<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

はっきょい!

どもっ。029.gif


桜の季節もあっというまに過ぎ去って、この頃は初夏つう感じの陽気ですな。
季節は足早に去り、ジイサンの寿命もあっというまに去って逝く・・・・w



最近は年相応にますます体力が落ち、ジムに行くのも週1回がやっと、それもろくに登らないで
二時間ほどで撤収~、という日が続いています。



やはりジイサンにはボルダリングなんてのは向いてないってことが身をもって
知りました。(いまさらかい!ww)003.gif



あっ、そう言えば近々、ジジババによるクライミングの祭典が行われるとか? 
あっ、失礼、、037.gif  リードクライミングのマスターズコンペが開催されるとか。



で、参加条件をチラ見、ふむふむ、年齢条件はジイチャン、バアチャンと。

う~む、、、でついでに参加者名簿もチラッと見てみた。




ふ~む、、、んっ!?  こりゃまたクリビツ!005.gif

な、なんと、伝説の怪人様が、、、これはいかんでしょ~w


参加条件の中に、5.11a を登れること、しか書いてないけど、あの方だったら今でも
5.12+くらいはオンサイトされるのではないんでしょうかね?013.gif

なんたって、5.14クライマーっすから、正確には14Cクライマー様ですから。。。




ああ、恐ろし。。 
ジイチャンとしていつかはマスターズにでも参加してみたいなあ~っなんて
考えていた自分は身の程知らずでした。085.gif



よくよく考えてみたら、黎明期や揺籃期、発展期に活躍されていた方たちの中には
まだまだ現役でバリバリ登っていらっしゃる方もいるわけで、
昨日今日はじめたお気楽一般人愛好家ジイサンなんて出る幕はないわけであります。037.gif


ましてやリードクライミングは今までの経験がいかされる競技ですものね。




つうことで、進歩もなく無駄に年数ばかりやっているジイサンは本日も大人しく巡礼です。
まあ、遠出をするほどの体力も財力もない今日このごろなので今回も近場のジム。



場所は先月、新宿にオープンした『登り部屋 のこった』。


なんだよ、この店名w003.gif
ウケ狙い?あるいは根っからの大相撲ファンってことなんでしょうかね?
まあこの店名なら商標登録でもかぶるところは少なそうだけどねw




