<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

反則的強さ

どもっ。029.gif



台風が過ぎ去ったら一気に気温も急降下。

となるとクライマー諸氏は、待ちに待ったシーズンイン!
岩、岩、そして岩、、という感じなんでしょうな。045.gif




外岩の中毒性もかなり高いですもんね。





しかしあれは何なんでしょうね?
外岩に通い出すともう週末までが待ち遠しくて、狂おしい気持ちになるっていうのは。037.gif





以前の自分もそうでしたけど、仕事中も食事の時もトイレに入っているときも入浴中も
とにかく片時も外岩のことが頭から離れなくなっちゃう。





もっと若いときだったらおそらく仕事を辞めてバイトで食いつなぎながら
外岩に行っちゃってたかも(笑) 
で、完全にドロップアウト。。。




今だったらダウンシフター、なんていうカッコイイくくりもあるから
ドロップアウターよりは、ちょっとだけ響きがいいし、いっそのこと・・・
なあんて気にもなっちゃいますね。





まあドロップアウトをする度胸も、ダウンシフターになる器量もないオッチャンは
おとなしく社畜のまま、リーマン人生を全うするしかないようですけど。045.gif






まあちょいと鬱屈とした気分のまま、本日も動画鑑賞です。

で、YouTubeをダラダラと見ていたら、アシマちゃんのコンペ動画を発見。





おっ!と思ってメンツを見たら、化け物的な強さのジミー・ウェブとか
カルロ君とか、プッチオさんとかアンジーとか。043.gif




The 2014 Portland Boulder Rally 『54分30秒あたりからスタート』






男女決勝の模様だけど、ノーカットでかなり長尺な動画なので、鑑賞の仕方としては
一人、二人と課題のトライを観て、核心部とかヤバさ加減をよく観察、確認してから
怪物ジミーのトライを何度もじっくりと見直すってのがいいかも。034.gif





結果から言っちゃうと、ジミーただ一人だけが四課題オール一撃ですわ、プルッともきやしない。。( ´Д`)=3
まあとにかく化け物っすわ、怪物っすわ。。

ここまで圧倒的に強いと、反則に近いって感じですwww 003.gif





最近は、インドアでも外岩でもダニエル・ウッズに後塵を浴びせているもんね。
体格的にも恵まれているし、フィジカルの強さもあるし、課題の読みも抜群。




髭もじゃになる前ってあんなに強かったっけかなあ? 
別人じゃねえのか?ってくらい強くなったようなw 013.gif 




そして、女子のほうの注目はやはりアシマちゃんですな。

相変わらずウマツヨですけど、やはりインドアのボルダーは外岩とはちょいとワケが
違うから大変そう。



特にデッドポイント系の動きはつらそうみたいだけど、まあすぐに克服して
頂点に立つことになるんでしょうね。




プッチオさんは、相変わらずのパワークライミングを見せつけて、ドヤッ!と
貫禄の優勝。043.gif

来シーズンはワールドカップでの頂点も期待できそうですね。


****************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-16 22:09 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

秀抜

連休二日目・・・・・むうう・・・、
ゴロゴロしすぎて、かえって身体がだる重い~。。015.gif



これはアレだなあ、、つまり、、、結局、、、、退屈うぅぅ~ww 003.gif



いやでもどうせどこ行っても混んでるんでしょ?
ここはじっと我慢です、動いちゃいけません、辛抱辛抱。




つうことでネット散策してクライミングの動画でも、、、
がこれも本日はいまひとつ・・・。





んじゃたまに音楽関連のを、なあ~んて見ちゃったのがいけなかった。





久しぶりに、Party makerのLiveを大音量で聴いていたら
またもやノリノリの破壊力にやられてじっとしていられん気分にw





何度観てもこのライブはいいすなあ、まんまでっかいクラブつう感じだもんね。037.gif





年甲斐もなくやたら体中にパワーが漲ってきたジイチャン、いても立ってもいられずに
とうとう高速道路のリアルタイム情報を検索しだしちゃった。




テンション上がる音楽を聴いちゃうとこういうことになっちゃうからジイサンといえども
要注意です。






で、むむう・・やはり西はダメか・・、となると北か!013.gif



北へ~、北へ~、、、っと、、ジム情報、ジム情報、、、おっ!このジムがあったな!




