カテゴリ:Soliloquy( 353 )

Choosing Wisely

すっかり寒くなって参りましたね。。。
あ、どもっ、オジイチャンです。029.gif



いやあ、ずいぶんと更新が滞ってしまいすみませんでした。(;^^)


というのも、事情があって、もうクライミングはたまにしか出来ないような身体になったら
クライミング界の話題に関しても少しずつ関心が薄れて来ちゃった、ってのが
正直なところです。



んなわけでとくに書くこともなくなっちゃった。。。




まあ今しばらくはリーマン生活を継続しないとおまんまの食い上げになっちゃうし、
その分の体力だけでいっぱいいっぱい。




疲れているときに無理にジムに行って、悪化してそのまま入院なんてのもシャレにならないので
自重する日々って感じです。045.gif



まあそれでも休日、祝日の週一回とか、10日に一回くらいのペースで、二時間ほど
疲れが残らない程度はジムに行っています。




先日は、半月ぶりにジムで登ってみたら、10分くらい登っただけで前腕がカチンコチンになって
そのまま二時間のあいだパンプがまったくとれないってのには驚きましたw
登っていないとこんなことになっちゃうんですね。003.gif





まあそんな感じで、このところは休憩ばかりしながら一、二時間くらい登れば十分ってな具合です。
なので、レベルもすっかりビギナーというか初心者なみにもどっちゃいました。

そのお陰で四級とか五級あたりの課題でも楽しく本気で遊べます。037.gif





それでも不思議なことに極端に保持力がなくなったと言うことはないようで、時々は
めぼしい二級あたりを見つけてはオンサイト狙いをしたりして遊んでいるんだけれど、
深追いはしないでワントライだけにしています。

で、すぐに休憩をし、登りすぎないように滞在時間を確認して終了って具合です。045.gif





まあいつも気持ち的にはもう少し登りたいなあ~、ってのがあるんだけど、先々のことを
考えるともう少しだけ細く長く楽しみたい、ってのもあるんで、これからも定期検診を受けつつ、
このペースでいくしかないって感じですかね。




暑さ、寒さ、疲れにも留意してなんてなるともうなあ~んもできんよね~ww003.gif

ジムで思う存分に登れないというのがこんなにもつまらないものだとは思わなかったな。
どうもこの調子だとジムに行くのも今年で最後になっちゃうかも。





以前、アホみたいにストックしていたシューズもオークションで処分したり、欲しい人にあげたりして
なくなったし、ちょうどいい潮時なのかも知れないね。045.gif


*****************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-11-30 21:09 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

反則的強さ

どもっ。029.gif



台風が過ぎ去ったら一気に気温も急降下。

となるとクライマー諸氏は、待ちに待ったシーズンイン!
岩、岩、そして岩、、という感じなんでしょうな。045.gif




外岩の中毒性もかなり高いですもんね。





しかしあれは何なんでしょうね?
外岩に通い出すともう週末までが待ち遠しくて、狂おしい気持ちになるっていうのは。037.gif





以前の自分もそうでしたけど、仕事中も食事の時もトイレに入っているときも入浴中も
とにかく片時も外岩のことが頭から離れなくなっちゃう。





もっと若いときだったらおそらく仕事を辞めてバイトで食いつなぎながら
外岩に行っちゃってたかも(笑) 
で、完全にドロップアウト。。。




今だったらダウンシフター、なんていうカッコイイくくりもあるから
ドロップアウターよりは、ちょっとだけ響きがいいし、いっそのこと・・・
なあんて気にもなっちゃいますね。





まあドロップアウトをする度胸も、ダウンシフターになる器量もないオッチャンは
おとなしく社畜のまま、リーマン人生を全うするしかないようですけど。045.gif






まあちょいと鬱屈とした気分のまま、本日も動画鑑賞です。

で、YouTubeをダラダラと見ていたら、アシマちゃんのコンペ動画を発見。





おっ!と思ってメンツを見たら、化け物的な強さのジミー・ウェブとか
カルロ君とか、プッチオさんとかアンジーとか。043.gif




The 2014 Portland Boulder Rally 『54分30秒あたりからスタート』






男女決勝の模様だけど、ノーカットでかなり長尺な動画なので、鑑賞の仕方としては
一人、二人と課題のトライを観て、核心部とかヤバさ加減をよく観察、確認してから
怪物ジミーのトライを何度もじっくりと見直すってのがいいかも。034.gif





結果から言っちゃうと、ジミーただ一人だけが四課題オール一撃ですわ、プルッともきやしない。。( ´Д`)=3
まあとにかく化け物っすわ、怪物っすわ。。

ここまで圧倒的に強いと、反則に近いって感じですwww 003.gif





最近は、インドアでも外岩でもダニエル・ウッズに後塵を浴びせているもんね。
体格的にも恵まれているし、フィジカルの強さもあるし、課題の読みも抜群。




髭もじゃになる前ってあんなに強かったっけかなあ? 
別人じゃねえのか?ってくらい強くなったようなw 013.gif 




そして、女子のほうの注目はやはりアシマちゃんですな。

相変わらずウマツヨですけど、やはりインドアのボルダーは外岩とはちょいとワケが
違うから大変そう。



特にデッドポイント系の動きはつらそうみたいだけど、まあすぐに克服して
頂点に立つことになるんでしょうね。




プッチオさんは、相変わらずのパワークライミングを見せつけて、ドヤッ!と
貫禄の優勝。043.gif

来シーズンはワールドカップでの頂点も期待できそうですね。


****************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-16 22:09 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

好機敗退?

どもっ!029.gif



超大型台風がひたひたと忍び寄る三連休、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ジイチャンは相変わらず、床ずれの心配をしつつゴ~ロゴ~ロです。。045.gif




春から半年ほど続いた都内勤務も先週でやっと終了し、これでやっと土、日とも
フルに休日を満喫です。043.gif
まあ問題が起きればまた様子を見に行かないといけないんですけど。。





つうことでしばらく通っていた五反野もこれでしばらくはお休み。

通えるうちにプロセット課題は全て登るぞ!作戦は、やはりというか実力どおり達成できずw 003.gif




結局、1級は3本も残っちゃったし、初段も1本しか登れず。。。
で、恥ずかしながらスラブにあったユカちゃん2級が1本登れなかったw テヘペロ






しかし残った1級と初段が、ランジ系ばかりってのがいかにもジイチャンらしいって感じです。
ワタシよりリーチのある人は足とか手が残るんで2級くらいに感じるってのがこれまた悔しかった。037.gif





まあスラブの2級はスタートさえ出来なかったし、ゴール取りの胸位置にある高~い手に足ムーヴが
全く出来なかったから悔しさというより情けなさ感が強しって感じです。。003.gif






で、二本あった二段は、どちらも出だしの一カ所がどうしても出来なくて敗退。。


そこさえ出来ればあとは、1級とか初段くらいのホールドとムーヴなので
ゴールまで行くことが出来たけど、どちらもその一手に凝縮されている感じだったなあ。



まあ、つまりはその一手が自分の限界点ってことなんでしょう。023.gif

つうことで、いつもながらの不完全燃焼のままタイムアウトを口実に敗退です。





これで来週からはやっと地元近辺のジムを徘徊出来るご身分になったわけだけど、
病気をして以来、ヘボヨワ度もさらに加速して、めっきり体力低下、、、


最近はジムに行っても登っている時間より座って休んでいる時間がながくなってきましたw 037.gif





まあ、このままジム通いも週一から10日に一度、月に一回くらいになって気づけば、
シューズにカビが生えている、ってことになりそうな予感がしますな。034.gif


まあそれはそれでいいんでしょうけどね。





「人はみな与えられたカードでその人生を生きる」、ってことです。

つまり、あるがままにってことですかね。 


*****************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-10 22:53 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

always right.

