<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

POLE-POLE

どもっ!029.gif


ジェットコースターに乗っているような気分を味わった9月もまもなく終わり。




誰が言ったか知らないけれど、”生きるとは死に至る病”だそうです。 
これが二倍体細胞生物の宿命というわけです。045.gif





ともあれなんとかもう少しだけはお登りさんがさせてもらえそうなので、
今しばらく無理せずにのんびりポレポレと楽しみたいと思います。




つうことで、もしどこぞのジムでヨタヨタ登っているジイチャンを見かけたら
ああ、老い先短いんだな、と憐れんでコーヒーでも奢って下さい。w



年寄りに功徳を施すときっと良いことがありますよ!
あなたの完登グレード記録は更新、はたまた狙っていたコンペでの優勝も間違いなし!




もしコーヒーをおごったのに成就しなかったとしたら、それはあなたの努力不足!
人を頼りにしてはいけません!なんじゃそりゃww003.gif





とまあ毎度アホな事を言いつつ、昨日も休日出勤帰りにジムへGO!




つうてもただでさえヘボヨワジジイだったのに、さらに病気持ち(響きが良くないねw)に
なっちゃったのでこれからは年齢相応の課題でお遊びすることに。






が、ウイークリー課題の更新は火曜日なので本日は手頃な課題はなし、、、
さてと・・・・、ただジーッと椅子に座り続けるジイサン一人。。023.gif





で、ボーッと壁をながめていると常連さんがなにやら登ったり落ちたりしながら
暴れているのが目に入った。




ん?どの課題やってるんだろう?  
と見ると課題帳になにやらゴニョゴニョと書き込んでいる。




おっ!自作課題かな!?043.gif




で、砂糖に引きよせられるアリンコのように、ノソノソと近づくジイサンw σ(゚∀゚ )
警戒心を持たれないように(なんで?w)お話ししつつ、壁とファイルを
チラチラとながめてみる。




ふう~む、なかなか悪そうですなあ~。。




しかしホームにしているジムの生え抜きの方ってのは、やはりそこのジムに多くある課題と
似たような傾向のものを作るんですな。




つまり、狭い、高い、手に足ヒール課題ww オッチャンの一番の苦手ですがな。003.gif






で、けっこう悪そうですねえ~、と訊くと、ムーヴは全部出来てるんですけど
繋がらないんですよね、とおっしゃる。





なるほど~、とこちらもフムフムと相づち。

まあ、あちらから、やってみますか?と言っていただけると、ハイよろこんで!
となるんですけどね。



やはり苦心して課題を設定された方が初登するってのが本筋なわけなので
図々しいことは言えません。




なのでしばしトライを見学。



なるほどオブザベしたとおり、狭い高い手に足ヒールからのちょい遠いスローピーな
ピンチ取りとフックが外れないように注意しつつのマッチが核心ぽいですな。





でしばらく見ていたら、どうすか?と言ってもらえたので、それではお言葉に甘えて、
とお試しトライ。




なんとかスローパー取りの部分まで行ったもののやはりマッチするところでヒールフックが
外れてドデッと落下w 037.gif   





するとその様子を見ていた常連さんたちが課題に引きよせられて一人、二人と(笑)
でみんなで順番にトライ開始、ヤターッ、久しぶりのセッションやでえ~!006.gif





で三、四回掛かったけれどなんとか一抜け、まあ2/3級くらいなんですけどねw 
そして他の方たちも次々と完登! 一番いいセッションパターンですな。049.gif





設定した方にお礼を言ってからワタシもお返しに、4級、3級、2級くらいのをパパッと
各1本ずつ設定。





みなさんワタシより背丈もリーチもあるのでリーチーなものもつくってお遊び。
これまたワイワイしつつお登り。043.gif





それにしてもこちらで始めた人たちってまだ1年くらいしかたっていないのに、
この頃は1級に手をつけ始めてるし、何本か登れているんだからたいしたもんだよなあ。





ワタシなんてインドアの1級を登るのに何年もかかったもんな。
やはり若い人たちはあっという間に強くなるんですね。045.gif



で、セッション後は三々五々、常連さんたちはいまトライ中の1級テープ課題へ。





常連さんたちの気合い入ったトライを見ているうちにオッチャンも久しぶりに
ちょっだけやる気になって未だに残っている苦手な1級をおさわり。

以前、何度か触ってみて全く出来そうになかったヤツなんですけどね。037.gif







まあ、どうせ出来んでしょうな、と思いつつ、ちょい悪な真横ピンチから遠い二本指ポッケに
ランジしてみたらスポッと入っちゃった!005.gif  







なぬっ!とビックリした瞬間に左手のピンチがすっぽ抜け、ポッケに指だけ残置しそうになって
これまたドッキリww003.gif






なーるほど~、これはランジでポッケに二本刺した瞬間に左手ピンチを身体が振られる前に
瞬間芸でアンダー持ちに変えればいいのかあ。。。039.gif




とまあ理屈だけは分かった感じ、あとは練習あるのみですな。

しかし今までまったく可能性を感じなかったのになんで今日はスポッと入ったのかな?





