Breakthrough

あち~・・・溶ける、、、042.gif



いやあ~なんでしょうね、この暑さ。
勤務している現場の温度計は朝っぱらから40℃を示してビターッと
止まったままです。( ´Д`)=3

節電だのなんだの言ってたら間違いなく死人が出る勢い。



あのウォーターフロントの高層住宅たちを高さ規制でポキンと折っちまえば
海風も入りやすくなって、ゲリラ豪雨や内陸部の暑さもだいぶ緩和されるらしいですね。




お金持ちはウォーターフロントの高層階に住んで優美な景観と爽やかな海風を独占し、
ワタシのようなプアなオッチャンは、ゲリラ豪雨にうたれ、熱帯夜で寝苦しい夜を過ごして、
いっそう貧富の差を感じるというわけですw 037.gif





とまあ、このクソ暑さに当たり散らすところがないので、とりあえず金持ちに
八つ当たりすることにしてみました。045.gif





まあクソ暑いだの寝不足気味で怠いだの言いつつもジムは行くわけですが。。






前回の反省から本日こそ真面目に残っているテープ課題をやるぞっ!
と思いながらジム入りしたものの、なんつうかゴイスーな湿気、湿度、シケシケ。。008.gif





とにかくアップでもしてから・・・、と新作の3級二本と2級を一本登って様子見。
3級、2級をササッと一撃で終わらせて、先週やっていなかった3級のスラブ課題へ。



ふ~む、、スタートからサイドに行かせてスローピーなホールドを片手マントル気味に
返して、手に足ってやつだな。045.gif

こりゃあ楽勝だろ~、と取り付いてスローパーを手の平でプッシュしつつジリジリと
身体を上げて行って上部の外傾ホールドに指が触れた途端、スッポーンとプッシュしていた
スローパーがすっぽ抜けたwww 003.gif


あちゃ~、、、あやうくホールドにデコピンされるところだったよ。。



で、エアコンの前でしばし手の平をよ~く乾燥させ、チョークもうっすらまぶす程度にして
再トライして登れた。037.gif



こりゃあ今夜もシビアなホールドはいかんわ、、つうことでテープ課題はパスして
お遊び用自作課題のストックをじゃんじゃん設定することにした。




とりあえず核心部のホールドとムーヴだけをいくつか設定して、その部分まで緊張感を
切らさないようなラインをあれこれ考えつつ設定。


相変わらず人に勧められないような凡作ばかりだけどやっぱり課題作りは楽しいな♪043.gif




で、1級から初段くらいのを二本と2級くらいのを一本作った。
2級くらいのは二、三回で登れたけれど駄作中の駄作だったのでなかったことにw



ちょいと悪い二本のうち一本はワンテンだったけど、もう一本の方は出来るかしら??
って感じ。

ひたすら核心ホールドを止めに行く部分をやってみたけれど、止まる確率は20%くらいだし、
その次のホールドは止まらなかったw

そこからもちょい厳しくて、最後のゴール取りもちょろっと触れただけ。。
まあ登れたら1級/初段になりそうだな。045.gif



いやしかし、すごい湿度のせいで指皮の摩滅スピードがひどく、途中でズルっという
感じで厚めに皮が持って行かれ、指先がチクチクと疼痛がするくらいになっちゃった。


なにもしていなくてもチクチク痛むので今宵はこれにて終了~。019.gif
外岩派じゃないけれど、早く涼しくなってもらいたいもんです。






今宵もなあんも成果がなかったなあ~、、と思いつつ、帰宅後ネットを徘徊。

すると、な、なんとサチ君がWorldcupの合間に、あの『Realization 5.15a』を
登ったというビッグニュースが!!005.gif




あのルートを登る日本人が現れるとは・・・・、なんか隔世の感というか、
もうビックリな感じです。




その昔、シャーマが『Realization 5.15a』を初登したときのDVDを観た時の衝撃は
ワタシ的には凄まじくて、クライミングのDVDを観ていて初めて鳥肌がたったのを
覚えています。

それにシャーマってこのときまだ二十歳ですからね、、、二十歳で5.15a初登・・




そしてそのときに聞いたシャーマの雄叫び、いわゆる”シャーマシャウト”の迫力。
魂が浄化されるような、解放されるような、あの自然発生的なシャウトがいつまでも
耳に残っていました。034.gif




しかしこんなルートを他に誰が登れるんだろう? 
欧米人ならいざ知らず、日本人には絶対に不可能だろう、、、とも思ったものでした。







そんなことを思った時から13年の歳月を経て、日本人がついに(Breakthrough
その壁を突き抜けてくれたんです。024.gif



その上、どうやら初登時後に出だし部分のホールド欠けて、その部分だけでも三段くらいに
なっているらしいと言うからさらに価値がありますよね。



まあしかし、天才のもつ伸びしろってのはスゴいんですなあ。

サチ君がコンペティターを引退したらぜひ日本国内の岩場に、5.15bとかを
拓いてもらいたいもんですね。





そして世界の激強クライマーがそのルートを狙って来日してくれれば、オッチャンも
「撮りクラ」(クライマーの写真を撮る追っかけ)になるつもりですww041.gif

*********************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-08-06 23:42 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/23156881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。