おちゃらけたチョークバッグがぶっ壊れたので、新たに市販最軽量?とかいうのを
購入したオッチャンです、どもっ。029.gif





まあ、リードはやらなくなっちゃったし、気まぐれに長物でもやるとき以外は
ぶら下げることはないんですけどね。





にしても、せっかくクライミングもどきを趣味にしているというのに、
ボルダリングしかやっていないというのも考えてみれば、不自然きわまりないですよね。
理由はいろいろあるにしても突き詰めていくとやはり時間がないっつうことのような
気もします。






ボルダーとリードの両方を曜日を決めてコンスタントにやるのが理想だけど、
そこは、ズタボロジイサンなので両方やると、身体がぶっ壊れるだろうし、
中途半端でどちらも今以上にヘボヘボになりそうなので恐ろしいんですw 003.gif






まああと何十歳か若ければ、体力も時間もあるだろうし問題なく出来るんでしょうね。
本当はリードをやらないとダメってのもわかってはいるんですけどね。






そう言えば、先日、ボルダリング世界選手権で新王者となったオンドラ君がインタビューで
言っていましたね。






彼曰く、ボルダリングで優勝するのは運があれば可能だけど、リードはそうはいかない。
リードは本当に実力がある者しか優勝することが出来ない、って。045.gif




15歳にしてドリームタイムをワンデイアセントし、その年にアクシオン・ディレクトを
登り、リード、ボルダーとも国際大会を制覇をしているオンドラ君が言うと説得力がありますな。



しかしまだ弱冠21歳なんだよね、驚異的だわ・・・・。015.gif





凡人の、その上ジイサンにとってはまったく関係のないお話しなんですがね。。



まあオンドラ君のような若き超天才はいったんおいといても、リード、ボルダー、
どちらをやらせても超一流っていうクライマーは世界にゴロゴロいるわけでありますね。







そんな中でもやはりお気に入りの一人は、デイブ先生。043.gif



シャーマ神が最近はほとんどボルダーをやらなくなったのと違って、デイブ先生は
いまだにボルダーもリードもガシガシと登っているし、ボルダーの開拓魂は全く衰えないどころか、
年々とそのペースを上げている感じ、なんつうかもうホントにカッコイイ!049.gif





登るのがなくなったら開拓すりゃあいいじゃ~ん、世界には岩なんていくらでもあるじゃ~ん、
って感じで、世界中を飛び回って登りまくっている。


実力者だから支援する人もいるんだろうけど、そんなことよりデイブを見ていると
とにかく登りたくて仕方がないっ!ていう思いが見ていても溢れている感じ。






【WAVE SWOOP V14】
オーストラリア、グランピアンズ。


2011年にラインを見いだしたらしいですが、キレイな岩肌ですよね。

しかしこんなのを下から見上げて、ラインを見つけるのもすごいけど
それをボルダリングのスタイルで登ろうって考えるのもスゴイ。

ただ単に”登る”という行為をする人というだけじゃなくて、彼の生き方、考え方、
それらをふくめてクライマーって気がしますなあ。023.gif




【WAVE SWOOP V14】 後半の初登シーンはなかなかの鳥肌ものですよ。049.gif





****************************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-02 08:06 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

天高く、ジイサン肥える秋

どもっ。029.gif



あんまり体調がよくないんだよ~、と遠方の友人からのメールに愚痴ったら
商売もののあるブツを送っていただいた。


本当にありがたいです。SPF、大変美味しゅうございました。





しかーし、美味しいものは高カロリー!と決まっているので案の定ふっくらです。
つまり、SPFを食して、自身もSPF体型になってしまったというわけですw




まあ実際は、SPFどころか煩悩と雑菌にまみれたダーティーオールドマンなんですけどね。003.gif





で、ファットマンになってしまったにも関わらず、ジイチャン本日は休登日です。(∀`*ゞ)



気持ちの上では昔のように連日とか、一日おきとかで登りたいんですけどね。
身体がまったく回復しないし、指関節の寿命も残り僅かだろうからチビチビとしか
ジムに行けないってのが寂しい限りです。





そう言えば、かの天才クライマー、オンドラ君は、週に6日から7日のトレーニングを
3ヶ月半行う!005.gif なあんてことをしているらしいですね。






しかしまあ、いくら若い人だと言っても常人だと身体がもたないんじゃないですかね。
つまりはそういう身体の強さも含めて、才能があるということなんでしょうなあ。






しかしとあるインタビュー記事に書いてあったオンドラ君の談話は本当なんですかね。


まあたしかに今回の世界選手権で、ボルダー、リードの両競技で優勝するという前人未踏のことを
成し遂げた人だから言えるんでしょうけど。




「私に勝つことはほぼ不可能であろう・・・」なんてセリフはなかなか出て来ないですよね。
もうまさに神の発言w 037.gif   まあ真偽と真意のほどは分からないですけど。。







と、話がガガガーッとそれちゃいましたけど、そんな、ちょっとふっくらしたSPFジイサン、
本日は動画鑑賞です。





今宵のワクワク動画は、先日行われた【adidas Rockstars】コンペの模様。
いつものようにノイマン監督がアップしたものですが相変わらずよく考えて編集されてますなあ。049.gif





このコンペ、毎年、カーメーカー【ポルシェ】の施設内に仮設壁が造られ、観客を入れて行われています。
しかも、ロッククライミングと音楽のロックとを掛けて、ロックの生演奏つきのど派手コンペ。 
さすがアディダス、金かけてんなあ~。043.gif



最近のコンペだと、BGMはハウス系だのダンス系だのエレクトロなものがほとんどだけど、
ロックにはロック!ww




しかも金に糸目はつけねえぜ的に、セッター陣も豪華!



