<   2008年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

いい感じだ

 本日も噂の二人とは会えず終いだったが、オーナーから聞いた話では、十分に楽しめた様子。それにしてもほとんどレストなしで一ヶ月も登れるって言う体力は羨ましいなあ~。

 でまあ今宵も130度壁とルーフでアップを開始。運動生理学に基づく、神経系の刺激を中心にしたアップ。動的ストレッチと素早い動きを意識して、じゃんじゃん登る、息も絶え絶えでゼーハーいうが、その割りには心拍数が上がらない。こいつがまずいんだよな・・・。90くらいまで上がったかなと思って息を整えるとすぐ70くらいまで下がってしまう。やはり年齢がいくと心拍が上がりにくいと言うのは、本当のようだな。

 マフェトン理論によるウォームアップと反射スピード向上を目的としたトレーニングの両立は、やはり難しいみたいだな。しばらくは、反射スピードに重点を置いてトレーニングしてみっか。

 今日も大して成果はなかったけれど、少し前と違って瞬間に力を出すタイミングが合ってきたような感じ。肩の痛みも日に何回かのインナーマッスルトレーニングのおかげでだいぶ和らいできたし、年始に増えてしまった体重も1.5kg減らしてベスト体重になった。これでやっと少しは難しい課題にもトライ出来るようになりそう。o(^△^o)

 でも調子に乗りすぎて、また肩を痛めないようにしないとな。。。045.gif
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-31 23:54 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

帰朝

 およそ一ヶ月ほど『欧州クライミング武者修行』の旅に出かけていた、ツッチー、ヨッシーの両人が帰ってくると言うので、帰朝報告を楽しみにしながらミストラルへ。

 が、ジムに入ると残念ながら二人の姿はなく、所在なげなオーナーが受付に座っていた。009.gif まあ旅の話は、次回来たときの楽しみというところだな。
 で、本日も130度壁。 前回から思いつきで始めたアップメニューで本日もウォームアップ。ん~なかなか良い感触。で、早速、先日設定した、ツッチー凱旋帰国記念課題にトライ。 
 岩場にあるようなガバトラバースからピンチホールドを取って、ピョーンと二本指クレーターホールドへ飛び、がっぷり正対ムーブで、ポケットからポケットへとつないで登る課題。ポケット好きのツッチーならアップ程度だけど、ワタシには結構大変だったあ、しつこくやってなんとか完登、まあお買い得の2級くらいかな?042.gif

 思ったよりあっさり片づいて調子も良さそうだったので、二ヶ月ぶりに以前、完登まであと二手のまま放置していたマイ課題を試してみた。どうせ駄目だろうと思ったら、意外に体も良く動いて、アレ?と言う感じでゴール取りあと一手のところまで行けた。最後に手がすっぽ抜けて完登できなかったけれど、久しぶりだあ、と言う感じでなんだか嬉しかった。この課題は、調子が下降期に入った11月にトライしたけれど、今日はなんとかあの時の調子までには、戻ったことが確認できた。
 ホールド替えまでもう一ヶ月を切ったけれど、なんとか頑張ろっと!047.gif 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-29 23:50 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

スローなオヤジ

 いやあ今年の冬は、ホントに寒さが厳しい!つらいっす!!
こんなんじゃますます体が動かなくなっちゃうよ。002.gif




 最近、と言うか以前から気にはしていたのだけど、どうもワタシは、
とんでもなくスロースターターなオヤジだ。



仕事帰りにジムに行き、ウォームアップをしているときなどは、ドガバホールドで
登っていてもヒイヒイ、ヒーコラでヨレヨレ・・。


ましてやカチやジブズなんてのは、論外です。002.gif 
このことは一時真剣に悩んでいたんです。なぜなら、なかなか体が思うように動かないので
力任せにアップをして、真剣トライの前に消耗してしまうことがあるんだよね、無駄なトライ数も増えちゃうし・・・。




 で大休止、小休止を挟んで、やっと調子が上がってきたと思ったら閉店まで残り時間あとわずか・・。007.gif


これには、本当に参っちゃう。

クライミングを始めた当初、pump1でテープ課題を必死にトライしていたときも全てのムーブが出来ても、
スタートからやるとどうしても出来ず、まさにヨレヨレになった閉店寸前になってから完登、
なんてのがしょっちゅうで、"10時半の男"なんて言う格好悪い呼び名が付いたこともあったくらい。037.gif 




 で、そのころ少しの間は、真面目にストレッチをしてみたり、簡単な長ものでゆっくりと体を
温めてみたりしたけれど結局は変わらず。


これは、もう体質みたいなもんなんだなあ・・と諦めていたんだけど、最近、若いクライマーたちが
登っている姿を見ていると、ほとんどみなアップもそこそこにすぐにフルパワーが出せるようだし、
体も良く動いている。


むむう・・・、単に年齢だけの問題なんだろうかなあ?



