カテゴリ:Soliloquy( 353 )

貧楽

どもっ。029.gif



台風ラッシュが過ぎたと思えば、秋雨前線の停滞とどうにも気分の晴れない日が続いておりますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。



かく言う、じっちゃんはいつもながらトホホな日々が続いています。



つい先日もコイツのせいでまたまた、あ~あ~、、、な気持ちに。

b0048854_16055617.jpg


購入してからまだわずか三ヶ月足らず・・しかもなけなしのお金をやっと工面して手に入れたというのに。。007.gif



このところ何年もノーエッジばかり履いていたので、普通のシューズがこうもあっけなく爪先部分が
いかれるとは思っても見ませんでした、、、


この分だと半年なんてまず保ちませんね・・・やはり無理をしてでも青虫を買っておくべきでした。




まあこんなにも早く崩壊が始まったのには思い当たるふしもあるんですけどね。



まずサイズ選びの段階でハーフサイズ攻めすぎてしまったこと(アホです)
そして、もうひとつは、まあこれは良かったことにもなるんだけど、ジム遊びの頻度がグウ~ンと
増えたこと。



まあ頻度が増えたつうても、週一君だったのが、週二君程度に増えたくらいですけどね。
これもリーズナブルな料金で利用できるジムがそこかしこに増えてきたお陰です。

マジで感謝、感謝、大感謝です。024.gif




つうことで、お登り遊びできる時間がちょいと増えたお陰で、またポツポツと1級くらいは
登れるようになってきました。
まあお買い得だけだろって話もありますけど。


で、これまた副産物というか当然というか、ジム行き頻度が増えれば体重もあっという間に減少するってことで。




最近なんだか身体が軽いなあ、やけにクライミングパンツがずり落ちるなあ~、と思って久しぶりに
体重計に乗ってみたら、10日に一度程度のジム遊びの頃よりドカンと4kg減、56kg台になっていました。



まあ遙か昔にMで登っていた頃の55kg台には及ばないけれどこれにはちょいとビックリしましたね。




まさかねえ。。
こんなジッチャンになって体重が減るとはねえ・・・もしかしてついにご臨終フラグか、そうなのか!?



と言っても体調はいいし、体脂肪率が減っているから病気って事でもないみたい。
暇をもてあまして週に一、二回お遊び程度にやっているTRXだけど少しは効いているのかね?013.gif




まああれですね、この調子で体重が減り続けたら年末辺りは40kg台に突入、そして来年早々には
確実に天に召されることでしょう。



つうことで天候が回復したら、天に召されるその前に秋の気配を感じながら久方ぶりにスクーターで
ジム巡礼に赴きたいところであります。




新ジムと言えば、ずいぶん前から噂になっている田無のジムってのは一体なんなのかね?

更地に建物から新築するジムってことで、倉庫を借りて営業している他のジム店長さんたちなんかは
何者?ってことでちょいとざわついたりしていたけれどね。045.gif

***********************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-09-21 15:55 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

秋の萌し

どもっ。029.gif



いやあ、今日は久しぶりに夏らしい良い天気でしたねえ。
つうことでジッチャン本日は、ぶら~~っとプチツーリングに行ってきました。


とくに行く当てもなく、なんとなくブイーンと走り続けて気づいたら懐かしい景色でニンマリ。026.gif



まあ国道299号線なんですけどね、ボーッと走っていると、あぁ聖人岩の近くだなあ・・・
あっここは北川の岩場への入口だあ、そうか名栗河又もあそこを曲がって・・・と
次々に懐かしい思い出が。



そうだよなあ、毎週末晴れた日はもちろん、小雨が降っていても、雪が降っていても、
岩が結露している真夏や積雪で大きなつららが垂れ下がった真冬の時期でもほとんど
かかさずに通い続けた岩場への道。

もう遙か大昔の出来事のように感じます。


国道脇を流れる川のせせらぎ、木々がつくる天蓋からは清々しい香り。
やっぱり単車はいいよね。043.gif
で、299号から140号へとひたすら走り続けていると車の流れも減り、道も次第に狭くワインディングに。



あともう少し行くと、かの有名な聖地「三峰ボルダー」ってところで休憩。
トコトコと道路脇から河原に下り、岩に腰掛けてコンビニおにぎりをもしゃもしゃ。


さすがにこの辺りまで来ると吹き抜ける風は涼しいを通り越して肌寒いくらい。
また少しずつ秋の気配が下界まで下りてくるんでしょうなあ。



もしゃもしゃとおにぎりを頬張りつつ対岸に目をやると小さな岩が見える。
水際に近づいてさらに確認。


小さなツルツルの岩、大きさは身の丈もなし、8級くらい?

まあこのあたりは先人たちが洗いざらい探し尽くした場所だからよほどの事がないと
大岩なんて転がってこないでしょうね。045.gif



(ん~シューズとチョークを持ってくればよかったかなあ)と独りごちつつ
踵を返して道までもどり、いま来た道をUターン。
やっぱりもうちょいロングツーリングができるバイクが欲しいっすなあ。



だけどもしそんなバイクを買ったら最果てまで行ったっきり老人になっちゃいそうだけど。
まあそうなったら”行旅死亡人”ってことで本望ではあるんですけどね。003.gif

************************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-08-25 21:25 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

無知の知

どもっ。029.gif


梅雨明け後の、、殺すぞテメエ!的な猛暑はちょいと一休みな感じですね。
ありがたし。。



なんせジッチャンになると身体の反応が鈍いせいか、油断しているとすぐに熱中症に
なっちゃうんです。


一昨年には、自身ではまったくその兆候に気づかないうちにぶっ倒れましたからねw003.gif
トコロさんの経口補水液CMの話を改めて実感した次第です。

なので皆さんも油断せずにお気を付け下さいね。045.gif




で、このところ拙ブログもだいぶ放置していたのでその間に購入したシューズのことを
いつものようにダラダラととりとめもなく、また目新しさもなく、さらに参考にもならない感想を
書いてみます。039.gif





まあ昔のように、週に4回とか5回とかジムとか外岩とかで登っていた頃は、外岩用とかインドア用とか、
その上、花崗岩だの石灰岩だの、薄被りだのなんだのと10足くらいアホみたいにシューズを
ストックしていたときとは違っても今はくたびれたシューズが二足だけです。


それに週に1回くらいしか登りに行かないから如何せんシューズがとんでもなく長持ちw



だいたい二年くらいは余裕でもっちゃうので、面白そうだなあ~とか、履いてみたいなあ~、
とか言う流行りそうなシューズがあっても気づくとすぐにモデルチェンジしてたりしてます。





