一進一退

 寒さが一段と厳しくなってきたお陰で、
天気は安定してきたな。
こっちの肩の方ももう少し安定してくれると良いんだけどなあ。002.gif




 治療院に薦められた地味なインナーマッスル・トレーニングは、意外に有効な感じ。
チューブ・トレーニングとエアーフリッパーなる怪しげな(?)器具を使って日々メニューを
こなしているけれど、トレーニング直後は、確かに肩の内部が温かくなり、痛みは和らぎ
可動域もひろがる。005.gif 



それだけでも続けていく価値は、十分に有りそうだ。
しかもトレーニングの効果なのか、直後には棘下筋に少し筋肉の張りを感じる。



不快な張りではなくて、心地よい疲労感みたいなものなんだけど、これがトレーニングが
効いている証なら嬉しいな。


 ただ治療院で指摘された、肩胛下筋や棘上筋には何も感覚がないのが心配でもある。


まあ、インナーマッスルは、アウターマッスルと違って、ハッキリとした外見の変化や体感は
少ないのかも知れない。



 ところでインナーマッスルは、個別にトレーニングしていかないと摩耗していく、減ってしまうと言うのには、
驚いた。005.gif



普通、筋肉は動かしていれば、トレーニングをしていれば衰えることは無いと思ってしまうんだけど、
インナーマッスルは違うようですね。



たとえばプロ野球のピッチャーなどは、シーズンインに計った肩のインナーマッスル筋断面積が、
シーズン終了後には、20%くらい減っているそうです。 
このことから消耗する筋肉と呼ばれるそうです。




 クライミング、特にボルダリングのようにジムナスティックな動きが多く、肩に負担を強いるムーブを
頻繁に行うとアウターマッスルは発達するもののインナーマッスルは、消耗、摩耗していくらしいですね。



で、しまいにはワタシのように肩に違和感を感じたり、脱臼しやすくなってなってしまうようです。 


************************************************************************************




[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2008-01-18 22:07 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/7958332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。