そういや商標登録で思い出したけど、クライミングジムってのは案外
登録しているところが少ないんですね。

まあ、まだまだ個人営業が多いからそのあたりはあまり頓着していないのかな?013.gif


これが、pumpとかベースキャンプあたりはもちろんバッチリ登録してあって
万一に備えているわけで、そのあたりの抜け目のなさはさすが、って感じです。

とまあ、そんなことをボーッと考えているうちにあっという間にジュクに到着。



最安値っぽいコインパーキングに車を止めて、ジムに向かっていると
道路脇に先日、壁面をリニューアル工事をしたばかりの『エスカラード』。



随分近いところにオープンしたんだなあ・・・いやはやもう、なんでもありっすなあ、
以前も書いたけれど"隙あらばジム!"つう感じね。077.gif



で目指すジムは雑居ビルのお二階なので階段をトントントンと上がってIN。
が、ジム内にはスタッフはおらず、お客さんが一人でモクモクと登っているだけ。。


あのう・・・・、と声を掛けてみると、ああ、誰もいないよ、外に登りに行っちゃってるから
だってww



ぬほう(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ  

んじゃあ、う、受付は? と訊いてみると、そこに封筒あるっしょ、そこにお金入れて、
カウンター下の切り込みのあるところから押し込んで、、、だってw003.gif



アバウトだぜ~、ワイルドだろう~(死語)
ちょいと出鼻をくじかれつつも言われたとおりにしていざお登り開始。。。( ´Д`)=3



ん~、ジムの広さは三鷹ジムくらいかなあ?
垂壁、薄かぶり、ちょい被りくらいのコンパクトな壁。


グレーディングは、松竹梅ってのと、店名どおりに、横綱とか大関とかになっていて、
いわゆる番付表の脇にそれぞれの色のテープが張ってある。



あ、なるほどね。
つうことで、早速お登り開始。

でまあ、序の口、序二段、三段目、、、と少しずつ出世してジイチャンのワタシでも何とか幕内へw



日本一貧相で高齢な幕内力士も関脇まで出世を遂げたところで本日も電池切れ。。042.gif
クールダウンに垂壁で松・竹・梅グレードの松を何本か登って終了~。




全体的に課題の傾向としては、いにしえの懐かしき課題たちって感じでした。
登りながら、大昔を思い出して懐かしいなあ~となんとなくニタニタしちゃいました。023.gif




つうことで東京都内の巡礼もこれで一段落なのかな。
次回は夏ころまでにオープンするらしい足立の新ジムかなあ。
これはちょっと楽しみにしてるんだけどね。




さあて、来週はいよいよ民族の大移動がはじまるGW。
なのでジイチャンも近距離ドライブがてらの巡礼であります。006.gif


b0048854_22280063.jpg

*******************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2015-04-26 21:35 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

業余

どもっ。029.gif



う~ん、、飛んで火にいるオジイチャンってところか・・・

いやなにね、つい先日、上がったでしょ?
なにがって、、ほら可哀想にイルカさんが茨城の海岸に大量に。045.gif



で、ああ可哀想になあ~、って思いつつネットニュースを
読んでいたら、なんとあの四年前の大震災の6日ほど前にも
今回と同様に茨城の海岸にイルカが打ち上げられたという話。013.gif




つうことでそれに習うと、今回は4月12日あたりがヤバイんじゃなかろうか!?
なあんて話が巷間囁かれているわけですよ。。




なーるほどねえ、まあそうそう同様なことなんか起こらないっしょ。。
と、思ったけれど、考えてみれば本日の巡礼地は茨城w 



つうことで拙ブログを見ていただいている皆々様とは今生のお別れになるやもしれません。
決死の覚悟の巡礼です、命を賭した巡礼です(←アホです)037.gif




どうも最近、ドデーンとしたご立派なジムばかりを巡礼していたので
偏屈ジイサンとしてはちょいと飽きてきた?023.gif



なので今日はひとつ初心に返って?というか昔を懐かしんでミニミニジムの巡礼に行って参りました。

場所は、茨城県龍ヶ崎市にある『BEYUL WALL』(ベユールウォール)。




ぬぬっ?ベユール?? なんやろ・・・、まあ行ってみればわかるっしょ。




つうことで、ヒューンとかっ飛ばしてあっという間に現地付近に到着。
まあ茨城とは言っても高速を使えば一時間少々ですしね。
都内のジムを探しつつ渋滞の中を行くよりよっぽど早いです。045.gif




で、ずいぶんと遠くへ来たように感じるなあ~、のどかだなあ~つう景色をながめつつ
目指す巡礼地へ、巡礼地・・・・ん?、、、なあんもない・・。




おっかしいなあ~、たしかこの辺りなんだけど。。039.gif
で、路肩に車を停めて周辺をウロウロ。


ふうむ、、ん~、、おっ!

住宅地の中からなにやらニョキッと縦長の黒い鋼板張り建物が。。
間違いない、どうもあの辺りが怪しい。(ウロキョロしている自分のほうがよほど怪しいけど)037.gif




がしかし、さすがに見ず知らずのところにいきなり突撃して、登らせて下さい!
ってのもなんだか変だし、もし見当違いだったら即通報!ってなことにもなりかねないので、
ネットで再度検索。



調べてみるとどうも間違いないらしいけれど、どこで登る許可をもらえるのかが
よくわからんちん。。。

で、仕方なく電話で訊いてみることにした。

どうにもこのあたりがいかにも昔の人です。
今どきの人たちみたいに分からなければなんでもすぐ訊いちゃうってことがない。
まあなんというか昔の人間は要領が悪いんです。