で、なんやかやタイミングが合わずにここ何年か(数年以上?)は青虫君(フューチュラ)
ばかりを三足ほど履きつぶして、途中でコイツだけはおさえておかないとってことで天才君(ジーニアス)を購入。

しかしまあ、この天才君は実に長持ち。なぜかまったくソールが減らないw  



メーカー記載のデータだとソールの材質(ビブラムXSグリップ2)も厚さ(3mm)も青虫君と
同じなのに不思議だね?013.gif



で、履いたフィーリングも剛性がやや高いせいからなのかトウ部分の感覚は鈍く感じるし、ミッドソールの
せいか足裏の感度もあまりよろしくない。



ちなみにミッドソールの厚さも1.1mmで両者同じなんだけどフューチュラはトウ部分のみだから
立てるし、その上、スメアもグッドフィーリング。
ただフューチュラのサイズ選びはかなり難しいけどね。

しかし、その愛しの青虫君もいまや瀕死の状態というかもうご臨終。



フューチュラの造りで、ヒールがもう少ししっかりしていればヒールフック課題の時に痛くないのになあ~、、
と思いつつ、ジーニアスを履き続けているのですが、やはりどうもしっくりこない。015.gif




よし!やはりフューチュラ買うかあ・・・・と思ったけれど、ハッ!と我に返り、
いやお前なにを言っとるん!貧困ジイサンのくせに!!008.gif



ですよねえ~・・・・・諦めるかあぁぁ・・・・・・・・



そういや、”諦める”っていう言葉はどうもネガティブに取られがちだけど、実際はちょいと
意味合いが違うようですね。


諦める、ってのは仏教で言うところの、明らかに観る、つうことらしくて、今のその状態を
つまびらかに観て、現状を受け入れ、よく考え次への端緒となす、って事らしいですな。


なので、ジッチャンも心穏やかにして、このシューズ問題を解決していこうと決意したのであります。045.gif
まあいつものように話は脇道にずーっとそれつつジッチャンの悪あがきのはじまりです。




まずは中古シューズ探しから。
ヤフオクからメルカリ、、でたまに出物があるショップのワケあり処分品etcをあちこちと探索。



むうう、、あったと思ったらすでに売却済みだったり、サイズ違いだったりとやっぱりなかなかそう都合良くは
いきませんなあ。


 
ならば新品購入のための資金調達をと、いつものように困ったときの押し入れガサゴソ・・・、
ん~、一昨年辺りから少しずつ断捨離でいろいろと処分したからもう売れそうな物もなし。015.gif



さあてと困ったぞう・・・おっ!そういえばお買い物ポイントがあれこれと貯まっているんじゃなかろうか!?
ガサゴソ、、、、そしてネットでもカチャカチャと、、、、、おっ!むふふう~♪



あるね、あるね、あるじゃない~♪ ICIポイントに、Tポイントに、カードポイントに、
ショッピングポイントetc


さてまずはこれらの中で統合できるポイントをチェックしてと・・・ 
ふむふむ、おっ、これとこれだと交換倍率が高いぞ。

これのポイントでこっちの商品ポイント券を買って、とあれしてこれして。。。。


パチパチとソロバンはじいて計算して見たところ、約15,000円分! やったぜ~!!024.gif



うひょひょ~、と思ったもののフューチュラ君購入にはまだあと1万円ほど不足・・・・
高えよ・・・・青息吐息のユーロのくせに何でこんなに高いのよ。




もう少し安いシューズは・・・・スピードスターは値段の割にはなあ・・つうてもスポルティバ以外には
まったく食指は動かないし。。014.gif



で、スポルティバ・ジャパンのホームページを調べてみた。

ああ、そういえばこんなシューズが出るようなことを言ってたなあ。。


ここ何年もクライミング系雑誌は読んでないし、ショップにも全く行っていないので
昨今のクライミング用品のことが全然わからんちん。
なのでその手の情報はジムスタッフさんと雑談しているときに収集しているくらい。


つうことで、フューチュラより3,000円ほど安いスクワマってやつを注文することに。


さてとサイズは。
カタログデータによると、フューチュラよりややタイト目を推奨ってな事が書いてある。


が細かく読むと、ミッドソールこそフューチュラより薄い0.8mmながらソールは4mm。
それに甲の部分のゴム部分?がけっこうきつそうだし、ミッドソールもジーニアスと同じような入り方らしい。


この造りでフューチュラよりタイトなサイズ選びはあり得ないと思うんだけどな・・。
ううむ・・・と1分32秒ほど悩んで、結局フューチュラと同サイズで注文してみた。





すでに薄汚れちゃってるけど、こんな感じのやつ。
b0048854_15270897.jpg

で着荷して早速、試着。

ん? ・・・・ん?・・・ えっ!ちっちゃ!003.gif

なんじゃこれ、、思わずサイズ表記を二度見。


ひぇ~、、こんなんでよくフューチュラよりややタイト目を推奨みたいなこと書いてるなあ。
クリビツですよ。

この感じだと、ジャストなサイズはフューチュラよりハーフ大きめを推奨、って感じじゃないのかね。013.gif



で件の甲のゴム部分はやはりスポルティバらしくしっかりとしたもので、履きづらいったら
ありゃしないw  
大昔のバイパーを思い出しちゃったよ。 この部分はなかなか伸びないんだよなあ。



ってことで、ジムに持って行っていろんな傾斜を登ってみたけれど、ベルクロ1本締めにしては
しっかりとしているけれど、スメアがしづらいし、なんだかスタンスに乗っている、乗れている感触が
乏しいなあ。。
まあスメアに関してはサイズ選びの間違いでしょうね。結局、普通のシューズって事でした。


ミッドソールを0.8mm薄くしたのになんでソールを4mmにしたのかな?
甲のゴム部分のフィーリングも良くないし。
なんとなく中途半端な印象しか残らないシューズになっちゃってるな。



やはり無理をしてでもフューチュラを買うべきでした。
しかし、もしフューチュラよりタイトなサイズを買っていたら絶対に履けなかったなあw037.gif




つうことで、当分はジーニアス君に主力として頑張っていただくしかないようです。

なんたって、スクワマで滑りまくって、弾かれまくったダレたスタンスでジーニアス君は
えっ?悪いスタンスなんかありました?ってくらい平然と乗れちゃうんだから。045.gif