 ワタシでも休日のジムで長時間登っていられるときなどは、意外に体がよく動くけれど、その時の動きは
残念ながら平日に出すことは出来ない・・・。


やはりスロースターターなんて言うのは、トレーニングにとって大きな弊害だよな!022.gif 


で、なんとか改善策を考えないとな、思って現在あることを試し中、ひとつは、勘に頼ったちょっと危ない感じだけど
結果はボチボチ、あともう一つの方法は、来月あたりから試してみるつもりだけど、こちらは面倒くさいけれど
ちゃんと理論的裏付け有り。



まあとにかく少しでも改善できると良いんだけどな。


***************************************************************************************




[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-28 22:03 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

寝たがりやさんだねえ!

 眠い!春でもないのになんだかとっても眠い!008.gif



 仕事中もヤバかったけど、ジムに向かう運転中はもっとヤバかった。


コンビニで弁当を食べたあと、ちょっと目を閉じたら一瞬で寝てしまった。
ウォッ!と慌てて飛び起きて、なんとかミストラルへ。



 まあ車中の暖房があまりにも快適だったからだろうけど、ジムに入ったらパチッと
一気に目が覚めた。
さあ、本日も頑張りましょ。



 今日は、甘熟さんも早めの出勤だな、少しするとGoroさんも。


元気な若者T君は、本日もTシャツ一枚でガシガシ登っているし、まばらなお客さんのわりには、
盛り上がっている感じ。


で、ワタシものんびりとアップし、いつもの課題にトライ、が登れず・・・・、
ん~今日で三日目なんだけどまた駄目だなあ~。



 で、ちょいと飽きたので簡単な課題でお遊び。


ちゃちゃっと作っちゃったから中間部から上がちょいと雑かなあ~と思ったけど出だしはまあまあ。
二回目で登れたんで、3/4級くらいでしょ。
課題名は、少し考えてから『PE様接待課題』に決定。041.gif



 他にもひとつ設定したけれど、これはけっこう難しくて登れなかった。


いやはや、こんなに登れない課題ばかりたまっちゃってどうすっかな・・・、1級くらいのが
四課題かあ、とりあえずホールド替え寸前まで頑張ってみっか。


*****************************************************************************




[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-22 23:14 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

おやおや

 日曜夜からは降雪かも・・なんて言うイヤな予報を
聞きながら本日もしつこくミストラルへ。



 昨日とはうって変わって、混み混みです。


でも相変わらずボルダーエリアは貸し切り。
ほいほい~とアップをしてみると、連日のわりには調子が良い、何故だ??



 まあ、調子の良いのはいいことだ、とそれでも慎重にガバでしつこくアップを続けていると、
PEさん登場、ちょっとしてからさらにイッチャンも登場。


これでいつもの顔ぶれですね。010.gif


 ついて早々にイッチャンが浮かない表情、ん~ふ~む、まあ話を聞くとどうやらワタシの
肩痛が伝染ったようです!ってそんな訳あるかい!


まあ日頃同じような課題をやっているから同じような症状になっちゃったんでしょうね。002.gif
悲しいことに、おじさんは無理をするとすぐ来るからね、五体に。




 で、いろいろあって気がつくと、ボルダーエリアまでなぜか激混み・・、と言うことでみんなの
トライの間隙を縫って、昨日の課題の練習。


今日は、どういう訳か最初の核心も止まり、二つ目の核心もかなりの確率でスパッと止まっちゃう、
でも試しに最初から通すとやっぱり繋がらない、う~む・・・・。



でもまあ先が見えてきた感じなんで来週またやってみましょ。



 それにしても今日は、肩の調子が良かった。


いつもならジム帰りの車中で三角筋周囲にに疼くような痛みがあるのに今日は全くないし、
肩が軽い感じ。



やっぱりインナートレが効いているのかな、なんとかこの調子で上向いてくれると良いな。041.gif

****************************************************************************




[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-20 23:54 | climbing gym | Trackback | Comments(4)

