<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

スキャモンの発育曲線

どもっ。029.gif


このところ日本の正しい冬らしく、寒い日が続いておりますが
皆様体調にお変わりないでしょうか。


ジイチャンは遅寝、遅起き、引きこもり、なので体調の壊しようが
ありません。 
まあ、この生活習慣が良いのか悪いのか、、、。002.gif




まあそんなことは脇にぶん投げといて、今年もやってまいりましたね! 
なにがって、あれです、そうBJC!
ボーダリンジャパーンカッ!です。006.gif





今年はネット中継がないのかあ、、、残念だなあ・・と思っていたら知人から
BJCは観に行かないの?というお誘いメールが。



ん~、会場寒いだろうし、お金もないし、やめとくよ~と返信したら、じゃあネットで
観戦したらと教えてもらった。
よかったあ~、お陰で中継されることを始めて知ったよ~ってな具合。



やったね! 毎度ありがとうございます!『 Rhino and Bird 』さん!043.gif





で、今日は好き勝手に観戦後の感想を書いちゃおう~、と思ったんだけど、
コレって、偉そうによっ、ケッ!とかクソジジイ死ね!とかって言う苦情とか文句が
来ちゃうかな、まあいいか。023.gif


つうことなのでザケンナ!とか気にくわねぇ!という方はこの先は絶対に
読んではいけませんからね、絶対にダメですからね!w





【リザルト】

b0048854_19463047.jpg




b0048854_19465362.jpg









さてとっ、デスクの脇にあれこれと準備しつつ、ジイチャン二日間にわたりジックリと観戦しました。


まあ準決勝へ進出するであろう選手は、失礼ながら自分なりに事前に予想していたのですが
やはりほぼ近いところでした。男子で予想を外したのは二名。




ちょっと前の予想は楢崎選手か緒方選手のどちらかは決勝までは進むんじゃないかなあ~、
と考えていたのですが、国体での登りとか先日のロッキーコンペでの登りとかを
何度か見直してみて少しだけ、ううむ・・な気になりました。




お二人ともフィジカル的な強さはもちろんトップクラスなのですが、課題の読みを外したり、
オンサイトを逃したあとの苛立つ様子や動揺といったメンタルコントロールの面がどうでるのかなあ、
と、ど素人ジイサンは思ってしまったわけです。




よくスポーツについて心技体なんて言われるけれど、やはり【メンタルコントロール】・
【競技者として競技経験値/ムーヴの蓄積量】・【強靱なフィジカル/柔軟性】、このあたりを
高いレベルで競技中に維持、持続できるか否かじゃないでしょうか。



シリーズ戦とは違い、BJCのような一発勝負の場ではこれらを完全にコントロール出来ないと
頂点には立てないように思うんです。





WorldCup Bouldering に出場し、表彰台にからむ選手たちを観ていて、いつも感じるのは
一撃を逃したあとツートライ目以降も集中力を切らさず持続できる能力の高さ。 



ワントライ目で読みと違っていたホールディングとかムーヴに対して、動揺する気持ちを抑え、
ポジティブな思考に切り替えつつ、今までに蓄積された経験値と自己の限界能力との
すりあわせでどういう最善策をチョイスし、課題を攻略するか。

待ち時間が少ない中、それらを瞬時に判断し、決断し、いかに実践していくか。



フィジカルや経験には大きな差は感じられない選手たちの中にあってもこの部分に
関しては、表彰台常連組とそうでない選手とかなり差があるように感じます。



なのでワタシはいつも選手のツートライ目に入るまでの所作とか目の動きとかに関心が行きます。
落ちたあとにさっぱり分からん、、どうすんだコレ?と動揺したときはすぐ目の動きに出ますしね。



まあそんなあたりも気にしつつ、ネット中継を楽しんだのですが、やはり杉本選手と山内選手は
頭一つ抜きんでている感じでしたね。



杉本選手は全ての面でバランスが取れている感じだし、山内選手はフィジカルが突出していたし。
優勝した藤井選手はフィジカルの強さと体格的に非常に恵まれているので今大会の決勝課題の
タイプにはバッチリとハマったような気がしました。

