに伸び悩んで足踏み状態。


オーストリアもアンナ選手に続くはずのカタリナ選手他が足踏み状態。



ドイツもユリアがコンペを引退したあと続く選手が出てこない。

今シーズンは、ベテランのモニカ選手が代表として出ているけれど、ユリアを下して
出てきているわけではないので力という面ではちょっと不安な気もします。


ジッチャンは、モニカ選手のモナリザ的顔貌はかなりファンなんですけどねw037.gif
ちなみにモニカ選手、現在はジュニアのクライミングトレーナーをされているようですね。




つうことで各国が次期後継者となる選手育成に苦労しているところですが、我が日本は
野口選手、そしてそれに続く野中選手と人材に恵まれている感がありますよね。


今大会では、野中選手のさらに次を担うであろう選手の活躍に関心が寄せられました。



それと、参戦すればほとんど表彰台にからむマスカレナス選手が欠場と言うことも
あって、日本人選手のワンツーフィニッシュへの期待も高まりました。



結果としては、野中選手が見事に三位入賞。
野口選手が準決勝敗退、そして開催国というプレッシャーの中で素晴らしい成績だと感じました。

やはり野中選手の次を担うのは、岩手の少女か。







【MEN】
b0048854_14553213.jpg




男子はまたもや混戦でしたね。
とくに予選課題A組は厳しめのセットだったようですね。



日本人選手は全体としてベテラン勢がふるわず、若手選手が頑張ったけれど
上位のヨーロッパ勢とはまだ力の差が歴然とあるっていう感じでした。




で決勝は課題との相性がよかったのか、こちらもおよそ二年ぶりにロシアのルスタム選手が優勝。


藤井選手は、準決勝でただ一人全課題完登という抜群の強さを見せ、これは優勝かも?!と
大いに期待を持たせてくれましたが、決勝ではアテンプト差で惜しくも三位となりました。


で、二位に入ったイタリアのマイケル選手。
今年20歳の選手ですけど、過去ワールドカップでは予選敗退や準決勝敗退であまり目立たない
選手でした。
調べてみると、ヨーロッパユース選手権では二度の優勝や何度か入賞経験もある選手でした。


やはりこういうところがヨーロッパ選手の怖いところですよね。伏兵がいっぱいw037.gif



で、ジッチャンお気に入りのストラニク選手は、、、、そうあのなにかやってくれそうな
ストラニク選手は・・・・。



んがっ!! やはりなにかやってくれましたね・・・
せっかく予選を通過したというのに、準決勝のアイソレーションのクローズ時間に間に合わず・・・
で、準決勝に出られず、、


ったくもう何やってんだか。003.gif  
表彰台に立つ力は十分にあるというのにねえ。まあこういうドジっちゃうところも好きなんだけどw 


まあ今シーズンもいろんな意味でストラニク選手からは目が離せないっすなあ。


素人目ながら課題の傾向はやはりメイリンゲンと同じように繊細で丁寧なクライミングが
要求されているようにみえましたけど、あくまで素人の見た感じですからね。


しかしヤンはもうちょい丁寧に登れんのかなあ、足さばきが雑に見えてしょうがないんだけどw037.gif



IFSC Climbing World Cup Kazo Highlight Finals



***********************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-04-27 22:13 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

たそがれヨコハマ

ますますバイク欲しい病が高まっているジッチャンです、どもっ。029.gif



なんか聞くところによるとバイクの販売台数は年々減少しているそうですけど
やはり今のご時世だとバイクでも贅沢品の部類になっちゃうんでしょうか?



