きわめて個人的な覚書

 今日で16日目。 
そのうちまた同じような怪我をした時のために治癒の過程を
記録することにした。



 結局、医師が言うにはポキった本数は分からず仕舞い。
自然治癒を待つのみ。。

同様な怪我をした方に聞くと、運動等を完全に控えて、
固定していない限り、数週間どころか何ヶ月もかかるとのこと。 
もっともヒビの程度にもよるのでそれほど掛からないで完治する可能性もあり。



 安静時や日常的な動作では全く痛みはない。 
ただ咳やクシャミの時は鈍痛あり。

特にシャックリの時は痛みが強い。やはり肋骨がグッと広がるからなのか?



 体を屈めたときと両手を上に伸ばしきったときは痛みが強い。 
この痛みの程度は当初から全く変わらず。

就寝時に痛めた方を下に向けて横臥したときの痛みはほぼ無くなったが、
寝返りを打って仰向けの姿勢になった瞬間は痛みが出る。   



 不思議なことにトレーニングボードにぶら下がった瞬間は痛みがあるのに、
少しすると痛みが和らぐ。

懸垂時にも同様で、数回までは痛みを感じるが十数回を超えたあたりになると
ほとんど痛みを感じない。



 これはなにか脳内物質みたいなもの(アドレナリン?)の作用みたいなものなのかな? 
しかも懸垂を行った直後、翌日とも特に痛みが増すことはない。ジムで登った翌日も同様。




 外傷や筋肉痛と違って治りかけてからの治癒のスピードが実に遅い。 
まあ年齢的なこともあるんだろうけど。




 土、日は試しに安静にしてみたけれど痛みは全く変わらず。
なぜか痛みの部位が少し移動?理由が分からん・・・・。 
やはり複数箇所がポキっているのか?




 ジム行きは当分、週一回。初級者向け課題あたりと5.10レベルの
ガバガバ長もの程度で様子見とする。。

*******************************************************************
[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2010-11-15 13:05 | Soliloquy | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/14409573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2010-11-15 17:25 x
私の時も、肋骨骨折・肉離れ共に痛む場所の移動を感じました。
誰だったかの見解によると、故障時に多少の内出血を伴った為
それが血流によって移動するのでは?との事でした。
特に肉離れの時は顕著で、脇腹から脇の下へ~最終的には
首の付根あたりまで痛みが移動しましたw
でもそう考えると最後は心臓に行き着く訳で・・・だとしたら怖いですね~
という事は、もっと神経的な問題なのかも知れないですね。

いずれにしても血行を悪くすると回復が遅れるようなので
体を冷やさないように養生して下さいね!
Commented by JIJI_MOUNTAIN at 2010-11-15 22:17
た~さん、どうもありがとうございます。
目で確認できない怪我はもどかしいもんですね。

痛みの移動?についてはなんとなく分かるような気もします。
ワタシも現在、痛めたちょうど背中側に筋肉痛のような
痛みが出ています。
まあ、おそらく寝返りの時に痛いのを庇うようにして動くので
それが出ているのかも知れないですけどね。

年内のうちになんとか調子を戻したいもんです。