予選、準決勝といまひとつふるわなかったことで逆に開き直って大胆に勝負に出たことも
幸いしたようにも感じました。






女子の方は、野口選手が昨年の雪辱を果たし、見事に女王に返り咲きましたね!005.gif


で、女子の方はかなり予想を外しました。
今年は野中選手か、、、、あるいは田島選手が連覇する可能性もあるのではないか?013.gif
って思っていました。




現場の解説によると、どうやら田島選手は故障明けだったとのことですが
それでも決勝に進出する力があるんだからやはり次元が違う選手なんですね。



それと一、二年前から注目していた伊藤選手が決勝に。
こちらも予想していたとおり、やはり非凡な選手ですね。



伊藤選手を見ていると、野口選手が中学生でコンペに出始めた頃の勢いと同じようなものを
感じます。


体型的に恵まれているし、なにより課題に対峙しても物怖じしないところが
イイですね。



傍から見ていると、ん~この課題はちょっと手こずるんじゃないかなあ・・、なあんて
思っていても、1トライ目から思い切りよく、迷わずグイグイとムーヴを決めていくところなんて
まさにボルダラー向きって感じで、カッケーっす。


田島選手がリード、伊藤選手がボルダー、この次世代コンビでいずれ世界はいただき!
って気がしますね。049.gif



海外でもマスカレナス、阿島ちゃん、ヤンヤ、etc もはやボルダリングシーンを牽引するのは
ティーンエイジャーなり。新しい時代を切り開くのはやはり若い才能つうところですな。 

栴檀は双葉より芳し、スキャモンの発育曲線に偽りなしw037.gif





まあそんな若い衆の中で今大会、一番楽しみにしていたのは加島選手の登りでした。
先日のロッキーコンペでも抜群の仕上がりでしたしね


ちょっとバタバタしたり、強引にねじ伏せるところなんかもカジマルさんらしくて
カッケー!!って思いながら観ていました。006.gif

相変わらず強いなぁ~、まるでサイボーグや、まだまだ進化してるよねえ~。






つうことで選手の皆さん、お疲れ様でした! 
そして素晴らしいパフォーマンスを見せていただきありがとうございました。043.gif

来年も楽しみ~。
********************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-01-31 22:09 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

欲動

皆様、新年明けましておめでとうございます。029.gif

本年も気が向いたらたまによろしくお願いいたします。




しかし実に穏やかな陽気の年明けとなりました。
皆様におかれましては、外岩、内ジム、豪勢な海外旅行に、質素な国内旅行と
楽しまれたことでしょうね。 けっこうけっこう。045.gif




さて、ジイチャンは行く年も来る年もなあんも関係なく、ただ木曜日(31日)から
金曜日に(1日)に変わっただけって言う感じでまったくなんの感慨もない年越しでした。039.gif




歳を取るとこんなものなのかも知れないです。
なんせもう飽きるほど年末年始を経験してきましたからね。 
たぶんもうこのイベントにも飽きたんでしょうw




しかしまあ、退屈だよなあ~、、、、あーそういえば年末にジムに行ったきりだよなあ~
ジムかあ~、行くかあ~、面倒だなあ~~、お金もないしなあ~・・ってくらい
相変わらずの精神的にも底流思考。037.gif




がしかし、動けるうちは動こう、、
なんせ聞くところによると平均健康寿命は70歳だというし、もうあまり時間はないのだからっ!034.gif




つうことで近場のジムへ巡礼に行くことに。
さてさて、、ん~、、やっぱ都内かな、近いし~。

で、オープンしてからまだそれほど経っていない、東京は代々木の『Rec's』へ行ってみることに。



代々木と言えば、若い頃には日々通った思い出もあるし、オッサンになってからは
仕事で月に一、二度は来ていたけれど、最後に駅頭あたりをふらついたのはもう20年以上も前。

