2011年 08月 28日 ( 2 )

ラッキーじいさん

 昨日は、ウエストロックのストーンマスターコンペでお遊びしてきました。




 参加クラスはミドル。。なんたってココには三回ほど登りに行ったことがあるけれど、やや辛めのグレーディングで1級は一本も登れていないし、2級も数本しか登れていないのでとてもマスタークラスでは無理っぽいってのが理由。037.gif




 で、やや渋滞にはまりつつも受付時間よりだいぶ早めに到着した。 さてパーキングを、、、と事前に調べておいたところへ行ってみるとすでに満車・・・。 ふふん、こんな事もあろうかと次の場所へ、がここも満車・・・、むむう、いやな予感が。。。




 三ヶ所目、満車・・・・、なに~。。005.gif と言うことでどんどんジムから遠のいていくは、値段が高くなるはで。。。025.gif なんとか四ヶ所目でやっと空きを見つけて駐車。 波乱を予想させるまさかの駐車場核心からこの日は始まったのでありました。003.gif






 結局、ジムに着いてみればいつもどおり受付時間ギリギリ。037.gif 参加選手もみんな予選課題のオブザベも終わって鼻息も荒くアップ壁にわしわしと取り付いている。






 まあなんとかなるでしょ、、とおっさんのんびりと準備。 すぐにルール説明で競技開始。 まあ予選はセッション形式なのでオブザベもする必要なしで前の人の登りを注意してみていれば問題なし。





 予選10課題で、70分の1ラウンド。 一課題につき、完登は10ポイントとボーナスポイントが1ポイントつくので、10課題完登すれば、110点が最高点。






 一緒に参加したエナジーのdadaさんがボーッとしているワタシを心配し、いろいろと情報を教えてくれたのでなんとか朧気ながらコンペの様子が分かった。 dadaさんサンキューでした。045.gif






 で登りだしてみるとdadaさん情報のとおり、課題はかなり易しめで4級がほとんどで、二課題ほど2級くらいの怪しいのがある。まああれがセッター陣の保険なのかな?って感じ。045.gif





 決勝進出はおそらく全完登だろうなあ~、と思いつつ、人の少なそうな壁にあちこち移動しながらお登り。で予想どおり、件の二課題以外は一撃で終わらせて、さてさて問題のやつを触ってみるか、と最初のトライ。




 核心はスローピーなホールドからの一手。 他の人を見ているとそこまではすんなり行くけれど、マッチしてからが動けない様子。





 スローパーには左手からしか出せないようにしてあると言うことは、ホールドをクロスで持ち替えかな? まあ一便目は普通にマッチしてチョロッと手を出してドスンと落下。 二便目は保持する位置をちょいズラしてみたけれどこれまたボデッと落下。003.gif




 ああ、こりゃあオープンじゃいかんな。。。と言うことで三回目はオープンで止めたあとガチャもちっぽくピンチしてみたらしっくりといき完登。





 さあて9完登かあ、あと一つ。。が、残っていたのは苦手系の引き付けロックで三手目の遠いホールドをジワジワと取りに行く課題。 見た瞬間からできる気がしないタイプ。003.gif





 まあとりあえず三回は触ってみようと言うことで、一回目ドスン、二回目ドデッ、三回目ボデッとなすすべなく敗退。。015.gif 三手目のボーナスホールドが取れれば完登できそうだったんで残念な気持ちもあったけれどまあこれが実力。





 9本登ったところで残り時間はまだ30分もある。でもなんだか疲れちゃったし、眠いし、腹へっちゃったしでイヤになっちゃったんでもう終了にした。





 まあ予選通過は厳しいだろうなあ~、と言うことで休憩時間に入ってすぐ食事。でどうもまだ足りないのでコンビニまでお買い物。 ここで人生初、コンビニのレジでフォーク並びに遭遇。奇妙な感じだったな。037.gif




 二番レジの子がなかなかカワイイので二番二番、、と念じていたけれどオッサンはやはり隣の三番レジのおばちゃんに当たってしまったのでした。 運もないみたいだからやはり決勝は無理かぁ~。003.gif





 で、しばらく待っていると結果発表。 全完登の選手はいなかったようで、9完登1ボーナスで、100点の人が団子状態。ワタシは9完登で99点。 採点ミスで89点にされてたけど・・・・・。でもまあギリギリで決勝進出。





 あちゃー、だいぶ食べちゃったし、ノンアルコールビール飲んだり、コーヒー飲んだり、コーラ飲んだりしてお腹たっぷんふっぷんなんですけど。。041.gif





 こりゃイカンと言うことでオシッコを絞り出しつつ、ウロウロ動き回って体が動かす。しかし睡魔が。。。 オッサン危うし!アイソレーションで眠るんじゃない!起きるんだ、目を開けろ!寝ると死ぬぞ!003.gif 



 (続く ↓ )



*******************************************************************



 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2011-08-28 09:45 | competition | Trackback | Comments(1)

ラッキーじいさん その二

 (続き)


 決勝は課題数三本。これまた人生お初のサドンデス方式? ん~なんのこっちゃろ?と思ったけど、ようは一人ずつトライして、その課題を登れた人だけが次の課題に進めるってことらしい。013.gif




  
 他の決勝進出者はアイソレーションルームでかなり緊張しているみたいだけど、オッサンはタナボタ進出なので楽しめればいいやくらいのお気楽モード。まあしかし観客の方もいるし、あまり無様な登りもできないので少しずつウォームアップ。