結果、どうやらワタシの勘は当たっていたようで場所は間違いなし。
が、目の前にあるのは、とんかつ屋さんw
つまりジムは業余つうことですな。



で、どどどっと、とんかつ屋さんの駐車場に車を止めて、店内へ。
店員さんの「いらっしゃいませ~」の声にドキマギしつつ、あ、あのう、、登りたいんですけど、、、。



これどう見ても変だろwww
とんかつ屋さんの店内に入って、登らせてくれってww003.gif




店員さんの視線にちょいとびびりつつしばし待っていると、
奥の方から見るからに柔和な男性が。


ああ、こっちなんですけど、、と店を出て脇をまわりこんで裏庭へと案内してくれた。
どうやらまずは、場所を確認してもらってよければお支払いをって感じらしい。



で、中をのぞくとまさしくプライベートウォールつう感じのかわいらしい壁。043.gif


ネットで見た様子からだいたいの察しはついていたので、ぜひ登らせて下さい!
と話して、利用料をお支払い。
ボルダー利用料は、二時間で500円、終日で1000円ということでした。


なのであちこちをキョロキョロとながめてみたいジイサンは1000円を支払って
まずはソファーにドデッと鎮座w

いやあ~いいすなあ~、こんな壁が自宅にあったら家から一歩も出たくなくなっちゃうよww037.gif




まあみなさんが頭の中でイメージしてもらうとすれば、二十畳?くらいに対面壁が
作られてるって感じですかね?



【小さな壁だけどホールドもセットもなかなかグッドでした】049.gif
b0048854_22061885.jpg

b0048854_22093513.jpg



【定員は二名くらい?譲り合って交代で登れば三名?】
b0048854_22104070.jpg

マットは商業ジムにあるような嵩もたっぷりとあるしっかりとした物だし、
少ないながらテープ課題も設定されていました。




で、案内してくれたご主人はさっさと本業の方へもどられたので、
ジイサン一人狭い居室で鼻息荒く、ムホッ、ムホッとお登り開始。




正直言うとプライベートウォールだし、ホールドも課題も全く期待していなかった。
が、やはり予断を持つのは良くないですな。



ホールドはなかなかハイグレードな物がついているし、課題も単なるハシゴ登り風では
なくてよく考えられている。045.gif




むむう、、、こちらのご主人はかなり登れるクライマーさんなのだなあ、と
思いつつあれこれと登ってみる。



課題については壁が小さいせいでややホールド、ムーヴともガツンとくる個所が
あるけれどイヤな感じではなくて、うひゃ~悪いなあ~wkwk って感じのが多い。




ご主人は、テープ課題は3級までしかないんですよ~、とおっしゃっていたけれど、
けっこう辛めなのもあって、登れないのもチラホラww037.gif



ぬおー、、悪い・・・・とジタバタしていたら、仕事の区切りがついたらしい
ご主人が様子を見に来た。

でしばしダベリング。



まずは、店名の『BEYUL WALL』についてうかがってみた。

どうやらベユールってのは、ドイツ語で桃源郷の事らしいですな。


なんで桃源郷?と訊いてみたら、たしかにあの辺りにあるらしい、、、でもたどり着けない、、
って感じがまさに桃源郷的でウチみたいでしょw と笑いながらおっしゃった。


まさしくw  
リード壁のあのニョキッと屹立した建物がなかったらあきらめて帰っちゃうところだった。045.gif




あっ、そうそう説明が遅くなったけれど、こちらのウリはなんといっても
プライベートとは思えないスケールのリード壁なんです。



帰り際に見学させてもらったけれど、本当にビックリ!なスケール。005.gif

しかもルートセットはなんとプロセットの岡野プロと松嶋プロの手によるものですからね。
一級品ですよ、コレ。↓



【個人宅とは思えないスケール。取り付きにはマットも敷き詰めてあって安全面の配慮もバッチリ】
b0048854_22122382.jpg



【壁はコの字型に三面あり】
b0048854_22142954.jpg



【先日、某ジムで起きた事故のニュースを聞き、壁裏の再点検と新たに補強を追加したそうです】
b0048854_22163109.jpg


b0048854_22172289.jpg

b0048854_22174628.jpg



ぬあ~、、これでオートビレイがついてればなあ・・・・。。
ご主人曰く、壁のスケールや傾斜の関係で、なかなかホールドは悪目、そしてグレードは
辛めというお話でした。(笑)037.gif