ホールド替え直後だし、ざっと見た感じ、いかにも的なセットがなかなかグッド。049.gif




これはなかなか良さそうだな、セッター名は書かれていないけれど
見た感じだとホールドのボリュームバランスとか配置とかもいい感じ。


これはプロセットの仕事かな?




まあともかく面白そう、つうことでそれ以上あまり深く考えずにとりあえずGo!043.gif







ネット情報通り、東北道はガラガラ、天気もまずまずだし、今日は岩場も良さそうですね~。

などと考えつつ、宇都宮通過~、そしてバラシオ通過~、目指すはさらに先!023.gif







ス~イス~イと快適にぶっ飛ばして福島着!045.gif


で、高速を降りて国道四号線をチョロッと走って目指す国道沿いのジムに到着。
思ったより近かったね。





で、140店舗目の本日の巡礼地は、『Mur d'escalade Varappe 』





このジム、今年の始め頃に工事の情報が載ったときはいつか行ってみよう~、と
思っていたんだけど、思うところあって二の足を踏んでいた場所。





それというのも、オープン時の謳い文句に、照明にこだわった、とか
環境に配慮してチョークは一切禁止とか、なにやらいろいろ書かれてあったのが理由。




それを見たとき、ん~、なんなんだろう? 重要視するポイントはそこなの?013.gif




ここってもしかしてクライマー、あるいはクライミング経験者の方が
経営するジムではないのかもしれないな?って感じたから。




まあ考え方は人それぞれだし、経営される方が方針を決めればいいわけなので
とやかく言うことはありませんけど、個人的には一事が万事なのでは?、
と想像出来たのでしばらく様子見をしていたのでしたw 037.gif





で、オープンから8ヶ月ほど経って久しぶりにジムのFBをのぞいてみたら、
チョークボールの利用がOKになっていたり、当初、壁についていた安価なホールド群も
前述のようになかなかイケテル感じに変貌を遂げていたのでした。



やはり地元のクライマーさんたちもなにかと不便を感じていたのかも。






とまあいろんなことを思い出しつつのジム入りです。

すっきりとしたエントランスで受付をしてもらって早速、ジム壁拝見。







写真で見たときは高さもそれほどなく、狭く小さなジムだろうなあと思っていたけれど
豈図らんや、高さもあるし、なかなかいい感じじゃないすか。045.gif






惜しむらくはスペースの関係上、レストスペースがほとんどないってところ。
まあ壁がこれだけあれば文句はないですけどね。







造りとしては、オッチャンのチョイと苦手な対面壁と漆黒の壁塗装w  




ただこちらのジムのテープ課題はその辺を考慮したのか黒色を使ったテープ課題は
ありませんでしたけど。





照明も奥のプチルーフ部分以外は十分な光量があるのでテープが確認しづらいとかも
ありませんでした。



【で、壁はこんな感じね】043.gif

b0048854_22410472.jpg


b0048854_22413011.jpg


b0048854_22415597.jpg



FBで確認したとおりホールドセットはなかなかいい感じで、都内のジムでもまだそれほど見ないようなものも
いくつかついていて登る前からGWKWk、ジイサンワクワク。037.gif





でまずはアップで3~4級あたりからおさわり開始。



むむう、、なかなかの悪さ。 と言ってもホールドはそれほど悪くない。



ホールドやスタンスの取付角度や、掛かりの甘さ具合が絶妙で、なめてかかって
強引に出ようとすると確実に落ちるってやつw 003.gif





しかしどの課題もよく練られてつくられてるなあ~。045.gif
練られすぎじゃないのってくらいw




ちょいガバだろうと思って、深い足を残したままスッと手を出すと、
微妙に掛かりが浅かったり、乗っている足の位置関係からだと取りに行く手首の角度が
変わってしまって、保持しづらいように出来てる。