ちなみにジッチャンは、フューチュラのグニッとした感触に似せるためにあえてシューレースを
一目飛ばして締めています。

まあ足指の長さとかシューズのサイズとかにもよるんでしょうけど、なかなか良い感じですよ。


b0048854_15590242.jpg


ジーニアス君にはなんとかあと一年は頑張っていただかないとなあ。

*****************************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-08-14 13:01 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

survive

暑っ! あっ、どもジッチャンです。042.gif




来なくて良いぞ、、来なくてな、、と願っていたのに
今年もとうとう関東地方が梅雨明けしちゃいました。。




これでまたエアコンギンギンの毎日となります。
下流改め、貧困老人の自分にとっては電気代が超痛手であります。015.gif




とりあえず、ジム代捻出のために抜いている1食分の食費を今後は、2食分抜きですな。




近頃は生活に困っていない人の中にも健康のために”一日一食”を励行している人も
多いと聞くし、なんてことはないでしょう、たぶん。。



一ヶ月、朝昼晩で90回の食事を30回に・・・・食費が1/3に!!



しかも今までの三食生活を一日一食に変更すると10%くらいは体重が減少すると聞くし、
これはもう言うことなしじゃありやせんか。



スゴい! 生活費が浮き、その上体重減。なぜ今までこんな当たり前の事に気付かなかった!003.gif

とまあ相変わらずアフォなことを考えているジイサンですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。←いまさら!




ジッチャンは回数こそだいぶ減りましたがひっそりと室内壁登りを続けています。
でこれまた地味に巡礼の行も続けていまして、やっと180店舗越えです、パチパチパチ。043.gif




まあ資金不足のこともあって、このペースだと生涯200店舗巡礼達成は危ぶまれる感じですけど
やれるところまで頑張るかあ~ってとこです。




でまあ巡礼だけだと登録料やら何やらで大出費になっちゃうので、普段はもっぱらワンコインならぬ、
ワンビル、つまりお札一枚の1,000円ジムオンリーです。





なんせ東京都内はジム乱立による過当競争と一向に改善しない景況感のせいなのかやや厳しい経営状態が
続いているようです。




つことで、テコ入れとしてサービスデイを導入するジムが増えてきて、レディスデイは言うに及ばず、
メンズデイ、シニア割引、平日割引、時間指定割引etcと一般利用者にとってはうれしい価格設定が
増えてきました。




特にイカしているのが麻布にある『SPIDER』
もうワケ分かりません。。
正規の利用料金はいつなんだあ~!!って感じでもう最高です!003.gif




b0048854_15241014.jpg





















ジッチャン麻布くんだりまで行くのか?!

と、お思いの方もいらっしゃるでしょうが、1リットルあたり35~40kmくらい走るスクーターで
ウロウロするジッチャンにとっては、都心のジムに出かけたとしても使うガソリンは往復でせいぜい
1リットル程度なので交通費も問題なしなのであります。

つうことでダサイタマ県内、東京都内とかなりあちこちのバラエティに富んだジムに登りに行けております。043.gif




しかしアレですなあ、あちこちのジムで登っているとグレーディングの曖昧さは実によく体験できます。
完全にワングレード、時にはワングレード以上ズレているところもかなりあるような気がします。



あるジムでは1級表示の課題を気持ちよく一、二撃でサクサク登れたかと思うと、別のジムでは2級表示の
課題に全く歯が立たないってことも相変わらずよくありますww003.gif


もっとも最近は特に気にもしないので、ふう~ん・・こんな感じなんだね~って思うくらいですけど。




それにしても一昔前は、1日の利用料が2,000円くらいだったボルダリングジムも今はだいたいのジムが
1,600円程度になってきました。

地方と違って交通アクセスが良い首都圏ならたいして時間を掛けずにあちこちのジムに行けるから、利用料も
合わせていくしかないんでしょう。




ちなみに月会員契約のスポーツ・フィットネスジムを週1回利用したとして計算すると、現在の平均相場が
1,500~1,600円程度だから、このところ店舗数が急増したクライミングジムも段々とそういった金額に
近づいてきたって事なのかな?




がしかし、ここにボルダリングジムにとっては悩ましい現実もあるわけで、フィットネスジム利用者の
年齢層が40代、50代以上の男女がかなりの割合を占めているのに対して、ボルダリングジムは
やはり20代~30代ってところでしょう。
とくに20代に至ってはここ数年、かなり可処分所得が減少してきている世代でもあります。





それにクライミングがいかにOlympicの公式競技として祭り上げられたとは言ってもそうそうはオジサン、
オバサンが継続して続けていくようなスポーツ?だとも思えないし、ジム経営もなかなか前途は多難そうです。





実際、ジッチャンもジムで何度か顔を合わせた方は、レディスデイとかメンズデイとかの終日1,000円の
ときがほとんど。 やはりこういうサービスデイはいつもよりはお客さんは多いね。

それ以外の日だと2時間とか3時間のタイム料金の方が多くて、皆さん時計を気にしながら登って
いる感じ。






まあジッチャンとしては安い利用料にこしたことはないのだけれど、それでジム経営が困窮して
万一、閉店にでもなっちゃたら元も子もないわけなので、いろいろと複雑な心境ではあります。013.gif






つうことで、次回は最近行った巡礼ジムを思い返しつつ、ダラダラととりとめなく垂れ流して
いきたいと思いますのでヨロシクお願いします。023.gif

*****************************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-07-28 21:28 | Soliloquy | Trackback | Comments(6)

加須囃子

どもっ。029.gif



いやあ~よかったですねえ、加須ワールドカップ。
さすが加須囃子の街ですなあ。
曳き合わせ(ひっかせ)のように勢いあふれる戦いでした。043.gif




加須でのボルダリングワールドカップというと2009年以来でなんと7年ぶり。


前大会では、日本の村岡選手が見事に表彰台の一角をしめ二位でフィニ。
気迫あふれる登りでジッチャンも感動したもんです。


村岡選手は、2006年にもところ同じく加須で開催されたジャパンカップで優勝を
果たしていたし、加須とは相性がよかったのかも知れないですね。045.gif
今回のワールドカップのルートセットは奇しくもそのジャパンカップで村岡選手と戦った岡野プロ。




ん~歴史を感じますなあ~。 
それにつけても2009年のボルダリング・ジャパンカップに参戦していた選手たちは
今では皆さんが様々な方面で現在のクライミングシーンを牽引する人たちばかりです。

