<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

まだダメね

 相変わらず絶不調街道を爆走中・・・。(>_<)



 指の痛みは、少し和らいできたけれど、どうも力が入らず、パワフルなムーブがこなせない。


こういうときは、大人しくしている方が良いね。 
で、トレーニングモードはお休みして、ヨッシーとお喋りしながらダラダラと簡単な課題を設定しながら、
今流行のエンクラ(エンジョイ・クライミング)に徹しました。 



自分設定のものとヨッシー設定の3/4級くらいの二本ほど登って終了。



 ヨッシー設定の課題を登ったときに、ゴール取りで振られ、また指を少し痛めてしまった。
体調の悪いときは、次から次へと故障個所が増えてくるざますね。はあああぁ~・・・。 :-)


*******************************************************************************

[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-29 23:22 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

泥沼期突入

 ここのところ体調(クライミングに関して)が、全くどん底状態。(-▲-)




 五月に入って二週間ほど上り調子だったので、少々、負荷をかけすぎてしまったようだ。


それが、今になって一気にツケが回ってきた感じ。(^^;) 
その後の二週間から現在まで、満足に登れず、ストレスがたまる日々が続いています。



 指痛、肩痛の上に、体のキレはゼロ状態。

保持力なんてまるでお話にならなくて、3/4級がやっと登れるような毎日。
まあ、長くやっているとこんな時期もあるんですけどね。

体重に変化はないし、ひどく疲れが残っている様子も感じられないので、回復期なんだろうな。



 ここ何年かクライミングをした日の調子を記録し、データを取ってはいるんだけど、過去のデータから行くと
六月の第二週あたりから調子が戻るはずなんだよなあ。




でもあまり長引くようなら一週間ほど、レストしてみっかなあ。むむう・・・。
 しばらく家で、トレーニング・ボードにでもブラ下がってみるかな。ちょいと改造もしたしね。



うひょひょひょひょ~・・・(謎)。(^^?)


**********************************************************************************

 


 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-27 23:32 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

ルーフ・トレーニング

 土曜日は、明け方に雨が降り、外岩行きは、中止になった。
 



 早めに雨は上がったので、日曜日は、神戸岩へトレーニングにでも行こうと決めていたのに、
夜にトラブル発生!



だましだまし、なんとか長年使ってきた洗濯機が、デストロイ!!(^^;) 



脱水中にふと床を見ると、なんと水たまり状態。

慌てて、脱水を止めて、桶で水をかい出し、事なきを得たものの、水漏れ発生場所は、
修理不可能の場所。



仕方ねえなあ・・、買い換えかあ・・・、まあ十九年も使えば、元は取ったな、と言うことで、
本日の岩場行きは、コジマ電気行きへと変更になったのでした。(^^;)




 洗濯機の購入手続きと配達の手配をしてからミストラルへ。


天気が良いのに、リードエリアはなかなかの盛況ぶり。
で、ボルダーエリアの130度壁に行くとなんと、久しぶりに、KPさんが登っていた。 



ワタシがクライミングを始めた頃、すでにBセッションやジャパン・ツアーなどに出場し、
5.14を登る実力の持ち主。


ここ何年かは、クライミングを休止していたが、最近、またトレーニングを開始したようだ。 



さすがに、以前の力には及ばないが、それでもやはり柔らかい登りをしていた。



 本日は、前回、イエPさんが、ルーフにつけてくれたホールドを使ってトレーニングしようと決め、
簡単な3級くらいのものを設定し、トライ。



普通なら120度くらいの傾斜の壁に付けるようなホールドなので、かなり悪い。
でもなんとか完登。
オーナーが、グレーディングして、2/3級となった。



 その後、同じくルーフ壁に、先日、イエPさんが設定、初登した二本の課題をトライしてみるが、
これがめちゃめちゃ厳しい。w(☆o◎)w 
やっぱり、イエPさんは、体幹も指も抜群に強いなあ~、S師範代と課題を作りあいながら登るだけのことはあるな。




 課題は、ひとつが1/2級、もう一つは、1級って感じですかね。

1/2級の方は、頑張れば何とかなりそうだけど、1級の方は、核心の一手がどうしても止まらない・・・。(>_<) 


こりゃあ、しばらく掛かりそうだなあ、でもトライしているうちに、ルーフに体が慣れて、
体幹が強くなりそうな気がするな。 


しばらく続けてみっか。(^○^)


*****************************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-20 21:46 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

Training is pleasant.