辛くてもやや高めの足にあげ、マッチしてから保持の仕方を変えたり、
体軸を変えながらじゃないとしっくりと保てないように出来ていたり。





おそらく普段登れる限界グレードが3~4級くらいの人だとここの3~4級は
相当苦労するんじゃないのかな。




それ以上のグレードを登れる人はかなり強引でも保持力と勢いでごまかすことが
出来そうだけど、あっ、これワタシのことですけどねw044.gif






で何本か登ってアップは終了にして、1級と初段の冷やかしトライ開始。





ひととおり触ってみたけれど(あくまで触っただけw)、
1級と初段はどの課題も適度に悪くて面白いし、ハズレなし! 043.gif





あまりに楽しくて、ちょこちょこと核心ムーヴのつまみ食いをして
ろくに完登しないで次々とお試しトライばかりしちゃったww003.gif




まあいちおう1本だけは登って、三本は繋げるだけだったけど、そんなのはどうでも
よくなってとにかく出来るだけいっぱい課題を触っていきたいって気持ちになっちゃった。





で、常連さんとおぼしき方にお話を訊いてみたら、今回のセットはBOTANIXのIさん が
メインで行ったとのこと。





なーるほど、、言われてみれば、やたらと緻密なセットって感じだわ。045.gif



マーブーのセットにも似ている感じだなと思って考えてみたら、この前行ったときに
Iさんの課題を登ったんだったw





こだわりと言うか、納得するまで徹底的にやると評判の方らしいですからね。
それで今朝見たFBに、セットが遅れている、と言うようなことが書かれていたんだなと
納得しました。037.gif





まあしかし今日は遠出をして本当によかった、いい勉強になったな。




課題が良質ならば、それほど課題の本数なんていらないんだ、というのが
よく分かった気がした。



こういう課題なら登れたあともたまにリピートで登りたくなるもんね。034.gif




ホールドのバリエーションやチョイスもグッドだったし、久しぶりに十分に堪能した感じ。

ロコドロモとかファームで仕入れたホールドやボリュームはまだまだ大量に残っているとか、、
もう垂涎ですわ、、、012.gif







ああ、もう一度行きたいっすなあ、、、だがしかし遠い、、
うまくいかないもんざんすねえ。015.gif


*************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-12 23:09 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

好機敗退?

どもっ!029.gif



超大型台風がひたひたと忍び寄る三連休、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ジイチャンは相変わらず、床ずれの心配をしつつゴ~ロゴ~ロです。。045.gif




春から半年ほど続いた都内勤務も先週でやっと終了し、これでやっと土、日とも
フルに休日を満喫です。043.gif
まあ問題が起きればまた様子を見に行かないといけないんですけど。。





つうことでしばらく通っていた五反野もこれでしばらくはお休み。

通えるうちにプロセット課題は全て登るぞ!作戦は、やはりというか実力どおり達成できずw 003.gif




結局、1級は3本も残っちゃったし、初段も1本しか登れず。。。
で、恥ずかしながらスラブにあったユカちゃん2級が1本登れなかったw テヘペロ






しかし残った1級と初段が、ランジ系ばかりってのがいかにもジイチャンらしいって感じです。
ワタシよりリーチのある人は足とか手が残るんで2級くらいに感じるってのがこれまた悔しかった。037.gif





まあスラブの2級はスタートさえ出来なかったし、ゴール取りの胸位置にある高~い手に足ムーヴが
全く出来なかったから悔しさというより情けなさ感が強しって感じです。。003.gif






で、二本あった二段は、どちらも出だしの一カ所がどうしても出来なくて敗退。。


そこさえ出来ればあとは、1級とか初段くらいのホールドとムーヴなので
ゴールまで行くことが出来たけど、どちらもその一手に凝縮されている感じだったなあ。



まあ、つまりはその一手が自分の限界点ってことなんでしょう。023.gif

つうことで、いつもながらの不完全燃焼のままタイムアウトを口実に敗退です。





これで来週からはやっと地元近辺のジムを徘徊出来るご身分になったわけだけど、
病気をして以来、ヘボヨワ度もさらに加速して、めっきり体力低下、、、


最近はジムに行っても登っている時間より座って休んでいる時間がながくなってきましたw 037.gif





まあ、このままジム通いも週一から10日に一度、月に一回くらいになって気づけば、
シューズにカビが生えている、ってことになりそうな予感がしますな。034.gif


まあそれはそれでいいんでしょうけどね。





「人はみな与えられたカードでその人生を生きる」、ってことです。

つまり、あるがままにってことですかね。 


*****************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-10 22:53 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

always right.