でまあ、ボルダー壁に話を戻すと、のんびり遊んでも一時間とかからずほとんどの課題は
登り終わるくらいでした。 もっとも登れないのもあったんだけど。



場所柄なのか、過去には、数馬君が遊びに来たり、サチ君や野口さんなんかも
来たことがあるようです。
テープ課題の中には数馬君のも残っていました。



そういや例のファームもここからすぐとのことで、こちらのご主人もそこでホールドを
購入しているみたい。045.gif



で、ダベリングしながら課題についてのお話なんぞを訊いてみたら、なんとこのご主人
趣味が高じて、プロセットのセット講習にも参加されているとのこと。005.gif



どうりでアマチュアにしては、うまいこと課題の核心部でツボを押さえているなあ~、
と感じたわけです。

趣味が高じて、壁まで造って、大枚払ってセット講習まで、、いやあ素晴らしいです。
病膏肓にいるってやつですね。



今でも日々セットの勉強をされているようですし、登りに来た方の動きを見ては参考にし、
次の課題セットのヒントにしているらしいです。049.gif




なんやかや登りは一時間ほどだったけれど、ご主人とのおしゃべりが楽しくて三時間近く
長居をしてしまいました。(∀`*ゞ)



まあボルダーもリードも定員はせいぜい二~三名が限界でしょうけど、コソ連には
なかなかいい場所かもですね。


茨城に桃源郷有り、、、うらやましい限りです。 

***********************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2015-04-12 22:47 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

雨夜の月

どもっ。029.gif



いやあ、夏みたいな陽気になったり、冬に逆戻りしたりと
いかにも春らしい日が続きますね。



ワタシの方といえば繁忙期も終わったのでまたいつものように
閑職壁際昼行灯ジイサンに逆戻りです。045.gif




なので休憩時間は毎日ボーッとクライミングニュースなんぞをネットで見ているのですが
仕事なんぞにかまけていたらワールドツアー中のメゴス君が来日していたことさえ全く知らなかった。



メゴス君といえば、ツアー先の国々でその地の最難課題を次々に登りまくっているようで、
その勢いはネット上でも随分と騒がれているようですな。



アメリカ・ビショップでは『Lucid Dreaming V15』をダニエル君に続いて
第3登したようですし、来日時にはユージ氏初登のフラットマウンテン 5.14d/5.15aを
アップと練習も含めて6~7撃で完登したとか。。005.gif



でついでとばかりに神戸岩では、ムタンテやらフルチャージやらをアップのように
登ってから、大ちゃん初登の『オロチ v15』をこれも二時間ほどで完登。
当人曰く、v14くらいだね、とのことらしい。。



たしかオロチって初登からしばらくしてホールドが欠け、悪くなったという話だったのに
なんつうか世界トップクラスの人に掛かるとなんだか実にあっけないものなんですねw037.gif



しかしこれが世界トップクラスの実力。
以前、小山田氏がTVで語っていた、日本一なんて大したことないですよ、っていう言葉を
再確認したような気になりました。



で、先日、読んだ『サルモネラ登攀日記』にもいわゆる"世界のレベル"に関するような記述があったけれど
世界にはメゴス君のように本当に空恐ろしいほどの才能を持った人たちがあふれているんですね。

しかし彼のブログ、後段部分に書かれた外連味のない率直な文章には感銘を受けました。
実にカッコいいすわ~、彼はやっぱりreal thing!なんだね。049.gif