 仕事でヘロヘロになりながらもミストラルへ。 



はじめは疎らだったボルダーエリアに、火曜日にしては珍しく徐々に人が増え始め、
そのうち小混雑状態になった。(^^;)




 とりあえずササッと130度壁でウォームアップがてら登ってみると疲労している割りには、
体が軽かった。



で、まあ3級くらいの課題を目で設定して、トライ。



前回、オーナーの許可をもらって、130度壁に新たに『レボリューション』のビス止めのハンド・ジブを
10個ほど付けさせてもらった。


石灰岩をイメージしたジブなので、そこそこ悪い感じのものなのだけど、ここのところ神戸岩に通って、
石灰岩の激悪ホールドを触っているせいか、いまいちピンとこない・・・。




b0048854_213569.jpg

 
 やはり所詮プラスチックは、プラスチックなんですねえ。( ̄^ ̄) 

生岩の微妙なツルスベ感を出せるホールド作りと言うのは、難しいんですなあ。
そう言えば、サガホールドに生岩っぽいのがあるけど、あれもなんか違う感じですよね。
なんなんだろ?




 とりあえず、設定した課題を登ってアップ完了。


調子が良さそうだったので、たまにトライしている、ランジ課題を久しぶりにやってみることに。



湿度も意外に低いし、いけそうな感じなので使用するホールドを念入りにブラッシングしてからトライ。

ざっとムーブを確認してから本気トライをしたら、あっけなく最初のトライで登れてしまった。
(むむう・・、不思議だ、こりゃあ2級だな・・、チッ!) 


まあ、今日は調子が良かったのかも知れないと言うことで、甘めに、1/2級とグレーディングした。


 本日のトレーニング課題が終わってしまったので、新たに二つほど、設定。

が、これがなかなか繋がらない・・・、しつこくトライしてやっと四手目まで繋がったが、そのあとは
一手ごとが全部取れない。(^^;) 
いやあ、こりゃあまた当分、苦しみそうざんす。



 ちょいと休憩モードに入ったところで、イエPさん登場。



今日は、なにやら秘蔵のホールドコレクションをルーフに付けてくれるらしい。

で、これは?と訊くと「新しいDaiホールドですよ」と言う。


ウホホーイ!しかもモノホールドまで!早く!早く!つ、つけましょう!
っと急かして、付けてもらった。モノホールドは、けっこう深いけど、ルーフの中なので課題によっては、
足が切れるとなかなか厳しい。



早速、カチとモノホールドだけでぶら下がってみると、くぅー!キクー、って感じですね。
ワタシも少しずつ、一本指トレーニングをしてみっかな。(^○^)
 


************************************************************************************

 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-15 20:12 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

カノトレ 第二回

 仕事疲れから土曜日は、体調を崩し、風邪気味になってしまった。


今週末、予定していた神戸岩行きは中止だなあ・・・、と大いに凹みつつ床についたが、
今朝になったらほぼ全快。(^○^)v 
いやあ、タダの疲れだったのかあ、良かった良かった。



 と言うことで、重役出勤で岩場へ出発!高速道を使ったら二時間もかからずに神戸岩に到着。
いやあ、金はかかるけどやっぱり楽ざんすねえ~。(^^)