毎度おなじみのマヌエル・ハスラーがセッター陣に入ってます。
ハスラーと言えば、激ヤバ課題をセットするので有名な人。




ワールドカップ歴戦の覇者たちもボコボコにされちゃう課題のオンパレードw003.gif

まあおそらく今回のセットも三段~四段くらいってことなんでしょうね。





adidas Rockstars 2014 finals report






なんかもうね、男女とも第一課題から激ヤバですww 誰一人登れず・・・・・。015.gif


いちおう画面の片方に、その課題をセットしたセッターが身振り手振りでムーヴを
説明しているけど、何ですかそれ?的なものばかり。





女子第1課題からしてテクイ足技での初手ボテマッチ、からの・・・次のカンテ上部についた
スロットどりがよく分からん?( ´Д`)=3

カンテを叩きつつ行くのか、しかしそれだと左手ボテがすっぽ抜けそうだし、、、、
それとも左手のボテをアンダーに返すのか? でもそれだと距離が遠くなるし、アンダーだと
ボテスタンスにかけるフックがきかなくなっちゃう。


やはりミーナのようにボテの山部分をラップ的に保持しつつ、スパッとスロットにさすのかなあ?
でも足が踏ん張れないだろうなあ・・・・、わかんらんのう。。037.gif



アキヨちゃんも初手取りから苦戦して、考えた末の変則気味なスタートを試みたけれど
やはりそこから先は解決できず。








そして男子第一課題は件のハスラーのセット。


もうなんか見るからに、ホールドの配置がおかしくないですか、、、って感じw 003.gif
で、ホールドも自らのFlatHoldを使用。



セッター、ハスラーの動きを見ているとシンプルに思えるけれど、どうもポジティブに
きかせる位置関係がおかしいような。。


もちろん保持力も必要なんだろうけど、ホールドの向きが、ポジティブ、ネガティブ、
ネガティブ?な感じで。。



ボテ足位置もなんか妙な感じだし、どうやればボーナスまでたどり着けるのかなあ?
一般人ヘボジジイにはさーっぱり分かんない。


で、男女ともに第一課題の完登者は出ず。









女子第二課題。 これは比較的ムーヴが読みやすくてよくある感じ。



スタートから初手がネガティブ、そして次がポジティブとなっているので、
右手で二手目から先に取りに行ってからの左手を一手目に寄せておさえる瞬間芸。





さて、お次はカンテペシペシからの右手出しかな?と思ったけれど、そうすると
左手がどんどんきかなくなってるし、距離も出せない。






むむう、、右スタンス位置が高いのに左手から出すのかなあ? 
左スタンスがないと身体を押しきれないような気がするけど・・・・と見ていると
やはり初手のボテを左足スタンスに使い、右のホールドにグッと立ち込み、
プッシュしつつの左手出し。005.gif




そしてマッチして持ち替えてから二手こなしてゴール。 
ゴールホールドも微妙に悪くて、マッチも核心っぽい、これぞ最後まで気を抜けないってやつですな。

ミーナはなんと一撃! どんだけ~005.gif








そして男子第二課題。 こちらもハスラーのセット。
これも女子課題と同じく、見た目からも分かりやすい感じ。 




スタートから壁を回り込むところが最初の核心だけど、トウフックで初手の左クロスから
右手のスローパーをガストンぽくおさえつつ、ソッとトウフックを解除するのと
右ボテ足でのツッパリで身体が回旋しないよう体幹で押さえ込むのがポイントみたい。





全然レベルは違うけど、この部分と同じムーヴと似たようなホールドを使った課題を
以前にやったことがあったからホールドの配置を見たときになんとなく分かった。045.gif





がしかし、そのあとのポジティブなホールドを取りに行くときの左手の瞬間移動は
なかなか面白いですね。

ありがちなムーブだけど、左手の落とす位置と距離感が絶妙。043.gif



で、その核心も越えて一安心と思いきや、遠いボテ上についた外形ホールドとモノホールドが
これまた渋い!



右ボテスタンス位置から考えて、左手を返してプッシュし、その二つを取りに行くのは
明白だけど、問題はその二つのホールドの配置。 

並ぶようにしてついているから身体の開きが上手くできないようになってる。
そしてどちらも掛かりがよくないと来てるんだから、、、、これはw 




で結局、韓国の選手とショーン・マコールの二人が完登。

二人はこの結果で同着になってスーパーファイナルに進むんだけど、その時のマントル部分でちょいと、
むむっ?なところがあって、そのあたりのことをザジェスチョンするかのように二人の動きを並べて
みせる編集になってる。006.gif




ショーンはこの課題のとき、完全に終了点を勘違いしていて、あやうく途中で降りちゃいそうだったけど、
観客の反応なのかジャッジの指示なのか、アレ?と気づいてマントルし、なんとかタッチゴールへ。 037.gif





やはり男女とも第二課題に関しては、歴戦のコンペティターにとってはやさしめの設定だったようですね。045.gif





さて、お次の女子第三課題



これも見たとおりの課題で、特にひねりはない感じ。 
国内のコンペにもありそうだけど、ホールド間の距離は女子としては少し遠いような感じで
やはりワールドってところですね。




保持力お化けのミーナがボリュームホールドのマッチからの一手がなかなか止められない。
もともとダイナミックな動きがあまり得意ではない選手と言うこともあるんだろうけど
ベストな保持位置までの距離があるのかも知れませんね。


アキヨちゃんはサラッと一撃。








そして問題の男子第三課題


ハスラーワールド全開!w


出だしからボリュームホールドの連発だけど、ポジ、ネガ、ポジと、ポジ、
と来ているけど、どう見ても二つ目のポジティブなボリュームを止めてから
三つ目の遠いポジティブなボリュームに行けない気がする。。



これはもう一般人にはなんだかさっぱり分からない感じ、、、、015.gif




で見ていると、スタートホールドがこういったコンペにしては珍しく、
左右指定されているのでショーンも韓国選手もスタートしてすぐに
左スタートホールドを強引にマッチしてから一番手前のボリュームを取りに行っている。




となると次は当然一つ飛ばして、三つ目のポジティブなのを止めに行くんだろうけど
止めた後はどうしたらいいの?って感じw 





ハスラーの動きを見ているとそのあとはマッチしているように見えるけど、
あれはボリューム下についてる青いホールドを取りに行くってことなんだろうか?