でそのメゴス君、日本の次にオーストラリアに向かったらしく、ここでも大暴れ。
v12、v13、v14、v15と片っ端から高難度を登りまくったらしいですな!005.gif



メゴス君もオンドラと同じくボルダーもリードも高レベルでこなすオールラウンドな
クライマーだし、やはりこれからのクライミング界を牽引していくのは、オンドラ、
メゴスのツートップってことなんでしょうなあ。


やっぱ世界トップレベルのクライマーってのはこれくらい常人離れしたぶっ飛んだ力を
もった人たちじゃないと面白くないよね。


つうことで世界トップの強さ、才能に改めて驚愕しつつ、事務所で一人、ムヒョ~と
うなっていたジイサンなのであります。037.gif






とまあ、連日クライミングニュースを注視しているうちに一週間は何事もなく終了。
つうことで今週末もジムの巡礼に行って参りました。(やっと本題ですw)




先週の予定ではチーバあたりを考えていたのですが、布団からガバッと起きた瞬間に
なんとなく気分が乗らなかったので今週も東京つうことにしました。
まあなんか先週と似たような道のりなんだけどね。023.gif



で、本日の巡礼地は東京・三鷹に三月オープンした【ジャムセッション】です。




ん?三鷹?・・・しかも駅から三分?  ん?039.gif
三鷹と言えば、たしか駅前ロータリーのところには三鷹ジムが、、、、。

で調べてみると、三鷹ジムは北口、そして新たにオープンしたジャムセッションが南口。。



以前、そのうち一駅1店舗どころか、改札口ごとに1店舗できるんじゃないの~、
って冗談で言っていたのが早くも現実にw003.gif

しかし三鷹、吉祥寺の二駅にまたがってなかなかの激戦区になりましたなあ。



とにかくなんとかジムがつくれそうな物件(スペース)さえ見つかれば、
まだまだ増えそうなのは確実。
となると、これからのジム壁施工もより複雑な工程が必要になってきそうな感じですね。
今後どんなスペースにジムが造られていくのか巡礼者としては楽しみなところであります。





またまた話がそれたところで、気づけば三鷹駅周辺。
さてとコインパーキングでも、、と目指すジムの隣にあるのは満車・・・か。


であたりをフラフラウロウロ、、ん~ここも満車、、お次も満車、、ありゃこっちも満車。
で、次も、その次も、、、、うぎゃー!

どこまで行っても全て満車・・・どんどんジムから遠ざかる。。
ジムから500m以内は全て満車w003.gif



って笑ってる場合じゃない。。でさらにドンドン遠ざかる、、おっ!空いてる!043.gif
でナビで確認してみると、ジムから1.5km・・・w

ちょっとかったるいな、でまたウロウロ。。
でいま来た道をノロノロもどっていくとさっき見たときは満車だったパーキングにやっと空きが。

やれやれコインパーキングを探して、8カ所連続満車は過去最高記録でしたw042.gif





なかなか前途多難なスタートながら目指すジムは分かりやすい場所(でかいビルの二階)
なので、すぐに発見。
ちなみにジムへは、小ぎれいなエントランスからエレベータに乗るか、あるいは外階段で
二階へ。045.gif



で、こぢんまりとしたジム内にIN。
ちょいと強面な感じのオーナー?に受付をしていただき、早速ジム内探訪。



【受付横にある休憩スペース】

b0048854_20474567.jpg

やっぱり自然光が入るジムっていいよねえ~。043.gif
で、休憩スペースの真正面にコの字に組まれた壁面。




【壁面のほぼ全景。手前右壁横にもちょこっと垂壁が】

b0048854_20465092.jpg


【最奥部の強傾斜から休憩スペース方向を見るとこんな感じ】

b0048854_20455404.jpg


【受付前の垂壁からスラブ壁を見るとこんな感じ】

b0048854_20450108.jpg

で、壁面を見てやっと納得。

いやなに、店名のジャムセッションのことなんだけど、写真を見ての通り
壁のあちこちに木で造られたスリットが。


これはあれですな、クラック・・そう割れ目です。。。
つうことは、ジャムってのは、いわゆるハンドジャムだのフットジャムだのの
ジャムから来てるつうことでやんすね。045.gif