才気あふれる方が多かった時代なんですね。045.gif






でまあ、皆さんご承知のようにリザルトはこんな感じ。


【WOMEN】
b0048854_14550798.jpg


男女とも準決勝からネット観戦したのですが、ジッチャン的には女子の方はおおむね予想どおりの展開でした。


ショウナの安定ぶりは実に素晴らしく、決勝でも只一人全完登し圧倒的な力の差を
見せつけての優勝でした。
そして昨年からの連勝記録をさらに伸ばして絶対王者への地歩を固めた感じでした。




ジッチャン的には、観ていて今シーズンのフランスのファニー選手の元気のなさが気になりましたね。

ワールドカップシーズン前に見せていた絶好調の様子とはあまりに違うし、どこか故障しているんじゃなかろうか?
と感じられました。013.gif



それと比べて、同じくフランスのメリッサ選手の活躍ぶりにはかなりビックリでした。


初戦のメイリンゲンで二位になったけれど、表彰台に上るのは二年ぶりくらいでしたし、
年齢的にももうそろそろ厳しいんじゃなかろうか?なんて失礼なことも思っていました。


がしかし、加須ではまたも二位にくい込む健闘ぶり。005.gif
メイリンゲンでの成績がフロックではなかったことが証明されました。


そう思ってよく見ると、たしかに身体は昨年より絞られているようにも見えますね。




それにしても優勝したイギリスのショウナ、二位のフランスのメリッサ、ともにワールドカップでは
中堅からベテラン域の選手。

いずこの国でも、次に続く選手の伸び悩みが問題と言うことではないんでしょうか。


イギリスだと、ショウナに続くのはトレーニングパートナーのリア選手とかミカエラ選手
なんだろうけれど、未だに伸び悩んで足踏み状態。


オーストリアもアンナ選手に続くはずのカタリナ選手他が足踏み状態。



ドイツもユリアがコンペを引退したあと続く選手が出てこない。

今シーズンは、ベテランのモニカ選手が代表として出ているけれど、ユリアを下して
出てきているわけではないので力という面ではちょっと不安な気もします。


ジッチャンは、モニカ選手のモナリザ的顔貌はかなりファンなんですけどねw037.gif
ちなみにモニカ選手、現在はジュニアのクライミングトレーナーをされているようですね。




つうことで各国が次期後継者となる選手育成に苦労しているところですが、我が日本は
野口選手、そしてそれに続く野中選手と人材に恵まれている感がありますよね。


今大会では、野中選手のさらに次を担うであろう選手の活躍に関心が寄せられました。



それと、参戦すればほとんど表彰台にからむマスカレナス選手が欠場と言うことも
あって、日本人選手のワンツーフィニッシュへの期待も高まりました。



結果としては、野中選手が見事に三位入賞。
野口選手が準決勝敗退、そして開催国というプレッシャーの中で素晴らしい成績だと感じました。

やはり野中選手の次を担うのは、岩手の少女か。







【MEN】
b0048854_14553213.jpg




男子はまたもや混戦でしたね。
とくに予選課題A組は厳しめのセットだったようですね。



日本人選手は全体としてベテラン勢がふるわず、若手選手が頑張ったけれど
上位のヨーロッパ勢とはまだ力の差が歴然とあるっていう感じでした。




で決勝は課題との相性がよかったのか、こちらもおよそ二年ぶりにロシアのルスタム選手が優勝。


藤井選手は、準決勝でただ一人全課題完登という抜群の強さを見せ、これは優勝かも?!と
大いに期待を持たせてくれましたが、決勝ではアテンプト差で惜しくも三位となりました。


で、二位に入ったイタリアのマイケル選手。
今年20歳の選手ですけど、過去ワールドカップでは予選敗退や準決勝敗退であまり目立たない
選手でした。
調べてみると、ヨーロッパユース選手権では二度の優勝や何度か入賞経験もある選手でした。


やはりこういうところがヨーロッパ選手の怖いところですよね。伏兵がいっぱいw037.gif



で、ジッチャンお気に入りのストラニク選手は、、、、そうあのなにかやってくれそうな
ストラニク選手は・・・・。



んがっ!! やはりなにかやってくれましたね・・・
せっかく予選を通過したというのに、準決勝のアイソレーションのクローズ時間に間に合わず・・・
で、準決勝に出られず、、


ったくもう何やってんだか。003.gif  
表彰台に立つ力は十分にあるというのにねえ。まあこういうドジっちゃうところも好きなんだけどw 


まあ今シーズンもいろんな意味でストラニク選手からは目が離せないっすなあ。


素人目ながら課題の傾向はやはりメイリンゲンと同じように繊細で丁寧なクライミングが
要求されているようにみえましたけど、あくまで素人の見た感じですからね。


しかしヤンはもうちょい丁寧に登れんのかなあ、足さばきが雑に見えてしょうがないんだけどw037.gif



IFSC Climbing World Cup Kazo Highlight Finals



***********************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-04-27 22:13 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

Climbing Worldcup 2016

どもっ。029.gif



さあて、いよいよClimbing world cupのシーズン到来です!
初戦は、スイスのメーリンゲンでした。



Meiringen 2016 - Semi-Finals







Meiringen 2016 - Finals





すでに結果はご存じでしょうが、リザルトはこんな感じ。



【General result W O M E N bouldering】

Rank  Name     Nation     Final     Semi-final

1  Coxsey Shauna   GBR    3t5 4b6     2t3 2b3  

2  Le Neve Melissa   FRA    2t4 4b6     2t2 3b3

3  Mascarenas Megan  USA    1t1 3b3    2t2 2b2 

4  Noguchi Akiyo    JPN    0t 3b7     2t2 2b2

5  Garnbret Janja    SLO    0t 2b2     4t11 4b11




ジッチャン今回は、準決勝からネット観戦をしたのですが、相変わらず準決勝課題に関しては
なかなかの厳しさでしたねえ。045.gif



一見するとトリッキーな課題ばかりに見えるけれど、完登した選手の登りを見ると意外にも
オーソドックスなムーヴで攻略するのが正解のようでした。



深読みしすぎて読みが外れている選手はなかなか登ることが出来ないような感じでしたね。
このあたりは昨年からセッターの試行錯誤が感じられました。





で、ジッチャンは本国での代表選抜コンペなどを見た感じから勝手に予想し、やはりショウナ、
マスカレナス、ファニー、野中選手、ってあたりが順当に勝ち進むであろうと思って観ていました。