 神戸園に駐車して、お目当てのデルタ岩へとトコトコ下ると、三人パーティーの先客が一組。


どこかでお見かけした顔だなあ、と思って話をしたら、以前、なんどかエナジーでお会いした方だった。
でまあ、ひとしきりご挨拶をして、岩の状態をチェック。



 案の定、石灰岩ボルダーとしては時期はずれのせいか、染み出しの個所は前回より多く、
ホールドも全体にシケっている感じ。



まあ、本番は、秋以降と割り切っているので、気にせずトレーニング開始。



まずは、アップがてら『和 二段』の出だしをヨタヨタとやってみる。

ま、これも当然全く進歩なし。
ただ前回よりは、ホールドはしっくりと保持でき、引き付けもだいぶ良くなった感じ。


それにしてもどうにも想像もつかないところに、スタンスのマーキングがしてあるのが不思議??
むむう・・・、なんかすんごいムーブでトライしている人がいるのかな??
まあ、ワタシには、想像もつきまへんけど。(^^;)




 で、次に『ヴァグ 二段』の出だしを試してみる、
が、今回は、スタートの右手ガバポケット内部から雨水が滴っている状態。


いやはや・・・、まあ試しにスタートをこころみたら果たして、見事にポケットから
指がすっぽ抜けた。



おまけに皮もザックリ持っていかれた。(>_<) 
ぐぞう・・、ポケット穴からブラシで水を掻き出し、指にテーピングをして再度トライ。


テーピングのせいか、俵持ちにしたらピッタリ決まって、何度かやっていると一手目が止まった。
ここまでは、前回も問題なかったので、ここから先のムーブを作ろうといろいろ考えるが、
どうも今ひとつ分からない??



 リップまでの二手は、次回解決するとして、リップを取ってからのムーブ解明にうつる。

ん~、あれ?よくよく考えてみるとリップを取ってからは『クリームタイム 1級』と同じムーブだったんですね。



んじゃあ、ようは、クリームタイムを解明すればいいって事ね。(^^;)



 ちょうど先客の方たちが、クリームタイムにトライしていたので、見学させていただく。

むむう・・・、なんか複雑ね。とくに最後の抜け口が今いちよく分かんないなあ・・・。
で、お仲間に加えていただき一緒にトライ、の、はずが気づけば、アレレ?皆『ディエス 初段+』をやっている。



まあ、ディエスもスタートがクリームタイムと全く同じなので、どうせ苦労するなら1級よりは、
初段+って事ですかね。



 結局ワタシは、ディエスに関しては全てのホールドを問題なく取ることが出来るが、どうしても体を上げられない。

左手の二本指チビカチを保持して、右足をハイスタンスの乗り込みまでは、行くが左手の引きつけが出来ない。
これは、保持力の問題なのか、それともムーブが違うのか?
再考の余地ありですね。
まあ、ディエスは、リーチって事にしとくか。(^^;)



 午後三時を過ぎた頃、先客の方たちがブラボー岩に移動したので、デルタ岩は貸し切りに。

んじゃまあ、クリームタイムでもやってみるかあ~、ムーブの解明に。

出だし、マッチ、アンダー、寄せ、ピョコタン、から左上を取って、右手を上部のスローパーに飛ばす、
が、ここから動けない・・・。


むむう、途中打ちで、ムーブを探るが分からない。

これって、やっぱりスローパーにマッチして、右手を送るのかな?? 
結局、最後の一手が解明できずに本日は、終了。



ん~、次回は、なんとか解決しないとなあ。
神戸岩、予想通り、当分のあいだ、弾き返されそうざんすね。(^へ^;)


*****************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-13 21:26 | outdoor boulder | Trackback | Comments(2)

御無代

 指皮は、全滅状態に関わらず、モチベーションのおもむくまま土、日とジム通い。 



それにしても土曜日は、暑くてヨレヨレで、薄い指皮が、アップ早々に瞬殺。イダダ・・・。(^^;)


 
 いやいや、気合いが足りん!と頑張ってみたもののスローパーはすっぽ抜け、
エッジホールドを持てば、指先が裂けるようにイタヒ・・・。(T_T) 