なんかもう昭和の高度成長期前に逆戻りって感じですよ。
たしかにいろんな景気指数なんかを見ても昭和そのものですしね。
時代はレイドバックどころかレイダウンなのか。

下流老人の分際でスクーター所有ってのもアカンな感じなのかなあ・・。015.gif





とまあ、いろいろと己を戒めつつも舌の根が乾いたので、本日はジム巡礼に行って参りました。


場所は、神奈川県横浜市。 
JR戸塚駅からほど近い【CLIMBING GYM RISE】です。




先週よりは距離も近いし、ほとんど一本道なので原ちゃんも機嫌良くス~イス~イとあっけなく到着。
で、お次の核心は駐輪場(バイク)探しね。



なんたって、バイクが販売不振に陥っている一因はこの駐輪スペースの減少に
あるってんだから何を考えているんだかさっぱり分からないっすなあ。



で、どうかなあ~?と思いつつ現地に到着してみたらクリビツテンギョウ!
なんと駐輪スペース(バイクを含む)だらけだっ! すっげーー!!005.gif




しかも3時間まで無料、その後は3時間ごとに100円というリーズナブルな設定。
さすが神奈川! さすが横浜!! 横浜エライ!w003.gif





ジッチャン大感激でいそいそと駐輪スペースへ。。
が、ここで問題発生。 どうやって鍵を掛けて良いのか分からず挙動不審状態。




ん~と、鎖をこう前輪に通して、、、ここにカチャッと、、、だけだよなあ・・・

が鎖を引っ張るとスルッと抜けちゃう・・・あれっ?015.gif




ん~、、で何度やってもうまく行かないので仕方なく少し離れた料金ボックスまで行って
使い方を読んでみる。
う~む、、やはり鎖を差し込むだけだよなあ・・。




で、またもや駐めた場所に戻って、差し込む、引っ張る、抜けるを繰り返す。
う~ん、、、困ったあ、こりゃ分からんぞう・・。




ジイサン一人、腕組みをしつつ渋面を作っていると隣におばちゃんスクーター登場。



で、べ、別に困ってなんかいないんだからね・・ふうを装いつつ横目でジーーッと様子を観察。


するとサッサと前輪に鎖を回したかと思ったらスリットにカチャッと刺して終了??013.gif
とくに変わった作業があるようにも見えなかった。




ここに至ってジッチャンとうとうギブアップ!


で、「あのうスミマセンがこれってどうやって鍵を掛けるんでしょうか・・」と
件のおばちゃんに訊いてみた。



すると、アンタそんなことも知らないの?とちょっと怪訝な面持ちをしつつ、
「えっ?これ? 鍵かかんないのよ、3時間経たないとね!」とまるで捨て台詞のように
言うとサッサと行ってしまった。




あっ!ああっ!そういうことか!

まったくジッチャン大丈夫なんでしょうか、いや大丈夫じゃないんでしょう。
あれだけ使い方を読んだのに全く理解できていないんだから。




つまり3時間までなら無料ってことなので、差し込んでいる鎖はそれまではフリーな状態。
なので手で引っ張れば、スルッと抜けて当然なのでありますよ。003.gif



で3時間を超えたところで、ウイ~ンと鎖にロックがかかるつう仕組み。

いやはや読解力なさ過ぎだろ~。042.gif



つうことで早くもグッタリ、初段課題をオブサベしてこりゃ絶望的だ・・と思った時くらいの
グッタリ感を味わいつつ駐輪完了。




まあ、気を取り直して早速ジムへ。


えっとたしか上倉田交差点近くのドラッグストアの地下、だったよな。

ん?おっ!あったあった目の前やんか♪043.gif

で地下へ、地下・・・・あのう地下がないんですけど。。




なんか今日はあちこちで引っかかるな、ブツブツ。。

で近くにいた地元民らしき人に訊いてみた。

「ドラッグストア? ここですよ」 あっ、やっぱりねw

あのう地下にはどうやって・・?

「えっ?地下? ないですよ」  えっ・・?たしかに・・ですよね、、フゥ。



さてと困ったぞう、電話番号も知らないし・・

仕方ない、この辺りをローラー作戦で、、と考えていると「あぁ、向こうにもドラッグストアが
あるよ」と道路のはす向かいを指さす。



あれまあ、なんだよ!こんな至近距離に全く同じ系列のドラッグストアって。。
通りを渡って見ると、小さな立て看板を発見!やっと着いたでぇ~。




で階段をトントントンと地下に降りると正面に漫画喫茶、、の隣左手にガラス張りの
ジムを発見。 思っていたより広いねえ。

キョロキョロしつつ受付手続き。でいつものようにあれこれしてお登りの準備開始。
こちらはシニア料金の設定がある上に時間設定も四時間以内と実にお得。

やっぱりジッチャンにはシニア料金設定はうれしいなあ~♪



そういやこの頃はジム利用料もデフレ傾向でかなりお手頃価格になってきました。

近場でも曜日によってワンコインならねワンビル(1日/1000円)のところも増えてきたので
ジッチャンも少しだけジム通いの頻度が上げられそうですw003.gif





では、いつものようにまずはジム内の造作拝見。


施工は某大手さんみたいですね。 
どっかで見たことあるような・・と思ったら藤沢ウォーリーの壁と同じような塗装仕上げ。



奥行きの長~い室内の中央部に背中合わせの壁面と右側にズラーッと続く壁面。
なんかやたらと垂壁、スラブ面が多いなあ。023.gif
  


トイレ、更衣室などは突き当たり。
貴重品入れと冷蔵庫あり。会員登録をするコーヒー無料サービスあり。
自販機設置は後日との話でした。← まっとうなジムレポみたいなこと書いてるw