が準決勝の結果は、野中選手がふるわず、経験値が勝る野口選手がベテランの意地を見せて
見事に決勝に進出。049.gif




まあ、ショウナとマスカレナスは順当として、驚いたのがメリッサの成績。
登れなかった課題もかなりいいところまで行っていたし、なんか調子がよさそう。043.gif




今回のワールドカップで一番観客を魅了したのがメリッサじゃないのかなあ。
ラストトライで完登するシーンではみんな盛り上がっていたしね。



しかしすでにベテランの域にあるメリッサが上位にくい込む成績を上げるところをみると、
やはり今回の準決勝の課題傾向はどちらかというとオーソドックスで、かつデリケートなムーヴが
多かったんじゃないかと思います。

どちらかというとメリッサは、ドッカーン!とかフィジカルを総動員して力でおさえこんで登るような
スタイルは苦手みたいだしね。



やはり一昨年までのドッカーン!バビューン!!っていうジムナスティック系の課題は一過性だったのかね?039.gif

まあなんにしてもショウナは苦手系と言うのがあまり感じられないし、実に安定していましたね。
フィジカルも強いし、ワールドカップでの戦いかたにも慣れているから落ち着いていました。



マスカレナスはまだ本調子ではない感じだったけれどクレバーで天才肌の人だから今シーズンも
大崩れはしなさそう。





あといまだによく分からないのが、ヤンヤですな。

たしかに準決勝では若さからくる勢いはすごく感じたし、ただ一人だけ四課題完登で準決勝首位という
怪物の片鱗も見せたけれど戦略的にはアテンプト数が多すぎたように感じました。



まあ、もしかすると決勝で完登数、ボーナス、アテンプトなどが並んで同着になった時のカウントバックを
考慮して飛ばして行ったのかも知れないですけど。045.gif

男子の方の準決勝進出ラインなんかはボーナス、アテンプト差などのきわどいラインで決まりましたしね。



ヤンヤと言えば女子準決勝第一課題、ややトリッキーなスタートをさせる課題でゴールを取りに
行く時に日本で言うサイファームーヴを起こすと現場の解説者が、「ハハッ、ポゴだよ」って
言ってましたね。
やはりあちらでは、ポゴで通っているんだね。


昨年のリハーサルコンペでもみられたけど、ヤンヤはどちらかというと
レッドポインターなのかな?
トライを続けながら精度を上げていくタイプの選手かも知れないですね。



いずれにしても力がある選手だから、今回の戦いについてじっくりと研究して、
次戦の準備をしてくるだろうからかなり楽しみです。 期待は大なりつう感じですな。





で、男子のリザルトはこんな感じでした。

【General result M E N bouldering】


Rank   Name       Nation    Final      Semi-final

1    Rubtsov Alexey    RUS     2t6 3b10   3t6 3b4

2    Stranik Martin    CZE     2t6 2b6    2t4 4b11

3    Verhoeven Jorg   NED     2t7 4b10    2t3 3b5

4    LEVIER Alban    FRA     1t1 2b2     3t6 3b3

5    Schubert Jakob   AUT     1t3 3b14     2t3 3b4




男子選手についてはもうなんか全く分からない感じですね。003.gif

なんだか優勝する選手、表彰台に上がる選手がころころ変わっちゃう。
キリアンみたいに苦手課題の少ない絶対王者的な選手がまだいない。



で今回、準決勝の首位は驚くことに?なんとタイ・ランドマン! 
失礼ながらかなりビックリでした。037.gif



ランドマンって言えば外岩の高難度をバリバリ登っている人っていうイメージが強かったし、
本国のコンペでもティーンエイジャーの頃は見かけたけれど最近ではほとんど見なくなっていたしね。



ムーンの秘蔵っ子的な印象が強かったけれど気づけばランドマンも25歳。。
いまや十代半ばの選手たちが鎬を削るボルダリングコンペシーンにもどってくるとはなあ。



それでも準決勝では三名しかいなかった三課題完登者の中でもっとも少ないアテンプトで
上がっているからたいしたもんです。



とくに男子準決勝第二課題の激悪マントル課題では外岩派の実力を見せた感じでしたね。
カッコよかった!049.gif




優勝したルブトフは、このところ絶好調な感じですな。

ドミトリーみたいな花はないけれど、ロシア人クライマー伝統?の鋼の指を持っているようで
凄まじい保持力です。003.gif



ところでこのルブトフ、かなりクレバーというかドライな性格のようで、他のコンペ動画などを観ていると
優勝がすでに決まったあとの課題トライ(消化課題?)はあまりやる気を出しませんね。
持ち時間をうんと余らせてやめたりして観客を興ざめさせたりしてます。



まあ、プロだから優勝が決まっちゃえば、あえて無理して故障したら大変だし、
それが本当なのかも知れないですけど。

この先、もっと人気が出てきたら魅せるクライミングもしていただきたい感じです。




ジッチャンとして最近のお気に入りは今大会で二位となったチェコのストラニク。
この選手、なんか見ていて、こいつはなんかやってくれそうだぞっ!って感じがして好きなんですw003.gif




まあ今回、日本人選手が表彰台に上れなかったのは残念でしたけれど、次戦はホームの加須。
体調を万全にして必ずや男女ともに表彰台に立ち並ぶ姿を見せてくれるはず!



加須ワールドカップは、4月23日(土)~24日(日)です。 

日本人選手の皆さん、頑張って下さい!074.gif

*********************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-04-18 12:38 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

いざや

どもっ。029.gif


またちょいと寒気が入って寒くなりました。
春爛漫まではあとちょっとですかね。 




さて、先日の阿島ちゃんの偉業にはクリビツこいたジッチャンですが、
このところは外岩での高難度完登ニュースがひっきりなしなんですね。



先日来も村井君が本来の実力を発揮し、五段クラスの課題を何本も立て続けに完登。
一気にブレイクスルーした感じです。



なにかクライミングの世界がまたひとつ大きく前進する幕開けを目にしたような
気がします。



瑞牆では、安間君、オンドラ、ジョンウォンの三人が揃って「アサギマダラ V15」を
レッドポイントしたみたいですよね。



しかもオンドラ君、スクワマの片方を瑞牆に落として来たようで、それを拾った方が
(なぜ国内でまだ未発売のスクワマが?・・・しかも片方だけこんなところで?・・・)と
なかなかミステリーな話題を提供したようですし。037.gif