ここはやっぱり素直に簡単めな課題で流そうとホールド替え後、二度目の105度壁へ。 

ガチガチに固い股関節にモノを言わせて??、課題づくり。 
二つほど設定して登ったけれど、グレードはさっぱり分かりまへん。 


うす被り壁は、大の苦手だから他の人に登ってもらわないとなあ~。 
で、指皮がジンジンと痛んできたところで終了。




 引き続き、日曜日。


小雨ながらジムは、空いていた。


皆さん、GWに登り疲れて、お休みなのかな? 
で、今日の指皮はと言うと、昨日の状態を思えば、まずまず。



クライム・オンも少し効いているのかな? 
でもやはり気温が低いのが一番の原因かなあ。(^○^)


 いずれにしてもあんまり難しいのは登れそうになかったので、3級くらいのをチョロチョロと
設定して登ることに。



今日は、気分を変えて、大きめホールドの理不尽持ち?で遊びました。
外岩だと必ずしもホールディングしやすい向きに岩は、向いていてくれないもんね。



で、ガストン保持やスプリット・フィンガー保持、ラップ持ちなどの練習課題をダイナミックムーブで
ピョコピョコと楽しみながら登りました。




 しばらくして、またもや甘熟さんが登場したので、昨日、設定初登した105度壁の課題を試してもらった。
やはり3級くらいなのかな。



でも、うす被り大得意のヨッシーだったら4級っ!って言うだろうな。
傾斜が変わると余計にグレードが分かんなくなっちゃうな。




 最後に130度壁に、次回のトレーニング用に二つほど課題を設定して終了。
指皮ゼロ、手の平真っ赤っかざんす。




火曜日は、暑くないといいけど、これからはそう言うわけにはいかないなあ・・。(^^;)


************************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-06 23:42 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

モチベーション

 昨日の神戸岩偵察は、久しぶりに岩場の楽しさを満喫した。


しかも帰ってきてからもウキウキ感が、収まらずモチベーションは、上がりまくり。



 家に帰ってからネットでボルダラー諸氏のブログを巡回して、神戸岩の情報を収集しまくった。


今まで岩を見ていなかったので読んでいても実感というかイメージが湧かなかったのが、
今回は、おぉぉっ!そうか!なるほど!と頷くことばかり。(^^;) 


で、早速、昨日苦戦した『ディエス 初段+』について調べてみたところ、ワタシたちは、
限定を意識しすぎて、とんでもなく難しいラインでトライしていた様子。



いやはや・・、なるほどねえ・・。
トライを初めてすぐに右側にあったホールドを確認してはいたが、これは、使ってはいけないんだろうなあ~
と限定していたものが、どうやら初登時は使っている様子。


はあ、なるほどね、あれなら確かに左足に乗って立ちこめるかもね。(^^;)



 他にも色々と参考になるムーブの写真が載っていた。
『和 二段』
についてもまだまだやり方がありそうだ。
初登時のムーブとは違ってしまうかも知れないので、初段+にはなってしまうが、
試してみたいムーブが、二、三思いついた。



 ようしこれで、今年一年の目標が決まった!って言う感じです。 
とりあえず目標を”神戸岩”の二~三段くらいまでの課題に絞ってトライしてみよっと。



 秋くらいまで何度か神戸岩に通って岩質に慣れ、ジムでしっかりと体づくりをして、
冬に勝負をかけよう。



ああ、なんか本当にワクワクする!外岩最高!!(^○^)♪


*******************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-04 12:30 | Soliloquy | Trackback | Comments(3)

神戸岩偵察

 GWも後半がスタート。



どうせ小川山などは、大混雑だろうと思い、今年も近場をウロウロすることに決定。



 で、本日は、以前から気になっていた『神戸岩』のボルダーに、シンディーと一緒に出かけてきた。


神戸岩は、ルートをやりに何度か出かけたが、苦手な石灰岩の岩場と言うことで毎回苦労していた。
今日の神戸岩ボルダーは昨年開拓、初登されたエリアで岩質もルートと同様に石灰岩。