おちゃらけたチョークバッグがぶっ壊れたので、新たに市販最軽量?とかいうのを
購入したオッチャンです、どもっ。029.gif





まあ、リードはやらなくなっちゃったし、気まぐれに長物でもやるとき以外は
ぶら下げることはないんですけどね。





にしても、せっかくクライミングもどきを趣味にしているというのに、
ボルダリングしかやっていないというのも考えてみれば、不自然きわまりないですよね。
理由はいろいろあるにしても突き詰めていくとやはり時間がないっつうことのような
気もします。






ボルダーとリードの両方を曜日を決めてコンスタントにやるのが理想だけど、
そこは、ズタボロジイサンなので両方やると、身体がぶっ壊れるだろうし、
中途半端でどちらも今以上にヘボヘボになりそうなので恐ろしいんですw 003.gif






まああと何十歳か若ければ、体力も時間もあるだろうし問題なく出来るんでしょうね。
本当はリードをやらないとダメってのもわかってはいるんですけどね。






そう言えば、先日、ボルダリング世界選手権で新王者となったオンドラ君がインタビューで
言っていましたね。






彼曰く、ボルダリングで優勝するのは運があれば可能だけど、リードはそうはいかない。
リードは本当に実力がある者しか優勝することが出来ない、って。045.gif




15歳にしてドリームタイムをワンデイアセントし、その年にアクシオン・ディレクトを
登り、リード、ボルダーとも国際大会を制覇をしているオンドラ君が言うと説得力がありますな。



しかしまだ弱冠21歳なんだよね、驚異的だわ・・・・。015.gif





凡人の、その上ジイサンにとってはまったく関係のないお話しなんですがね。。



まあオンドラ君のような若き超天才はいったんおいといても、リード、ボルダー、
どちらをやらせても超一流っていうクライマーは世界にゴロゴロいるわけでありますね。







そんな中でもやはりお気に入りの一人は、デイブ先生。043.gif



シャーマ神が最近はほとんどボルダーをやらなくなったのと違って、デイブ先生は
いまだにボルダーもリードもガシガシと登っているし、ボルダーの開拓魂は全く衰えないどころか、
年々とそのペースを上げている感じ、なんつうかもうホントにカッコイイ!049.gif





登るのがなくなったら開拓すりゃあいいじゃ~ん、世界には岩なんていくらでもあるじゃ~ん、
って感じで、世界中を飛び回って登りまくっている。


実力者だから支援する人もいるんだろうけど、そんなことよりデイブを見ていると
とにかく登りたくて仕方がないっ!ていう思いが見ていても溢れている感じ。






【WAVE SWOOP V14】
オーストラリア、グランピアンズ。


2011年にラインを見いだしたらしいですが、キレイな岩肌ですよね。

しかしこんなのを下から見上げて、ラインを見つけるのもすごいけど
それをボルダリングのスタイルで登ろうって考えるのもスゴイ。

ただ単に”登る”という行為をする人というだけじゃなくて、彼の生き方、考え方、
それらをふくめてクライマーって気がしますなあ。023.gif




【WAVE SWOOP V14】 後半の初登シーンはなかなかの鳥肌ものですよ。049.gif





****************************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-02 08:06 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

天高く、ジイサン肥える秋

どもっ。029.gif



あんまり体調がよくないんだよ~、と遠方の友人からのメールに愚痴ったら
商売もののあるブツを送っていただいた。


本当にありがたいです。SPF、大変美味しゅうございました。





しかーし、美味しいものは高カロリー!と決まっているので案の定ふっくらです。
つまり、SPFを食して、自身もSPF体型になってしまったというわけですw




まあ実際は、SPFどころか煩悩と雑菌にまみれたダーティーオールドマンなんですけどね。003.gif





で、ファットマンになってしまったにも関わらず、ジイチャン本日は休登日です。(∀`*ゞ)



気持ちの上では昔のように連日とか、一日おきとかで登りたいんですけどね。
身体がまったく回復しないし、指関節の寿命も残り僅かだろうからチビチビとしか
ジムに行けないってのが寂しい限りです。





