<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

てえへんざんす

 当分のあいだは休日も出勤・・、例年の繁忙期に突入・・、岩場行きは、またまた遠のくことになった。
 仕事を片づけてから慌ただしくミストラルへ。短時間の集中クライミング。 ジムに着いてみると、木曜日にも顔を見せたドイチェ棟梁が、ノリノリさんと一緒に本日も来店。顔があった途端に、ダダダッと駆け寄り「本日の課題!」と、またもやルーフに設定した初段課題を薦められてしまった。一目見て、むむむぅぅ・・・、わからん、とまらん、うごけんの三連ちゃんで、30秒で敗退。(^^;) とにかくアップをしないとと言うことで、久しぶりに顔を合わせたPEさんと四方山話をしながらチョロチョロと登る。 
 体が温まったところで、前回130度壁に設定したちょい飛び課題にトライ。相変わらず、飛び出したあとに上から押して残さなければならない左手のカチホールドがすっぽ抜けてしまう・・。( ̄へ ̄;) この課題は、もう少し時間に余裕ある時にまたやることにして、115度壁に移動。
 するとまたもや、か弱い獲物を見つけた棟梁がニコニコしてあらわれ、この壁にも3本課題作ったよ~、と嬉しそうに、一本目は、これとこれとこれ・・・、二本目は、これとこれと・・、三本目は、これとこれと・・、と続けざまに一気に説明しだした。むむう・・、これは明らかに記憶力が衰えている年寄りいじめだ。(^○^;)

 でまあ、一番無難そうな左端の課題からトライ。おりょりょ、スタートが出来ん!はぁぁ、とため息をついていると、棟梁がスタートはこう持つと効くよ、と教えてくれたので、やってみたらスタートはできた。で、少しずつムーブとホールドを確認して、なんとか完登。2Qくらいなのかな?
 次に隣の課題、身体張力、引き付け力を駆使して中間のカチガバをとれば、ほぼ終了と言った感じの課題。二回目のトライでカチガバを取り損なって登れなかったが、次回は何とかなりそうな感じ。これは、2/3Qくらいなのかな?
 最後に右端にある最難の課題と思われるものは触って解決する時間が無かったので、これも次回にまわすことに。棟梁曰く「ムーブを解決したあとも繋げるのに何度か掛かった」と言っていたので初段くらいは、あるのかも。
 まあ当分は、楽しめそうざんすね。ルーフ課題の方は、今のワタシの力では、可能性ゼロだけど、115度壁の方はなんとかなりそう。
 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-02-24 23:08 | climbing gym | Trackback | Comments(5)

てえしたことじゃ・・・

 先日、この拙いブログを見ていただいている方に、「なんで”下弦の月”って言うタイトルなんすか?」と訊かれちゃった。訊かれた相手が若者だったので、むむう・・、まあ、てえして意味なんざねえすよ、と江戸っ子口調で答えておきました。

 タイトルなんてどうでもいいことなんだけど、せっかく見ていただいている方からの問いなので、この場でお返事を。 一応、自分の中では、人生の盛りを過ぎたオッチャンが、クライミングみたいなことをやっていることを月の満ち欠けになぞってつけたって感じですかね。月の満ち欠け、新月→上弦→満月→下弦、人生の盛り(満月)を過ぎ、もはや下弦の月を迎えている我が身に喩えた、つうところです。それと下弦の月は、深夜から未明にかけて、目視出来るので、深夜ではないけれど、夜な夜なジムに通う自分の姿もダブらせているんだけど、まあ、どうでもいいかこんな事は。。。(^●^*) 
 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-02-21 22:29 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