でその体勢で最後のボリュームを左手で止めると同時に右手をさっきの青へって言う
これまた瞬間芸的なムーヴかね?013.gif




なんだか全くわからんちんですわ。。003.gif




ノイマンさんのコメントにも、実に興味深い課題、、、と書かれていたけど、
たしかにね・・・・。

正解ムーヴを見てみたいもんですなあ。





超一流のセッターがコンペでセットする課題は、超高難度の課題ばかりだけど
どれも雑味がないし、ストレートな中にも味わい深い美しさがある気がするな。




ノイマン監督がよく言う、artisticな美しさってやつですかね。


やはりボルダリングってのは、美しいもんなんだなあ~、
と改めて思ったジイサンなのでありました。023.gif

******************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-10-01 23:17 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

約束の地へ

どもっ、またまたご無沙汰してしまいました。



で、まあ、、、今回もクライミングの話ではないのでスルーしてください。
またすこし落ち着いたらボチボチ書き始めますのでよろしくお願いします。029.gif




*******************************************************************











ざっと最近のことを。

前回、記事を書いた翌々日、夜中にまた発熱。

ん~?ジム行っちゃったからかなあ、疲れちゃったのかなあ?
と思いつつも、微熱なので前回通り普通に出社。



翌日、翌々日と徐々に体温上昇、しまいには起居もつらく、
身体が動かなくなっちゃった。015.gif

で、とうとう入社以来初の二日連続で欠勤。




翌日からは三連休つうことで、とりあえず這ってでも病院行かんとなあ・・・
と言うことで、幽霊のような状態でフラフラとしゃがみ込んだりよろけたりしながら
数百メートルの距離の病院まで30分以上もかかってやっと到着。042.gif





受付に保険証を出して、カウンターにつかまりながら息も絶え絶え、ボソボソと病状を
説明しているうちに、スーッと目の前が暗くなり意識が遠のいて気絶・・・





なんだかずーっと遠くの方で、大丈夫ですかあ~、先生~、と叫ぶ看護師さんの声が
かすかに聞こえていたけれど、身体は痺れたように動かないし、口もきけず、頭は割れそうに痛い。





ああ、、オレ死ぬんかなあ~、頭は猛烈に痛いし、身体も動かないってことは
脳の方になにかあったのかなあ、ダメかもなあ・・・・、とボーッと考えていた。




人ってのはそんなときは案外冷静なんですね。
まあいまのところたいして苦しくもないし、このまま死ねたら最高だなあ~、
やっとこの煉獄から抜け出すことができるんだもんなあ。





この先に待つ、いやなことや辛いことからもすべて解放されるんだあ~、
なんてことも考えたらホッとしちゃうくらい。






が、そのうち耳元で呼ぶ声が次第に明瞭に大きく聞こえるようになってきた。



頭は未だに痛いし、身体もわずかしか動かないけれど、意識ははっきりとし、
目を開くと、看護師さんの顔が目の前に。




いつのまにか寝台ベッドに寝かされていて、腕には点滴。。005.gif



医師が耳元で症状の聞き取り、呂律がいまいち回らないけれど、ポツポツと
途切れ途切れに説明。





どうもよくわからん、ということでまずは、体温、血圧を計りつつ、いろいろと
処置をしてくれている模様。





そのあいだ自分でも手や足の左右の指先を動かしてみたり、目玉を動かしてみたりして
麻痺が出ているのかどうかを確認。



ふ~む、どうも麻痺は出ていない感じ、もともと日頃から血圧やその他は全く正常だったから
もしそういうことになるなら、加齢から来る動脈硬化とかどこかの血栓がとんで、とかしかないだろう。





そんなことを考えていたらいつのまにかまた意識がスーッと遠のいたけれど
これはただ単に寝入っちゃったって感じ。




で次に目が覚めたら3時間ほど経過していて、どうやら点滴もチェンジされていた。
と急に猛烈な尿意。。




そばにいる看護師さんに、あのうトイレに・・・、と言おうとして、
(待てよ、動けるのかオレ?)と気になって、手足を少し動かしてみる。





力は入らないけれどなんとか動かせる、それにいつのまにか頭痛も治まってる。
なんだったんだろうね?




と言うことで、点滴スタンドをガラガラと引きずりつつトイレに行かせてもらう。



身体に力が入らないから前屈みだし、点滴スタンドにつかまってヨロヨロと歩く姿は、
まさに超高齢者のオジイチャンw 我ながら可笑しくてしかたがなかった。




で、看護師さんから渡された紙コップにオシッコを採取。
そしてまたガラガラとスタンドを引きずってベッドへ。





意識がしっかりしたところで改めて問診。
血液検査やレントゲンにエコー、と全身あちこちとくまなく検査。




考えられる怪しい部位は二カ所。 で、さらに詳細に検査。





一つはどうやら”石”?かも、がそれならば痛みを伴うはずだけど、それが
全くないのが、、、。





石のせいでどっかの器官が傷ついて発熱? それが長期にわたって極度の脱水症状?を
起こしたのかも、、みたいな見立て。




いずれにしてもあのままもう少し遅かったら死んじゃいますよ、と言われた。023.gif

もしまた同様の症状がでたら躊躇わずに救急車を呼びなさい、と怒られてしまった。





で結局、ベッドの上で夕方まで抗生物質らしいのとリンゲル液みたいなのを点滴。
帰り間際にはまた紙コップにジャーっと。




さいわい翌日も午前診療があるので、明日また必ず来なさいよ。
と言われて帰宅。






まだ微熱はあるけれど身体はだいぶ楽になったのでなんか食べるかあ、と
雑炊もどきを製造。 が、二口ほど食べていやになった。




二日間スポーツドリンクくらいしか取っていなかったけれど、まったく腹が減らない。 
むう、少し痩せたかも~♪ とやっぱり登ることしか考えてないアホオヤジw037.gif







そして翌日も病院。
またもや血液検査と尿検査、とエコー検査。


で、またもや二種類の点滴。



体温はやっと平熱になったけれど、食欲はまったくなし。 
でフラフラだけど、空腹ハイな状態?で気持ちがいい。




この日も結局、尿にもレントゲンにもエコーにもコレと確定した病因は
見つからず、血液の別検査にかけることになり、その結果は翌々日。






帰り道に歩きながらいろいろと考えた。

この歳になるまで、親、友人、知人が、病で亡くなるのを何度となく見、聞きし
いずれは自分も寿命の尽きるときが来る、と分かったようなことを言っていたけど
やはりそういうのって、言うほどリアルには感じていないんだなと。



自分が全くの健康体だと思っていたのが、ある日突然、あなた病名はとか、あなたの余命は
みたいなことってのは信じられないし、想像もつかなかった。





自分としては、くたばっちゃうことについてはとくに何とも思わないけれど
治療の痛みや苦痛でジタバタして醜態をさらすのがいやだよなあ。
あっさりとおさらば出来るなら、いつでもけっこうと言うのが正直な気持ち。 






まあそんなことを思いつつ二日後にまたまた病院へ。
血液検査の結果は、やはりなあ~、という感じ。

まあ五分五分でしょということで、紹介状を書いていただいて想定通り専門病院にグレードアップ。034.gif


ん~、終活のペースをもっと早めておくべきであったかもなあ。。

で、またまた数日後。 あれこれあってからのやたらと大がかりな再検査。





そしてまた数日。

結果は・・・・、まあグレーゾーン。
はっきりと病巣は見つからなかったものの可能性はゼロではないみたい。
定期的に病理検査みたいなのを行ったほうがよろしいみたいな感じ。





