<   2009年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

なははは

 クラ中(クライミング中毒)もここまでくれば尊敬にあたいするな。 ただこれだと酔っぱらって帰宅するのは不可能だわな。emoticon-0140-rofl.gif


 

[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-31 12:47 | Soliloquy | Trackback | Comments(3)

第三戦終了

 オーストリアのWienで行われていた「IFSC Climbing Worldcup (B)」が終了した。


 三大会連続優勝がかかった野口啓代さんは、ロシアのAleksandraにアテンプトで差がつき、
今回惜しくも二位に終わった。 


三位は、Annaで、こちらもアテンプトの差。上位三人がすべて完登数、ボーナスポイントが同じで
何トライ目で登れたかが勝敗の分かれ目になる非常に厳しい戦いだったようだ。


 ワントライにかける集中力と読みをミスすることが決して許されないのが世界の戦いなのですね。emoticon-0145-shake.gif


 男子は、日本人で唯一参戦した堀君が準決勝で敗退し、13位に終わった。
予選では、全参加者中でただ一人全課題完登の1位通過だったが、準決勝は、
課題のタイプが合わなかったのか1完登で通過を果たせなかった。


 優勝は、加須で三位になり、決勝の最終課題で会場を大いにわかせたロシアのRustam、
二位は、なんとSean McColl。


Sean McCollは、ワールドユースのころにリードコンペでチャンピオンになっていて、
その後もワールドカップのリードコンペで活躍していたけれど、最近は、すっかりボルダーコンペに
シフトしたみたいですね。三位は、お馴染みのKilian。


 二位と三位の差は、こちらもアテンプト差のみ。厳しいですなあ。 


結局今回は、男女ともロシア勢が制覇と言うことで少しオーストリア勢に翳りが見えてきたようにも
感じるけれど、実際はオーストリアはあとに続く若年クライマーの層が厚いのでいずれまた
新たなミュータント現る!
なんてことになるんでしょうなあ。emoticon-0118-yawn.gif


**********************************************************************************



 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-31 11:38 | Subject of a climbin | Trackback | Comments(1)

夜のお誘い

 朝から気乗りのしない書類書き。 
まあ今後のこともいろいろと考えないといけないし、
生きていくのはなかなか大変だな、まったく・・・。




 三時頃にはケリをつけて、むっとする湿度の中をミストラルへ。 

幸いまだ気温は、それほど高くないから良いけれど、ホールドを触るとしっとりしていて、
チョークもすぐにとれてしまう。emoticon-0107-sweating.gif 
はああ、クソ暑い夏の前に忌々しい梅雨がやってくるのだなあ・・・・、なんだか気分も ↓ 。




 はあぁ・・、と思いながらルートエリアの方を見ると誰かが手を振っている。 

んー?と見ると、なんとお久しぶりのドイチェ棟梁とのりたまこさんであった。emoticon-0102-bigsmile.gif 

のりたまこさんは、ケガと言うか精神的ショックがまだ癒えていないご様子で、
あまり元気がなかった。 


ドイチェ棟梁は、珍しくハーネスを着けてウロウロ。 emoticon-0136-giggle.gif 




 でまあワタシの方は、湿度のせいなのかなんだか体は怠いし、
力が入らない感じなので、テープ課題でお遊びすることに決定。 




115度壁の水色▲や赤色▲をヨタヨタしながら登った。 
なんだか緑▲より難しいのもあって登れないのが二本あった。 

いやはやこんなことじゃ、シニアコンペも限りなく最下位に近くなっちゃうなあ~。emoticon-0114-dull.gif




 で、しばらくしてPEちゃんも来店したので、一緒に赤▲や黄色▲の課題でお遊び。 


棟梁も暇つぶしに、黄色▲をヒョイヒョイと登ってお遊び。 
登っているのを見ているとやけに簡単そうに登るんだけど、
実際はホールドは飛ばすは、わざと難しいムーブをするはで
強すぎて参考になりまへんでした。emoticon-0102-bigsmile.gif   




 帰り際、棟梁から平日のNBに誘っていただきましたが、
おじいちゃんには体力的に無理だなあ~、行きたい気持ちは山々なのですけれどね。

*****************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-30 23:51 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

It is always a rainfall.