安間君は、ユージ氏の「フラットマウンテン 5.14d/5.15a」のレッドポイトンにも
成功したようですね。



ここでもやはりコンペティター最強説は揺るがない感じです。

あまりアウトドアで登らないコンペティターでもちょいと岩に慣れちゃえば、
すぐに高難度をヒョイヒョイと登れちゃうわけです。045.gif




こういう情報ってのはありがたいですね。
 
なにがって普段からインドアでしか登っていない人でもそれなりに真剣にトレーニングすれば
登れるレベルはそれぞれなれど、ちゃんと外岩でも成果が出せるんだ、っていうことで励みになります。



なので気力、体力が衰えたジッチャンながらこれからもインドアで頑張ろっ!
って気にさせてくれます。034.gif





つうことで本日は中五日?くらいで定番ジムへ。
前回のチャリ通いに懲りたので本日はエンジン付のチャリ。



ん~、原付なんて何十年ぶりでしょ? 思い返してみたら三十数年ぶり!?005.gif

それもたしか二~三ヶ月くらいでイヤになってすぐに友人に売却し、250ccの
オフロードバイクに買い替えちゃったし。




とまれそんなわけでジッチャン原付再デビューです。


しかしあれだね、、慣れていないせいもあるけどスクーターってのはバイクと言うより
オモチャって感じがしますね。



なんでしょ、このニーグリップが出来ない不安定感、、パンツを履かないでいきなり
ズボンを履いちゃったような下半身のフワフワ感?w なんとも落ち着かない。。037.gif


よくこんなのでコーナー倒し込めるなあ・・ヒザの押し出しができんよ。。


あー、、辛抱できるかなあ。 
無理は承知だけど、どうせならちゃんとしたバイクが欲しいっすう。
BOLT Cスペックあたりでもいいんですけど・・・・超贅沢w 003.gif




で、そんな夢みたいな事を考えているうちにジム到着。


店の前では店長が、ハリボテ片手になにやら作業中。
どうやらホールドをあれこれと仕入れてきたご様子。



店内のマット上にも購入したホールドがずらずらと並べられていてなかなか壮観。
ジッチャンもペタペタとお触りさせてもらい、ニタニタw 



いやあ、やっぱり新しいホールドっていいですなあ。
壁にどういう風にセットされるのかは後日のお楽しみとして、アップ開始。



本日の作戦は、ヨレる前にスラブ課題攻略!なはは。037.gif



で、もうすでに障碍が出ている右手指関節と右肩周りを軽くマッサージと
ストレッチをしてから登っていなかった3級を二本登ってアップ終了。



ジーニアス君に履き替えていよいよ宿敵スラブ壁。


先週のムーヴを思い出してつつ1便目、、、失敗。
2便目、、、、失敗。


イカン!またハマっちゃうぞ、と一呼吸置いてしばしオブザベのやり直し。


ん~、あそこで手に足だと左足加重でバランスが崩れちゃうし、かといって
両足上げての正対だと壁からはがれやすくなるよなあ~・・・


おおっ!そうかマッチからの左足、右足上げの順でいいじゃん。
で3便目でやっと完登。 



いやはやずいぶん掛かっちゃったけど、これでスラブ壁の2級は全部終了、ほっ。
あとスラブ壁で残っているのは、1級と初段が各1本ずつだから当分は
触らなくてすみそう。003.gif




さてとお次は、これまた鬼門の遠藤女史の課題。
遠藤さんの課題、苦手なんだよなあ~。015.gif



で、まずは全ホールドをブラッシングしつつ、もう一度確認。
しかしあちこちにかなりの量のチョークが。。 
けっこう皆さんも苦戦している様子だなあ。037.gif




この課題、出だしからのムーヴは問題なくて核心は1ヶ所。
中間部のやや悪い三角ボテからの一手のみ。 
保持力と言うよりは、足位置やバランスで身体を切り返して次の一手取りが全て。




どうも遠藤さん課題は、保持しづらいホールドで身体を切り返して・・っていう
バランシーな動きを要求されるのが多いような感じで、力任せで強引に行くと必ず
しくじる。




でやってみた。1便目、ボテから動けず。 2便目、強引に出てホールド取りっぱぐれるw
3便目、同じ。4便目、同じ・・・・・。



イカンねえ。 で5便目、ボテの保持の仕方を変え、スタンスに乗せた爪先の向きを
僅かに変えてみたら次の一手が取れて完登、ふぅぅぅぅ。042.gif


かなり便数を費やしたけど本日なんとか2級を二本。相変わらずヘボヨワジイであります。




そうこうするうちに最初はほぼ貸切状態だったジムもお客さんがポツポツと来店し、
あちらこちらの壁で登り始めた。




つうことでジッチャンも冷やかしお遊びにチェンジ。
すいている壁に手数の少ない1級が3本ほどあるのでそれぞれのムーヴ解析というかお遊び。037.gif




三本のうち二本はムーヴ系なのでザックリとながら解析が出来て、これは可能性ありと判断。
残る一本は、ムーヴもさることながら保持力もかなり試される課題で見込みは薄い感じw




で、見込みのありそうな二本をパートごとに練習して手順決め、ムーヴ決めをしてみる。
手順に合うようにいろいろといじってみるけれどどうもしっくりとこない。



こりゃあ次回再考の余地ありってとこですな。013.gif
で、なんやかやでまた肩の痛みがひどくなってきたので本日は終了。




帰り際、月パスを購入するかどうか悩んだけれど、いまの身体の具合を考えると
いつなんどきジムどころじゃなくなるか分からない。
思案のしどころざんすなあ。045.gif





つうことで、帰宅後はいつもの動画鑑賞です。


先日のショーン、ショウナが優勝を果たした『CWIF 2016』がどちらかというと
オーソドックスな傾向の課題でしたが、今日のはなかなかですよ。043.gif




昨年のワールドカップボルダリングは、一昨年のコーディネーション系課題から
やや傾向が変わって、保持力や繊細なバランス、ムーヴといったややレイドバックした感じの
ものが多くて、コーディネーション系課題にめっぽう強いクライマーたちが苦戦していましたよね。



そのせいかどうかは知らないけれど、あるいは今回のセットはその裏読み?

今シーズンはまたもやピョンピョン系コーディネーションものが来るんじゃないの?と
予感させるような課題群です。

セットは、スタントワークのチームかな?013.gif




それにしても男子課題は激悪!ほぼワールドカップさながら。005.gif
 


女子には、お久しぶりのジュリアナが参戦していたけれど、やはりコンペから退き、
本格的なトレーニングからも離れているせいか往時の登りとは少し違っていて、
勘がもどっていない感じでしたね。
それでも決勝には進出してくるんだからすごいもんです。



女子の優勝者ファニーは、いかにも現役バリバリコンペティターといったスゴい登りで
全完登!049.gif  





ってことで、お時間があれば『Blocmasters international 2016』を。


【フルバージョン】






【ノイマン監督編集バージョン】





*****************************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-03-23 22:30 | Soliloquy | Trackback | Comments(3)

春きたりなば

どもっ。029.gif



いやはや今さらですが世事に疎いジッチャン、先日『日本死ね!』なんて言う
物騒な記事を見て、なにごと??