そう言えば、かの天才クライマー、オンドラ君は、週に6日から7日のトレーニングを
3ヶ月半行う!005.gif なあんてことをしているらしいですね。






しかしまあ、いくら若い人だと言っても常人だと身体がもたないんじゃないですかね。
つまりはそういう身体の強さも含めて、才能があるということなんでしょうなあ。






しかしとあるインタビュー記事に書いてあったオンドラ君の談話は本当なんですかね。


まあたしかに今回の世界選手権で、ボルダー、リードの両競技で優勝するという前人未踏のことを
成し遂げた人だから言えるんでしょうけど。




「私に勝つことはほぼ不可能であろう・・・」なんてセリフはなかなか出て来ないですよね。
もうまさに神の発言w 037.gif   まあ真偽と真意のほどは分からないですけど。。







と、話がガガガーッとそれちゃいましたけど、そんな、ちょっとふっくらしたSPFジイサン、
本日は動画鑑賞です。





今宵のワクワク動画は、先日行われた【adidas Rockstars】コンペの模様。
いつものようにノイマン監督がアップしたものですが相変わらずよく考えて編集されてますなあ。049.gif





このコンペ、毎年、カーメーカー【ポルシェ】の施設内に仮設壁が造られ、観客を入れて行われています。
しかも、ロッククライミングと音楽のロックとを掛けて、ロックの生演奏つきのど派手コンペ。 
さすがアディダス、金かけてんなあ~。043.gif



最近のコンペだと、BGMはハウス系だのダンス系だのエレクトロなものがほとんどだけど、
ロックにはロック!ww




しかも金に糸目はつけねえぜ的に、セッター陣も豪華!



毎度おなじみのマヌエル・ハスラーがセッター陣に入ってます。
ハスラーと言えば、激ヤバ課題をセットするので有名な人。




ワールドカップ歴戦の覇者たちもボコボコにされちゃう課題のオンパレードw003.gif

まあおそらく今回のセットも三段~四段くらいってことなんでしょうね。





adidas Rockstars 2014 finals report






なんかもうね、男女とも第一課題から激ヤバですww 誰一人登れず・・・・・。015.gif


いちおう画面の片方に、その課題をセットしたセッターが身振り手振りでムーヴを
説明しているけど、何ですかそれ?的なものばかり。





女子第1課題からしてテクイ足技での初手ボテマッチ、からの・・・次のカンテ上部についた
スロットどりがよく分からん?( ´Д`)=3

カンテを叩きつつ行くのか、しかしそれだと左手ボテがすっぽ抜けそうだし、、、、
それとも左手のボテをアンダーに返すのか? でもそれだと距離が遠くなるし、アンダーだと
ボテスタンスにかけるフックがきかなくなっちゃう。


やはりミーナのようにボテの山部分をラップ的に保持しつつ、スパッとスロットにさすのかなあ?
でも足が踏ん張れないだろうなあ・・・・、わかんらんのう。。037.gif



アキヨちゃんも初手取りから苦戦して、考えた末の変則気味なスタートを試みたけれど
やはりそこから先は解決できず。








そして男子第一課題は件のハスラーのセット。


もうなんか見るからに、ホールドの配置がおかしくないですか、、、って感じw 003.gif
で、ホールドも自らのFlatHoldを使用。



セッター、ハスラーの動きを見ているとシンプルに思えるけれど、どうもポジティブに
きかせる位置関係がおかしいような。。


もちろん保持力も必要なんだろうけど、ホールドの向きが、ポジティブ、ネガティブ、
ネガティブ?な感じで。。



ボテ足位置もなんか妙な感じだし、どうやればボーナスまでたどり着けるのかなあ?
一般人ヘボジジイにはさーっぱり分かんない。


で、男女ともに第一課題の完登者は出ず。









女子第二課題。 これは比較的ムーヴが読みやすくてよくある感じ。



スタートから初手がネガティブ、そして次がポジティブとなっているので、
右手で二手目から先に取りに行ってからの左手を一手目に寄せておさえる瞬間芸。





さて、お次はカンテペシペシからの右手出しかな?と思ったけれど、そうすると
左手がどんどんきかなくなってるし、距離も出せない。






むむう、、右スタンス位置が高いのに左手から出すのかなあ? 
左スタンスがないと身体を押しきれないような気がするけど・・・・と見ていると
やはり初手のボテを左足スタンスに使い、右のホールドにグッと立ち込み、
プッシュしつつの左手出し。005.gif