 まあ体がだいぶ寝てしまったのか動きが悪い感じ。 予選ビリケツなので出番は一番。よーし玉砕じゃ!って感じで壁前へ。




 第1課題は、凸角を挟んで、デカイホールドを左右バチーン、バチーンと止めて、最後に大嫌いなブローホールドでマッチしてのゴールド取り。




 ここまで来たら面倒くさいことはなしじゃあ~、と言うことで足技なんぞ無視してバーンと飛んでバシッと止めて、ビターンと止めて、グワシッと止めて、ムグググとマッチしてゴール!思いがけず一撃。 あれっ?登れちゃった・・と言うのが正直な気持ち。037.gif





 が、ワタシが登れると言うことは他の人も簡単と言うことで、みなさん危なげなく次々に一撃完登。 ん~、サドンデスだからこれだとまずいだろうなあ~、やはり予選のカウントバックで敗退かな。045.gif




 
 と思ったら一名の方がまさかの取りこぼし。 オッサン、ラッキーにも二課題目へ進めることになってしまった。037.gif






 ワタシを含めて残るは四名。と言うことは頑張れば三位も夢ではないな、、、なあんて欲を出して考え出したらとたんに緊張してきた。003.gif






 で二課題目もワタシが一番手。今度は薄被りからルーフに抜ける課題かあ。ホールドはどれも悪くなくて、手順、ムーブの読みが勝負の分かれ目って感じ。





 核心は一ヶ所のみだし、ムーブの読みがあっていれば一撃できるかも。 アンダースタートから立方体ホールドでカンテ向こう側のホールドにバーン、立方体にヒールフックして、クロス気味にやや悪ピンチを保持。





 ルーフ真下にあるガバアンダーホールドにバーンと飛んで次にテクニックホールドを取ってからガバアンダーを挟み込んで、ルーフ脇のホールドを止め、テクニックホールドにヒールフックをしてちょいガバを取ってゴール。





 で、スタートして中間部までは問題なし。核心と思われたテクニックホールドも取れて、ガバアンダー挟み込みもでき、あと一手止めればいただきだな、と思って手を出したとたんアンダーを挟み込んでいた足が外れて大きく振られ、フラレ落ち・・・。002.gif





 もしかするとムーブが違っているのかな?それともテクニックホールドの持ち方か? 疲れた脳みそではなかなかムーブの修正も思いつかず、そのまま二便目。





 がすでに一便目で体力を使い果たして、先ほどより高度が上がらず完登できず。 あー今度こそ終わったなあ。 アイソレーションにもどって今のムーブを思い返したけれどやっぱりどうもいいムーブが思いつかなかった。037.gif 




 
 さあて帰り支度かな。とシューズを脱ぎ、チョークバッグを片付けていると次の選手もその次の選手も完登ならず。 う~む、、で最後の選手が登場して観客は盛り上がるものの、あ~~””と落胆の声が。。




 
 結局、完登者なし。。今度こそ予選のカウントバックだろう。 と気持ちも完全にスイッチオフ。 






 がなにやらセッター陣、主催者側がゴニョゴニョと相談。 まあ全員が未完登だとスッキリしないと言うことらしく、四名全員で三課題目突入と言うことになった。005.gif







 棚ボタどころか棚から青山コートロールのロールケーキが落ちてきたような僥倖。043.gif  よーし、もうガンガン行くぞう!





 と言うことで、またまた一番手のオッサンは、なんだかよくわからん課題を一便目から力任せにグイグイと登り、気がつけばあとはゴール取りのみ。 くそう、核心はゴールどりかあ。。マッチするか飛ぶか、、、刹那考えてマッチしたとたんに落下。。




 マッチして保持する体力は残っていなかった。あそこは躊躇せずに飛ぶべきだったな。で、二便目以降はヨレヨレで精彩なく終わってしまった。





 次の選手二名は完登したし、残りの一名は完登できなかったけれど予選でワタシより1ポイント多い選手なのでこれで順位決定。まあ体調不十分ながらなんとか四位には入れたから御の字です。045.gif





 で帰りの準備を終えて表彰式を見学。 明日は横須賀の新ジムに行く予定だったけれど思いがけず決勝に進め、嬉しかったけれど体力は使い果たしてしまった感じなのでのんびりするかなあ。





 キッズ、ビギナー、と表彰式をながめているとこの中から何年かしたらまた強いクライマーが育って行くんだろうなあと思った。 今までコンペを見ていて思うのは、強くなる人と言うのはあっというまに強くなると言うこと。





 一つのカテゴリー、レベルに何ヶ月もいる人というのは残念ながら頭打ちでそれ以上の向上はほぼ望めないと私見では思いますね。伸びても微増と言うところでしょうか。





 アクビを連発しつつ、そんなことをボーッと考えて、さてトイレ行って帰るとするかあ。 とトイレに向かうと後方でアナウンスが。 今回、最年長出場者の・・・ん?ワタシのこと?なんで?





 なんと三位に! 005.gif ん~、なんで? 決勝は一課題しか登れてないんですけど。。。予選のカウントバックしてないのかな? でもマスタークラスは予選のカウントバックで順位がついたみたいだし?





 まあいただけるものはありがたく頂戴しますです。037.gif と言うことでとりあえず三位になりました。






 駐車場がなかなか見つからなかったけれど、コンビニのレジがおばちゃんだったけれど、とりあえず今回のコンペに関しては思いがけないことが連続でラッキー以外の言葉がみつかりまへんね。





 さてなんとか次回コンペへの出場権?は得られたようなので、次回のコンペはちゃんと体調を整えて臨みたいですな。 ていうかやはり土曜日のコンペはオジサンには、ちときついなあ~。平日の仕事疲れが抜けていなくて寝起きから辛かったしね。014.gif






*******************************************************************




..... Ads by Excite .....







 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2011-08-28 08:47 | competition | Trackback | Comments(6)