これはやはり、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあり、と言うアレなのか?
この指、差し上げましょうぞ!の覚悟が必要なんですな・・・ww







ああ、やだやだ、どうしてクライミングってこうも野蛮なんでしょ。。

こんな危ないことなんてもう・・・・・・・・・・・・・やり続けちゃいまっせ~。003.gif

***************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-09-29 21:00 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

約束の地へ

どもっ、またまたご無沙汰してしまいました。



で、まあ、、、今回もクライミングの話ではないのでスルーしてください。
またすこし落ち着いたらボチボチ書き始めますのでよろしくお願いします。029.gif




*******************************************************************











ざっと最近のことを。

前回、記事を書いた翌々日、夜中にまた発熱。

ん~?ジム行っちゃったからかなあ、疲れちゃったのかなあ?
と思いつつも、微熱なので前回通り普通に出社。



翌日、翌々日と徐々に体温上昇、しまいには起居もつらく、
身体が動かなくなっちゃった。015.gif

で、とうとう入社以来初の二日連続で欠勤。




翌日からは三連休つうことで、とりあえず這ってでも病院行かんとなあ・・・
と言うことで、幽霊のような状態でフラフラとしゃがみ込んだりよろけたりしながら
数百メートルの距離の病院まで30分以上もかかってやっと到着。042.gif





受付に保険証を出して、カウンターにつかまりながら息も絶え絶え、ボソボソと病状を
説明しているうちに、スーッと目の前が暗くなり意識が遠のいて気絶・・・





なんだかずーっと遠くの方で、大丈夫ですかあ~、先生~、と叫ぶ看護師さんの声が
かすかに聞こえていたけれど、身体は痺れたように動かないし、口もきけず、頭は割れそうに痛い。





ああ、、オレ死ぬんかなあ~、頭は猛烈に痛いし、身体も動かないってことは
脳の方になにかあったのかなあ、ダメかもなあ・・・・、とボーッと考えていた。




人ってのはそんなときは案外冷静なんですね。
まあいまのところたいして苦しくもないし、このまま死ねたら最高だなあ~、
やっとこの煉獄から抜け出すことができるんだもんなあ。





この先に待つ、いやなことや辛いことからもすべて解放されるんだあ~、
なんてことも考えたらホッとしちゃうくらい。






が、そのうち耳元で呼ぶ声が次第に明瞭に大きく聞こえるようになってきた。



頭は未だに痛いし、身体もわずかしか動かないけれど、意識ははっきりとし、
目を開くと、看護師さんの顔が目の前に。




いつのまにか寝台ベッドに寝かされていて、腕には点滴。。005.gif



医師が耳元で症状の聞き取り、呂律がいまいち回らないけれど、ポツポツと
途切れ途切れに説明。





どうもよくわからん、ということでまずは、体温、血圧を計りつつ、いろいろと
処置をしてくれている模様。





そのあいだ自分でも手や足の左右の指先を動かしてみたり、目玉を動かしてみたりして
麻痺が出ているのかどうかを確認。



ふ~む、どうも麻痺は出ていない感じ、もともと日頃から血圧やその他は全く正常だったから
もしそういうことになるなら、加齢から来る動脈硬化とかどこかの血栓がとんで、とかしかないだろう。





そんなことを考えていたらいつのまにかまた意識がスーッと遠のいたけれど
これはただ単に寝入っちゃったって感じ。




で次に目が覚めたら3時間ほど経過していて、どうやら点滴もチェンジされていた。
と急に猛烈な尿意。。




そばにいる看護師さんに、あのうトイレに・・・、と言おうとして、
(待てよ、動けるのかオレ?)と気になって、手足を少し動かしてみる。





力は入らないけれどなんとか動かせる、それにいつのまにか頭痛も治まってる。
なんだったんだろうね?