まあね、とりあえず体調はほぼもどったし、歳も歳だから生きることに
それほど執着もなし、行けるところまで行って、あとは、サラバっ!て感じで
あっさりと終わりたい。





動けるうちは、ジムに行ってお登りさんをしたいし、それがだめになったら、
クライミング動画ウォッチャーで最後まで楽しみたいと言うのがこれからも
ささやかな希望と言うところです。

*******************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-09-27 13:03 | Soliloquy | Trackback | Comments(4)

微熱オジサン

当ブログに毎度来ていただいている二、三名のご奇特な皆様、
すっかりご無沙汰して申し訳ありませんでした。029.gif




なんせ、いつコロッとくたばってもおかしくないお年頃なので
更新が滞っていたら、あぁ、とうとうジイサンくたばったなと
思って下さい。045.gif





とにかく先週はドイヒーな体調だったのです。。


月曜日はまったくどこも異常がなかったのに、火曜日の朝になったら
なぜか発熱、、、まあ37度くらいだから微熱でしたけど。



ふん、まあ風邪気味って事だろう、、、、くらいに思っていたけれど、
風邪にしては咳も出ないし、他に何の症状もない。
ただ、ずーっと38度くらいの熱が24時間続いている。015.gif




んなわけで、睡眠もあまり取れずに1時間おきくらいに目が覚め、アイスノン交換と
水分補給の繰り返し。。( ´Д`)=3




が、水曜日の朝になったら突如、腰に激痛・・・・
熱でボーッとするわ、腰は痛いわで、ヨタヨタと起床、全く腰が屈めないので
タオルを濡らして直立不動でゴシゴシと洗顔。。003.gif



むうう、、この発熱は風邪ではないな、、と体中をあちこち点検。。
とくに傷跡らしいものはないので傷口からバイ菌が的なのもなさそう。




ん?もしかしてアレとか、いま巷で流行りつつあるアレとか?
デン、デン、デングちゃん?013.gif




まさかねw   


となると、どこからか菌が侵入し、体内の免疫系がフル稼動中での発熱か?
しかも腰のあたりと言うことは・・・・、とジッーと下半身を見つめるオヤジ。003.gif




いやあ-、それはナイナイw。(ヾノ・∀・`)


若い人じゃあるまいし、、そのなんというか、あんな事やこんな事のような
ふしだらな行いをするようなお歳ではないし、もちろん思い当たるふしもなし。




むう、しかし困ったのう。 もっとガーッと40度くらいまで熱が出ちゃえば
病院に行くんだけど、どうも38度くらいでウロウロってのがね。



解熱剤を飲むのもなんか負けたような気がするのでイヤだし(なんでだw)





つうことで、なんやかや金曜日までの四日間、一度も熱が下がらす。。
発熱と睡眠不足でフラフラしながら毎日出社。 


もういっそのこと一思いにコロッとくたばっちまいたい気分でしたw




が、そんなやけっぱちなことを考えていたお陰なのか不思議なことに
金曜日の夜中あたりから一気に熱が急降下して平熱に。。
それと同時に腰の痛みも嘘のように消失。



発熱と腰の痛みがリンクしているところになんか鍵がありそうですなあ・・・・




素人考えながら、腎臓とか膀胱とか前立腺とかあたりの急性の炎症くらいかな?
まあそれとおぼしき症状はないから除外してもよさそうだけど。




どうせまもなく健康診断だからとりあえず放っておきましょう~、下手に治療して
長生きしても何だしね~、つうことで決定!003.gif





まあ身体の怠さは取れないので土曜日も安静、、、、、、、、
そして日曜日も、、、、、タ、タイクツ。。。002.gif




ちょいと体調が戻るともうジッとしていられなくなっちゃいますね。





つうことで、先週、手を抜いていた仕事を片付けにチョロッと出社。




二時間ほどササッと書類仕事をやっつけ、さて帰るかあ~。。。
と思ったけれど、まだ正午、、どうしよう~、、ん~、あ~そうしよう~





つうことで、祝!病み上がり的なクライミングをすることに!076.gif





チョロッと走って、いつものジムにIN。 日曜日だけど空いてますな。





当然ながら全く運動もしていなかったし、会社ではデスクでグダーッと
していたし、家では寝てばかりいたのでなんだか身体にまったく力が入らないw 003.gif





ようし、今日は5級完登を目指しますかあ~w で2、3本登ったけれど
さすがにつまらないので、ダメ元でウイークリー課題。




が、ヘボヨワ+病み上がり=廃人ダンス・・・的なクライミングで全くホールド保てん(笑)020.gif





なんと4級を登るのに10撃くらいwww 
が、これがアップになったのか、次の3級は二撃、お次の3級はオンサイト~つう感じで
尻上がりな病み上がりジイサン!041.gif






でもまだ自律神経系の働きがいまいちなのか、室温はそんなに高くないのにやたらと汗を
かきまくってまいっちゃう。042.gif


こりゃあ無理するとやばいかもな、と言うことでこれ以上の難しい課題は中止。






回復クライミングに徹することにして自作課題を量産。



目設定してから核心部とおぼしきところをチョロッとずつ修正して4本ほど作成。


休憩しながら1本ずつのんびりとお登りさん。
2級が一本と3級を二本、残った一本は1級以上な感じになっちゃったからペンディングw037.gif





やっぱり休むと身体のキレは悪くなるけど、あちこち痛いところはなくなるので
力は出る感じですね。 

まあ逆にホールドが保てすぎてかえって指関節が痛くなっちゃうってのもあるんだけど。045.gif




あるクライマーさんみたいに、ホールドの保持力が強すぎて知らないうちに指先に
血豆を作ったなんていう怪物的な方もいらっしゃいますからね。037.gif





で休憩しながらでもさすがに疲労困憊してきたので本日は終了~。




でもまあ、あれですな、歳を取るとこうしたちょっとしたきっかけから一気に体力が
落ちていくことがあるから、気を付けないとって感じです。

いやなに、長生きしたいとかじゃなくて生きているうちは、お登りさんの趣味を
続けたいから。045.gif




この先、病気やケガやらで長く休んだらもう二度とそれ以前のようには登れなくなる、
ってのは間違いないんでしょうけど、なんつうか、そうやって、
どんどん朽ちてボロボロになる姿を晒すのもいいかなと、最近では思っています。




まあこれは、九相図の心境ですかね、あっそこまでご立派なもんじゃないかw037.gif

**************************************************************************

[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-09-08 22:38 | Soliloquy | Trackback | Comments(4)

Un ange passe.