リハビリ中

 今日は、いい天気、気温も少し上がったようで、
絶好の岩場日和ですね。 



まあ、リハビリ中の身としては、今岩場に行けばつい無理をして
悪化させるのがオチだから大人しくインドアでノタノタと登るしか無いけれど。002.gif



 土曜日だけど思った通りルートエリアは閑散、みんな外岩だろうな。


で、いつものように貸し切り状態でノンビリとアップ。


やはりいつもより暖かいせいか、ホールドがぬめるような気もするが、
ここのところ指皮の回復が遅くて、皮が無いせいなのかも知れない。



 アップを終えて、前回130度壁に設定した課題を試してみるが、三個所ある核心が
ことごとく出来ない・・・・。007.gif



前回は、下部の二個所はほぼ完璧になっていたので、今日は完登出来ると思っていたのに、
ちょいショック。

仕方なく、核心部分の練習だけしたが、今日は一度も止まらなかった・・・、たった一週間で
このざまかあ、情けねえなあ・・。



 どうも調子も指皮もダメダメなので簡単なテープ持久課題を何度もダラダラと続けて登る。



で休憩して、4級くらいの課題を130度壁とルーフに二本設定、完登。


130度の方はいまいちだけど、ルーフ課題は、ちょっと面白かった。
ガバホールドを使った課題だけど初見だと一撃は、難しいかも知れない。



初級者向け変態課題であることは間違いない??028.gif


****************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-19 23:39 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

一進一退

 寒さが一段と厳しくなってきたお陰で、
天気は安定してきたな。
こっちの肩の方ももう少し安定してくれると良いんだけどなあ。002.gif




 治療院に薦められた地味なインナーマッスル・トレーニングは、意外に有効な感じ。
チューブ・トレーニングとエアーフリッパーなる怪しげな(?)器具を使って日々メニューを
こなしているけれど、トレーニング直後は、確かに肩の内部が温かくなり、痛みは和らぎ
可動域もひろがる。005.gif 



それだけでも続けていく価値は、十分に有りそうだ。
しかもトレーニングの効果なのか、直後には棘下筋に少し筋肉の張りを感じる。



不快な張りではなくて、心地よい疲労感みたいなものなんだけど、これがトレーニングが
効いている証なら嬉しいな。


 ただ治療院で指摘された、肩胛下筋や棘上筋には何も感覚がないのが心配でもある。


まあ、インナーマッスルは、アウターマッスルと違って、ハッキリとした外見の変化や体感は
少ないのかも知れない。



 ところでインナーマッスルは、個別にトレーニングしていかないと摩耗していく、減ってしまうと言うのには、
驚いた。005.gif



普通、筋肉は動かしていれば、トレーニングをしていれば衰えることは無いと思ってしまうんだけど、
インナーマッスルは違うようですね。



たとえばプロ野球のピッチャーなどは、シーズンインに計った肩のインナーマッスル筋断面積が、
シーズン終了後には、20%くらい減っているそうです。 
このことから消耗する筋肉と呼ばれるそうです。




 クライミング、特にボルダリングのようにジムナスティックな動きが多く、肩に負担を強いるムーブを
頻繁に行うとアウターマッスルは発達するもののインナーマッスルは、消耗、摩耗していくらしいですね。



で、しまいにはワタシのように肩に違和感を感じたり、脱臼しやすくなってなってしまうようです。 


************************************************************************************




[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-18 22:07 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

むむむのむ

 三連休のスタートは、雨ですね、雨・・、月曜日あたりには
岩も乾くのかな?どうすっかな。009.gif



 
 この前、のりのりさんのブログを読んでいたらどうもピンチ・オーバーハング岩の
ピンチオーバーハング課題をトライするときには、気を付けないといけないらしい。


初登ムーブだと左手は、デカピンチ、右手のホールドは、ゴミカチらしい。

 この右手ホールドが、欠けてしまったのか、あるいは見つけにくいのか最近は、右手で
ガバを使って登っている人がほとんどだと言う話。


 人によっては、体感グレードも変わってしまうとのことなので、ここはやはり、ドイチェ棟梁が、
披露してくれているお手本のように、デカピンチ両手持ちスタートでやるのが、課題名通りになって
スッキリする感じだ。