そしてマッチして持ち替えてから二手こなしてゴール。 
ゴールホールドも微妙に悪くて、マッチも核心っぽい、これぞ最後まで気を抜けないってやつですな。

ミーナはなんと一撃! どんだけ~005.gif








そして男子第二課題。 こちらもハスラーのセット。
これも女子課題と同じく、見た目からも分かりやすい感じ。 




スタートから壁を回り込むところが最初の核心だけど、トウフックで初手の左クロスから
右手のスローパーをガストンぽくおさえつつ、ソッとトウフックを解除するのと
右ボテ足でのツッパリで身体が回旋しないよう体幹で押さえ込むのがポイントみたい。





全然レベルは違うけど、この部分と同じムーヴと似たようなホールドを使った課題を
以前にやったことがあったからホールドの配置を見たときになんとなく分かった。045.gif





がしかし、そのあとのポジティブなホールドを取りに行くときの左手の瞬間移動は
なかなか面白いですね。

ありがちなムーブだけど、左手の落とす位置と距離感が絶妙。043.gif



で、その核心も越えて一安心と思いきや、遠いボテ上についた外形ホールドとモノホールドが
これまた渋い!



右ボテスタンス位置から考えて、左手を返してプッシュし、その二つを取りに行くのは
明白だけど、問題はその二つのホールドの配置。 

並ぶようにしてついているから身体の開きが上手くできないようになってる。
そしてどちらも掛かりがよくないと来てるんだから、、、、これはw 




で結局、韓国の選手とショーン・マコールの二人が完登。

二人はこの結果で同着になってスーパーファイナルに進むんだけど、その時のマントル部分でちょいと、
むむっ?なところがあって、そのあたりのことをザジェスチョンするかのように二人の動きを並べて
みせる編集になってる。006.gif




ショーンはこの課題のとき、完全に終了点を勘違いしていて、あやうく途中で降りちゃいそうだったけど、
観客の反応なのかジャッジの指示なのか、アレ?と気づいてマントルし、なんとかタッチゴールへ。 037.gif





やはり男女とも第二課題に関しては、歴戦のコンペティターにとってはやさしめの設定だったようですね。045.gif





さて、お次の女子第三課題



これも見たとおりの課題で、特にひねりはない感じ。 
国内のコンペにもありそうだけど、ホールド間の距離は女子としては少し遠いような感じで
やはりワールドってところですね。




保持力お化けのミーナがボリュームホールドのマッチからの一手がなかなか止められない。
もともとダイナミックな動きがあまり得意ではない選手と言うこともあるんだろうけど
ベストな保持位置までの距離があるのかも知れませんね。


アキヨちゃんはサラッと一撃。








そして問題の男子第三課題


ハスラーワールド全開!w


出だしからボリュームホールドの連発だけど、ポジ、ネガ、ポジと、ポジ、
と来ているけど、どう見ても二つ目のポジティブなボリュームを止めてから
三つ目の遠いポジティブなボリュームに行けない気がする。。



これはもう一般人にはなんだかさっぱり分からない感じ、、、、015.gif




で見ていると、スタートホールドがこういったコンペにしては珍しく、
左右指定されているのでショーンも韓国選手もスタートしてすぐに
左スタートホールドを強引にマッチしてから一番手前のボリュームを取りに行っている。




となると次は当然一つ飛ばして、三つ目のポジティブなのを止めに行くんだろうけど
止めた後はどうしたらいいの?って感じw 





ハスラーの動きを見ているとそのあとはマッチしているように見えるけど、
あれはボリューム下についてる青いホールドを取りに行くってことなんだろうか?




でその体勢で最後のボリュームを左手で止めると同時に右手をさっきの青へって言う
これまた瞬間芸的なムーヴかね?013.gif




なんだか全くわからんちんですわ。。003.gif




ノイマンさんのコメントにも、実に興味深い課題、、、と書かれていたけど、
たしかにね・・・・。

正解ムーヴを見てみたいもんですなあ。





超一流のセッターがコンペでセットする課題は、超高難度の課題ばかりだけど
どれも雑味がないし、ストレートな中にも味わい深い美しさがある気がするな。




ノイマン監督がよく言う、artisticな美しさってやつですかね。


やはりボルダリングってのは、美しいもんなんだなあ~、
と改めて思ったジイサンなのでありました。023.gif

******************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-01 23:17 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)