と言うことで、点滴スタンドをガラガラと引きずりつつトイレに行かせてもらう。



身体に力が入らないから前屈みだし、点滴スタンドにつかまってヨロヨロと歩く姿は、
まさに超高齢者のオジイチャンw 我ながら可笑しくてしかたがなかった。




で、看護師さんから渡された紙コップにオシッコを採取。
そしてまたガラガラとスタンドを引きずってベッドへ。





意識がしっかりしたところで改めて問診。
血液検査やレントゲンにエコー、と全身あちこちとくまなく検査。




考えられる怪しい部位は二カ所。 で、さらに詳細に検査。





一つはどうやら”石”?かも、がそれならば痛みを伴うはずだけど、それが
全くないのが、、、。





石のせいでどっかの器官が傷ついて発熱? それが長期にわたって極度の脱水症状?を
起こしたのかも、、みたいな見立て。




いずれにしてもあのままもう少し遅かったら死んじゃいますよ、と言われた。023.gif

もしまた同様の症状がでたら躊躇わずに救急車を呼びなさい、と怒られてしまった。





で結局、ベッドの上で夕方まで抗生物質らしいのとリンゲル液みたいなのを点滴。
帰り間際にはまた紙コップにジャーっと。




さいわい翌日も午前診療があるので、明日また必ず来なさいよ。
と言われて帰宅。






まだ微熱はあるけれど身体はだいぶ楽になったのでなんか食べるかあ、と
雑炊もどきを製造。 が、二口ほど食べていやになった。




二日間スポーツドリンクくらいしか取っていなかったけれど、まったく腹が減らない。 
むう、少し痩せたかも~♪ とやっぱり登ることしか考えてないアホオヤジw037.gif







そして翌日も病院。
またもや血液検査と尿検査、とエコー検査。


で、またもや二種類の点滴。



体温はやっと平熱になったけれど、食欲はまったくなし。 
でフラフラだけど、空腹ハイな状態?で気持ちがいい。




この日も結局、尿にもレントゲンにもエコーにもコレと確定した病因は
見つからず、血液の別検査にかけることになり、その結果は翌々日。






帰り道に歩きながらいろいろと考えた。

この歳になるまで、親、友人、知人が、病で亡くなるのを何度となく見、聞きし
いずれは自分も寿命の尽きるときが来る、と分かったようなことを言っていたけど
やはりそういうのって、言うほどリアルには感じていないんだなと。



自分が全くの健康体だと思っていたのが、ある日突然、あなた病名はとか、あなたの余命は
みたいなことってのは信じられないし、想像もつかなかった。





自分としては、くたばっちゃうことについてはとくに何とも思わないけれど
治療の痛みや苦痛でジタバタして醜態をさらすのがいやだよなあ。
あっさりとおさらば出来るなら、いつでもけっこうと言うのが正直な気持ち。 






まあそんなことを思いつつ二日後にまたまた病院へ。
血液検査の結果は、やはりなあ~、という感じ。

まあ五分五分でしょということで、紹介状を書いていただいて想定通り専門病院にグレードアップ。034.gif


ん~、終活のペースをもっと早めておくべきであったかもなあ。。

で、またまた数日後。 あれこれあってからのやたらと大がかりな再検査。





そしてまた数日。

結果は・・・・、まあグレーゾーン。
はっきりと病巣は見つからなかったものの可能性はゼロではないみたい。
定期的に病理検査みたいなのを行ったほうがよろしいみたいな感じ。





まあね、とりあえず体調はほぼもどったし、歳も歳だから生きることに
それほど執着もなし、行けるところまで行って、あとは、サラバっ!て感じで
あっさりと終わりたい。





動けるうちは、ジムに行ってお登りさんをしたいし、それがだめになったら、
クライミング動画ウォッチャーで最後まで楽しみたいと言うのがこれからも
ささやかな希望と言うところです。

*******************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-09-27 13:03 | Soliloquy | Trackback | Comments(4)

微熱オジサン

当ブログに毎度来ていただいている二、三名のご奇特な皆様、
すっかりご無沙汰して申し訳ありませんでした。029.gif




なんせ、いつコロッとくたばってもおかしくないお年頃なので
更新が滞っていたら、あぁ、とうとうジイサンくたばったなと
思って下さい。045.gif





とにかく先週はドイヒーな体調だったのです。。


月曜日はまったくどこも異常がなかったのに、火曜日の朝になったら
なぜか発熱、、、まあ37度くらいだから微熱でしたけど。



ふん、まあ風邪気味って事だろう、、、、くらいに思っていたけれど、
風邪にしては咳も出ないし、他に何の症状もない。
ただ、ずーっと38度くらいの熱が24時間続いている。015.gif




んなわけで、睡眠もあまり取れずに1時間おきくらいに目が覚め、アイスノン交換と
水分補給の繰り返し。。( ´Д`)=3




が、水曜日の朝になったら突如、腰に激痛・・・・
熱でボーッとするわ、腰は痛いわで、ヨタヨタと起床、全く腰が屈めないので
タオルを濡らして直立不動でゴシゴシと洗顔。。003.gif



