チャンプルー

どもっ。029.gif



チャンプルーって沖縄方言で「混ぜこぜにした」って言う意味もあるらしいですな。
つうことで昨日は、千葉県内にあるチャンプルージム?に巡礼に行ってきましたw003.gif



なにがチャンプルー?といえば、ボルダー壁の他にスラックラインが張られていたり、
でかいトランポリンなんかも置かれていて、なんとなく、ごった煮な感じだったので
チャンプルーです。045.gif
まあ場所柄的にもボルダリングジム一本で営業していくのは厳しいのかも知れませんけどね。



でボルダリングジムとしての感想ですが、、、、、
とくに特筆すべき事がなかったんですw
なので簡単に。

壁は自作、マットも自作、ホールドは廉価品、テープ課題は常連さんの設定。。




この感じはどこかで・・・と思い返してみたら、むかし行ったことのある「飛鳥」
っていうジムに似ていたなあ。 飛鳥も同じく千葉県だったね。



で、適当に簡単なのをダラダラと二時間ばかり遊んで終了。
つうことでどうも気持ちもあまりパッとしませんでした。( ´Д`)=3




そんなら安心クォリティのチェーン店ジムに行けばいいじゃろ!と
みなさん思われるでしょうが、これはあれなんですよ。



つまりね、いつものように飲食店に例えて言うとですね、どこそこにファミリーレストランが
オープンしたよ~~・・・つうのと、どこそこに新しくレストランがオープンしたよ~の
違いなんですよ。023.gif




ファミレスなんかだと、だいたいメニューも分かってるし、味も均一化されているので
どこにオープンしようとまあ概ね一緒でしょっ、て思っちゃうんですよね。




ところが新たにレストランがオープンしたよ~、なんて聞くと、むう、どんな料理を出すのかな?
味はどうなのかな? ちょっと食べに行ってみようかなあ~、ってなるわけです。045.gif





でまあこれも飲食店と同じで、おぉっ!と言う当たりもあれば、むむう・・・っていう
レストランもあるわけです。




で、だいたいからしてグルメ(食通)というよりは、グルマン(食いしん坊)なジイサンとしては
とりあえず行ってみまひょ、、、、とあんまり深く考えず、突撃!ご近所ボルジムさん!と
なっちゃうわけです。037.gif





つうことでたまに極上メシに出会ったりすることもあるのですが、たいていは痛い目に
あうっていう感じなんですよね。





となんだかんだあって、帰りは相変わらずな千葉県名物の大渋滞に巻き込まれ、
帰れるのかしらん・・・、
と辛抱我慢の四時間運転で帰宅。。008.gif


 

それにしても千葉県内の道路事情は早くなんとかしないと災害時にはとんでもないことに
なるんじゃなかろうか。013.gif





で、ジム巡礼から早く帰宅してしまったので、そのあとはボーッとしつつネットサーフィン。
と、国内外のクライミングメディアからはスゴいニュースが続々とアップされている。

まあしかし驚くやらあきれるやらな感じですわ。005.gif




まずは昨年、コンペからの引退を発表したキリアンですが、やはりというか当然ながら
外岩でバンバンと成果を上げているようです。



とりあえず、V15あたり登っとく?的な感じで、『From Dirt Grows the Flowers 8C』を
さくっと登り、その二日後には大ちゃんが初登した『Insanity of Grandeur 8C』も二撃?くらいで
ちょちょいと登って数日経たず、V15を二本完登ww003.gif



それにしても意外だったのは、From Dirt Grows・・が自身初めて登ったV15だったってこと。
おそらくコンペとトレーニングが忙しくて今までトライする機会がなかったってだけなんでしょうけどね。



まあ、これが世界を制したボルダリング・ワールドチャンピオンの実力なんでありますね。045.gif
コンペティターとしてツヨツヨな人は外岩でも激ツヨなのは間違いないようです。



なんたって、コンペの時に8a/+あたりをオンサイトするんだから、8Cをレッドポイントするのは
それほどの負荷でもないんでしょう。
それに、なによりムーヴ解析力は抜群だろうから無駄撃ちも少ないんでしょうね。



【Insanity of Grandeur 8C  Kilian Fischhuber

スポットしているのはアンナみたいですね。045.gif







ところで日本人のコンペティターと言えば世界の安間サチ君。

スペインでクライミングツアー中のようですが、超高難度課題をガンガンと
落としまくっている様子ですな。043.gif




先日もいまや超一流の証と言える、5.15bを完登! 他にも5.15aを二本、5.14dを三本、
5.14Cを一本、そして5.14aを一本オンサイト!


