fight fighting

あ、どもっ。029.gif

いやあ、WorldCup Lead戦がなかなか波乱ぶくみな感じですね。


第二戦のシャモニー、第三戦のブリアンソンと男子はサチ君が二連勝、
女子もこれまたジャインの二連勝ともう絶対王者の風格ありありですな。034.gif




まず第二戦のシャモニー準決勝。
なんだかサチ君の動きが妙に固くて、思いのほか下部でフォール、、。
ありゃ?な感じでしたけど、決勝ではガンガンと思い切りのいいクライミングで優勝。024.gif




しかし並みいる強者たちがシャモニーのあの立派な壁の半ばまで到達できずに
落ちちゃうんだから、いかに男子決勝のルートがやばかったか分かりますな。




動画を通して見た感じでも下部からカチやらスローパーやらのクソ悪いホールドの
オンパレードだし、団子ポイント(核心部。みんなが同じようなところで落ちるポイント)の
手順とかも、なんやこのルート・・・・って見ているだけでもビビリましたw003.gif
ショーンもしまった~って感じでフォールしちゃいましたね。



まあ世界のトップレベルの人たちがあれだけボロボロと落ちるんだから、おそらく
初段くらいのムーヴやホールドの連続なんでしょう、、、恐ろしい世界だわ・・・085.gif




女子の方もやはり団子ポイントをなかなか抜け出せる人が出なかったけれど、
実力者のミーナがその中でも気を吐いて、どんどん手数を伸ばしていくところは
見応えありました。
一手また一手とパンプに耐えながらムーヴを繰り出していくところがリードの
見所ポイントっすね。


ミーナはボルダーにも参戦して毎回好成績を上げているけれど、やはり本業?の方が
ひと味違いますねえ。043.gif




そして最後に登場した王者ジャイン。
いやあ、貫禄あります。049.gif  メチャクチャかっこよかった。043.gif


ただあの冷静沈着と思われているジャインがスタート時にシューズカバーを
外し忘れるところがあったのが驚きでした。005.gif



まあ、登り出す前に気づいたので事なきを得たのは幸いでしたけど、
以前、サチ君も気づかずに取り付いて失敗したことがありましたよね。



おそらく緊張して舞い上がるとかじゃなくて、きっと常人が考える以上に
これから登るルートに集中しているから他の事への意識が希薄になるんでしょうね。045.gif



まあ一般人だと登り出す前にあれこれ考えたり、余計な事が気になったりしちゃいますもん。
あっ、これはワタシだけか。。037.gif




でそのジャインが淡々と確実に核心部を処理して優勝。
見ていると本当に処理していく、って感じでした。



当然ながら、核心部でも全く動じたような様子は見られませんでしたね。
呼吸の乱れもあまり感じられないし、すご心肺能力の高さ。005.gif



危なげない登りってのはああいうのを言うんでしょうね。
この先しばらく負けないような気がしますね。




そして第三戦のブリアンソン、、なんだけどまだ観ていませんww (∀`*ゞ)
決勝から観ようと思ったら、なんと荒天のために決勝が中止に。。



たしかに中継をちょろっと見たらものすごい風雨で嵐のような状態、、、
さすがにこれじゃ無理だわ・・・。
と言うことで準決勝の成績で順位が決まったようですね。




当然、選手たちも天候のことは事前に知っているわけだし、
準決勝の時から決勝が消滅する可能性を予想していたんじゃないのかな?

なので、準決勝を決勝のつもりで臨んでいたことは想像に難くないですね。013.gif



三戦目までが終わり、総合ポイントは二戦、三戦と連続優勝のサチ君が200ポイント。
初戦から出場しているヤコブは245ポイントと現在はトップだけど、次で負ければ
陥落。

次戦のイムストではヤコブも死にものぐるいで優勝を狙ってくるでしょうね。





しかし、オンドラ君が、、眠れる獅子はいつ目覚めるのか、、
コンペの合間に外岩では、相変わらず14cあたりをオンサイトしたりして
暴れまくっているのに。


まあまだ始まったばかりだしね。

サチ君とオンドラのスーパーファイナルとかあったらスゲーだろうなあ、、
見てみたいなあ。023.gif

*********************************************************





[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2014-07-21 22:31 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/23006766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。