でまあこんな感じです。






【入口から入って一番左列にある壁。垂壁?とスラブ面。タップリ感ありっすなあ】
b0048854_20173413.jpg






【上写真と背中合わせの強傾斜面】
b0048854_20172133.jpg
 





【入口右列にある垂壁、スラブ、緩傾斜】
b0048854_20171128.jpg


まあ壁面構成から考えるとターゲットは親子連れとか初心者メインって事なんでしょうか?



素人考えながら、なんだかちょっとスペースの使い方がもったいないような気もするんですけど
まあいろいろあるんでしょう。045.gif




でまあいつものように様子見とアップがてら6級、5級、4級、3級と登ってみた。


ん~、ややスイートなのかなあ? 


課題の感じとしてはよく考えられてるなあ~、というものとなんだか、ん?なものが
あって、ちょっとごちゃ混ぜな感じ。 
なんとなくクオリティの統一感が、ふ~む、、な気もしました。




で3級を何本か登ってから2級へ。

オブザベをしつつ壁をあちこちウロキョロし、トリッキーそうなものはパスしてまずはムーヴが
読めた課題からスタート。



2級らしくどこか1ヶ所だけ、ガツンなところが出てくる課題構成でそこを耐えれば登らせてくれる感じ。
で、1本目はオンサイト。

登った感じだと2級からはジャストに近いグレーディングのような気がしました。



で、2本目は二撃、3本目が三撃、、と本数が増えるにつれトライ数が増えるという
いつものグダグタパターンw037.gif




まあせっかくスラブ面が広いんだからスラブ課題でもやりますかね。←ホントは疲れて来ちゃったw

で、見た目がちょいと手順が面白そうな2級のスラブ課題でお遊び。


スタートヒールフックからネガティブな右、アンダー左、左ガス送りと行っといてからの
右手アンダー戻し、初手をトウフックして体勢を左に倒して左ピンチをプッシュして、右取りの
いわゆるチックタック。

そこから右胸位置の足に乗って左手をプッシュしつつの右手カチピンチ取りからの左の手に足でゴール。



どうにも出だし、二手目辺りで何度か壁から剥がされたけれど数回目で完登。
苦手なスラブ課題をオブザベで読んだとおりに登れるとなんかうれしいっすなあ♪043.gif

もしかすっとジイサンになるとスラブ勘が磨かれるのか、、んな訳ないか。



つうことで2級を五本ほど登ったところで、冷やかしで1級を触ってみたけれど、
やはりジャストなグレーディングだといつもどおりにどこかしら出来ないパートが
出てきちゃう。。


可能性がありそうなのは1本くらいだったなあ。
まあ実力相応だからとくに悔しさもなしってところです。037.gif



ってことでクールダウンにまた3級を何本か登って終了~。
なんだかんだ3時間半ほど登ったので心地よい疲労感、、、、を感じている場合じゃない!
なんたってスクーターなのだからね!w

つうことで、夕闇迫るハマの街を獺祭玉に向け疾駆するジッチャンなのでありました。




さあて来週は一拍おいて茨城にするか、それとも因縁の・・・。039.gif

**********************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-04-19 22:54 | climbing gym | Trackback | Comments(3)