新壁、楽しいなあ。。。(*^_^*)♪

 爆睡して、仕事疲れも少し癒えたので本日もミストラルへ。仕事の日は晴れているのに、休みの時は、雨かいっ!チッ!と舌打ちしながら出発。

 予想通り、リード壁はなかなかの盛況ぶり、にもかかわらずボルダー壁は、ガラガラ。(^^;) まあトレーニングする身にとっては助かるんだけどね。軽くアップをしたあとで、先日、130度壁に設定の途中だった課題にトライ。足使いが微妙なトラバースのあと、エイヤッ!と横っ飛び。最後にマントルを返してフィニッシュ、と言う感じの課題でなかなか面白くなった。核心部のムーブは初見だとちょいと悩むかも。
 横向きになって移動する感じが、ベルント・ザンガールのNewBaseLineぽかったので(あ、もちろんNew・・の1000倍簡単な課題ですよ)、なんかかっこいい課題名にしよう、と考えていたら、たまたまそばにいたTomomi嬢が、フェロモン、フェロモンと騒いでいたので、"フェロモンで逝く"と言う課題名になってしまった、はははのは。グレードは、2/3Qくらいかなあ。(^○^)

 閉店間際に、新たな課題を途中まで設定。やはり予想通り、ダイナミック系の課題が多くなりそうだなあ。でもこれって、外岩ルート・クライミングのトレーニングには、向いていないんだよなあ。カチカチ&ネチネチ課題も設定しないとなあ。
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-02-18 21:43 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

新壁爽快

 仕事の憂さを晴らしに、ホールド替えを終えたミストラルへ行って来た。仕事疲れと睡眠不足で体調は、悪かったが、ホールド交換で一新した壁面を眺めていたら疲れも忘れて、思わず顔もほころんでしまった。(^○^) 
 ニヤニヤしながら(←かなり危ないオッサン)、あちこちのホールドを撫で回しまくってから、のんびりとアップを開始。
 本当のところ今日は、疲れていたので、見学だけで帰ろうかな、と思っていたんだけれど、このホールド群を見ちゃうとやっぱり登りたくなっちゃいますね。
 まず、115度壁でアップ。ドイチェ棟梁作の張りぼてたちは、どれも素晴らしく、完成度が高い。その上、あまり他のジムでは、見かけない形状もあって、感嘆しました。いろいろ才能がある人って尊敬しちゃいますね。
 ほんなこんなで、ホールドをナデナデしながら(←本当にやばいぞ!このオッサン!)だらだらと登っていると、横では、オーナーが、わっせ、わっせ&ガシガシとテープ課題を作成している。いや、いいもんですね、このワサワサした感じ。なんか新居へ引っ越し直後の片づけ中みたいで、ワタシ的には、大好きざんす。 にしてもオーナーは、連日の作業のせいでヘロヘロ、大変そうでした。いくつかテープ課題を登ってみましたが、どれもなかなか面白かったです。今回は、かなり高グレードのテープ課題も設定するようで、これからが楽しみでもあり、不安でもあり・・、なははは・・。(^^;)

 で、ちょろりっと撫で回してから130度壁へ移動。むむ、今回は、ダイナミック系の課題が増えると見た!(←アテにならない)、んじゃ、新壁で最初の課題は、ちょっと元気に。
ガバスタートからピンチ・ホールド、二本指ポケットからデカ・ホールドへ飛んで、ポケット、ポケットでゴール、と言うのを設定。三回くらいで完登、グレードは、2/3Qくらい??なのかな。
 そのあとみなさんにトライしていただいて、2Qに落ち着きました。まだ全てのホールドを触っていないのでよく分からないけれど、これから細かいホールド群を付け足していくとかなり面白い壁になりそう。♪♪(^へ^)
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-02-16 23:54 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

ホールド替え

 仕事に追われながらもなんとか時間が出来たので、岩場に行こうと思ったら、雨・・・、しかも雷まで鳴り出す始末。なんだかまるで春雷みたいだね。

 でまあ、金毘羅岩はダメだろうと言うことで、ジムトレーニングに予定を変更し、ホールド替え直前のミストラルへ。ホールド交換を待ちわびていたはずなのに、間近になるとなんとなくやり残したことがあるような気がしてくる。 そんなわけで、昨年、130度壁に設定、初登した3級課題を何本か登り返してみた。以前より簡単に感じるものもあるが、逆に手こずるものもあったりして、力が付いているのか、落ちているのか判断に迷う感じ。(^^;) まあ、一応登れたので、それほど変わっていないんだろうけどね。
 で、明日一日しかないのに、性懲りもなく、課題を3本ほど設定してトライ。二本は、1/2級くらいありそうで、とても今日中には片づかない感じになってしまったので、残りの一本に絞ってトライ。昔の課題をちょいとアレンジし、中間部を悪くしてみたが、足技系でなかなか面白くなった。なんとか五回ほどのトライで完登。グレードは、2級くらいかなあ。明日一日しか残らない課題だけどね。(^○^)

