Signs

おニューのTシャツを着用してわずか五分でコーヒー染みを
つくってしまったジイサンです、どもっ。029.gif


なんかジジイになるとどこもかしこも緩んできちゃうらしく、
口元もだらしなくなってきているようです。。




まあ、そんなことより、いよいよ始まりました『Bouldering Japan cup』!043.gif



明日(2月22日)の準決勝(10:00~)、決勝(15:00~)は、Ustreamでも
中継されるらしいですね。
いつもながらFさん、そしてボランティアの皆さんご苦労様です、感謝感謝。045.gif



つうことで、早速予選結果による明日の競技順を確認。


【男子】*転載 JFAリザルト速報

競技順姓 名ナンバー
カード
都道府県予選
順位
1若尾龍隆B-44山梨県 19
2石松大晟A-31熊本県 19
3渡邉海人A-21埼玉県 17
4山内B-01神奈川県 17
5小畑侑大A-12和歌山県 15
6樋口純裕B-03佐賀県 15
7島谷尚季A-19千葉県 13
8緒方良行B-04福岡県 13
9尾﨑晃一B-05佐賀県 11
10高田知尭A-02鳥取県 11
11芝田将基B-49栃木県 9
12沼尻拓磨A-07茨城県 9
13清水B-23京都府 7
14一宮大介A-38大分県 7
15波田悠貴A-50埼玉県 5
16楢崎智亜B-02栃木県 5
17豊田将史A-47山口県 3
18渡部桂太B-20三重県 3
19中野B-40広島県 1
20杉本A-01東京都 1






【女子】

競技順姓 名ナンバー
カード
都道府県予選
順位
1原田朝美B-11長崎県 19
2細野かおりA-02群馬県 19
3小島果琳A-17岐阜県 17
4渡邉沙亜里B-14福岡県 17
5高田こころA-05鳥取県 15
6松島由希B-03東京都 15
7坂本朱里A-04京都府 13
8義村B-16三重県 13
9三浦絵里菜A-11宮城県 11
10大場美和B-20愛知県 11
11錦織美里A-19広島県 9
12尾上B-02埼玉県 9
13伊藤ふたばA-10岩手県 7
14大田理裟B-05山口県 7
15戸田萌希A-15山梨県 5
16加島智子B-04埼玉県 5
17田嶋あいかB-10三重県 3
18小林由佳A-03茨城県 3
19野中生萌B-01東京都 1
20野口啓代A-01茨城県 1





うほ~、さすがにすごいメンツばかりだあ~。043.gif




とにかく男子は連覇どころか、2005年の大会開始以来、二度の優勝を果たした者さえおらず
まさに戦国の世を見るような目まぐるしさで覇者が入れ替わっている。



ちなみに今までの大会の覇者はこちら。

年月日
女子優勝(優勝時の年齢)男子優勝(優勝時の年齢)
12005. 9.23-24
野口啓代(16歳)茂垣敬太 (24歳) 
22006.12.23-24
野口啓代(17歳)村岡達哉(21歳)
32007.12.1-2
野口啓代(18歳)渡辺数馬(22歳)
42009.2.28-3.1
野口啓代(19歳)杉田雅俊(24歳)
52009.11.21-22
野口啓代(20歳)堀創(20歳)
62011.2.26-27
野口啓代(21歳)清水淳(24歳)
72012.2.25-26
野口啓代(22歳)新田龍海(19歳)
82013.2.23-24
野口啓代(23歳)安間佐千(23歳)
92014.2.22-23
野口啓代(24歳)山内誠(19歳)




とにかく野口選手の圧倒的な強さは驚異的、大会が始まってから負け知らずの九連覇!005.gif 
やはりこの人も天性の才能をもった人と言うことなんでしょうねえ。




で、ここでジイチャンが注目したのは優勝時の選手の年齢です。034.gif



ボルダリング競技の性質上、筋力、瞬発力、身体コーディネーション能力は
非常に重要なファクター。 




その他にも様々なタイプの課題をどれだけ数多く登ってきたかという経験値も
課題の読みというところで問われるわけです。




まあ野口さんは別格として、過去の大会を振り返ってみると、第1回大会の茂垣選手
第4回大会の杉田選手第6回大会の清水選手の三人がいずれも24歳で栄冠を手にしている。

そして第8回大会の一昨年は23歳で安間選手が優勝。




そのほかの選手の優勝時の年齢はグッと下がり、村岡選手が21歳、渡辺選手が22歳、
堀創選手が20歳。




最年少は、第7回大会の新田選手と第9回大会、昨年の山内選手の19歳。005.gif


こうやって過去の戦績から見るかぎりでは、やはり24歳前後という年齢が優勝するためには
ひとつの関門になりそうな感じ。




でここまで見ていて、おや?って思いませんか。


そうです、ワールドカップを転戦し、2013年には日本人として初めてボルダリングワールドカップで
世界の頂点に立った杉本君の名前がないことを。。。。013.gif



がオッチャンもなぜなのかその理由はよく知りません。037.gif




昨年のBJCでは、準決勝までは安定した登りだったようですが、決勝で崩れて
惜しくも二位となってしまいました。



ふうむ、、今年はやってくれるかなあ・・と思いながら杉本君の年齢を確認してみると
現在23歳。 
いいんじゃないの~、ちょうど脂が乗ってきたところじゃないでしょうか。043.gif



がオッチャン、実は山内君の連覇にもちょっと期待しているんだけどねw023.gif
彼の身体能力の高さはすごいからなあ。





で女子の方はと言えば、やはり野口さんが固いところなんでしょうけど、
こちらも今年で25歳。



24~25歳というのは、アスリートの運動能力測定の結果でも男女ともにパワー曲線の落ち込みが
顕著になり始めるところなので今大会は野口さんにとっても緊張を強いられる戦いになるんじゃ
ないでしょうかね。



個人的には、野中さんがどこまで肉薄するかってのと、岩手の伊藤さんがどこまで
順位を上げられるのかってのに関心があります。034.gif




さあて明日はいよいよ決勝です! 選手の皆さん、Good luck! 049.gif

*****************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2015-02-21 19:01 | Soliloquy | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/24161055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふーちゃん at 2015-02-22 10:26 x
素晴らしい分析ですね〜実は私もこっそり出てました〜当然予選落ちでした(≧∇≦)
Commented by JIJI_MOUNTAIN at 2015-02-22 12:44
知ってましたよw (^o^)
強いですなあ。
第四課題が登れていれば。。
惜しかったです。
Commented by JIJI_MOUNTAIN at 2015-02-22 13:09
準決勝終了~。。。

ぐわわわわーー!
男子はほぼ予想通りで順当だったのに、
女子ががががぁぁぁぁぁ!!!(゜Д゜)
Commented by ふーちゃん at 2015-02-23 05:37 x
やはりみてたんですね〜
確かに女子は2強が準決勝残れませんでしたね。
第4課題登れてれば、準決勝に残れたっぽいですね。三年ぶりにコンペ出ましたが、舞い上がり過ぎてダメダメでした…オブザベでホールドの形状すら確認出来て無い始末…やはり外岩ですね〜