世界選手権を見終わってからどうもボーッとしているオッチャンです、どもっ。029.gif



しかしジュリアン、本当によかったな~。( ^ω^)
このあとの予定は、フランスでサーフィン、そして二週間のバカンス、
そして、そのあとは大学にもどって医学の猛勉強(ジュリアンは学生)、
つうことらしいですな。


b0048854_15131289.jpg

いろいろ充実してるなあ~。043.gif

なんとなく日本人のクライマーって、クライミング一辺倒なスクエアなイメージしか
わかないんだけど、海外のクライマーってなんかクライミングも含め、
人生をすごくエンジョイしつつ、将来についてもよく考えている感じがするんだよな。





まあ、その先のインタビュー記事も読んでみた。

今年結果が出せたのはコンペシーズン前に行った強化トレーニングメニューの
お陰だと言っていましたね。


当然のことながら弱点を克服するメニューに重点を置いたらしいけど、
弱点なんてあるの? 



って思いつつ読むと、どうやらクリンプの強化、強傾斜への対応力、
キャンパシング能力の向上あたりに注力したみたいですね。045.gif

やっぱりコンペティターってのは大変ですね。




レジャーでやっている一般人は、苦手な課題はやりたくなあ~い、
強化トレーニングなんて単調だから嫌いだあ~、、って言ってて、
そのくせ強くなりたあ~い、なんてわがままなこと言ってるんだからw



なので、一般人ヘボヨワジイとしては今後は、絶対に強くなりたくないです、
登れなくて大変ウレシイです、と言うことにします。034.gif




とまあ、いつものように支離滅裂なことを言いつつ、ジムです。( ^ω^)




涼しくなってきたし、そろそろネチネチとやたら手数の多い1級テープ課題にカタをつけるかあ~、
って気分でジム入り。





が、今宵はなかなかのにぎわい。。

それにやけに女子が多いような・・? 
ん?あっ!今日は女子割の日であったか、、、。( ´Д`)=3





まあ強傾斜のほうにはそれほど来ないでしょ、、
つうことでスラブの新作3級をちゃちゃっと登ってアップをし、即移動。




さあてとアップがてらなにか簡単なのを目設定で。。。。と
アレコレとホールドをなでなでしつつ、ちょこちょことムーヴを
作りつつ遊んでいると、店長接近。




この新作2級、もう登っちゃいました?と訊いてきた。

えっ? あら本当にこんなところにww



んじゃこれからやっときますか、ザッとオブザベ。。
ん~、シンプル、、、だけど見たところ核心と思われるところが
いつもながらの狭狭手に足ヒール・・・・w015.gif




引き付けると左右ホールドともに肩位置くらいの高さで足ブラからの手に足ヒールして、
ちょい遠目のスローパーピンチを取りに行く課題なので、もう観ただけで、
アカーン臭が充満。003.gif




とりあえずやってみますか、、とスタート。
一手、二手取ってマッチ、でピョーンと飛んで三手保持、ここまでは4級?くらい。



で件の手に足ヒール、高っ!、と思ったけれど意外にすんなり足は上げられて
ニュルッとヒールフック、、、が掛からんw



コアホールドのアンモナイト君はどこにヒールを掛けてもズルズルと滑っちゃう・・┐(´д`)┌
ってことでヒールを掛けても下に押せない、、ただ乗せてるだけって感じ。




こりゃあ、ヒールフックはちょいと置くだけでデッド気味に次を取りに行くしかないな。。




でやってみた、、がドデッと落下。 なぬっ!とムキになってその部分の練習開始。
次が止まる確率は20%くらいか・・?。




つうことで止まったとして、その先をやってみたらそこからゴールまでは3/4級くらいで
全く問題なし。 まあ一手物みたいな感じだな。




ふ~む、、難しいと言うよりはなんとなく面倒な課題だなあ。。
としばし休んでいると、久しぶりに、Big-Kさんが来店。043.gif




うおっ! お久しぶりです~、とご挨拶して、近況をお聞きした。



一番クリビツしたのは、三郷ジムにエアコンが入ったという話。
 
てっきりあそこの系列は、エアコンを入れないことをポリシーにしているのかと思って
いたけど、そうではなかったみたいだねww003.gif




Kさんに最近の岩場の話をきいたりしつつ、一緒にテープ課題やらワタシのつくった
1級くらいの課題を何本かいろいろとセッション。





まあヨワヨワジジイなので、最近は強い人が一緒に遊んでくれなくてつまらなかったけれど
今日はKさんとちょい悪課題をいろいろ触って楽しかったなあ~。

Kさんありがとうございました。010.gif





さてジム巡礼もちょいと一休みだし、巨岩鑑賞に行くにも天気がいまいちだしな。
めずらしく空白な時間ができちゃったからのんびり温泉とかとか? 023.gif

で、ついでにアクセスの確認とかとか?




まあしばらくなあ~んもしないってのもありかもなあ。

**********************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-08-26 23:51 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

掉尾を飾る

World Championship Bouldering 2014 終了しましたね!



いやあ準決勝を観たら、これはジム巡礼なんか行ってる場合じゃないっ!って
気持ちになって、決勝のネット中継を食い入るように観ちゃいましたw




ワタシ的にはジムで1日登るよりは、何倍も勉強になったし、おおいに刺激に
なりました。
なんかすごく感動したなあ。045.gif




しかし素晴らしい、本当に素晴らしい、そしてものすごいクライミングを
観たって感じです。043.gif



ああ生きててよかったあ~ww 

 


さて、もう皆さんご承知でしょうが結果は以下の通りです。



MEN
RankNameNationFinalSemifinalQualification Group 1Qualification Group 2
1OndraAdamCZE4t16 4b16 3t7 3b6
4t11 4b9
2KruderJernejSLO3t12 4b13 2t3 4b12
4t7 5b7
3HojerJanGER3t12 3b9 3t7 3b64t9 5b11
4Glairon MondetGuillaumeFRA2t6 3b7 2t2 4b9
4t8 4b6
5SharafutdinovDmitriiRUS1t4 3b9 3t8 4b7
4t8 4b4
6HoriTsukuruJPN0t 2b9 3t8 4b8
3t5 4b7



WOMEN
RankNameNationFinalSemifinalQualification Group 1Qualification Group 2
1WurmJulianeGER3t8 4b8 4t5 4b4
5t10 5b10
2PuccioAlexUSA3t9 4b9 2t2 3b35t11 5b8
3NoguchiAkiyoJPN1t1 3b3 3t3 4b54t6 5b9
4CoxseyShaunaGBR1t4 4b7 3t6 4b6
5t16 5b12
5Le NeveMelissaFRA0t 3b3 2t2 3b54t7 5b8
6TracyMichaelaGBR0t 3b5 3t8 4b10
5t10 5b9




