<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

軽~い

 土曜日は、たいして登っていないのに、なぜか日曜日はグッタリ。 



 仕事の疲れがたまっている感じ。 
珍しく、家でゴロゴロしてじっくりと休養。 



そのせいか火曜日は、実際の体重以上に体の軽さを体感できた。 

比較的細かいホールドで体を引き付けても安定している感じ。 
やっぱりクライミングを楽しむには、クライマー適正体重を維持しないと駄目っすね。(^○^)




 でウォームアップで、130度壁に出だし薄い二本指ポケットでピョコンと飛んで
カンテのガバを取る課題を設定。



グレードは、3/4級って言う感じ。
体が軽いから登っていても指に負担が掛からず、気持ちがいい。 




次に、前回設定した、細かいホールドの連続からピンチ、ピンチ、デッドと続く、
やや手数の多い課題にトライ。



核心部分を練習するが、相変わらずかなり厳しい・・・。 


こりゃあ、もうちょっと時間が掛かりそうだなあ、と壁を眺めていると、
ピカッ!と閃いた。 




なあんだ、クロスムーブで二手ほど省略できるじゃん・・、で試してみるとやはり省略可能。 



で、省略ムーブで最初のトライ。
手数が減ったとはいえ、9手くらいあるので、出だしからフルパワーで来ると
やはり最後のゴール取りでヨレ落ち。(^^;) 




少し休憩して、再度トライ。 
今度は、比較的余裕を持って、ゴールを保持できた。


省略ムーブが見つかっちゃったから2級っ感じですかね。 
ルート・クライミングに応用するためにも手数の多い、ボルダー課題をやっておかないとな。

***********************************************************************
 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-11-21 23:59 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

白妙橋

 天気も少し落ち着いたようなので、3年ぶりに白妙橋に行ってみた。 



 この岩場、どのルートも少々クセがあるので、いまいち足が向かなかったのですが、
一度、正面壁を触ってみたいと思い、お遊び半分でお出かけです。  



 狭い岩場のわりには、大人気で、早くもほとんどのルートにヌンチャクが掛かっていました。(^^;) 

いやはや、寝ぼすけ集団のおたっしゃ倶楽部は、どこへ行っても出遅れてますなあ。



 でまあ、アップは、どれを?と辺りを見回すけれど、ここで問題発生。

ここって、終了点が共通のルートだらけなんですよね。 またしてもいやはや・・・。



んじゃ、しょうがないから隅っこで有名どころを触りましょ、と『ウッシーⅠ 5.12a/b』に決定。 


 トポによるとなんでも出だし部分に、マル秘ムーブがあるらしいので、ビクビクしながらスタート。


一手、二手と進んだところで、はて???、いきなり行き詰まっちゃいました。(^^;)

むむう・・・、とりあえずエイッ!っと手を出したら、ドカンと落ちてしまいました。 



んもう、アップなのになあ・・、とハングドックして、ムーブとホールドを探る、
がホールドは、分かったもののいまいちムーブが分からない。 




トポの通りだね、正しいね、とすぐに諦めて、仲間と交代。 

仲間も同じところで素直に敗退。 
仲間のトライを下で見ていて、なんとなく試してみたいことがあったので、もう一度登らせてもらう。 




すると誰も使った様子のないホールドが持てることが判明。 
試してみると、ハング下のガバがすんなりととれた。 



さて、第一核心は、OKと言うことで、次にハング下の中に這い上がるムーブを探索。 
むむう・・、さらに悪いじゃないの・・・。




 さっぱりムーブが分からず、今度は本当に諦めて敗退決定。 


なるほど、これが噂に高いウッシーかあ・・。

そのあともしばらく下から見上げながらムーブを考えるがどうしても分からない。 



しばらくするといかにも常連さんらしい人が、アップで取り付く様子。

おっ!こりゃあ、パクルしかないな、とじっくりと観察。 



最初の核心の正解ムーブは、あれかあ、でもオイラのムーブで行ってもたいして変わりないな、
さて、例の部分は、オッ!!はあ、あっちかあ~、それであんなところにチョーク跡が・・・。



 
 ムーブをしっかりと頭にたたき込んでおきましたです。 
今日は、もうトライする気にならないので次回、レッドポイントを狙おうっと。(^○^) 