しかしまあ思い切りましたなあ~、よそのジムでもいくつかクラックが
作られているのは見たことがあるけれど、こちらのジムはそこいら中にw



こんな壁を見たら某クラック大好きクライマーのOさんなどたまらんでしょうなあ。
もしかしたら近所に引っ越してくるかも知れませんなw




つうことでオッチャンもとりあえず割れ目にゴニョゴニョと手を突っ込んで
感触を確かめてみたけど、やはりちょっと痛いです。
なので今回は割れ目課題はお触りナシ方向で。。037.gif





でいつものようにコソコソとジーニアスを装着してお登り開始。

そう言えば、このシューズも購入してからあちこちのジムで履いて登っているけれど
誰一人として、おや?とか、ん?とか訝しげに見られたことも、それどこの靴ですか?
と訊かれたことが一度もない。045.gif

もっともボルダージムに不似合いなジイサンが履いている靴だから年代物の靴なんだろう
くらいに思われているんでしょうねw

まあその方がいいや、なんたってネーミングが恥ずかしい。003.gif




で週一ジイサンは、今週も質より量つうことで、二時間ノンストップの
4級、3級テープ課題ツアー。


グレーディングはジャストくらいかなあ。039.gif

セットは壁施工の方たちがしたらしいですね。
久しぶりにD班長さんの課題も発見したのでこれも登らせていただき、
少し前に新たに追加したらしい、室井登喜男さんのテープ課題も
何本かあったのでこれも登ってみた。



室井さんの課題と言えば、ピラニアとか、それよりはるか昔には、
国分寺B-Pumpとかで登ったことがあるけれど、ちょっとクセのある課題が
多くてすごく難しい印象があった。045.gif



なのでじっくりとオブザベしてからトライしてみたけれど、今回は
それほどクセがあるような感じはなくて、意外にあっさりと登れた。

ふうむ、、これなら最近の若い人たちが作る課題の方がよほどクセが強いなあ。013.gif



つうことで、4級、3級をじゃんじゃん登って、じわっとヨレてきたところで
2級をお触り。
室井さん課題を含め、5本ほど登ったところで、1級お試しチャレンジ。


せっかくなので室井さんの1級をトライ。
一便目はホールドの持ちどころを誤り、二便目はヒールフックがスリップ。。。
股関節が硬いから相変わらずフックのかけ方がド下手、、
でまあ三便目でなんとかゲット。042.gif


で調子に乗って、もう1本くらい、、と触ってみたけれど、ゴール取りで
三回連続でしくじり敗退w ジイサン調子に乗るんじゃねえぜ的な感じです。




とりあえずお土産の1級はゲットできたのであとは完全お遊びモード・・・のその前に、
見るからに全く登れそうに思えない松嶋プロの2級を怖い物見たさでトライ。



ぐわっ!むぐっ!げふっ!・・・とばかりに血反吐を吐いてのたうち回りつつド敗退w
もうなんつうかね、保持力レベルが段違いすぎて笑うっきゃないw

しっかし、なんでこんなもんが保てるんやろうなあ~?とホールドをながめていると
背筋を冷たいものが伝うジイサンなのであった。003.gif




とまあ〆はいつものように肩をガックリと落としたジイサンですが、
本日は久しぶりに外岩レジェンドの課題も触れたし、それなりに楽しい一日でありました。049.gif



さて、来週いよいよチーバかな? 
でもたまには、しぞーか方面にも行ってみたいなあ。

*************************************************************************




[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2015-04-04 22:45 | climbing gym | Trackback | Comments(0)