 なんだか本当に梅雨に入っちゃったみたいな感じだな。。。心身共にくさっちまいそうだな。emoticon-0121-angry.gif

 こんな時は、クライミングクリップ鑑賞するしかないか。 むうう、イケルね! 明日は早めに書類を書き上げてジム行こっと。emoticon-0152-heart.gif


 ガオッー! そして、ウホーッ! 今回はポール君よりダニエル君の方がちょいと良いところを見せた感じだね。 ダニエル君がマントルで苦しんでグワーッと唸っているところをポール君がニコニコと笑いながら眺めているシーンを見ていると二人は本当に仲がいいみたいだなあ~と思った。 emoticon-0100-smile.gif

 ところでコルトレーンの演奏を切り刻んでBGMに使うなんて味なことをやるなあ。emoticon-0125-mmm.gif
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-30 00:35 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

うーん・・

 駄目なのかなあ、やっぱり駄目なのかなあ・・・・。

 さっきJFAのページを見に行ったら例の岩場についての情報が更新されていた。 やはり件の岩は、営業区域に50mほど掛かってしまうようだ。。。残念。。。emoticon-0106-crying.gif 


  一縷の望みとしては、『釣り場エリア内の岩場を利用する際は、必ず釣り場に挨拶し、その旨伝えること。』と言う文言が書かれていること。 いずれにしてもやはり「TOKYOトラウトカントリー」さんに直接伺うしかないな。
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-29 00:09 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

忘れがたい

 今日は、朝から雨降り、今週末も雨の様子。 梅雨の走りなのかなあ。 とうとうシーズンが終わってしまったな。 仕方ないな、例の課題は来シーズンにまたトライすることにしますか。emoticon-0124-worried.gif


 どうしてもこれは登りたい!って言う課題があるというのは本当に幸せだなあ~、たとえそれがいつ登れるのか見当が付かなくてもね。 日常の何気ない瞬間にフッとその課題のことが脳裏をよぎった時なんかのあの胸奥のぞわぞわした感じがたまらない。emoticon-0125-mmm.gif


 あのワクワク感は、あるクライミングビデオを観たときに心に刻まれたような気がしている。 未だに多くのクライマーからリスペクトされているBen Moon、そして何回観てもゾクゾクする課題 『Black Lung V13』。今となっては、やや色あせた課題になってしまったけれど、シンプルながらとても美しい課題。


 自分で見いだしたラインが本当に登れるのかどうかも分からないままでのトライ。最初は、全く出来なかったムーブが徐々に繋がっていく喜び。 あと一手のところで弾き返され続ける日々。そして惜しいトライの積み重ねを経ての歓喜、そしてカタルシス。
 いつの日かそんな浄化されるような経験がしてみたいものだよなあ・・・・。emoticon-0131-angel.gif


 1:50あたりからのトライシーンがいいなあ、スポッターも熱いし!こういうスポッターだと登っていても気合いが入るだろうなあ。emoticon-0102-bigsmile.gif

 



 未だに目標とされる名課題なんですなあ。
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-28 20:15 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

拝啓

 予想通り、週明けはハードなストレスと憤怒満載のスタートになった。 




本当に駄目なヤツというのは、自分が駄目なヤツなんだと言うことに
心底から微塵も気づかない人間のことを言うのだなあ、とつくづく分かった。 





 で、さすがに少し体でも動かさないと職場で暴れそうなので、
毎週水曜日と決めていたジムに一日早く出勤。



最近は脚力も落ちてきたのか、いつも履いているMIURA VSでさえ重く
感じるようになったので、久しぶりに V10を引っ張り出して登ってみた。





 いやあ足下が軽い軽い~。emoticon-0100-smile.gif 

お陰でスタンスへ足を送るのが軽やかで気持ちいい~。 
気温も低めで微風が吹き込み、最高のコンディション。 



130度壁でアップ後、目設定で課題を設定してお遊び。 

最初は、極悪ホールドにしすぎて身動きが取れなくなり、
スタンス、ホールドともツーランクぐらいレベルを落とし、
お遊びレベルにしてなんとか完登。emoticon-0141-whew.gif 





 今日は平日には珍しく、S川さんがトレーニングに来ていたので、あいまにお話を少々。 

で、オーナーのプロジェクトトライを見学、さらにあいまに、甘熟さん来店、
ですぐロン君、シミちゃん、それからこれまた珍しく、Kingご来店!emoticon-0104-surprised.gif 




 まるで休日のようなメンツが、ずらりと揃った。 

で、久しぶりにKingの胸を借りるために115度壁でセッションもどきのお馬鹿クライミング開始。 
いやあ、Kingは2週間ぶりでも登れますなあ~、さすがKing of MISTRAL!emoticon-0148-yes.gif





 で、お馬鹿セッションらしく、登れるかどうかよく分からない課題で二人でもがきにもがき、
諦めかけたところで、甘熟さんがグワッ!っと一声唸って、完登。 emoticon-0104-surprised.gif 


後半一手が核心のお遊び課題にしては、なかなか面白かった。 
やっぱり、Kingが来ると盛り上がるなあ。emoticon-0167-beer.gif





 で、休憩中にS川さんと話していて、Dean Potterのことを思い出したので、
ネットで探し出して鑑賞。 
いやあ、やっぱりカッコイイ!! 