迷わずにジムにたどり着けるのかしら、、なんたってもう田舎者だし、ジイチャンだし。。045.gif




まあそんなこんなで不安を胸に抱きつつも現地到着。
ん~、あんまし変わっとらんねえ。



さてと、目指すジムは・・・とポケットをゴソゴソ ←メモ探してる。。


ん?あれ? わ、忘れた・・・、どうしよう・・ ←スマホなんて高級な代物持ってない。。


こりゃあ困ったぞ、、ジム名はなんだったけかな? レッツ?だったかな? ←惜しいw




むうう、、落ち着け、落ち着くのだ、、と顔を上げると目の前には立ち食いそば屋。
まずは蕎麦を食しながら記憶の糸をたぐり寄せようではないか ←大げさ




で、ガラガラッとそば屋の扉を開けた瞬間に、ハッと!思い出した。
たしかコンビニの地下、で線路から近かったはず!!043.gif



つうことで開けかけた扉をピシャッと閉じ、すぐさま線路脇の道をウロウロと徘徊開始。


もうこのあたり完全に呆けが始まってますね。
これから先、ジム巡礼に行ったが最後、目指すジムはおろか自宅にも帰ってこれないやも知れません。


今日帰ったら首から提げる迷子札を作成しよっ・・・とちょっと思ったジイチャン。



ところで線路沿いつうてもどっち側やねん? とブツブツと一人ツッコミをしつつさらに探索。


ん~、勘違いだったかなあ~、とウロウロしているうちにドンドンと遠のく線路w
で脇道に入ってさらにウロウロ。



なんだかどんどん住宅街の隘路に入って来ちまったぜ、、、015.gif

参ったなあ・・・・、と目の前に住宅街には場違いな感じの外観をした建物。。



ん? ん? ぬぬぬぬっ!! ありゃりゃ! こ、ここは・・・・・。
なんとも懐かしい、、まだあったのか、、、しかしこんな感じだったけかな?
何十年も前、毎日のように通っていたスタジオが目の前に。005.gif 
驚きでしばらく足が固まった。



まだ22か23のころか・・・若かったなあ・・・。
楽譜や楽理書を小脇にかかえて、こんなところまでよく通ったもんだわ。


今となっては、バークレーメソッドも和声学も現代音楽理論もなあんも覚えとらん。。
つまりは無駄な時間を長々と過ごしてしまったわけか・・・。



 
しかしあの頃、まさか自分がサラリーマンになるなんて思ってもみなかったな、
しかもこんなつまらんジジイになっているとはなあ~w003.gif


あっという間だったよなあ、、まあ所詮人生なんてそんなもんかもね。



しばし呆然とその佇まいを眺めていたけれど、ふと我に返り、踵を返して
元来た道を引き返す。
年甲斐もなくちょっと感傷的な気分になっちまったぜよ。




で、ウロウロしたあげく、やっと線路近くでコンビニのキーワードを元にジム発見!042.gif
結局、駅からすぐでしたw


一階にファミリーマートのある建物の脇から階段をトントンと下った地下ジム。
駅近地下ジムですな。



ホームページにはかなり広いようなことが書かれていたけれど、クライミングスペースは
ミニジム程度な感じですね。


奥の別室に小さな垂壁のリードウォールがガラス越しにチラッと見えたけれど、
まだ準備中だと言うことで見学はさせてもらえませんでした。



ボルダー壁の方は薄被りがほとんどで、目玉ウォールは天井から吊り下げられたデッカいボテ壁。
ごっつい鎖で吊り下げられていました。023.gif



まあジイチャンはそういう色モノ的?な壁には興味がないので、いつもどおり普通の壁で
あれこれお登り。


課題の傾向はオーソドックスなものが多くて、よく練られいるとか、考えられた課題と言うよりは
シンプルにセットされた感じのものが多かったですね。

つうことで二時間ほどチョロとだけ登ってすぐ終了~。
退社時のラッシュに巻き込まれないようにスタコラさっと早めに帰宅しました。


それにしても今日は、若かった頃に一瞬タイムスリップした気がして不思議な気分だったな。






さあて、お次はどこのジムに行こうかなあ。


戸塚も行きたいけれどブログにはオープンが遅れるようなことが書いてあったし、
先んじてオープンした水戸にするかそれとも厚木か、、、そういや筑波のショッピングモール内に
オープンするって言う話はどうなったのかねえ?013.gif

**********************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-01-05 21:09 | climbing gym | Trackback | Comments(2)