Climbing Worldcup 2016

どもっ。029.gif



さあて、いよいよClimbing world cupのシーズン到来です!
初戦は、スイスのメーリンゲンでした。



Meiringen 2016 - Semi-Finals







Meiringen 2016 - Finals





すでに結果はご存じでしょうが、リザルトはこんな感じ。



【General result W O M E N bouldering】

Rank  Name     Nation     Final     Semi-final

1  Coxsey Shauna   GBR    3t5 4b6     2t3 2b3  

2  Le Neve Melissa   FRA    2t4 4b6     2t2 3b3

3  Mascarenas Megan  USA    1t1 3b3    2t2 2b2 

4  Noguchi Akiyo    JPN    0t 3b7     2t2 2b2

5  Garnbret Janja    SLO    0t 2b2     4t11 4b11




ジッチャン今回は、準決勝からネット観戦をしたのですが、相変わらず準決勝課題に関しては
なかなかの厳しさでしたねえ。045.gif



一見するとトリッキーな課題ばかりに見えるけれど、完登した選手の登りを見ると意外にも
オーソドックスなムーヴで攻略するのが正解のようでした。



深読みしすぎて読みが外れている選手はなかなか登ることが出来ないような感じでしたね。
このあたりは昨年からセッターの試行錯誤が感じられました。





で、ジッチャンは本国での代表選抜コンペなどを見た感じから勝手に予想し、やはりショウナ、
マスカレナス、ファニー、野中選手、ってあたりが順当に勝ち進むであろうと思って観ていました。




が準決勝の結果は、野中選手がふるわず、経験値が勝る野口選手がベテランの意地を見せて
見事に決勝に進出。049.gif




まあ、ショウナとマスカレナスは順当として、驚いたのがメリッサの成績。
登れなかった課題もかなりいいところまで行っていたし、なんか調子がよさそう。043.gif




今回のワールドカップで一番観客を魅了したのがメリッサじゃないのかなあ。
ラストトライで完登するシーンではみんな盛り上がっていたしね。



しかしすでにベテランの域にあるメリッサが上位にくい込む成績を上げるところをみると、
やはり今回の準決勝の課題傾向はどちらかというとオーソドックスで、かつデリケートなムーヴが
多かったんじゃないかと思います。

どちらかというとメリッサは、ドッカーン!とかフィジカルを総動員して力でおさえこんで登るような
スタイルは苦手みたいだしね。



やはり一昨年までのドッカーン!バビューン!!っていうジムナスティック系の課題は一過性だったのかね?039.gif

まあなんにしてもショウナは苦手系と言うのがあまり感じられないし、実に安定していましたね。
フィジカルも強いし、ワールドカップでの戦いかたにも慣れているから落ち着いていました。



マスカレナスはまだ本調子ではない感じだったけれどクレバーで天才肌の人だから今シーズンも
大崩れはしなさそう。





あといまだによく分からないのが、ヤンヤですな。

たしかに準決勝では若さからくる勢いはすごく感じたし、ただ一人だけ四課題完登で準決勝首位という
怪物の片鱗も見せたけれど戦略的にはアテンプト数が多すぎたように感じました。



まあ、もしかすると決勝で完登数、ボーナス、アテンプトなどが並んで同着になった時のカウントバックを
考慮して飛ばして行ったのかも知れないですけど。045.gif

男子の方の準決勝進出ラインなんかはボーナス、アテンプト差などのきわどいラインで決まりましたしね。



ヤンヤと言えば女子準決勝第一課題、ややトリッキーなスタートをさせる課題でゴールを取りに
行く時に日本で言うサイファームーヴを起こすと現場の解説者が、「ハハッ、ポゴだよ」って
言ってましたね。
やはりあちらでは、ポゴで通っているんだね。


昨年のリハーサルコンペでもみられたけど、ヤンヤはどちらかというと
レッドポインターなのかな?
トライを続けながら精度を上げていくタイプの選手かも知れないですね。



いずれにしても力がある選手だから、今回の戦いについてじっくりと研究して、
次戦の準備をしてくるだろうからかなり楽しみです。 期待は大なりつう感じですな。





で、男子のリザルトはこんな感じでした。

【General result M E N bouldering】


Rank   Name       Nation    Final      Semi-final

1    Rubtsov Alexey    RUS     2t6 3b10   3t6 3b4

2    Stranik Martin    CZE     2t6 2b6    2t4 4b11

3    Verhoeven Jorg   NED     2t7 4b10    2t3 3b5

4    LEVIER Alban    FRA     1t1 2b2     3t6 3b3

5    Schubert Jakob   AUT     1t3 3b14     2t3 3b4




男子選手についてはもうなんか全く分からない感じですね。003.gif

なんだか優勝する選手、表彰台に上がる選手がころころ変わっちゃう。
キリアンみたいに苦手課題の少ない絶対王者的な選手がまだいない。



で今回、準決勝の首位は驚くことに?なんとタイ・ランドマン! 
失礼ながらかなりビックリでした。037.gif



ランドマンって言えば外岩の高難度をバリバリ登っている人っていうイメージが強かったし、
本国のコンペでもティーンエイジャーの頃は見かけたけれど最近ではほとんど見なくなっていたしね。



