<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

えぇっ!マジでっ!の理論

 ここのところ気温が低くなって、ミストラルもだいぶしのぎやすくなってきた。 
で、あまり体調も良くなかったが、ヨロヨロとミストラルへ。


 軽くウォームアップをした段階で不調と言うことがはっきりと分かったので、
お遊びモードでジム内をうろうろ。 


オーナーが昨日、マイ・プロジェクトを終えたので今日は珍しく130度壁にボルダー課題を
二本ほど設定してくれた。 


オーナーが、二、三回のトライで完登した課題は体感グレードが、1/2級とのこと。 


それじゃ、ちょいとだけ触ってみようかとトライしてみたが、三手目以降が各駅でもまるで出来ず。(^^;) 


いやはや厳しいなあ~、でも1/2級ともなればこんなものか。 


もう一本の方は、六手目の狭っちぃ逆足でのダイナミック・ムーブが核心の課題でオーナーも完登ならず・・・。
こちらは1級くらいとのことざんした。マ、マ、マジデ・・(^へ^;)



オーナー曰く、インドア・ジムでの最高グレードは初段までで良いのではないか、(ミストラルにおいてですが)とのこと。



一手目厳しい、二手目苦しい、三手目キャイーン、四手目吐血、五手目で失神、でゴールならず・・・、
とこれくらいがオイラの想像する初段のイメージですけどね。(^○^)


仮に、二段とした課題に再登者が出た場合は即座に初段に格下げとなり、それに伴い、1級課題は、2級課題となる・・・、
むむう、これはジョン・ギルの提唱するBグレーディングにも通ずるものだけど個人的にはインドア・ジムなんかは、
コレでも良いんじゃないかなあ、と思っちゃうな。 


インドアは、ゲーム性が高いしね。どうせどこのジムでも、いわゆる"辛く"なっていくものだし。
グレードが進化するのではない、我々が進化するのだ!、なんてね。(^○^)


********************************************************************************

  
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-08-27 21:47 | climbing gym | Trackback | Comments(3)

ジャングル・クライミング

 調べてみたらおよそ四ヶ月ぶりの岩場。w(☆o◎)w 


まじめに働くおじさんたちは、実に忙しいのであーる。


 気温は、高く、湿度80%台と言う、全くクライミングに適さない条件の中、場所は、石灰岩の聖人岩。 


アプローチに繁茂した草をかき分け到着した岩場は、これまた全くクライミングに適さない状態。(^^;) 
全体に岩がしけっている感じで、ガバホールドを持っていても気を抜けないほど。 


先客が一組いたが、早々に帰ってしまい、貸し切り状態になってしまった。


 この状態では、駄目ね・・、と諦めたがせっかく来たので5.10台でウダウダと遊び、最後に
5.11台をちょろっと触りました。 


しかし、Tシャツ、パンツは、水を被ったように汗でぐっしょりになるし、体もだるくなってきたので、
熱中症を恐れて、退散決定。

 
いやはや、やっぱりこの時期は小川山くらいしか登れるところはないのかな?
でも小川山も結構な暑さでぬめりまくりとも聞いたしなあ・・・、まだあと一ヶ月ほどは、
外岩ルートは無理だな。 気晴らしに生岩ボルダーでも行くかな。


*******************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-08-19 21:52 | outdoor climbing | Trackback | Comments(3)

快適なあ~り

 今日の気温は、それほど高くはなかったが湿度が凄まじく、ジッとしていても汗ばむほどだった。 


めちゃめちゃ暑さに弱いオイラとしては、もうヘロヘロの一日でした。

 
 ジム・トレーニングはお休みにしようかなあ~、とも思ったが、仕事を終える頃には、
やはり登りたくなってくる。 


むむう・・、どうすっかなあ・・、2秒ほど考えた末、クーラーのあるところで登ろ、と決め、久しぶりにエナジーに行くことにした。 


 7時頃に到着して、ジムのドアを開けた瞬間、はあぁぁ、快適ぃ~、と思わず顔がほころんでしまうのだった。 


二階のボルダールームもクーラーがきいているし、扇風機も回っている。(^○^)  
早速、アップがてら簡単なテープ課題を登ってみる。 


ホールドは、全体的に大きめで指に優しいものが多く、パンプに近い感じ。
できればもう少し細かいホールドとジブズのスタンスが、多ければ良いのだけどなあ。


 アップを終えて、トレーニング用に簡単な課題を設定して登ってみる。 


登りながら、パッと手を出すと予想に反して、ガバホールドなので課題が作りにくい。 


あれこれホールドを触っているうちにだんだん疲れてきてしまった。(^^;) 
とりあえず115度壁に一本設定、初登し、三級にしたが疲れてから作ったのでたぶん簡単だろうなあ。


 時間とともに常連さんたちが増えてきたので130度壁の方に移動し、隅っこで、チョロチョロとトレーニング。
三本ほど設定、初登し、いずれも三級とした。 


ホールドになれていないせいかグレードがまるで分からない。 
なんだかんだ三時間ほどあまり休憩を取らずに登ることが出来た。 


最初は、涼しく感じていたが登っているうちにTシャツは、汗でびっしょりになってしまった。 
それでも久しぶりにたくさん登って、心地よい疲労感があった。
 


*******************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-08-17 23:58 | climbing gym | Trackback | Comments(3)

