コンペ考

 先日のストーン・マジックのリザルトが、JFAのホームページに載っていた。その記事を読んで、ちょいとむむむ・・、となってしまいました。

 要約すると、『ミドル・クラスなのに、それ以上の力のあるものが出場している・・・』、またセッターからの意見として『ミドル・クラスの予選通過上位のものは、そのままエキスパートクラスに入れたらどうか・・』と言うようなものでした。

 まあ、ミドルクラスで参加したオイラとしては、完璧にミドルクラスの実力なので、なんの問題もないのですけど、一言、参加者の一人としての意見を言わせていただければ、別に大したことじゃないんじゃないの?です。

 今回のミドルクラスの予選グレードは、オイラの体感では、3級と3/4級くらい、準決勝で、2級と2/3級くらい、決勝課題は、見ていただけで推測ですが、2級三本、1/2級一本と言った感じでした。

 オイラも過去に、何度かコンペ後にエキスパート(Bセッション)の予選課題を触ったことがありますが、1/2級課題がほとんどで、全く歯が立ちませんでした。

 今回のストマジコンペでオイラは、予選課題8本中7課題完登で、11位で予選通過しましたが、これがエキスパートの予選課題だったら、1本登れるかどうかでしょう。
 けして安くないコンペの参加費用を払って、一課題登って(あるいは、一課題も登れず)、ハイ終了、また来年頑張ってねえ~、って言うのもちょいと寂しい感じがしますよね。
 まあ、それはオイラが、完全にミドルクラスだからだと言っちゃえば、そうですが、今回のコンペで、準決勝の課題をサラリと一撃で登れた人の数と実力を考えあわせると、やはりエキスパートの予選通過は、難しいような気もします。
 参加した当人たちもそのことが、分かっているんじゃないですかね。それ故に、ミドルクラスに参戦したのに、ああいう風に書かれてしまうのは、なんか、ちょっと・・ね。

 だからまあ、出たい人が出たいクラスに出れば良いんじゃないのかなあ~、それに、クライマー自らが、自信がつけば、いずれ黙っていてもエキスパートへの参加を考えるんですから、そこまで、スクエアに考えなくてもねえ・・、とオジサンは嘆息をつくのでありました。

 

 
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2006-02-13 19:53 | Soliloquy | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/4150506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by しばた at 2006-02-13 21:44 x
去年金毘羅でお会いした柴田です。
去年のT-wallのセッションと今回のノースフェイスカップさんかしました。
私も思いますに、ノースフェイスカップはどう考えても人数多すぎではないでしょうか?ミドルなんて一回登るのに5分以上はまってるし、記憶の範囲では一回登るにも5分以上は待ってます。90分の予選で12.3トライくらいです。
グレードの調整云々よりもある程度定員をもうけて、それで参加者が勝っても負けても満足できるくらいトライした方が運営側も参加者も満足できるとおもいます。
『ミドル・クラスの予選通過上位のものは、そのままエキスパートクラスに入れたらどうか・・』というのは個人の発言として来年そうなると思ってません。だけど私の話ですいませんが、一昨年はミドルで25位で、1年経って今年15位でした。
今年1年がんばってクライミングをして来年ひょっとして8位以内になったら運営側から『ミドル・クラスなのに、それ以上の力のあるものが出場している・・・』とか言われてもがっくりです。
それでも日本一参加者の多いコンペになるからいいんじゃないでしょうか?
そういう意味では高崎のコンペは楽しいですよ。
Commented by JIJI_MOUNTAIN at 2006-02-13 22:20
柴田さん、どうもです。確かに混んでいましたね。それに、予選課題だけで、あれだけはっきりと差が出るのは、ちょっと驚きました。やっぱりエキスパートとミドルの間に、もうひとクラス設けた方がいいのですかね?ワタシの通っているジムにもBセッションに頻繁に出場するクライマー達がたまに来ますが、その登り、強さは、凄まじいものです。そういう方でも表彰台に登ることは、極めてまれです。ワタシが思うに、エキスパート(Bセッション)と言うのは、職業クライマー(プロクライマー?)と呼ばれる人たちのためのクラスのような気もしています。別物みたいな感じですよね。それと参加申込書に「最高完登グレードは」とよくありますが、100回くらいトライして、やっと初段を一本登ったからと言って、「君は、初段を登れるんだから、エキスパートクラスね」と言われてもちょいと困りますしねえ。やっぱり、パンプのコンペのように色々なレベルのクライマーが一緒に予選をやって、完登した課題によって、クラス分けをするって言うのが良いのかなあ。 
高崎のコンペって、ウォールストリートですか?
Commented by しばた at 2006-02-14 12:24 x
高崎はウォールストリートです。去年の夏に参加しましたが、ぼろぼろになるまで登らせてもらいました。来年も出ようと思います。