ムーンの秘蔵っ子的な印象が強かったけれど気づけばランドマンも25歳。。
いまや十代半ばの選手たちが鎬を削るボルダリングコンペシーンにもどってくるとはなあ。



それでも準決勝では三名しかいなかった三課題完登者の中でもっとも少ないアテンプトで
上がっているからたいしたもんです。



とくに男子準決勝第二課題の激悪マントル課題では外岩派の実力を見せた感じでしたね。
カッコよかった!049.gif




優勝したルブトフは、このところ絶好調な感じですな。

ドミトリーみたいな花はないけれど、ロシア人クライマー伝統?の鋼の指を持っているようで
凄まじい保持力です。003.gif



ところでこのルブトフ、かなりクレバーというかドライな性格のようで、他のコンペ動画などを観ていると
優勝がすでに決まったあとの課題トライ(消化課題?)はあまりやる気を出しませんね。
持ち時間をうんと余らせてやめたりして観客を興ざめさせたりしてます。



まあ、プロだから優勝が決まっちゃえば、あえて無理して故障したら大変だし、
それが本当なのかも知れないですけど。

この先、もっと人気が出てきたら魅せるクライミングもしていただきたい感じです。




ジッチャンとして最近のお気に入りは今大会で二位となったチェコのストラニク。
この選手、なんか見ていて、こいつはなんかやってくれそうだぞっ!って感じがして好きなんですw003.gif




まあ今回、日本人選手が表彰台に上れなかったのは残念でしたけれど、次戦はホームの加須。
体調を万全にして必ずや男女ともに表彰台に立ち並ぶ姿を見せてくれるはず!



加須ワールドカップは、4月23日(土)~24日(日)です。 

日本人選手の皆さん、頑張って下さい!074.gif

*********************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-04-18 12:38 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

Feeling Good?

どもっ。029.gif


『Feeling Good』 今から半世紀ほど前にニーナ・シモンが歌って有名になった曲です。

歌詞は妙にハイな感じのくせに曲調は重く、気怠くって雰囲気なので
なんとなく歌詞の内容が全てが皮肉めいて読み取れるのがポイント。



いまだに多くのミュージシャンがカバーし続けているんだから名曲つうことです。
そういやここ一年ばかりだけでも自動車メーカーが二社ほどTVCMで使ってましたね。045.gif




でまあそんなことを言っているジッチャンの
Feelingは、Goodなのかい?ってところですが、
「生きてるだけで丸儲け!」状態なので可もなく不可もなくです。




てなところですが先月はなにかとバタバタと動きまわったのですよ。
まあ年度末でしたしね、、、ってリタイヤしたジッチャンには年度末もクソもないだろっ!
お思いでしょうね。



実は年度末というとアレなんです、アレ、そう自動車税の〆!034.gif
なんたって高いっすからねえ~。



ってことで自他共に認める下流老人としてはここで考えた。(大げさ)
リタイヤした身の上だし、もうマイカーなんて必要ないんじゃなかろうか?



つうことで改めて年間の維持費を電卓たたいてじっくりと計算・・・・ふ~む、、、
駐車場代、任意保険、自動車税、車検代1/2(1年)、ガソリン、オイルもろもろ
ざっと計算して数十万円なり、うっひょ~。005.gif



こりゃあイカンですね。 下流にとってマイカーなんぞは贅沢品の極みです!034.gif
と、強く深く反省したジッチャン。

やはり手放すしかない!
がしかし待てよ、手放しても大丈夫何かしら?




つうことでまずはマイカーがなくなったらどれくらい不便になるかを調べるべく、
お試し期間一か月。

とりあえず移動は、徒歩またはチャリまたはスクーター。



まあ実際は試すまでもなく、ダサイタマ南部あたりに居住している分には
何をするにもなんの不自由もない事がよく分かりました。(いまさら)




万一の時の通院やら買い物やらってのも問題ないし、ましてやネット時代だし
運ぶのが大変な物や近場で手に入れにくい物はネット通販でOK。


それに今のところアクセルとブレーキの踏み間違いや逆走なんてこともなさそうなので
(こういう過信が一番危ないんだけどw)どうしても車が必要になればレンタカーがあるし、
調べてみたら近くにカーシェアもあった。