ジタバタ

 どうにもこうにも調子が悪い時というのは、とかくクライマーは、ジタバタする。 


ひたすらサプリメントにすがる輩がいるかと思えば奇妙な奇抜なトレーニング法を考え出すやつ、
それで駄目なら最後には、精神論を持ち出したりする。 かく言うワタシも似たり寄ったりなのである。(^^;)

 
 同じようにトレーニングをして、同じくらいのクライミング歴で何故、アイツはあんなにも登れるんだ!?
なぜあんなに強いんだ!と言う羨望やともすれば嫉妬のような感情。


 客観的に見れば、もって生まれた身体能力の違いや運動神経の発達具合、年齢によるところなど、
いかんともしがたい要因があるのだけれど当人にとっては、それは到底、甘受できないものである。 


それを認めてしまえば、この先、トレーニングを継続していくモチベーションが失せてしまうのはもちろんのこと、
自らの卑小さに打ちひしがれてしまうからなのだろう。

 
 よってひたすらジタバタするのだ、サプリメントも飲むぞう!PNFだあ!いやいや大腰筋を鍛えれば、
まだまだオレだって!いや最後はやっぱり気合いだあ! 



 明日もジタバタしにミストラルだあ!!(^○^;)v


*******************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-08-16 23:10 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

どん底状態

 お盆休みも今日、明日まで。 


結局、外岩には一回も行かず、ジム・トレーニングと雑用で終わってしまった。

 
 で、特にすることもないので本日も午後の早い時間からミストラルへ。 


天候が不順のせいか、お盆のさなかの割にはお客さんの姿がチラホラ。 
蒸し暑いジムの中で、JILLさん、親分とリードの常連さんも相変わらず頑張ってトレーニング中。


 130度壁で簡単にアップをして、前回、設定した宿題にトライしたが、案の定まるっきり駄目。
トライを始めて、二日目になったが全然進展しないばかりか、高度が落ちてきてしまった。 


前回は、一瞬だけ終了点を保持するところまで行ったのに今日は、中間部までが最高到達点。はあ、情けねえ・・・。

 
 課題は、130度壁で、浅いアンダーからのシットスタート。

一手目が右手で甘いピンチ、二手目左手でクロスのガバピンチ、足を大きく振って、ジブズ・スタンスで、
右手2本指ポケットを取り、足を踏み換えて、左手やや遠い3本指縦ポケット。

二手目にヒールフックして、デッド気味に右手カチホールドへ。

一手目に足を上げ、かき込み気味にして左手を上部外傾ホールドへデッド、ピンチ持ちからラップ持ちに変え、
踏み替えて右手で、上部2本指ポケット。カチのハイスタンスで左上部のやや悪いピンチホールドをランジ気味に
取りに行き、外傾ホールドのハイスタンスでデッド気味にゴールへ。 


と、ゴチャゴチャ書いても分かんないよね。 

たぶん1/2級くらいなのかな。
少し前ならそれほど苦労しないで登れる程度の課題なのに今はまるっきり駄目。


 この連休は 家でゴロゴロしていて睡眠時間バッチリ、筋肉の疲労なし、
なのに体が全く動かない、と言うかキレがない感じ。


かえって仕事帰りにジムに行く時の少し疲れ気味の方が体が動くような気がする。 


なんだかすっかりイヤになってきた。 で結局、簡単な3級を一本だけ設定、初登し、あとは常連さんと雑談して終了。


 気持ちと指皮をすり減らしただけで、なんの収穫もなしの一日だった。


*********************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-08-15 23:50 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

秋、遠からじ

 ここ何ヶ月か外岩へ行っておらず、インドアでのボルダー・トレーニングばかりだったせいか、
上半身に無駄な筋肉がついてしまった。 そのせいか以前にもまして、肩周りの柔軟性が落ちている。

 
 日頃、ろくにストレッチをしていないせいだとばかり思っていたらどうやらそればかりでもないらしい。


インドア、特にボルダー・トレーニングばかりしていると筋肉のバランスが崩れるというのだ。 


そう言われてみれば、登っていて壁に体を引き付けることは あってもプッシュするというのはほとんど
無いようだし、筋バランスが崩れるのも当たり前か。


なんだかよくは分からないがとにかく無駄な筋肉は、関節の可動域を狭くするのでクライミングには良くない、
と言うのが、結論。


 とは、言ってもお盆のさなかの大渋滞の中を外岩へ登りに行く元気も勇気?もなく、
まだしばらくはジムトレーニングの日々が続きそう。 


それに金毘羅岩の例のルートに取り組めるほど、まだまだ力も付いていない。 


でも秋までには、"トライするぞ!絶対に登ってやるぞ!"と言う気持ちを徐々に高めていきたい。


******************************************************************************




  
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-08-12 19:27 | Soliloquy | Trackback | Comments(3)