 さあて、次の壁も楽しみだあ!
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-02-11 21:17 | climbing gym | Trackback | Comments(2)

祭りのあと

  相変わらずバタバタと慌ただしい日々が続いたが、やっと少しまともに登れるようになってきた。 仕事も一段落したので、今年もノースフェイス・カップに出場することにした。
 朝っぱらからトラブル続きながらなんとかストーン・マジックに到着。のんびりと昼食をとっていよいよミドルの予選開始。昨年は、24位だったので、今年の目標としては、20位以内だけど、本音を言えば、10位以内に入りたいなあ・・、って感じです。(^^;)
 ミドル予選は、8課題で、今年は、スラブ、垂壁、140度、110度、ルーフ/垂壁、120度、125度、100度/垂壁、と言った感じの壁に一課題ずつ。
 ひととおり眺めてみても、明らかに昨年よりさらに厳しくなった感じの課題が並んでいる。(むむむぅぅ、こりゃあ20位どころか、予選通過もやばそう・・)と、早くもビビリつつ、比較的何とかなりそうな110度壁の課題の列に並ぶ。で、早速トライ、一手、二手と保持し、核心と思われた三手もを止めて、マッチしたものの思いのほか悪くて、やや遠めのホールドまで届かず、フォール。最近、スローパー課題を登っていなかったせいもあってどうも押さえ込めない。(こりゃ、見込み無いな~)と、さっさと他の課題へ。体感グレードは、2級くらいかなあ。
 
 次に140度壁の課題。先ほどより、ひとランク下の課題で、セオリー通りのムーブをこなせばなんとか登れる感じ。最初のトライで、出だしのつまらないところで落ちてしまったが、二度目で完登。なんとか一課題登れて、ホッ、体感は、3級くらい。(^○^)
 次に125度壁、一目瞭然のランジ課題、と言っても距離は、さほどなくダブルダイノでなくとも片手が残りそうな距離。読み通り一撃して、完登。これで、二つ。体感は、3/4級くらい。
 次に、隣の120度壁の課題に取り付いてみたが、一手目を取ってから次のムーブ起こせず、まるで駄目、敗退。完登できていないので想像ですが、上部は簡単そうだったので、2/3級くらいかな。
 次は、一番右手側にある薄被りから垂壁に続く壁の課題。下部をカチホールドでトラバースしてから一転、上部の垂壁でマントルを返し、遠目のゴールをとるもの。ワタシは、スラブとマントルが大の苦手なので、トライ前から全く登れる気がしなかったのだけど、目前で、二名が相次いで一撃完登するのを見て、ムーブのイメージが掴め、見よう見まねでやってみたら、なんとかワタシも一撃完登することができた。ラッキー~♪♪(^○^)v 体感グレードは、3級くらい。
 
 でも喜びもココまで、あとの課題は、どれも完登することが出来ず、K点集めに終わってしまった・・。やはり最初のオブザベ通り、昨年以上の厳しさでした。(T_T)  体感グレードとしては、ミストラルで言うと、2/3級と3級が半々くらいかなあ。 完登数が3つとK点が5つくらいだから予選突破は無理だろうなあ・・、と諦めて、シンディーと日向ぼっこをしながら反省会。「来年も出るの?もうやめるかあ・・」と二人してお互いのあまりの弱さに大いに凹む。
 まあ、せっかくここまで来たんだから決勝でも観て帰ろうかあ、などと言っているところに予選の結果発表。通過は、26名までと言う話だったので、諦めていたのに、なんとワタシは、18位で予選通過!えぇっ!3本しか完登していないのに・・。はぁぁ、やっぱり今年は、昨年以上に厳しかったんザンスねえ。
 