じゃあやはり手放しても問題はないな・・・あ、そうかひとつ問題が・・。 
それは、老後の唯一の楽しみである”室内壁登り場”へのアクセスであります。



なんせ飽きっぽいジイサンです。 
ひとところの登り場ではすぐに飽きちゃうと言う困った徘徊癖が治りません。045.gif

まあオモチャみたいなスクーターがあるから近距離なら問題ないんだけど・・。



県外だとちょいと厳しいよなあ、、とくに公共交通機関のアクセスが悪いジムは
諦めないと、、でもそういったところにあるジムが面白かったりするんだよね。




ええい!なにをグダグダと!未練たらしい!082.gif

つうことで、長年連れ添ったマイカー君の処分を決定しました。




となれば来年度分自動車税の時期も迫っているし、善は急げ!と買取業者を片っ端から訪問。
面倒な駆け引きはせずに、一発回答を求めるも、のらりくらりで話にならん!な感じ。



面倒だ、よし次の店へ、、と席を立とうとすると、いきなり買取金額がつり上がるというねw003.gif
そんなパターンを他の店でも何度か繰り返し、まあここらで手を打つかあ~、と妥協できるお店で
売却を決定。




しかしあれですなあ。 若いときは欲しい物を少しずつ手に入れてきて、年老いたらそれを
また一つずつ手放して行く。


最後は身一つになり、いずれそれもおいて去って行くのですなあ~、感慨深い。
でもちょっとだけ清々しい気分でもあります。


まあ現実は、スクーターは寒いし、暑いし、雨は鬱陶しくて楽じゃないけどね。037.gif




ってなことがいろいろあって、今は徒歩・チャリ・スクーター生活に変わりました。
で、これからの主力の足になる原ちゃんの快適化を実現すべく、まずはバイクナビの装着に着手。





ん~と、カバー外して、あれとこれを外して、配線は~、ん~オンオフで~あーでこーで、、
なんか楽しいぞ♪043.gif

大昔にバイクをいじっていた頃の楽しさを思い出しちゃった。



いやあ、しかしやっぱりバイクはネイキッドがいいよなあ~。
今さらだけどなんだよスクーターって、ハァ・・・。



BOLTいいよなあ~、あの液晶メーターはどうも気にくわんけど、それにあのマフラーの位置がなあ。
ああ、W800もいいよなあ、昔のW1キャブトンサウンド、懐かしいなあ。

と、なんだかんだ相変わらず物欲が・・。085.gif




そんなことを考えつつもとりあえずナビ装着を完了したので、このところ少しずつ徘徊する距離を
のばしてみました。




で、先週は茨城の笠間まで原ちゃんでプチツーリング。
寒いけれどやっぱり風切って走り続けるのは気持ちいい~♪049.gif



しかし原ちゃんで往復200kmを越える距離のツーリングはつらいっすねw003.gif
せめて250クラスにしておけば良かったかな。そうすれば万一の時に高速も使えたし。




まあこの原ちゃんでも60~70kmの巡航速度でまったく苦じゃなかったから
ジムで登った後の疲労度を考えても片道80km圏内のジム徘徊は可能かな。



おっ!つうことは御岳あたりにも行けちゃうんじゃない? 

いやいやマットはどないすんねん! 
スクーター乗ったまま凧になっちゃうでえ~w003.gif
いやまてドッペルギャンガーのマットって言う手もあったか?



いやいざとなれば、トキオムロイ氏を気取ってノーマットってのもあるけど
ジッチャンだと100%怪我するに決まってるからなあ。037.gif

まあいずれにしても脳天気なジッチャンです。







さて、ナビもついたし、走れる距離の目安もついたので今日は久しぶりに巡礼です。

場所は千葉県。
そう千葉と言えば名物は渋滞。



渋滞エリアこそ、別名:通勤快速と呼ばれる原ちゃんの本領を発揮出来るのではないか?
と考えたわけです。




つうことで、ブインブインと小気味よい?頼りない?排気音を奏でつつも
”我が道はその空隙にあり!”と迷言をはきつつ、いつも難儀した渋滞路も
ス~イス~イと突破し、無事に目指すジムに到着。