ここが登れなきゃ、『プリンス・リーヘイリー』も狙えないからなあ、でも『プリンス・・・』の
あのランナウトはかなり怖そうだなあ・・・、クライミング保険にでも入ってからトライしよっと。(^^;)

********************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-11-18 21:29 | outdoor climbing | Trackback | Comments(0)

御利益

 天気に恵まれた三連休がスタート。さて、どこへ・・、と考えたが、どうせどこも渋滞だろうなあ、と思ったら、すっかり腰が重くなった感じ。


 でもまあ、せっかくだから、と以前から行ってみたかった塩原の野立岩に出かけてみた。 今回の相方は、外岩ボルダーも大好きなシンディーです。紅葉シーズンの大渋滞を懸念し、出発は、前夜で車中泊。いやはや翌朝の体の痛いこと。年寄りに車中泊は、こたえますです。次回からは、早朝出発が正解だな。(^^;) 


 でまあ、早速、野立岩にご対面。むむう・・、で、で、でかい!リードクライマーとしては、ボルトが、最低でも二本くらい欲しいところざんすね。思わず、こんなの登って落ちたらどうすんの!全く!と、クライマーらしからぬ嘆息を漏らしたのでした。でもシンディーは、ウキウキ気分。


 アプローチを下って、河原に着き、改めてその大きさにビックリ!御岳のボルダーくらいしか見たことの無かったワタシにとっては、どれもこれもハイボルダー、いやはやはや。


 まあ、とりあえずは、観光気分で有名な小山田大氏初登の『カランバ 四段』と『ハイドラ 五段』を見学。な、な、なるほどね、こりゃあヤバイわ、ホールドは概ね掛かるけど、スタンスが悪いし、ホールドが遠い箇所もある、なにより手数が多いね。とにかく指力と身体張力がバリバリ必要っすねえ・・。 で、強い大ちゃんの御利益がありますように~を、とホールドを撫でまくってきました。


 参拝も終わったところで、おっちゃんクライマーは、早速、後悔岩でウォームアップ。ここもけっこう高さがありますね。ビビリながら、まずは、四級、三級、二級と順番に登り、アップ終了。さて、次は、初段くらいをやってみようかなあ、と思い、あちこち見て歩いたが、どうにも下地が悪い、高いでトライする気にならず・・。唯一『オモルグス 二段』が下地も良く面白そうだなあ、と思ったが、スタートのすぐ後ろが増水で川になっていて、落ちたら水浴び度100%なので諦めた。



 ぐぐう、と迷ったあげく、ちょっと怖いけど有名な『千 二段-』をやってみることに。 下部と最上部の二カ所が核心で、中間部はガバガバ。高さがあるので二段-というグレードがついているんでしょうね。 



 出だしのムーブがよく分からず、四苦八苦。こりゃあスタート出来無いなあ、と考え込んでいると、新たに二名のボルダラーが参戦。ムーブを見せていただくことに。おっ!はあ、なるほど、あそこね、とホールディングとムーブをパクル。(^○^)


 で、試してみると出だしは、問題なくできるようになった。で、安全圏の中間部ガバ。ここから先が、さっぱりわからん?で、降りる。 何人かのムーブを見てもみんな微妙に違うし、なんだかよく分からない。結局、完登したクライマーのムーブをパクってトライしてみたら、上部まで行けたが、クロスムーブがこなせず、敗退。




 最後は、危ない落ち方をしてしまった。幸いスポットマットが山積みだったのとスポッターの方のおかげで無傷でしたが、反省です。諦めるべきポイントを越えて、手を出してしまった。インドアジムでのボルダーばかりしているので悪い癖が出てしまった。(>_<)




 やはりあのクロスムーブは、ヤバイですね。そのあと落ちたところをクロスしないでとってみたら、しっくりと保持でき、持ちかえや送りも出来そうなので次回は、そのムーブでなんとかなりそうな感じ。やっぱりこれは、お買い得な課題みたいですね。 たまに外ボルダーをやると緊張感があって、実に楽しいなあ、しばらく定期的に外ボルダーもやることにしよっと。(^へ^)
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-11-04 22:12 | outdoor boulder | Trackback | Comments(2)