と思ったら、そういうことだったんですね。。



しかしジッチャンの素朴な疑問なんだけど、あちこちで少子化だぁ~、子供がいねえ~、
って騒ぎまくっているのになんでそういう施設だけは足りない!って事態になっちゃっているんですかね?

昔は今より子供が多かったはずですよね? う~ん不思議だなあ。013.gif





それはさておき、タイトルにも書いたとおり、今年もいよいよ迫って参りました。

IFSC Climbing Worldcup !  043.gif
初戦は、15 - 16 April  スイスのマイリンゲン。 

風光明媚ないいところらしいですなあ~、行ってみたーい。
マイリンゲンって言う地名は、メレンゲが由来になったとかって話もあるようですが
まあともかく開催が待ち遠しい限りです。




今年のプッチオはどうかなあ。
リハビリから復帰後のコンペを見ているとまだ足をかばうような仕草を見せたりしてますよね。



あれだけ筋繊維が肥大して筋肉量が増えちゃうと断裂もしやすくなりそうで見ていても
心配になっちゃいます。



輪ゴムなんかもそうだけど、細いのはビョ~ンと伸びてしなやかだけど、太いゴムは
反発力も強力だけど伸びきったときに突如として、ブチン!ってなりますからね。



それに筋繊維が筋膜の中で滑りながら動いているってことを考えるとあまり太くなると
滑り抵抗が増えて筋収縮スピードにも影響が出そうな気もします。



ってことで、先日行われたプッチオさんとアシマちゃんの動画を。



二人の登りが実に好対照。 剛のプッチオさん、柔のアシマちゃん。
登っているときの二人の身体全体の筋肉の硬直具合、共縮の有無を見ていると
実に興味深いです。




動画の最後にプッチオ兄さんが、男子決勝課題をサクッとフラッシュしているところも見物ですよw003.gif






で、スイスのあと第二戦(4月23日・24日)は、いよいよ加須ですよね。
これもドエリャー楽しみです。

ホームの利を生かして、日本人男女で優勝なんてのをぜひ見てみたいもんです。



今年、マスカレナスは、アンナ、野口選手に続く、絶対王者へ地歩を固めるのか。
それとも野中選手が一気に躍進するのか、リハーサルコンペで見せたヤンヤの力は本物なのか?!



そして男子は、藤井選手の優勝は、はたまた新たな伏兵は現れるのか!?
もうこれはワクワクもんです。 



あと一か月足らず、またドラマが始まります!

あーっ! こうしちゃいられねえ!とりあえず明日ジム行く!ww003.gif




で、ついでに【THE CLIMBING WORKS INTERNATIONAL FESTIVAL 2016】の動画も。
スタートは15分あたりからですが、たっぷり2時間。
壁は小さいし、セットはオーソドックスながら面白いです。




こういうのを見ると壁のスケールを問わないセッターのセンスってのはすごいなあと感じます。
まあ女子第一課題のスタートは10年以上前のアイデアでちょっとあれですけど
そこからのムーヴで手数を使わせるってのはいいですね。037.gif

 

そして男子最終課題、やっぱりショーンは見せるよなあ、かっこええわ~049.gif


ショウナも調整がバッチリみたいですね。 他選手に比べてあまりに力が図抜けてる。
今年もいい戦いが見られそう。







*******************************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-03-19 23:27 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

桜梅桃李

老害です、どもっ!029.gif



最後っ屁のような寒波がやっと終わり、もわ~っと生暖かくなって参りましたね。
けっこうけっこう。

がしかし中期予報によるとまだ油断出来ないようなことも言っていました。
年々、確実に地球の機嫌は悪くなっいてるようです。



よく地球温暖化などと言っていますが、おそらくは悠久なる惑星サイクルの途上って
だけじゃないんですかね。

なにか自然に異変があるとすぐに、人類がぁ~、とかって有識者ってのがこじつけるけど、
それは傲りってもんじゃないですかねえ。


自然災害をなにひとつ蹴散らせないような人類がこの惑星の環境を変えてしまうとか、
ちゃんちゃら可笑しいような気もします。003.gif

まあ人間の傲り、高ぶりなんでしょう。





とまあ、いつものようにまずは朝の天気予報にいちゃもんをつけつつ、本日も週一ジムのお支度。



このところ週一君ながら苟且のホームとなりつつある御丸さん。

まあ相変わらず調子は右肩下がりで一向に止まる気配はないのですが、それでもペシペシと
ホールドを撫でているだけでも楽しいもんです。037.gif



さあてと、、、どうすっかなあ・・ぼちぼちガソリンも乏しかったような。039.gif



それならば、ここはひとつ下流老人らしく徒歩でジム!


いやいや待て待て、早まるな、、さすがに片道二時間弱の歩きはw 
行きはいいけど帰りがかったるいっしょ。



つうことで無難にチャリを選択、まあ30~40分ってところかね。


ってことでキーコキーコ漕ぎ出したはいいけれど、車でスイスイと来たときには
気にもとめなかったアップダウンの多さ。。



いやはや笑い事じゃないくらいダラダラとした登りとか陸橋が何カ所も出てくる。
もうジッチャン、フーフー言いながら必死で漕ぎまくる。003.gif




途中二度ほど、行くのやめて帰っちゃおうかな・・と思ったけれど中間地点は過ぎているらしいので
point of no return.....だのう・・・と涙目で猛スパート!



で、ジムに到着したら膝がガクガク、、、ムキになりすぎちゃった。042.gif

お陰で身体はすっかりとアップというかあっぷあっぷの終了状態。
案の定、薄被りで登りだしたら笑ってましたよ、ヒザがw



で、4級を数本登ったところで早くもお疲れ~な感じ。
こりゃあ、今日はアカンわ~。



やっぱり歳を考えないといけまへんね。 何のためにジムに来たか分かんなくなっちゃうよw
来週のチャリ通いはやめようと固く決意したジッチャンなのでした。045.gif

とまあこんな具合なので今日だけはノルマの消化を忘れ、次回のための偵察お触りに終始。




で、前回途中から固まって動けなくなっていた2級だけ真剣に観察。


ん~あそこから動けなくなっちゃうんだよなあ・・・・・。


上部で二等辺三角形状態?