ボルダーで石灰岩という慣れない岩質だし、どうなる事やら、と思っていたが、案の定・・・・。


 いつもの神戸岩へのルートアプローチを過ぎ、少し行くと、”神戸園”と言う、キャンプ場に到着。


駐車料を支払って、早速、岩探し、と言っても道路を河原へ下った途端に最初の岩(アルファー岩)が見えた。
 

ここの主なボルダーは、五個。下り口からアルファベットのA,B,C,D,Eの順に名付けられている。
アルファー(A)、ブラボー(B)、チャーリー(C)、デルタ(D)、エコー(E)といたってシンプルでわかりやすい。




 で、早速、アルファー岩を見学。
わっ!高っ!下地っ悪っ!(^^;) 


こりゃあ、アップで触る高さじゃねえな・・・。

とにかく神戸岩のボルダーエリアは、高難度だらけで、ウォームアップをするのが大変。
3、4級が各一本、あとは全て1級以上で五段+まで、メインの課題は二段以上ばかり。
w(☆o◎)w



 アルファー岩は、見ただけでパスして、次に移動。
エリアの中でも人気があるらしい、ブラボー岩へ。 


ここも少し高さがあり、上部のリップへの抜け口が悪そう。
すでに名課題と言われている『開かずの扉 一級』『スチャダラ 二段』』、『ムタンテ 四段-』などがある。


  
 ひととおり見て、まあ何とかなるかなあ・・・、ということでアップがてらまずは『開かずの扉 一級』にトライすることに。 


ガバの出だしからスローパーをマッチして耐えて、右上の甘いガストンを止めるまでが最初の核心で、
あとは怖そうな上部の抜け口が次の核心のようだった。


 シンディーと交互にトライするが、スローパーをマッチした後にどうしても右手のガストンへ手が出せずに入れない。
いやあ、参っちゃったなあ。(^^;) 


なにか足技があるのかな??まあ、一級でこんなに苦しむんだから、このエリアであとの課題は推して知るべし。
しばらくウダウダとトライを続けるがどうにも解決できず、軽く弾かれて敗退。(^○^;)



 で、次に本日の目標にしていたデルタ岩へ移動。


ここには、ドイチェ棟梁初登の『和 二段』がある。
手数の少ない、いかにもボルダー課題という感じで、シンプルでなかなかカッコイイ。


手順としては、スタート、一手、二手、三手、リップへバーンで終了。
早速、オブザベ、トライ開始。



 スタートは、ガバホールドでシット・スタート、右足をスメアリング気味にして
左足を高めのヒールフックから左手を△のピンチ・ホールド、引き付けて、右手を中間部のピンチ・ホールド、
左手をクラックに入れて、一気にリップにドーンと飛ぶ。



 が、ここまで分かっていても簡単に登れないのが二段。(^^;) 

まずは、保持力がついていけません。

まず、出だしの△左手ピンチホールドから中間部の右手ピンチホールドが遠い!
スタティックの引きつけでは到底届きそうにもないので、ちょいと飛んでみる。


指は掛かるが、それほど良いホールドではないので弾かれてしまう・・・。
(むむう、止めたとしても足が切れてしまうと振られ落ちしそうだなあ・・・)。


で、まあ、途中打ち。右手ピンチ・ホールドを止めたとして、次のリップにドーンを試してみる。
左足がヒールフック、右足が深い位置にあるので、なかなか蹴り出しにくいが、数回飛んでいるうちに
リップを叩くことが出来た。



しかし、保持するにはまだまだ。
この課題を登るには、二つのパートを分割して、何回も練習しないと駄目だなあ。
でも面白いので、次回もまたトライしてみよっと。(^○^)



 で、次にシンディーが、左端にあるマントル課題『ディエス 初段+』を探り出した。

マントリングは、大の苦手だけど、胸くらいの高さをマントルして立ち込めば終了だし、
低く、落ちても安全そうなのでトライ開始。
が、こいつもムーブがよく分からない。


 
 両手ガバでシット・スタートして、右足をヒールフックし、右手をリップのスローパーへ。
左手をスタートホールドのすぐ上のアンダーに差し替えて、右足のニールフックを乗せ替え、
ニーバーをきかせて、右手を薄い縦カチホールドへ送る、それで耐えて、左手を微妙なスローパーへ。