まず男子。


世界選手権にはやはり魔物が住んでいるのか、大方の予想は地元のヤンが圧倒的に
有利と言われていたものの、決勝でオンドラ君にひっくり返されてしまいましたね。




準決勝の結果からトライの順番が先のオンドラ君が、アテンプト数を重ねながらも
見事に四課題全てを全完登で終え、あとは最後に登場のヤンの結果待ちに。




準決勝の結果はヤン、オンドラとも互角だったので、ヤンが最終課題をオンドラより
少ないアテンプト数で完登すれば優勝が決まると言う、もう観ていてもハラハラドキドキ、
心臓に悪い戦いw 034.gif




で、やや緊張の面持ちで登場し、最終課題に臨むヤン。


一度、二度とトライするがどうしても核心を越えられない。
地元選手とあって、オーディエンスの応援、そして解説にも力が入る。




しかしトライを重ねていくうちに、とうとうオンドラのアテンプト数を越えてしまった。
この時点で、New World Champion、世界の頂点に立ったのは、アダム・オンドラ!049.gif





今回、キリアンは準決勝で敗退だったし、ドミトリーも決勝では精彩を欠いていた感じでしたね。




特に、前日行われた準決勝の時のドミトリーは、ただ一人の全課題完登か!と
思わせる勢いだったのに、なぜか最終課題でチョンボ。。



なぜか、ドミトリーなら楽勝でしょう~、って課題をムーヴのチョイスミス、観ていても、アレ?って
気がしました。013.gif




ドミトリーって、みんなが苦労するような課題はサクッと登るのに、その逆にみんなが
それほど手こずらないような課題で取りこぼすってのは以前からだけど、まあそのあたりの
むらっ気のあるところもファンのワタシとしては好きなんですけどね。037.gif



しかしキリアンは、力の衰えを隠せない感じになってきましたね。
どんなに強い選手でもいずれは舞台から去るときが来ると言うことなんでしょうけど
ちょっと寂しい気もしました。




それにしてもヤンをおさえて二位にくい込んだ、スロベニアのクルーダーは
粘り強くていいクライミングでした。
こうしてみるとワールドカップには伏兵だらけってことですなww




そして女子のほうといえば、、、、、、やってくれました!

ジュリア-ン!、ヤッホーイ!!!!024.gif




正直、今回もどうかなあ~、、って思っていたんですけどね。037.gif


失礼ながらオッチャンが事前に予想した順位だと、シャウナ、野口さん、プッチオ、
ってところで、まあ魔物もいることだし、ジュリアンは四位くらいかな?
って思っていました。




が、シャウナはシリーズ戦のさなかに、コンペはそれほど楽しくない、みたいな
発言もしていたし、以前ほどはコンペに対するモチベーションがないんでしょうね。




たしかにワールドカップで初優勝する前などはいつもニコリともしないクールな
ポーカーフェイスだったのがこのところはコンペの時の表情が柔和になってる。037.gif





今回、ジュリアンはどの課題でも実に安定した登りだったし、とくに決勝最終課題の
ランニングジャンプ課題では得意系ってこともあってか、わざとホールドを一つ飛ばして
観客にサービスしたんじゃないの?って感じでしたよね、かっこよかったなあ~。





優勝が決まって、めずらしく嬉し涙を拭うジュリアンにもグッときたなあ~
カッコよくてカワイイ~!!041.gif




世界選手権、終わってみれば、やはり実力者といえどもそう簡単にも
優勝できない戦いなんだなあと改めて思いました。




さて、お次はWorld cup LEAD、そしてロックマスターと世界選手権。

Boulderingでは、ロックマスター、ロックスターズとかレジェンドコンペとか、
まだまだ熱いBouldering compeも続くのであります。




つうことでオッチャンはこのまま登らない、そして登れない、ただのコンペウォッチャーに
なってしまうのかも知れませんw 003.gif



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

World Championships Munich - Boulder - Semi-finals 9:30からスタート】

男子準決勝第一課題。まずは、堀君から!

第三課題の堀君の登り必見です!
オンドラさえも登れなかった課題を堀君がやっつけちゃってます!043.gif


この第三課題は、ムーヴの読みとポッケの保持力勝負みたいに見えたけど
ドミトリーの化け物的な保持力が圧巻でした。








□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

World Championships Munich - Boulder - finals  15:30からスタート】


男子決勝第一課題、核心はゴール保持なんだけど、ホールドの向きと形状の
せいでなかなか完登者が出ない。。


オッチャンもネットで観戦しながら、ない頭を総動員してムーヴを考えたw
これは、、ボテ下のホールドを足で使えれば、保持、マッチができるかも・・。



ってなことを思っていたら、オンドラ君がワタシの思っていたのと全く同じムーヴで
完登してビックリするやら、うれしいやらww037.gif




まあ何人も観たあとだから分かったんだけど、こんなの初見では分からんね。
どうも今回は男女ともにゴール取り核心がいくつかあったけど、もしかして
マニュエル・ハスラーの課題とかかね?013.gif



女子第二課題の野口さんの執念はすごかったですね。
手順、ムーブを読み違えたところからの渾身の修正、あきらめない強い気持ちと
絶対に登りきるんだ!って言う気迫。
惜しくも完登はならなかったけれどいい登りだったなあ。


日頃、ジムで登っているときも強い気持ちを保ちながら登るっていう
トレーニングをしていないとダメなんだろうね。



ああ、間違えたあ~だめだあ~、、、ボテッ。。。
と落ちちゃうのが一般ヘボクライミング愛好家w σ(゚∀゚ )オレ




そして、プッチオは確実に進化していましたね。
最終課題、ボテ上のランニングジャンプ課題で、以前はまったく対応できずに
苦手系だったのに今回はきっちりと決めて完登。


プッチオさん、来シーズンはいよいよ頂点にって感じですかね。
早くも来年が楽しみになってきましたww










さてと暑さもすこし和らいできたし、来週はちょいと遠出してみようかな。。。023.gif

**************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-08-24 22:58 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

World Championship


どもっ!029.gif



いやあ、いよいよですよう、始まりますよ~。

IFSC Climbing World Championship Bouldering - Munich (GER) 2014 が!

二年に一度開催される世界選手権!043.gif



シリーズ戦と違って、二年に一度、一回限りの戦い。
真の実力者、そして神に微笑まれし者だけが手にできる栄冠!