 まあ第一目標の予選を通過したので、次は、昨年、準決勝で一本も完登できなかった雪辱を晴らすためにもなんとか完登を。あいだにキッズクラスとエントリークラスの準決勝が挟まるので、二時間ほど休憩。散歩をしたり、軽く食事を取ったりして、時間をつぶして、いよいよ準決勝。
 準決勝は、4課題。垂壁、140度壁、110度壁、120度壁。一見して、どれも登れそうな気が全くしない。ムーブは、概ね分かるけれど保持できるかどうかが核心という感じ。とにかくひととおり触ってみて、まずは何とかなりそうな課題を探ってみることにした、どれも中間部までもたどり着けないものばかり、唯一、110度壁の課題が何とかなりそうなので、三回トライしてみたが、K1点止まりに終わってしまった。そのあと140度壁の課題にしつこくトライし続け、一度だけ、K1点を保持しかけたが、振られて落ちてしまった。そのあとのムーブは、何とかなりそうだったので、悔いが残ってしまった。結局、最初のK1点がただ一つと言う結果に終わり、昨年の準決勝と全く同じ結果になってしまった。ダメだなあ・・、弱すぎだなあ・・・、悲しいなあ・・・と言ったところです。(^^;)
 準決勝の体感グレードは、ミストラルの1/2級と2級くらいですかね。ワタシの日頃の実力から言って、しつこくやればそのうち登れるかな?、と言う感じで、とても二、三度のトライで登れる代物ではなかったですね。
 
 で、あとは、観戦者となって、ミドル決勝をじっくりと観てきました。課題数は、3課題。
 ここからは、オンサイトトライのために、選手が一人ずつ登場し、完登したもの又は、最高到達ホールド(タッチを含む)に達したものから次の課題に進めるルールとなる。。
 最初の課題は、うす被り/垂壁の壁で、昨年のBセッションのファイナルでも使用された、吊り下げられたサイコロ張りぼてに、ガバホールドを二個取り付けたものがスタートホールド。サイコロホールドにぶら下がり、壁を蹴って背中側の方向にあるガバホールドを取りに行く、変わった課題。上部は、ハイスタンスで乗り込みながらゴールを取りに行くもので、見た目だけですが、3級くらい。
 第二課題は、多分、今回の最難課題で完登者は、出ず、最高到達点と準決勝の成績で、二名に絞られた。グレードは、1級くらいか。
 最終課題は、ルーフ/垂壁で、これも何年か前にBセッションで観たような、仰向けに寝た状態からスタートし、トゥフックやヒールを駆使して体を上げ、ルーフをトラバースし、上部に抜け、ゴールするもの。上部が、核心かと思いきや一人目は、なんくスタート後、あっさりと一撃完登。思ったより、簡単そうな感じ。こりゃあ、もう一人も実力から言って簡単に登るだろうと思いきや体格的にやや厳しかったのか肝心のスタート・ホールドに足が届かず大苦戦。半ば、逆立ち状態になりながらもトライを続けたが、やはり足が届かず、スタートが出来ずに敗退と言う、やや盛り上がりに欠ける結末になってしまった。グレード的には、スタートさえ出来れば、2/3級程度と思われたので、残念な感じだった。

 全体的に今時のコンペの課題は、大きな甘いホールドで遠めのホールドを取りに行くものやヒールフック、トゥフックを多用するものが多いような感じですね。いわゆるパンプ店系列の課題に強い人には、登りやすいと言えるんじゃないかな。

 結局、ワタシは、予選、準決勝の成績を加えて、最終順位は、73名中の17位に終わった。昨年の、103名中の24位からは、順位を上げたが、今年は参加者数が、30名減ったと言うことで、結局、昨年と変わらない位置と言えますね。進歩ねえなあ、なにやってんだか・・・・。ヽ( ̄^ ̄0)

  


 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2007-02-04 01:44 | competition | Trackback | Comments(4)