やっぱりオンドラ君と同じく天才の一人ですなあ~。005.gif




つうことで、今まであまりじっくりと読む機会のなかったサチ君の軌跡に目を通してみた。



が、ただダラダラと年表を読んだだけだとサチ君の真のすごさが分からなかったので、
クライミングを始めてから何年後にどうなっていたかを照らし合わせて読んでみた。034.gif






まず2002年春にクライミングを始めたサチ君、早くも一年後には、
ジュニアオリンピックカップ ユースB(16歳未満)で3位入賞。(13歳)
まあこのあたりは若年者にはしばしばある話。




で、クライミングを始めてから二年
ジュニアオリンピックカップ・ユースB優勝。(14歳)
まあ雪辱を果たすってやつですね、これもある話でしょう。




クライミングを始めてから三年
ジュニアオリンピックカップ優勝(15歳)




そしてクライミングを始めてから四年
JFA日本選手権「ミレーカップ」優勝、世界ユース大会ユースA優勝、
アジア選手権で平山ユージ氏とスーパーファイナルを戦い2位!005.gif(16歳)



と、ここまで読んでみて驚くのが、力の停滞が全くないってこと。
どんどん強くなりつづけているってのがよくわかる。


なんたってクライミングを始めてからわずか四年で百戦錬磨の世界のユージ氏と
スーパーファイナルですもん。




で、恐れ多くもクライミングを始めてから四年目って自分はどれくらい登れたっけかなあ?039.gif
と思い返してみたけれど、アホらしくなってやめましたw

まあ、とにかくこの停滞しない力の伸びってのがやはり才能のなせる技ってことなんでしょう。




そして、クライミングを始めてから五年、サチ君17歳
JFA日本選手権優勝、ジャパンカップ優勝、ワールドカップ加須大会5位、世界ユース大会優勝。



もうぶっちぎりですわ、国内無敵。045.gif
クライミングを始めてからわずか五年、たった五年で国内完全制覇!
世界に出て行っても同年代の中で頂点に立っている。


もうこのころは多くの人が彼のことを、”10年に一人の逸材”と言い始めてましたよね。



それ以降の活躍は、改めて記す必要もないでしょうけど、恐ろしいことに
国内を完全制覇してから八年経った現在でも未だに力が伸び続けていて、
進化し続けているってこと。




もちろん凄まじいトレーニング、努力もしているんだろうけど、それにしても
ここまでのことを見返してみるとやはり”天才”と言う形容しか思い浮かばないなあ。013.gif





がしかし、オンドラ君の経歴はさらにその上を行く凄まじさなんですがね、、
つうことであまりのスゴさに、驚きのほうが先に立って書くのがイヤになりましたww003.gif





まあ、なにを言いたいかと言えばつまりアレです。 
凡人は天才の来歴なんぞを努々ながめてはいけないと言うことです。037.gif





とまあ、本日もいろいろなことを考えつつも来週の巡礼地に思いを馳せるジイサンなのでありました。023.gif







【天才つながりでw、、、いよいよインドアと外岩でテストが始まったジーニアス】
b0048854_21062847.jpg

**********************************************************************************

[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2015-02-16 22:16 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/24149057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふーちゃん at 2015-02-19 12:14 x
ちわ!確かに彼は素晴らしいすぎる進化を遂げてますね~数年前に一度たまたま二人で飲みに行ったことがありその話をとことん聞いてやろうと試みましたが、私の下衆な話で終始してしまいました。私が感じたのは彼は良く物事を考える人間だということです。
あと、高崎にホワイトロックというジムが近々オープンすると思います。セットターは任せて安心プロセット!!
ちなみにシンディーさんは今でも進化しております!!
Commented by JIJI_MOUNTAIN at 2015-02-19 12:43
ですなあ~。。
パパさんも、正直言ってここまでになるとは・・って言って
いましたからねえ。
彼がミストラルに来はじめたころを知っているジイサンと
してはなんだか別人を見ているような気もしていますw
今まで見たクライマーの中でもあれほど停滞なく進化
し続けている人は見たことなかったです。
昔は一緒に3級課題とかで遊んだこともあったのになあ~。
( ´Д`)=3
一年もして背が伸びたら、1級とか初段をアップで登って
暖まらないなあ~、とかいって5.13cをリピートで何回も
登ってたもんね。
なんや!コイツ!って思ってましたよwwヾ(゚Д゚ )ォィォィ

グンマーは楽しみです。
とりあえずやばそうな課題はさけて、お買い得レーダーを
フル稼動させようと思います(笑)