<   2006年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タエルココロ

 土曜日、結局、天気は、もってしまったが、どうせ岩壁の状態は、悪いだろうな・・と自らを慰めながらジムに向かう。

 ジムに着くと天気が良い割には、混み合っていた。アップのために軽く登ってみるが、気温、湿度ともに高いせいか、体が重く、全く動けない。 あぁ、こりゃあ今日は、駄目駄目だな・・、と早くもあきらめムードになるが、とりあえず130度壁に二本ほど課題を設定してみる。
 どちらの課題も各駅状態で、体がまるで反応してこない。最近は、課題を設定しても完登出来ないまま宿題になってしまうことが多くなった。今日の二本を合わせるとプロジェクトは、すでに4本になってしまう。
 
 (むむう・・、これはなんとかしないと本当にここでおわっちまうぞ・・)、無理矢理モチベーションを上げて、トライ。出だしは、出来てきたが、なかなか繋がらない。少し前なら直感的に保持出来ると思えたはずのホールドを止めることにとても苦労する。 何度も落ちてしまう。数度目のトライで片手だけゴールを掴んだが、終了点に両手を寄せるところで落ちてしまった。 

 最近は、そういう体勢まで持ち込んだときには、絶対に止めるんだと言う意志がやっと働くようになってきたのに、今日はその意志さえ全く働いていなかった。やっぱり駄目か、とあとは、お遊びモードになってしまい、成果なく帰宅・・・。 帰宅した後もあまりの不甲斐なさに、自分に腹が立ってきた。


 翌日、日曜日、疲労と指の痛みもあったが、昨日の課題にカタをつけたくなり、しつこくジムへ。 昨日と違って、風もあり、体感温度もかなり下がっている感じ。 疲れもあるので最小限のアップをして、昨日の課題にトライ。 一度目、最初の核心で落ちる。 しかし昨日よりは、動きはいい感じ。 集中が切れないように、一分以内に再トライ。 今までと違い、完璧なムーブで完登出来た。 登れてみれば、やはり大して難しい課題ではないように感じる。 1/2級か?いや力の落ちている今の状態を考えると2級くらいなのかも知れない。

 小休止して、もう一本の課題へ。すでにパワー切れなのかまるで駄目。 要所のムーブを試すが、まるで繋げられる気がしない。 最近、外岩ルートの核心部を意識して、やや長めのボルダー課題を練習しているが、厳しいボルダームーブの連続は、まだ10手くらいしか続けられない。目標としては、15手くらいは、フルパワーが続けられないと駄目なのだけど。

 諦めかけているところに知り合いのクライマーが来たので、雑談をして時間をつぶすことに。 延々とおしゃべりをして、気がつくと閉店まで残り、5分。 今日のラストトライと言うことで、改めて集中する。 出だし、二手目と続く核心が止まった。続く三手目の核心アンダーを止めた時に、指が開きかけたが、気力で指を閉じなおし、スローパーへデッド。あとは、自然に体が動いて、完登することが出来た。
 ボルダー課題をやっているのに、一瞬、まるで外ルートの核心部をこなしているときのような緊張感を感じることが出来た。この感覚をたえず感じられるようなものでないと本当のトレーニングとはいえないのかも知れないね。  

 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-07-02 21:41 | climbing gym | Trackback | Comments(0)