で、そこから上部のポケット状のカチホールドを右手でとり、右足でリップに乗り込み、
左手を返して立ち込めば、終了らしいのだけど、上部のポケット状のカチホールドが
どうしても右手でとれない・・・。



左手だと取れるけれど、その体勢だとハイスタンスに右足を上げることも出来ない。
休憩を取りながら、かなりしつこくトライしたものの結局、あと一手が解決できずに敗退、
全身がくたくたになってしまった。(^へ^;)



 
 で、そろそろ終わりかな、と思って岩をながめていると、シンディーがまたしても
「ふーん、これも二段だあ、はあ、こっちに抜けると二段+かあ」と言っているので、
ん?どれ?と見てみると、なかなか面白そうなライン。



課題名は『ヴァグ 二段』だった。

ラインをひととおり眺めてみるとなんだかジムナスティックな動き。
おっ!これは面白そうと言うことで、体がヨレヨレにもかかわらずトライ開始。



 右手二本指ガバポケット、左手スローパーでシットスタート。
ポケットの保持力と身体張力で左横のやや遠いエッジホールドを止め、右手をアンダーに送る、
ところまでを解析。


で、早速やってみると二回目でスタートが出来、
やや遠めのエッジホールドも保持でき、体を上げることができた。
そのあとアンダーホールドに右手を送るところで足が切れて落ちてしまう。


どうやらこのあたりの足の使い方、スタンスなどに秘密がありそう。
あとは、上部のリップを取れば、終了なのでこれも次回解析をすすめて再トライしたいな。





 初の神戸岩ボルダーは、ボロボロで全く成果は無かったけれど、とても楽しかった。
アプローチもトイレも近く、なによりロケーションが良かった。




釣客の迷惑にならないように、静かに楽しみ、ゴミの持ち帰りは励行して、
いつまでも楽しめるエリアであってほしいなあ。(^○^)♪



************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-03 22:02 | outdoor boulder | Trackback | Comments(0)

暑いじゃねえの

 いやあ、快晴ですねえ。
まあ、岩場行きはGW後半になったのであんまり気にもならないけど。
 



 家事以外、特に用事もないので、昨日に引き続きミストラルへ。 


で、ノタノタとアップをしてみるもののやはり連日の暖かさのせいで、
指皮はすっかり摩滅して、ガバを持っていてもヒリヒリ。(^^;) 


いやあ、体は疲れてないんだけどこれじゃあ、なあ・・・、スローパーなんて
全然止まらないし、ピンチは、すっぽ抜けるし・・・。



 で、本日はお遊びモードに変更と言うことで、115度壁に移動し、ガバで簡単な持久系を
ダラダラと登っては休憩、登っては休憩でまったり。 




ちょいと飽きてきたところで、やさしめ3級くらいの課題を二本設定して、オーナーとお喋りしながら
ダラダラとトライ。



それにしても指皮ゼロ状態で、ホールドがすっぽ抜けまくりで参った。(>_<) 
でもなんとか完登したところで本日は終了。



 横では、オーナーがなにやら怪しげ?いやいや悪そうな課題をセッセと設定していた。



ルーフから115度壁に抜ける、十数手の長いボルダー課題の様子・・。

見たところ中間部までが、2級、ガバをはさんでから1級/初段くらいの感じだな。
繋げてくると”初段+”って言うところなのかな??

でもオーナーもかなり手こずっていたから、もしかしたら"初/二段"かあ!? 
まあワタシには、手が出ないグレードではあるけど、完成したらちょいと触ってみるかな。(*`ω´*○)




 最近は、大ちゃんの影響なのか、ボルダーでも手数の多い課題が増えてきた感じですね。

若手の強者ボルダラーたちは、20手くらいの長いボルダー課題でトレーニングをしているという話もあるしね。 
まあ、それくらいの手数の多い物をやっていれば、ハード・ルートのトレーニングにもなるしなあ。


もっとも”こなす”力があればの話だけど。
ワタシには無理だわなあ~。(^^;)


************************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-05-01 00:21 | climbing gym | Trackback | Comments(0)