<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

二子山

 先週までの降雨の予報が変わったので、久しぶりに岩場へ。

 最近、北川や金毘羅岩でチャートの岩壁が続き、石灰岩が恋しくなったので、ちょうど二年ぶりに二子山に行くことにした。
 二年前に初めて二子山に行ったときは、弓状エリアは、染み出しでほぼ全滅状態だったため、広場エリアでお茶を濁して帰った。今回は、まだ行ったことのない、祠エリアに行くことにした。前回、思ったのは、おたっしゃ倶楽部の実力では、まだまだ弓状エリアには歯が立たないと言うこと。しばらくは、弓状エリアは、封印とした。

 祠エリアに着いてみると先客が一組いたが、私たちが準備をしているうちにウォームアップを終えたようで、弓状エリアへと移動していった。ここのところどこの岩場に行っても貸し切り状態で、ありがたい。
 さて、どれから登ろうかと、トポを眺めてルートを探すが、岩の形状とトポ図が今一つ、ハッキリとわからない。
 ”二子山はグレードが辛い”と聞いているので、用心して、5.10台でアップをすることにし、「んじゃ、たぶんこれ5.10bだと思うからやってみようかあ」と取り付いてみることに。

 (ん~、見た目からえらい悪そうだなあ・・・)と思いながらもトライ。一手目、ウッ、甘い、二手目、ありゃ悪い、三手目、なんじゃこりゃあ、体上げられないぞ!! むむむ・・、テ、テ、テンション・・、早くも敗退。

 二子山、恐るべし、5.10bでこの厳しさかあ・・。グッタリして下に降ろしてもらう。ろくに登ってもいないうちに昼食休憩へ突入。
 いくら何でもこれで5.10bとは、厳しすぎるなあ・・、と思い、昼食を取りながらトポを眺めているうちに、なんとなく岩の形状とトポの照合が出来るようになってきた。これって、もしかすると!。

 なんと5.10bだと思って取り付いていたのは、『コロッサル 5.12c』でした。はははは、もう笑うっきゃない。厳しくて当たり前。
 気を取り直して、左隣の『セダン 5.11c』にトライ。出たしからガバで、ルートも短く、核心は一個所だけ。オンサイトトライは、失敗し、ワンテン。2回目でレッドポイント出来ました。二子山の中では、超お買い得の5.11cなんでしょうね。

 クライミング以外のことであたふたとして、なんだかグッタリと疲れてしまったので、簡単そうなルートで終わりにしようと言うことになり、『ごんべえ 5.11a』にトライ。
出だしから中間部までガバホールド続き、トラバース後に、やっと核心部らしきところへ。 (おっ、意外に悪いぞ・・)レストしながらホールドとムーブを確認して、核心を抜け、終了点へ。本日最後の一本は、やっとマスターオンサイトで締めくくることが出来た。

 いつになったら本格的に弓状エリアへデビュー出来ることやら・・、先が思いやられる感じの一日だった。しばらくは、長い持久系のルートで鍛え直さないとね。     
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2005-05-22 00:43 | outdoor climbing | Trackback | Comments(0)

ハプスブルグ 5.12c

 先週の北川に続いて、連休中、最後の岩場に金毘羅岩に行って来た。

 少し前まで、寒風に震えながら登っていたこの岩場も今は、すっかり春めいている。
真冬の乾燥しきった時期でさえ、あれほど染みだしていた岩壁も今日は、完璧に乾ききって、最高の状態。ワタシたち以外のクライマーも一組だけで、ほとんど貸し切りのようなもの。これだけもろもろの条件が整っているなら、年内に完登を目標にしている『ハプスブルグ』にトライするには、もってこい。

 ハプスブルクは、S太君が開拓、初登したルートで、短いながらもボルダー的なムーブと保持力を試される面白いルート。当初は、5.12aとグレーディングされていたが、その後、YUJI氏らが再登し、5.12cへとグレードアップされている。(ROCK&SNOW 2004 dec.掲載)

 約10ヶ月前に試しに触ってみたときには、プリクリップより先に全く進めず、自らの力不足を痛感し、封印していた。その後、保持力を付けるために、インドアで意識して悪いホールドを保持するトレーニングを続けてきたので、今日は、その成果がどの程度か確かめたい気持ちだった。

 一回目、二ピン目付近のムーブが曖昧ながら、ホールドは保持できている。二ピン目から三ピン目付近のムーブとホールド、スタンスを確認して、終了点まで抜ける。テンション混じりながら、終了点まで抜けられたことと、意外にホールドがしっくりと持てることにちょっと驚いた。(もしかしたら、二便目で行けるかも・・)、と手応えを感じたので、小休止する。