 昔、たった一人でロープを背負いながらガシガシとマルチピッチをソロクライミングで
登っている写真を見たときには、なんなのこの人!emoticon-0104-surprised.gifと、

驚きというかあまりの格好良さに目眩がしたくらいですが、
現在でも衰えるどころかますます格好良くなっているではないですか! 



この先、日本国内でどんなにクライマーが増えても生き方も含めて、
ここまでカッコいい人は出ないだろうなあ。

******************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-26 20:35 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

Pleasure of the sheep

 見たかも知れないけれど、とりあえずリンク貼っときますよ、閲覧はパソコンで。emoticon-0133-wait.gif


 Paul Robinson and Tyler Landman Bouldering 8B+, 8B
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-24 14:17 | Subject of a climbin | Trackback | Comments(4)

Is it hopeful?

 今日は、ジムクライミングは、レスト。

 なので、TVを見ながらインナーマッスル・トレーニングをしたり、ネットをウロウロしたりしていたら、あるブログに登攀自粛になっているはずの例のボルダーエリアに昨日、登りに行った方の記事が載っていた。 で、コメント欄に現在の様子はどうなのか教えていただこうと思い、書き込みをしてみた。


 駐車場の問題や岩登りに対するご理解等が解決の方向に向かっているのなら少し希望が出てきた。 シーズンは、すでに終わりに近いけれど、もし登らせてもらえるならば残されたわずかな時間を利用して、もう少し通いたいなあ・・。
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-24 13:57 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

Slight soothing

 今朝も朝から草案つくり。 
が、全く進展なし、先行きが全く不透明なこの景気じゃ、どうしようもない。 


まあ、効果の部分を曖昧にぼかして、とりあえず二段階の方策を提案することにして、
仕事終了。emoticon-0141-whew.gif




 昨日、ミストラルへ行った時、フーミンが、「とうとうシニアのボルダーコンペが出来たんだ・・・」と
掲示板に貼ってあるポスターを眺めながら呟いていた。 




ん?シニア?とポスターを眺めると来月、エナジー浦和店で行われるボルダーコンペのクラス分けに、
オープン、ミドルと別にシニアクラスなるものが書かれている。




 ふうむ・・、やはりボルダリングにも高齢化の波が押し寄せてきた、と言うかこれからは増えて
いくのだろうなあ~、と自分がおじいちゃんであることをすっかり忘れて寒心してしまった。emoticon-0101-sadsmile.gif




  まあ、せっかくこういうクラスが出来たのだから野次馬おやじとしては、いかなるものか参加してみたくなってきた。 

で、まあ、シニアクラスは、40歳以上と言うことなので、もしかしたらやたら元気な100歳なんて方も来るかも知れないし、
いろいろと面白いネタ話の収集にもなりそうだしね。emoticon-0148-yes.gif




 こりゃあ、まず受付で絶対に血圧測定があったり、医師の診断書提出があったり、家族の付き添いが
必須だったりするに違いない。 




課題は、もちろんスラブ!メインで、垂壁、マントル、しかし、いずれもあまり力むような課題は少ないでしょう。 
血管がプッツンしちゃうといけないですからね。emoticon-0102-bigsmile.gif




 応援もガンバッ!は、禁止になるでしょうね。 「無理しないで下さあ~い」とか「怪我をしないようにして下さあ~い」
とかの敬老精神に則った優しい掛け声になるに違いありません。 





これからもジムを経営するにあたっては、ますます進む少子化に対応するため高齢者に優しいジムに
なっていくしかないですからね。emoticon-0136-giggle.gif 






 まさかランジ課題はないだろうけれど、ワタシは垂壁、マントル、スラブと全て苦手だから苦戦するだろうなあ。 
まあ最下位にならないように頑張ろう。emoticon-0165-muscle.gif 





これで少しのあいだだけ目標が出来たな。emoticon-0148-yes.gif

***************************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-24 11:46 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)