くーっ、しびれる~。037.gif





なんたって、世界選手権だけは別物って感じです。

それというのも必ずしも絶対王者と言われている人たちが栄冠を手にしてきたわけでは
ないからです。




Worldcup Leadで、当時、絶好調だった平山ユージ氏、そしていまや無敵の感がある
アダム・オンドラでさえも表彰台の頂点に立つことはできなかった。




そしてBoulderingでも、長年、王者として頂点に君臨しているキリアンが唯一手にしていない栄冠。



それほど厳しく、緊張感にあふれた戦いなんです。
なので、かなりドラマチックな展開もあったりするわけですが。034.gif




ちなみに、開催当初は、奇数年に開催されていたのですが、途中から偶数年の開催に
変わったんですよね。


なので前回の開催は、2012年のPariでした。






Bouldring World Championships Paris 2012 Finals  :スタートは30分から】


解説だと第一課題は、7B+って言っているから二段-くらいなんだろうけど
しかしまあ、みんな簡単そうに登ることww037.gif




今年、総合優勝したヤンが今よりもずいぶん初々しい感じ。045.gif 





そして今年の開催地は、ヤンの出身であるドイツ、ミュンヘン。 
これは、地の利を生かして、、と実に楽しみなんだけど、なにしろ魔物の住む大会。

下馬評通りにいかないのが世界選手権。。023.gif





過去の優勝者と言えば、こんな感じ↓なんですが、選手名をじっくり見ていくと
いかに優勝することが難しい戦いかが分かる感じです。



Bouldering

YearGoldSilverBronze
2001Italy Mauro CalibaniFrance Frédéric TuscanItaly Christian Core
2003Italy Christian CoreFrance Jérôme MeyerPoland Tomasz Oleksy
2005Russia Salavat RakhmetovAustria Kilian FischhuberFrance Gérome Pouvreau
2007Russia Dmitri SarafutdinovCzech Republic Martin StranikSwitzerland Cédric Lachat
2009Russia Alexey RubtsovRussia Rustam GelmanovUnited Kingdom David Barrans
2011Russia Dmitri SarafutdinovCzech Republic Adam OndraRussia Rustam Gelmanov
2012Russia Dmitri SarafutdinovAustria Kilian FischhuberRussia Rustam Gelmanov



キリアン、ラスタム、オンドラもいまだに優勝できない。

そんな中でドミトリーの過去三回優勝は驚異的です。005.gif 


さすがヨーロッパでキングと呼ばれ、オーディエンスからスタンディングオベーションを
受けるだけのことはありますね。







そしてこちらが女子 ↓。

女子の方も圧倒的強さを誇るはずの野口さんが優勝できていない。
ライバルのアンナは過去二回優勝、そして毎回表彰台に絡む活躍。


このあたりがアンナがいまだに”真の王者”として高い人気を得ている理由なのかも
知れませんね。045.gif


今回はぜひとも、チャンピオンの栄誉を日本人に掴み取ってもらいたいもんです。006.gif


Bouldering

YearGoldSilverBronze
2001France Myriam MotteauFrance Sandrine LevetUkraine Nataliya Perlova
2003France Sandrine LevetUkraine Nataliya PerlovaFrance Fanny Rogeaux
2005Ukraine Olga ShalaginaRussia Yulia AbramchukCzech Republic Vera Kotasova-Kostruhova
2007Austria Anna StöhrJapan Akiyo NoguchiRussia Olga Bibik
2009Russia Yulia AbramchukUkraine Olga ShalaginaAustria Anna Stöhr
2011Austria Anna StöhrUnited States Sasha DiGiulianGermany Juliane Wurm
2012France Mélanie SandozRussia Olga IakovlevaAustria Anna Stöhr








で、リード男子の方はこんな感じ。

その昔のルグランの三連覇という化け物っぷりは驚愕の一言です。
若い人たちが台頭して来ているにも関わらず、数年間も頂点に立つ続けるんですから。

多くのプロクライマーは、ルグランこそが本当の天才だって言うそうですね。045.gif



しかし、2009年の戦いはドラマがありましたね。

何度出場しても二位に甘んじ、どうしても頂点に立つことができなかったパチ・ウソビアガが
ついに悲願の優勝を果たした戦い。
しかも、オンドラとラマと言う二人の天才児をおさえての優勝でした。
そしてこの大会を含め三年、オンドラをしても未だに栄冠を手にすることができていない。

しかし不思議な因縁というか、現在パチは、オンドラのコーチをしているようですね。




で、今年の注目はなんと言っても安間サチ!

日本人が誰一人として成しえなかった栄冠をぜひ彼に奪取してもらいたいものです。
King of kings!の証として。043.gif



Lead

YearGoldSilverBronze
1991France François LegrandJapan Yuji HirayamaGermany Guido Köstermeyer
1993France François LegrandGermany Stefan GlowaczJapan Yuji Hirayama
1995France François LegrandFrance Arnaud PetitSwitzerland Elie Chevieux
1997France François PetitUnited States Chris SharmaFrance François Legrand
1999Italy Bernardino LagniJapan Yuji HirayamaUkraine Maksym Petrenko
2001France Gérome PouvreauCzech Republic Tomáš MrázekFrance François Petit
2003Czech Republic Tomáš MrázekSpain Patxi Usobiaga LakunzaFrance David Caude
2005Czech Republic Tomáš MrázekSpain Patxi Usobiaga LakunzaFrance Alexandre Chabot
2007Spain Ramón Julián PuigblanqueSpain Patxi Usobiaga LakunzaSwitzerland Cédric Lachat
Czech Republic Tomáš Mrázek
Netherlands Jorg Verhoeven
2009Spain Patxi Usobiaga LakunzaCzech Republic Adam OndraAustria David Lama
2011Spain Ramón Julián PuigblanqueAustria Jakob SchubertCzech Republic Adam Ondra
2012Austria Jakob SchubertCanada Sean McCollCzech Republic Adam Ondra






そして、リード女子。

こちらも信じられないことに、ジャインが三大会連続で二位、どうしても優勝できない、、、。

まあ、アイターが化け物すぎるってこともあるんですがw 037.gif


がたしか、アイターはもうコンペには出ない、ってなことも言っているので順当に行けば
今年はジャイン、ってところなんでしょうが、魔物がね、・・・・、終わってみないと
分からないってところなんでしょう。



まあなんにしても見所も注目選手も盛りだくさんってことですなあ~、ワーイ。024.gif



Lead

YearGoldSilverBronze
1991Switzerland Susi GoodFrance Isabelle PatissierUnited States Robyn Erbesfield
1993Switzerland Susi GoodUnited States Robyn ErbesfieldFrance Isabelle Patissier
1995United States Robyn ErbesfieldFrance Laurence GuyonFrance Liv Sansoz
1997France Liv SansozBelgium Muriel SarkanyGermany Marietta Uhden
1999France Liv SansozBelgium Muriel SarkanyUnited States Elena Ovtchinnikova
2001Slovenia Martina CufarBelgium Muriel SarkanyFrance Chloé Minoret
2003Belgium Muriel SarkanyFrance Emilie PougetFrance Sandrine Levet
2005Austria Angela EiterUnited States Emily HarringtonJapan Akiyo Noguchi
2007Austria Angela EiterBelgium Muriel SarkanySlovenia Maja Vidmar
2009Austria Johanna ErnstSouth Korea Jain KimSlovenia Maja Vidmar
2011Austria Angela EiterSouth Korea Jain KimAustria Magdalena Röck
2012Austria Angela EiterSouth Korea Jain KimAustria Johanna Ernst

*********************************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-08-20 22:50 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)