 まあ、これでますます完登できる可能性は下がってしまったけれど、グレード的には妥当になるんだろうな。026.gif


******************************************************************************************


 
 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-13 11:06 | Soliloquy | Trackback | Comments(4)

安堵

 年が明けて、仕事も少し落ち着いて動き出したので、
今日からはまたミストラルへ行こうかなあ~、と思ったが、
どうも昨晩の肩の違和感が気になり、仕事をちょいと抜け出して治療院へ行って来た。




 この治療院がスポーツ傷害、特に野球などでの肩の傷害に実績があるらしい。



で、問診をしながら肩の可動域や痛みの具合などをいろいろと調べられた。
数分くらい、いろいろ肩を動かされ、出た診断が、『ルーズ・ショルダー』? ん?なんだそれ?



 まあ早い話が、肩の関節の遊びが大きい、と言うことらしい。



原因はいろいろあるらしいけれど、ワタシの場合は、軽度のもので回復するそうです。017.gif


主な原因は、アウターマッスルとインナーマッスルのバランスが整っていないと言うことらしく、
肩胛骨の下にあるインナーマッスルが、片腕でぶら下がったときに肩関節が開くのを支えきれず、
脱臼する寸前の状態に近づくんだそうで、それで痛みが出たり、力が入らなくなったりするようです。042.gif




 でどないすれば?と聞くと、補強運動が有効らしく、肩周辺と肩胛骨下のインナーマッスルの
強化を目的としたチューブトレーニングを薦められました。



で、早速、帰りがけにスポーツ用品店でチューブを購入。


会社に戻って、休憩時間に少しトレーニングをしてみたらなんとなく違和感が和らぐ感じ。
むむう・・、なかなか良いんじゃないの。
これはしばらく続けてみる価値は十分に有りだな!



 で、気分を良くして、退社後にミストラルへ。


アップをしてみるとやはり先週よりだいぶいい感じ、ヤッホー! そんなわけで、130度壁に
いつものように二本ほど課題を設定。


二、三回のトライで二本とも登れたが、肩には全く痛みが出なかった。


グレードは、M4級とM3級くらいだけどそれよりこれでまたしばらくクライミングが続けられそうだと
思ったら嬉しくなった。043.gif


********************************************************************************


 
 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-08 23:53 | climbing gym | Trackback | Comments(4)

定め事

 今日から仕事始め、またまた慌ただしい日々が続く。



 年末年始の休みのお陰で、体調がだいぶ良くなり、仕事にも集中出来るようになった。


ただ思った通り、怠惰に過ごした一週間のツケは大きく、体重は、1.5kg贈!
まあ、自業自得なんだけど・・・、正月中には恐ろしくて体重計に乗れなかったけれど、
正月も終わったことだしな、と久々に計量して大ショック・・・。008.gif


これでまた今月は、減量強化月間に突入だなあ。


 ジムも休みだし、年末以来のフィンガー・ボードでトレーニング。


が、いつものトレーニング・メニューがこなせない・・、重い、重すぎる・・・、はあぁぁ・・・。


特に、デッドハングが辛いのなんのって。020.gif


いつもなら二本指ガバポケットで、20秒ほどデッドハングして、その状態のまま続けて10回は、
普通に懸垂が出来たのに、今日は体が重くて、デッドハング中に指がのびて来ちゃう。



ぐはぁぁ、怠けた罰が当たっちゃったなあ。。。


 仕方なくいつもより軽めのメニューに切り換えてなんとかトレーニング終了。
こりゃあ戻すまで少し時間が掛かりそうだな。



 それと今日ふと気づいたら左肩が相当悪くなっているのが分かった。


右腕なら片手でガバにぶら下がっても何ともないのに、左腕一本でぶら下がろうとするとガバにもかかわらず
肩に力が入らずストンと落ちてしまう。



やはり以前に痛めた個所がまだ完全に治っていないようだ。
まあランジかなんかで片手だけのホールディングでもしない限りは、大丈夫そうだけど。



 でもまあこんな風に少しずつどこかを故障していってクライミングを辞めていく人が多いんだろうな、
それがクライマーの定め事ってやつなのかな。


**********************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-07 23:01 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)