黙想

 つらい一日だった。
 
 懐かしいひと、最近顔見知りになった人、たくさんの人が参列し、彼のあまりにも早すぎる死を悼んだ。



 
 彼と初めて出会ったのはもう10年以上前。

 まだ彼が高校生で小柄、痩躯、髪はぼさぼさ、度の強そうなメガネを掛けていた。若い子にしては洒落っ気がないな、と思いながらながめていた。



 このテープ課題登りましたか? 人なつっこい顔でワタシにたずねてきたのが最初の会話だった。ああ、これは難しいからあきらめたよ、とワタシが言うと、もう少しなんですよ、ここができれば、とワタシの見ている前で懸命にムーブの練習をしていた。




 しばらくして、彼が相方の息子だと知った。 それからは時々、三人でテープ課題を登ることになった。 相方が彼にムーブを教えることもあったが、おおかたは彼からムーブを教わることが多くなった。





 相方はよく、あいつには負けたくないから頑張らないとな、と言っていたけれど、みるみる強くなり周囲に一目置かれるようになった息子を誇らしく思っていたようだった。





 着実に力をつけていった彼は、短期間のうちに当時の国内ボルダリングコンペの最高峰B-sessionに参戦することになった。彼のクライミング歴を考えるとそれが彼の才能の証しでもあったような気がする。




 彼はよく、うちのオヤジは口うるさいとか、小言ばかり言う、と言っていたけれど、相方からは、あいつは自慢の息子だ、誇りに思っている、あいつにはこの先も頑張ってもらいたいんだ、とよく聞かされた。




 相方が一昨年、急逝したとき何年ぶりかで彼に会った。大きな店舗を任されている重圧も彼には大きな自信となっているようで、すっかり逞しい男になり立派に葬儀を取り仕切っていた。




 折りがあれば、いつか彼に直接、相方の思いを伝えてあげたかった。あいつを誇りに思っていると、あいつは俺の自慢の息子だ、と言っていたことを伝えてあげたかった。 今となっては彼にそのことを伝えられなかったことが悔やまれてならない。





 二人とはあまりに突然で、悲しい別れになってしまったけれど、ワタシは二人と巡り会わせてくれたクライミングをこれからも続けていく。 いずれワタシもまた彼らと一緒に登れる日が来るだろうし、その時のためにも精一杯登っておかないと。




 二人のことは決して忘れない。他の人たちもそうだろう。 あのランジ課題は、誰も止められないよ、 いやミスターだったら止めるよ! と、きっとみんな口々に言うだろう。




 最強で最高のダイノマン!しばしのお別れだ!いずれまた。




*******************************************************************




..... Ads by Excite .....


  
 





 




    
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2012-06-24 17:04 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/18485899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 通りすがり at 2012-06-24 23:05 x
何でしょう・・この不条理感。
山の世界にいると、突然のお別れに遭遇することは多々あるが、
よりによって稀有な好青年が。
それも、予期せぬ交通事故で。

彼の分も登り続けましょう。
Commented by JIJI_MOUNTAIN at 2012-06-25 11:48
通りすがりさん、コメントありがとうございます。

 彼も父親に似て、家族思い、友人思いのいいやつでした。なにより真摯に仕事に取り組む姿は父親譲りでした。
 今回の事故も間近にせまったイベントの打ち合わせからの帰途に起きてしまったようですし、悔やまれてなりません。

 これからもクライミングを続け、ときおり彼のことを思い出してやることが供養だと思っています。