 二回目、出だし、中間部、クリップもすんなりとこなし、ようし!、と思ったとたんに手順をすっかり忘れてテンション。ムーブに迷いが出てしまった。

 三回目、終了点までのムーブが、すべて登り出す前のイメージ通りにいき、完登することが出来た。

 登り終えてみると、5.12cと言うグレーディングについては、ワタシ自身が、まだそれほど5.12台をたくさん登っていないので、確たる判断がつきにくい。ただ、日頃からボルダリングの練習に比重を置いているクライマーにとっては、登りやすいルートだと思う。
 これでようやく次回から『デジタル・モザイク 5.13a』へのトライを開始できる。
 
 それと今日は、はじめて、YUJI氏が初登した『ブレック・ファスト 5.13c』をトライしているクライマーを見ることが出来た。厳しいムーブの連続で、下から見ていてもスリリングで面白そうなルートだった。
 早くワタシもトライ出来るだけの力をつけたい。でもまずは、デジタル・モザイクだ!



 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2005-05-04 23:07 | outdoor climbing | Trackback | Comments(3)

Tウォール

 連休の谷間となった、2日は月曜日のせいで、どこのジムもお休み。住まいから近くで今日営業しているのは、T-ウォールかB-PUMPくらいだ。仕方なく、一番近くのT-ウォール東村山店へ登りに行くことにした。

 連休谷間の平日なので仕事をしている人も多く、道路もけっこう混んでいた。ノロノロ運転の末、やっとジムに到着。東村山店は、ほぼ一年ぶりくらいだろうか。
 この日の受付は、Oさん。この時期だとやはりお客さんは、数人。それでもここ何日かよりは多いらしい。もしかしたらTさんやNさんとお会いできるかなと思ったが、顔が見えなかった。ほとんどの常連さんは、外岩なんだろう。最近、外岩ルート絶好調のNさんに秘訣をお聞きしたかったが残念。

 簡単なテープ課題で、アップしたあと、いろいろな壁で3級程度の課題を何本かずつ設定して、なるべく休憩を取らずにどんどん登る。ホールドは、PUMPと違い、カチホールドとスローパーホールドがバランスよく取り付けられている。日頃、ミストラルで登っているせいか、特に悪いと感じるホールドは少なかったが、それでも、”これ、どうやれば持てるの??”と言うホールドもいくつかある。それらのホールドを使う課題は、ワタシの実力では、しばらく通わないと無理のような感じだ。

 4時間ほどあまり休まず登り続けて、5~6級程度のテープ課題が登れなくなるほどヨレて来たところで終了。空いていたおかげで良いトレーニングになった。
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2005-05-02 22:28 | climbing gym | Trackback | Comments(0)

久しぶりの外岩

 三ヶ月ぶりに、外岩のルートクライミングに出かけることが出来た。

 過去三年は、毎年三十数回は、外岩に通ったものだが、年々、多忙のために外岩に行く回数が減ってきている。ワタシも相方も同じ年。年齢的にもこの先、グレードを上げていける期間が限られてきているので、焦りを感じる。

 そんなことを考えながら、昨日は、昨年の12月26日以来の『北川』でクライミング。相方は、「ミンボー」、ワタシは、「北落師門」にアップがてら、ヌンチャクをかける。
 
 「北落師門」は、昨年の8月以来のトライ。相変わらず記憶力の悪さは、一級品のワタシは、出だしからムーブ、ホールドを忘れていて、ん~?と思い出しながらゆっくりと登る。(これじゃ、毎回オンサイトトライみたいだな・・)テンション混じりで、終了点ののっこしまでを確認して降ろしてもらう。

 以前より簡単に感じるなあ、と思ったら、あんなに苦しんでいた、のっこしもすんなりムーブが出来てしまった。二便目で完登できそうな手応えもあったので、ノンビリと休憩をしながら、次の目標である「秋葉大権現 5.12b」を観察したり、相方のビレーをしながら時間をつぶす。
 休憩後、二回目のトライ。途中、またもやホールドを見失ってモタモタしたが、パンプしていなかったので、気分的に余裕があり、完登することが出来た。

 その後、次回の宿題のために「秋葉大権現」を触ってみる。やはり、出だし部分がこのルートの難しさの90%を占めている感じ。 
 結局、二ピン目のクリップホールドが取れず、すっかりはまってしまい、解決が出来ないまま、二ピン目をクリップしたとして、ムーブを作ることに。二ピン目からは、ホールドも近く、スタンスも豊富でムーブに迷う部分はなかった。テンション混じりで終了点まで抜けて降りたが、このルート、手数は少ない。ただクリップホールドが、やや甘く、精神面を試されるような感じだ。 しかし、岩のコンディションさえ良ければ、何とかなりそうな気もする。
 
 この日は、一回だけのトライだったが、次回からは出だし部分のムーブを解明し、レッドポイントを狙いたい。
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2005-05-01 10:41 | outdoor climbing | Trackback | Comments(0)