リハビリ

 五日目、未だに肘の曲げ伸ばしに痛みはあるけれど、
だいぶ我慢出来る程度に軽くなった。


 でも拳を握りしめて力を入れたままでの曲げ伸ばしは、まだけっこう痛いし、
角度によって痛む場所が変わるので始末に悪い。emoticon-0120-doh.gif


 先日、話を聞いた方に症状を言うと、やはりそのままにしていると剥がれなくなるよ。(なにが?)emoticon-0114-dull.gif


 多少痛くても動かしたほうが良い、とおっしゃる・・。
 で、もっとも無資格の人間の言うことだから一切責任は負わないよ、
自己責任でやってね、と言うことだ。


 んじゃまあ、自己責任と言うことで、聞いたとおり、お湯で温めたタオルを肘部にあてて
じっくりと温め、ゆっくりと何回も曲げ伸ばし。


確かに徐々に痛みが無くなってくる。
 で、ここからが荒療治。


 痛みもなく腫れもないようなら、と言う条件付きで、トレーニング・ボードのガバ部分を
使いゆっくりと懸垂。


ただし肘は完全に曲げきらないように注意し、痛みがあるところまでは伸ばさない。emoticon-0108-speechless.gif


 試してみると全く痛みを感じないので、20回を休みながら3セットしてみた。
 肘の部分が暖かくなって、痛みもなくスムーズに動くようになった。


やはり安静にしているより動かしたほうが良いようだな。 
 今週末にジムで軽く登って様子を見てみよう。emoticon-0159-music.gif 


 話題変わって、今、オーストリアで、ボルダリング・ワールドカップの第二戦が
行われているけれど、予選の結果を見ると、相変わらずキリアンは、絶好調みたいですね。
五課題五完登オール一撃で、トップで通過。


 ラスタムは、四課題四完登で5位。
 でまたまたぶったまげるのは、デビット・ラマで、四課題四完登の同率で、やはり5位。emoticon-0104-surprised.gif


  デビット・ラマは、本当にヤバイなあ~、と思いながらリザルトをながめていると、
同じく5位にあのAdam Ondra!


 いやはや、この二人は、ルートもボルダーもメチャクチャ強い。
 Adam Ondraは、ドリーム・タイムも登っているくらいだからなあ。



 やはり5.14+レベルを登っているクライマーは、V14・V15クラスも登れるっつう事なんですね。emoticon-0122-itwasntme.gif 


*******************************************************************



[PR]

by JIJI_MOUNTAIN | 2009-05-01 23:47 | Soliloquy | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://jijiclimb.exblog.jp/tb/10851158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。