Oh dear!

あっ、どもっ。


すっかり、ご無沙汰しました、、、。
このところなんだかんだ身辺がいろいろと慌ただしくてイヤになってます。。




なるようにしかならんとは思っているけれど、ここ二週間ばかりは
頭の中で四六時中詰め将棋手でもやっているかのようなカオス状態が続いておりました。



こうきたら、こういくか、、いやいやそれだと、ああなっちゃうしな。。
じゃあ、これだとどうだ・・、いやそれはまずいだろ、って自問自答ばかり。



つうわけでジムに行く時間もとれず、それに心の余裕もない感じでありました。



まあジムには行けなかったけれど、IFSC Worldcupだけは、トロント、ヴェイルとも
バッチリ観戦しましたけどねw


第一戦、第二戦ともに予選はチラ見程度して、準決勝、決勝は全てDLして何回も再生して
じっくりと観ています。

とにかく整理がつかないほどの膨大な情報量、というか実に有益なものが得られました。




いまは素人ジイサンなりにそれらをいろいろと考察してニタニタしている最中ですw
いやあ~やっぱりワールドカップ楽しい~なあ~♪♪





で、それとは別にこのところ様々なクライミング関係のニュースもてんこもりですよね。
特にディーン・ポッターの訃報は衝撃的でした。

まああれだけ危ないことばっかりやってりゃ、いつかは・・・・ってのも
あったんでしょうけどね。


その昔、ジムに貼ってあったディーン・ポッターのポスターは本当にカッコ良かった。
どこのルートだか知らないけれど、束ねたロープを身体に巻き付けてどこまでも続く岩壁を
たった一人フリーソロで攀じっていく姿。



ああ、これが本当のフリークライマーなんだなあ、カッコいいなあ、、
やっぱりフリークライミングなんて一般人のやるもんじゃないんだよな。
これってもはや求道者の世界なんだな、と思ってやけに感動した覚えがあります。

そんな彼も逝ってしまわれた、ご冥福をお祈りします。



話はもどってワールドカップの第二戦ヴェイル。


今シーズンは並々ならぬ決意で臨んだプッチオさんでしたが、なんとまさかの負傷で
この後のシリーズ参戦は絶望的とのニュース。


どうやら予選前のウォームアップ中に膝の内側靱帯を痛めてしまったようですね。
骨格的に膝靱帯を損傷しやすいってのは女子アスリートの宿命みたいなところもあるけれど、
なんでこのタイミングで、、

このニュースを読んだ瞬間、ジイチャン思わず、なにー!って叫んじゃいましたよ。



今シーズンのプッチオはいけるんじゃないか?と期待していただけに本当にすごく残念です。
ゆっくりと治療してもう一度復活してもらいたいです。
ガンバだぜ!プッチオ!



そしてこのヴェイル戦、皮肉なことにもしプッチオが今年でコンペから退いたとしたら
次代を担うのはおそらく彼女か?・・・・と思っていたマスカレナスが強豪選手を押しのけてよもやの初優勝。


驚くことに、マスカレナスはまだ17歳!

昨年のヴェイル戦では4位だったし、国内のコンペでもつねに上位に食い込んでいるから
今回の優勝も決してフロックじゃないけれど、、、しかしもう少し時間が掛かると思っていたんだけどなあ。




とにかく今年のワールドカップは初戦トロント戦から波乱がありましたよね。
とくに男子は伏兵だらけだしw

男子優勝者のアルバン・レビエは20歳、2位のコールマンは18歳で二人とも
ワールドカップでは優勝はおろか表彰台にも登ったことがない人たち。

それに二人ともこの年齢。。いやはや低年齢化が進行してますね。


最近は外岩でも何歳までにV14を登るとか、5.14dを登るとか、ってところに耳目が集中しているし、
ますますクライマーが早熟になってきている感じです。

まあそれくらい若年で進化していかないと現在のペースについて行けなくなっちゃうって
ことなんでしょうけどね。



で、最後に早熟クライマーの元祖オンドラ君がまたまたやっちまった驚愕かつ、戦慄のクライミング。
『JADE V14』フラッシング! 

化け物や~、あんたはやっぱり化け物や~ww

***********************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2015-06-07 19:38 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/24566953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。