むうう、、この発熱は風邪ではないな、、と体中をあちこち点検。。
とくに傷跡らしいものはないので傷口からバイ菌が的なのもなさそう。




ん?もしかしてアレとか、いま巷で流行りつつあるアレとか?
デン、デン、デングちゃん?013.gif




まさかねw   


となると、どこからか菌が侵入し、体内の免疫系がフル稼動中での発熱か?
しかも腰のあたりと言うことは・・・・、とジッーと下半身を見つめるオヤジ。003.gif




いやあ-、それはナイナイw。(ヾノ・∀・`)


若い人じゃあるまいし、、そのなんというか、あんな事やこんな事のような
ふしだらな行いをするようなお歳ではないし、もちろん思い当たるふしもなし。




むう、しかし困ったのう。 もっとガーッと40度くらいまで熱が出ちゃえば
病院に行くんだけど、どうも38度くらいでウロウロってのがね。



解熱剤を飲むのもなんか負けたような気がするのでイヤだし(なんでだw)





つうことで、なんやかや金曜日までの四日間、一度も熱が下がらす。。
発熱と睡眠不足でフラフラしながら毎日出社。 


もういっそのこと一思いにコロッとくたばっちまいたい気分でしたw




が、そんなやけっぱちなことを考えていたお陰なのか不思議なことに
金曜日の夜中あたりから一気に熱が急降下して平熱に。。
それと同時に腰の痛みも嘘のように消失。



発熱と腰の痛みがリンクしているところになんか鍵がありそうですなあ・・・・




素人考えながら、腎臓とか膀胱とか前立腺とかあたりの急性の炎症くらいかな?
まあそれとおぼしき症状はないから除外してもよさそうだけど。




どうせまもなく健康診断だからとりあえず放っておきましょう~、下手に治療して
長生きしても何だしね~、つうことで決定!003.gif





まあ身体の怠さは取れないので土曜日も安静、、、、、、、、
そして日曜日も、、、、、タ、タイクツ。。。002.gif




ちょいと体調が戻るともうジッとしていられなくなっちゃいますね。





つうことで、先週、手を抜いていた仕事を片付けにチョロッと出社。




二時間ほどササッと書類仕事をやっつけ、さて帰るかあ~。。。
と思ったけれど、まだ正午、、どうしよう~、、ん~、あ~そうしよう~





つうことで、祝!病み上がり的なクライミングをすることに!076.gif





チョロッと走って、いつものジムにIN。 日曜日だけど空いてますな。





当然ながら全く運動もしていなかったし、会社ではデスクでグダーッと
していたし、家では寝てばかりいたのでなんだか身体にまったく力が入らないw 003.gif





ようし、今日は5級完登を目指しますかあ~w で2、3本登ったけれど
さすがにつまらないので、ダメ元でウイークリー課題。




が、ヘボヨワ+病み上がり=廃人ダンス・・・的なクライミングで全くホールド保てん(笑)020.gif





なんと4級を登るのに10撃くらいwww 
が、これがアップになったのか、次の3級は二撃、お次の3級はオンサイト~つう感じで
尻上がりな病み上がりジイサン!041.gif






でもまだ自律神経系の働きがいまいちなのか、室温はそんなに高くないのにやたらと汗を
かきまくってまいっちゃう。042.gif


こりゃあ無理するとやばいかもな、と言うことでこれ以上の難しい課題は中止。






回復クライミングに徹することにして自作課題を量産。



目設定してから核心部とおぼしきところをチョロッとずつ修正して4本ほど作成。


休憩しながら1本ずつのんびりとお登りさん。
2級が一本と3級を二本、残った一本は1級以上な感じになっちゃったからペンディングw037.gif





やっぱり休むと身体のキレは悪くなるけど、あちこち痛いところはなくなるので
力は出る感じですね。 

まあ逆にホールドが保てすぎてかえって指関節が痛くなっちゃうってのもあるんだけど。045.gif




あるクライマーさんみたいに、ホールドの保持力が強すぎて知らないうちに指先に
血豆を作ったなんていう怪物的な方もいらっしゃいますからね。037.gif





で休憩しながらでもさすがに疲労困憊してきたので本日は終了~。




でもまあ、あれですな、歳を取るとこうしたちょっとしたきっかけから一気に体力が
落ちていくことがあるから、気を付けないとって感じです。

いやなに、長生きしたいとかじゃなくて生きているうちは、お登りさんの趣味を
続けたいから。045.gif




この先、病気やケガやらで長く休んだらもう二度とそれ以前のようには登れなくなる、
ってのは間違いないんでしょうけど、なんつうか、そうやって、
どんどん朽ちてボロボロになる姿を晒すのもいいかなと、最近では思っています。




まあこれは、九相図の心境ですかね、あっそこまでご立派なもんじゃないかw037.gif

**************************************************************************

[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-09-08 22:38 | Soliloquy | Trackback | Comments(4)