両手は悪い縦ホールドを身体正面でガストンマッチしているし、左右両足は伸びた状態で
乗っていて、まさにジッチャンの二等辺三角形。003.gif


で、この状態から左への身体の振りができんのだよなあ~。



と腕組みしつつ、ジーッと壁を見上げていてまたも見落とし発見。

なあ~んだぁ、右壁プッシュして、そのあと右足をちょいと怖そうな壁スメアして押せば
三点バランスが崩せてムーヴ出せるじゃん!




つうことでまずはヤバそうなホールドと壁を入念にブラッシングしてスタート。
読みどおりに手順を進めて、せーの!で右足スメアを出して、ちょいちょいでゴール。


読みどおりに1便目で完登。 しっかしこんなのちゃんと考えればオンサイト出来るじゃんなあ~、、
いつもながら情けないや。002.gif




つうことで、本日はノルマには遠く及ばないながら1本だけでも登れたのですっかり満足して、
あとは次回の下準備?ためにいろいろな課題を乱れ打ち。


もう次回からはオンサイトもフラッシングも狙えないだろうとの判断ですw003.gif



自分の力量で一撃を狙えないレベルの課題ばかりになってきちゃうとジム遊びの楽しみも
半減、というか激減しちゃいますね。

やはり”クライミングの神髄はオンサイトにあり”ってことですね。



なによりも始めた頃に師匠から
「オンサイトグレードが上がらなくなったところでその人の伸びしろは終わり、力の限界」って
言われたセリフが今でも耳に残っています。

まあ今となってはただ空しく響くだけですけどね。037.gif

つうことで本日もガックシと十分に疲弊したところで定番のスラブ課題お触り。




いまだにスラブに残る2級はどうにも二手目が取れないので毎回ほぼ諦めつつのトライだったけど
今日はなぜだかすんなり二手目が取れちゃった。



なぜ~なぜなの~♪ と自身が一番驚きつつ、そしてビビりつつ、かつイヤな汗をかきつつ
ジブからジブへと進み、上を見上げる。


ぬぬぬっ!あれを止めれば行ける! 

もうビビってる場合じゃねえ!



ジブアンダー手に足! ツツツ、、ツツツ、、ジワリジワリ、、、あと2cm・・・
ツツツ、、、ツツ・・・・アーーーーーーーーッ!



落ちましたwwww003.gif

で2便目も同じところで落下。。。。


こりゃあ今日はアカンな、ということで潔く終了。
しかしなかなかの好感触。 こりゃあ次回は行けちゃうかも、かも。。。



いや、まてまて、ジッチャンのこういう考えこそがまさに傲り高ぶりなんじゃないの~、と
自戒しつつ、本日は早めに撤収。

そしてまた向かい風を浴びつつチャリを爆走させるジッチャンなのでありました。


もうチャリでは来ないよ、絶対!(←かなり懲りたw)。085.gif

******************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-03-18 21:23 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

ドミナントの落暉

The North Face cup 2016の動画中継にかぶりついているジッチャンです、どもっ。029.gif



今年はとうとうオンドラ君まで引っ張り出されたんですね。
いやあ、豪華な顔ぶれです。005.gif
日本選手勢も今が旬なクライマーばかりでまさに総力戦な感じ。


ジッチャンも来年あたり、O-60のクラスで参戦したいなあww




まあアホな話はさておき、このところまた寒い日が続きますね。 
もうそろそろ暖かくなってきてもいい頃なのに。

みなさん、体調などくずさないようご注意下さい、、、、ってジッチャンのお前に言われたくない。037.gif



まあ、たしかに日に日に体力が落ちているジッチャン。

残された人生のささやかな楽しみだったはずのジム巡礼も諸般の事情で
なかなか思うように行きまへん。



なんつうか、行こうと思えば行けるのですが、いまひとつ食指が動かないというか、
なんというか・・。




関東近辺、首都圏でここ何ヶ月かにオープンしたジムのほとんどが、既存ジムの2号店とか3号店、etc
なので、トンデモ、、じゃなくて、ちょっと変わったジムが好きなジッチャンとしては、どうも
ようし!行くぜ!っていう気分が盛り上がってこない。




まあ、既存ジムの2号店とかなら、まず安心だし、安全だし、かつ一定以上のクォリティは
保証されているので、アッチャー・・ってことはないんだけど、逆にいえば予定調和を確認するだけって
感じで、それだとわざわざ遠出するのもなあ~、ってところなんです。




まあ贅沢な話ですけどたまに、な、な、なんなんだこのジムは!005.gif ってのにぶち当たりたく
なっちゃうんですよね、困った性分です。

それになにより話のネタになるしね。037.gif





とまあ、ジッチャンのそんな勝手な思惑など通じるわけもなく、このところ相次いでオープン&
オープン予定のジムはどれも老舗の号店ばかり。




潤沢な資金力にものをいわせ、とうとうザギンにジムが出来たと思ったら、なにくそって感じで
あの帝王が近辺に出店予定、すると、ちょ待て!とばかりにあのクライミングジム界の巨人が
またも都心に出店を。




いやはや、いよいよですか、機は熟した!ってところですか?013.gif

なにやらドミナントを思わせるように揃って都心への出店ラッシュ・・・怖いですねえ~・・。




ビジネス無関心のジッチャンながら今の状態を見ていると業界ライフサイクルの導入期、成長期ときて、
成熟期のいよいよ転換点に近づいてきたんじゃないの、って気がします。



となると次に来るのは熾烈な転換期、安定期ってことなんだろうけれど、これからいずれどこかが
傷つき血を流すことになる期間に突入するってことですよね・・・。




成熟期の山がいつまでもつのか、そして転換点は・・・・そしてどこへ収斂していくのか・・・
まあ門外漢のジイサンには知るよしもないのですが。

まあ、2020年を境に今まで以上に急激な少子化、人口減が進むのは確実なのでいろいろと
大変なことになるんでしょう。



いずれにしろどんな業界でもちゃんとした戦略をもたないところは今後厳しい時期に
突入しそうな感じではありますね。


まあ結局のところそんなこととクライミング自体とはまったく関係のない話なんでしょうけどね。
ジッチャンとしては早いとこくたばって社会のお荷物にならないように気をつけないとな。




さあてと、まもなく決勝~! 始まるよ~!043.gif



*****************************************************************************************


[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2016-03-13 00:08 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)