本日のジムは、千葉県市原市の『BEANS』(ビーンズ)です。

ビーンズといえば、たしかロックビーンズって言うジムもありましたよね。
あやうくかぶりそうでしたね。




早速、入店して受付であれやこれや。 でお登りの準備開始。



ジムはプレハブ倉庫内のミニジムで、壁施工と課題セットはホッチさんのところらしいですね。



壁で仕切られた倉庫奥1/3くらいにはまだスペースがあるそうでいずれは拡張するような事を
言っていましたね。





で、壁はこんな感じ。


【壁面は、A壁~G壁までの各傾斜】
b0048854_14054974.jpg



【入口からみた正面の壁】
b0048854_14091741.jpg





【入口右手側の薄被り壁と垂壁。スラブ壁の手前にさらに小さな垂壁あり】

壁の高さはあまりないけれど、壁面の傾斜バリエーションは豊富なのでなかなか楽しい。
b0048854_14062344.jpg



【店舗入口外観】
b0048854_14071395.jpg



でまあ、壁のスケールも小規模なのでそれほど疲れることもないでしょ、ってことで
一番簡単な8級から2級までをあれこれ登ってウォームアップ。




察しのよい方ならおわかりでしょうが、ジッチャンがアップで2級が登れる、、、ってことは
そうです、ややスイートなグレーディングですw037.gif




ホッチ組さんと言うことで課題の傾向もいぶし銀的なものがほとんどなのでジッチャン向け。
つうことで、2級を数本登ったところでプチルーフの1級をトライ。



ん~、あれでこうで・・・・。 ムーヴはシンプルだね。

核心は中間部のちょいガバ取りかな?



でやって見た。 初手、二手、三手とスイスイ進んだところで、予想どおりに核心でふられ落ちw037.gif



ふうむ、、フックだな、初手か二手目か? パッツンながら初手のほうが掛かりがいいので
そちらをチョイス。 あとはフック解除からのフラれを利用してカンテ向こうのホールド取りだな。



で2便目。
予定どおりのトウフックからのマッチ。解除しフラれた勢いでカンテ向こうのちょいガバ取り。
でそのあと二手をこなしてゴール。



ん~、ムーヴ読みを含めてもまあ体感的には1~2級ってところですかね。
まあゴール取りが意外にちょい悪だったからジッチャンとしては素直に喜んでおきますです。037.gif




で、気をよくして薄被りの1級もお触り。
手数も少ないし、ムーヴもシンプル。 核心はゴール取りって感じっすなあ。

でこれも五、六回のトライで登れて本日二本目ゲット。




ここでさらに調子に乗ったジッチャン。 今度はその隣の壁の1級もお触り。

ふう~む、、ポッケからポッケ、でまたポッケからポッケで最後が持ちどころが
よく分からんホールドでの持ち替えでゴールかあ。


どう見ても、ココですよココ、奥さんココですからね的なゴール前ホールドの持ち替えが
核心。


なんかやだねえ、と思いつつスタート。
どの二本ポッケも掛かりが良いのでポッケをつないでその核心まで来た。



ちょい遠めの怪しいホールドにヒョイッと手を出してみたら案の定、、スルッ、ドデッと落下。

やはりアレかあ。。


で、下からじっくりと観察。 あそこで一度止めて体勢を整えてから指をモジモジさせて
保持しなおすかあ、と作戦を決めもう一度トライ。



ポッケからの一手で思い通りに保持し、指をモジモジさせて持ち替えしたけれど
思っていたより良くなくて、やや捨て身でゴールに手を出してみたら
やはりすっぽ抜けてゴールの縁を叩いてドデッと落下。037.gif




で、ポッケを保持しすぎて爪が食い込んじゃってイタタタな感じになったので
本日もこれにて終了~。




まあややスイートながら1級が二本登れたんだから老いぼれにしちゃあ上出来。
満足万蔵な一日でありました。




さてと、来週はお久しぶりの神奈川県かなあ。


ここ何ヵ月間で3店舗も新規開店しているみたいだけど、ジム巡礼の礼儀として
巡礼は一日1店舗なので、しばらくは神奈川通いって事になるのか。





いやしかし、まもなく茨城にロッキーが。
そしてあそこもまだ行ってないんだよなあ・・・・。013.gif




ああそういえばロッキーって、しょっちゅうコンペをやっているんですね。

今度はジッチャン向けのクラスもあるよって聞いたので年齢を見たら
50歳以上となっていた。 だけど50歳代つうたらインドアで初段は登れる年齢でしょ。



勝ち目なさ過ぎです・・・せめて60歳以上の設定にして下さいなw037.gif

*****************************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-04-13 22:31 | climbing gym | Trackback | Comments(0)